ベビーローション人気ランキング!乳幼児の保湿ケアに!

乳児湿疹・乾燥肌・オムツかぶれといった乳幼児の肌トラブルのケアには保湿スキンケアが重要です。
保湿剤はワセリン・ベビーローション・ベビーオイル・ベビークリームなど様々なタイプがありますが、一番使いやすいのが油分と水分のバランスが良いベビーローションです。

ここでは保湿力が高く、無添加で安心して使えるベビーローションを紹介しますので、乳幼児の保湿ケアのためにベビーローションの購入を検討している人は是非参考にしてみてください!

ベビーローションの選び方


成分数ではなく保湿力にこだわったローションを選ぶ

ベビーローションを含め、保湿剤選びで重要なのは配合されている成分数ではなく、保湿力です。そのため、パッケージに記載してある成分数だけで優秀なベビーローションかどうかを判断するのは早いです。

もちろん、ヒアルロン酸・セラミド・アミノ酸といった保湿成分が配合されていることも重要ですが、「実は配合されているだけで配合量は少量」という可能性もあります。

保湿の良し悪しの判断は実際に使用してみないと難しい点ではありますが、一概に色んな成分が入っている=良いベビーローションという図式にはならないので注意しておきましょう。

無添加処方にこだわったローションを選ぶ

赤ちゃんや子供の肌は非常にデリケートです。
スキンケアとして保湿剤を塗ってあげる際に、ベビーローションなどが肌の刺激にならないよう、できる限り低刺激処方のものを使ってあげてください。

ベビーローションも様々なメーカーから販売されており、価格もピンキリですが、比較的安価な物は防腐剤や着色料などの添加物が使用されているものがたくさんあります。

添加物は肌への刺激が強く、ベビー用だとしても敏感肌の子であれば肌トラブルの原因になってしまうため、できるだけ無添加にこだわって作られているベビーローションを選ぶことをオススメします。

最近の化粧品ブランドのサイトには無添加となっているものを表記している商品が多いため、検討する際はチェックしてみましょう。

顔や頭皮などにも安心して使えるローションを選ぶ

赤ちゃんの肌トラブルは様々な部位に発症することが多く、頭皮が乾燥してフケが出たり、顔には脂漏性湿疹が出たりしてしまいます。
そのため、ベビーローションなどの保湿剤も顔や頭皮に使えるものを選ぶことが大切になってきます。

無添加にこだわったものを選ぶことはもちろんのこと、後は天然由来成分でつくられたベビーローションがオススメです。
天然由来成分でつくられたベビーローションであれば、植物エキスが原材料となっているため、万が一赤ちゃんが舐めてしまっても基本的には問題ありません。

また、植物エキスは肌への刺激が低いことはもちろん、肌のコンディションを整える効果も期待できます。


【2018年最新版】ベビーローション人気ランキング


【第1位】Nukumori/ぬくもりミルクローション

  • 天然由来成分99%
  • ローションの95%以上は保湿成分
  • 肌のビタミン「葉酸」「ビオチン」配合
  • 8種の天然植物エキス配合
  • 返金保証制度あり
  • ひよこクラブ、ママガールなど子育て雑誌でも紹介
  • 日本化粧品協会でも紹介されているブランド

天然由来99%で成分の95%以上は保湿成分からつくられているボタニカルベビーローション「ぬくもりミルクローション」。
ベビーローションなどの保湿剤では業界トップクラスの15の無添加処方となっていて、とても肌にやさしい保湿剤です。
8種類の天然植物エキスと2種の肌のビタミン「葉酸」と「ビオチン」を配合していて、保湿だけでなく整肌にもこだわってつくられています。
匂いはローマンカモミールの香りを使用。リラックス効果のある香りが赤ちゃんやママのストレスを緩和してくれます。
コスメコンシェルジュという美容のプロが、自身の子育ての経験を元に開発した注目のベビースキンケアローションです。

【第2位】ピジョン/オーガニクスファーミングローション

厳しい審査を通過したオーガニック成分をメインに使用
フランスのオーガニック認証機関である「エコサート」を取得している【オーガニクスファーミングローション】。
天然由来成分99.5%なので、肌にやさしく安心して使用できます。
注目の成分はバオバブシードオイル。保湿成分としての希少価値が高く、肌を守りながら整えてくれる働きをします。
無添加項目はパラベンのみという記載となっていますが、刺激成分は少なく、家族みんなで使用できるベビーローションです。

【第3位】オーガニックマドンナ/ベビーピュアミルク

創業30年以上の老舗ブランドのベビーローション
天然素材やオーガニック素材にこだわって開発されている老舗ブランドのマドンナが販売している【ベビーピュアミルク】。シアバターやホホバオイルといったお馴染みの高保湿成分をはじめ、天然植物エキスも数多く配合したオーガニックアイテムです。
無着色・無香料・アルコール・パラベンが無添加項目となっていて安心して使用できます。
【第4位】アロベビー/ミルクローション
天然由来99%でエコサート認証も取得している【アロベビーミルクローション】。オーガニックアロマオイルが使用されているため、さわやかなラベンダーの香りがします。植物油を使っていることから多少ベタつき感を感じる人もいるかもしれません。
【第5位】ママ&キッズ/ミルキーローション
ベビー系雑誌でもたびたび目にする機会が多く、赤ちゃんのスキンケアグッズとして知名度も高いママ&キッズが開発したベビーローション【ベビーミルキーローション】。天然由来成分ではありませんが、8項目が無添加と安全性が高い保湿剤です。
【第5位】ママ&キッズ/ミルキーローション
ベビー系雑誌でもたびたび目にする機会が多く、赤ちゃんのスキンケアグッズとして知名度も高いママ&キッズが開発したベビーローション【ベビーミルキーローション】。天然由来成分ではありませんが、8項目が無添加と安全性が高い保湿剤です。
【第6位】エルバビーバ/ベビーローション
オーガニックにこだわって商品開発をしているervaviva(エルバビーバ)のベビーローション。マンダリン&カモミールのさわやかな香りに仕上がってはいるものの、匂いがキツいと感じる口コミもあります。
【第7位】For fam/ボディローション
家族で使えることを考えてつくられた保湿剤【フォーファムボディローション】。そのため容量も300mlと大容量です。ローションタイプの他にミルクタイプがあるため、使い分けがなかなか難しいという声も。
【第7位】For fam/ボディローション
家族で使えることを考えてつくられた保湿剤【フォーファムボディローション】。そのため容量も300mlと大容量です。ローションタイプの他にミルクタイプがあるため、使い分けがなかなか難しいという声も。

赤ちゃんの保湿スキンケアのポイント


入浴後の5分以内が保湿のゴールデンタイム

赤ちゃんがお風呂から上がったばかりの体は体温が高く、肌の水分が蒸発しやすい状態になっています。放っておくと、どんどん水分が蒸発して肌が乾燥してしまうため、入浴後はすぐに体をタオルでやさしく拭いて保湿剤を塗ってあげてください。

保湿剤を塗るまでの時間の目安は一般的に5分とされていて、入浴後の5分以内が「保湿のゴールデンタイム」とも呼ばれています。
もちろん、5分以上経ったからといって意味が無いわけではありませんが、少しでも潤っているうちに保湿剤で蒸発しないようにフタをしてあげることが保湿ケアのポイントになります。

また、保湿剤をケチってしまい、十分に塗れない場合も同様に乾燥気味になってしまうため、まんべんなくしっかりと保湿剤を塗ってあげましょう。肌がもちもちになるまでマッサージするような感覚で塗るのがコツです。