2019年おすすめ秋ドラマ『4分間のマリーゴールド』徹底解説

4分間のマリーゴールドとは?

「4分間のマリーゴールド」とは、10月11日(金)夜10時スタートの、福士蒼汰が主演を務めるドラマです。今回、福士蒼汰さんは、TBSの連ドラが初主演という事で注目を浴びています。また、モデルの菜々緒さんがヒロインを務めるということでも話題になっています。

原作などのご紹介

こちら原作は、「キリエ」という漫画家が描いた物語。新人コミック大賞(青年部門)を受賞したことでも有名です。同作は、週刊ビッグコミックスピリッツで連載され、新聞各紙が絶賛するなど大反響を呼んだ作品でもあります。

作品内容とは?

この作品は、特殊能力を持つ福士蒼汰こと「花巻みこと」が、人の”死の運命”がみえてしまう救急救命士と、余命が1年後に迫った、菜々緒が演じる最愛の義姉「沙羅」とのラブストーリーです。この、「禁断の恋」と「生と死」の切ないラブストーの実写化にファンは期待を膨らませています。

キャストのご紹介

花巻みこと 役:キャスト/福士蒼汰

福士蒼汰さん演じる「花巻みこと」は、手を重ねた人間の“死の時間”がみえてしまう、という特殊能力の持ち主。様々な人の最期が見えてしまうのにも関わらず、どうすることもできない、という葛藤に日々悩んでいる人物。また、愛する菜々緒が演じる”沙羅”の「余命が1年」ということを知ってしまうがどうすることもできない、という切ない男性の役です。

花巻沙羅 役:キャスト/菜々緒

菜々緒さんが演じる「花巻沙羅」は、子供達に絵の指導をしたり、地元で年配者向けの絵画教室を開いたりしている画家。常に、自分の事より他人を優先する性格で、まさに純粋で素敵な女性役。マリーゴールドの花が好き。自分の余命が1年ということをはじめは知る由もない・・・

花巻 藍 役:キャスト/横浜流星

横浜流星さんが演じる「花巻 藍」はみことの義弟。まさに「いい弟」という役柄です。また、その可愛げな弟像に、花巻沙羅は大好きですごく可愛がっている。

花巻 廉 役:キャスト/桐谷健太

桐谷健太が演じる「花巻 廉」は、みことの義兄。職業は警備員で元ヤンキー。見た目とは逆に、とても家族思いなタイプ。意外とメンタルも弱い。

あらすじのおさらい

花巻みこと(福士蒼汰)は、相手の「死の運命」が見えてしまう。救急救命士である、花巻みことはその相手に対し、その運命を変えようとするのだが、どうしてもその運命は変えられない。そのジレンマを抱えている。そんな中で、花巻みことは、一緒に暮らしている、義姉・沙羅を愛してしまう。しかし、その沙羅の「死の運命」を知ってしまう。その期間はなんと、あと一年・・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「4分間のマリーゴールド」は、2019年10月のスタートです。是非見逃さないようにチェックしていきましょう。
見逃してしまった・・・、という方は、このような無料で視聴できるサイトなどがありますので、是非チェックして穴のないように、楽しいドラマライフを楽しんでみてください。

【ドラマ動画の國】
https://teiichi.jp/4mari-douga/