ベビー乳酸菌の効果や口コミを詳しく解説!


よく体に良いと言われる乳酸菌ですが、実際にどんな効果が期待できるのかイマイチ分からないという方は大勢いらっしゃいます。

実はひとくちに「乳酸菌」と言っても菌の種類には様々あり、それぞれの菌で期待できる効果は違うんです。

そのため乳酸菌を摂取する場合は、自分の目的に最も合ったものを体に取り入れることが大切です。

そこで今回は最近特に売れている乳酸菌サプリ「ベビー乳酸菌」について詳しくご紹介します。

ベビー乳酸菌はこんな人たちにピッタリの健康サプリメント

・「最近ずっと体がだるい」
・「疲れが若い時と違って長引く」
・「便秘に悩んでいる」
・「季節の変わり目が特につらい」
・「朝スッキリ起きれない」

ベビー乳酸菌を飲めば「善玉菌」が増えるので腸内環境が整えられ、ここから体全体の不調の改善効果が期待できます。

また「クリスパタス菌」という母親から生まれる時に授かるヒト由来の乳酸菌が配合されているため、他の乳酸菌サプリもより高いレベルの効果が期待できると言われています。

さらに、アンチエイジングの第1人者である「日比野佐和子ドクター」がこのサプリの監修者を務めていますので安心してお買い求めいただけます。

たくさんある乳酸菌サプリの中でどれにしようか迷っている人は、人気商品「ベビー乳酸菌」の効果や口コミについて1度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

ベビー乳酸菌ってどんな人におすすめなの?

乳酸菌と聞けばなんとなく「お腹の調子に良いんだろうな~」とイメージするかと思います。

確かにそれは間違いないのですが、実はお腹の調子を良くすると体全体の調子も良くなる可能性が高いのです。

「なんで?」と思うかもしれませんが先に言ってしまうと、だから数あるサプリの中でも乳酸菌サプリには人気があるんです。

体の不調は腸から?

ヒトが生きていく上で最も大事なことは「食べること」と言っても過言ではありません。

そして、人間の食べたものの行き先は「腸」なので、この腸の健康状態が体全体の健康状態に大きく影響するというわけです。

そのため、腸の健康には「善玉菌」の割合が重要になってくるのですが、ヒトは加齢や生活習慣によって「悪玉菌」の数がどんどん増える傾向にあります。

もしも「善玉菌」より「悪玉菌」の割合の方が多くなってしまうと、腸内環境が悪くなってしまうため、実はここから様々な体に不調に陥ってしまうケースが多いんです。

そこで、このベビー乳酸菌を飲めば腸内の「善玉菌」を増やしてくれるので、腸の健康状態が良くなり、そこからおかしかった体の不調も改善されるというわけです。

つまり、ベビー乳酸菌は「お腹の調子を整えたい人」だけでなく、

・体のダルさを解消したい
・毎日健康に過ごしたい
・毎朝スッキリ起きたい
・風邪を頻繁に引きたくない

といった「体全体の不調を改善したい人」におすすめのサプリメントなのです。

特に、理由は分からないけどなんとなく体の調子が悪い・・・という方は、ぜひ1度飲んでみてどう変わるのか試してみて下さい。

ベビー乳酸菌の効果

先ほどベビー乳酸菌は「体の不調を良くしたい人におすすめ」と言いましたが、ここでこのサプリの効果についてきちんとご説明します。

今話題の成分「クリスパタス菌」

冒頭でも述べたよう乳酸菌には様々な種類があるのですが、ベビー乳酸菌には「クリスパタス菌」という今話題の成分が配合されています。

と言うのも乳酸菌は大きく分けて「動物由来」と「植物由来」があるのですが、このクリスパタス菌は「ヒト由来」という特別な乳酸菌なのです。

「ヒト由来」の意味は、赤ちゃんが生まれる時にお母さんから1番最初に授かる乳酸菌から来ており、長い間培養が困難とされていた非常に珍しい成分なのです。

実際クリスパタス菌は、人間の健康との関係性が深く

・ヨーグルト
・動物由来
・植物由来

などから摂取できる乳酸菌よりも体を守る力が圧倒的に優れているという研究成果が出ています。

そのため、善玉菌を増やし、腸内環境を整え、体の不調を改善する、という効果をより高いレベルで期待できる乳酸菌サプリなのです。

また、アレルギーや感染症に対する免疫力を上げる効果や、便秘改善やダイエットの効果も期待できるとしています。

さらに、一般的な乳酸菌は体温に弱く、大量に摂取しても人によってはなかなか効果が出なかったりするのですが、このクリスパタス菌は熱に強いため体内でも活性効果の高い乳酸菌なのです。

乳酸菌と仲良しの「ビフィズス菌」

ベビー乳酸菌には「ビフィズス菌」という成分も配合されています。

「ビフィズス菌」は善玉菌の一種なのでよく乳酸菌と同じものとして扱われるのですが、実際は全く別の成分です。

このビフィズス菌は小腸など体内のあらゆる所に存在する乳酸菌とは違い、大腸にのみ生息している菌です。

そしてお腹の中にある善玉菌の大半はこの「ビフィズス菌」なので、乳酸菌との相性が抜群に良いとされており、両成分を同時に摂取するとより良い効果をもたらします。

さらに、ビフィズス菌も「動物由来」「植物由来」ではなく「ヒト由来」の方が元々も人間のお腹に存在していたものなので、腸管への吸収率が高いと言われています。(※原材料メーカー調べ)

善玉菌のサポーター「オリゴ糖」と「食物繊維」

ベビー乳酸菌には、善玉菌のサポーターとしての役割を果たす「オリゴ糖」と「食物繊維」も豊富に含まれています。

「オリゴ糖」と「食物繊維」は、善玉菌を増やしてくれる「乳酸菌」「ビフィズス菌」の働きをより活発にする手助けをしてくれるのですが、このサプリには元から配合されているため、別に他のサプリや食品から摂取する必要がありません。

腸内から体を支えるのに必要不可欠な善玉菌を増やすサポートをしてくれます。

ベビー乳酸菌の口コミ

「ヒト由来の乳酸菌に興味が湧いて飲んでみた」

今まで乳酸菌サプリを飲んだことはありますが、そこまで大きな実感を得たことがなかったので、いつも途中で飲むのを止めていました。

しかしこのベビー乳酸菌は他のサプリとは違い「ヒト由来の乳酸菌」が入ってると知って興味が湧き購入してみました。

実際飲んでみると、始めは何の効果もなく「これはいつもと一緒だな」と思っていたのですが、1週間経った当たりから朝の目覚めが良くなり、以前あった体の怠さも少しずつ解消されていきました。

今ではスッキリした朝を迎えられることが快感で、毎朝このベビー乳酸菌を飲むことが1日の始まりになっています。

「ヒト由来」の乳酸菌は、「動物由来」や「植物由来」の乳酸菌に比べてより良い効果ができるとあるので、今まで乳酸菌の効果が出にくかった私には向いていたのかもしれません。

「ベビー乳酸菌を飲むようになってお腹の調子が良くなった」

長年便秘に苦しんでおり何か良いサプリメントがないか探していたところ、友人からこのベビー乳酸菌を勧められました。

これを飲み始めてから早速便が出始め、徐々にその回数も増えてきました。

お腹の調子が良くなったことでお肌の調子も良くなり、食事も便通を気にせず好きなものを食べられるようになりました。

正直、もうあの苦しみに戻りたくないので、このベビー乳酸菌をこれからも愛用しようと思っています。

「季節の変わり目に弱く、しょっちゅう風邪を引くので・・・」

季節の変わり目によく体調を壊し風邪もしょっちゅう引いていたので、毎年この時期を憂鬱に過ごしていました。

そんな中、乳酸菌がこの症状に良いと会社の同僚から聞き、ネットで調べたところこのベビー乳酸菌にたどり着きました。

半信半疑で飲み続けたところ、まず便通が良くなり、その次にいつも翌日まで引きずっていた仕事の疲れが嘘のようになくなりました。

そしてこのサプリを飲み続けて迎えた初めての季節の変わり目、ビクビクしながら過ごしていたのですが、とうとう風邪を引くことなく次の季節を迎えました。

本当に嬉しくてなんで今まで乳酸菌を取らなかったんだろうと今までの自分に後悔したくらいです。

おそらくですが、季節の変わり目に効果があるというよりも、毎日の健康状態を良くして体を強くすることで、その時期になっても健康体で過ごせるといったことなんだな~と後から痛感しました。

ベビー乳酸菌で毎日を健康に!

ベビー乳酸菌は、腸内環境を良くすることで体の不調への効果が期待できる健康サプリメントです。

善玉菌を増やして腸内環境を整えるということは、毎日の健康維持はもちろんのこと

・便通が良くなる便秘改善効果
・お肌がキレイになる美容効果
・消化機能改善によるダイエット効果
・アレルギーや感染症に対する免疫力UPの効果

など他にもたくさんの改善効果が期待できます。

ベビー乳酸菌はWEB上の口コミでの評価も高く、数ある乳酸菌サプリの中でも特に売れている理由が利用者の声から見て取れます。

購入は公式サイトからが1番お得!

ベビー乳酸菌はAmazonや楽天からYahoo!ショッピングなど、あらゆるネット通販で購入できますが、値段的に1番お得なのは公式サイトからです。

販売者側からすると何かショッピングモールを経由すれば手数料がかかるので当然と言えば当然ですよね。

ベビー乳酸菌は1袋で「1ヶ月分/62粒」入っており、ジョイフルライフの公式サイトからであれば

通常価格4,190円(税抜)→定期価格3,350円(税抜)

の20%OFFでお得に購入することができます。

また、メール便で送料は無料、定期便であればかわいいサプリメントケースもセットで付いてきます。

いつ終わるか分からないお得な購入キャンペーンを開催している時期に1度購入を検討してみてはどうでしょうか?