なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
09:00-18:00[土日祝定休]

事業再構築補助金申請書を作成いたします。
※問い合わせを多くいただいているためメールの方がスムーズにご案内できます。

  • 認定経営革新等支援機関
  • 全国対応

こんな “お悩み” ありませんか

事業を大幅に変えてコロナを乗り越えたい

  • 新型コロナウィルスで売上が下がってしまっている
  • 設備や機械を新しく導入したいけど予算がない
  • 自社の商品を売り込みたい
  • 申請しても採択されなかったらどうしよう
  • 業務が忙しくて手につけない
  • 設備や機械を新しく導入したいけど予算がない

そのお悩み、採択実績の豊富な
コンサルタントが解決します!

事業再構築補助金とは

事業再構築補助金とはコロナの影響により新たな事業へのチャレンジやビジネスモデルの転換に幅広く使える国の補助金です。「新たな業態をのために新店舗を立ち上げたい」 「店舗を縮小してネットに展開したい」 「設備を新しくしたい 「新商品を広くPRしたい」などに活用できます。
具体的には、建物費、改修費、設備費、システム購入費、広告宣伝費などが挙げられます。

【対象要件】
申請前の直近6カ月間のうち、任意の3カ月の合計売上高が、コロナ以前の同3 カ月の合計売上高と比較して10%以上減少している中小企業等。

【対象事業者】
日本全国の中小企業です。中小企業の定義は以下の通りです。
製造業は資本金3億円以下もしくは300人以下
卸小売業は資本金1億円以下もしくは100人以下
サービス業は資本金5000万円以下もしくは100人以下
小売業は5000万円以下もしくは50人以下

【補助金の額】
通常枠の補助額は100万円〜6000万円、補助率は3分の2

例えば6000万円の設備投資をされた際の補助金受取額は4000万円になります。


補助金申請代行のメリット

メリット1 売上の拡大
採択されれば売上・利益の向上が期待できます。経費の最大3分の2が補助されるため、攻めの販促がしやすくなり、取り組みたかったことが実現できます。
メリット2 補助金の採択確率がUP!
補助金の採択率は例年20%~30%ほど。 当機関は、審査項目をを熟知しているため、様々な業種を支援させていただいている中、通算70%以上の採択率を維持しています。
メリット3 本業に集中
補助金の申請は人によりますが平均100時間程度と言われます。代行に頼めば10分の1以下まで削減でき、その分事業に集中できます。
メリット4 金融機関の信用力UP!
公的補助金を活用している事業拡大に積極的な事業者は金融機関や取引先からの信用力がUPします。今後の融資や取引先の開拓の際にもPRとして活用できます。
メリット5 モチベーションアップ
取り組むべきことが明確になることで代表のモチベーションが上がります。さらに、ビジョンを事業計画書として落とし込むことで、従業員との意思の疎通が図りやすくなります。従業員に目的を意識した行動を促しやすくなります。
メリット3 本業に集中
補助金の申請は人によりますが平均100時間程度と言われます。代行に頼めば10分の1以下まで削減でき、その分事業に集中できます。

当社補助金サービスの特長

《特長1》採択率の高い申請書
当社は年間100社以上の補助金の獲得を支援していながらも、採択率70%以上を誇る採択率の高い申請書を作成しています。
《特長2》スリーマンセル体制
当社は50名以上のコンサルタントを有し、1案件に対し、3名体制にて万全の体制で進めます。
《特長3》再申請無料
もし不採択になってしまった場合、無料で申請書をブラッシュアップします。再申請の採択率は80%以上です。
《特長3》再申請無料
もし不採択になってしまった場合、無料で申請書をブラッシュアップします。再申請の採択率は80%以上です。

お問い合わせから申請までの流れ

STEP1
初期診断
初期診断とは電話ヒアリング、事業説明を実施後、ヒアリングシートや決算書をご提出いただき申請可否を診断します。事業内容によってはお断りさせていただくこともございます。あらかじめご了承ください。
STEP2
申請書作成
着手金と利用規約の同意後に、ヒアリングシートを基にzoomにてヒアリングを進めて申請書(事業計画書)を完成させます。
STEP3
申請書申請
G-bizIDにて電子申請をします。
申請完了ボタン以外の入力は当社で行いますのでご安心ください。
STEP3
申請書申請
G-bizIDにて電子申請をします。
申請完了ボタン以外の入力は当社で行いますのでご安心ください。

採択から入金までの流れ

STEP4
補助事業の実施
採択後に交付決定通知書を受領後、計画に必要な経費の発注〜支払いを決められた期間内に行っていただきます。
STEP5
中間・実績報告書提出
中間報告書や実績報告書や御見積書・請求書など、必要書類をまとめて実績報告書を提出します。
※報告書作成はスタンダードプランをお申し込みいただいたお客様に限ります。
STEP6
入金の確認
実績報告書提出後、補助金事務局から交付決定額が通知され、補助金決定交付額を請求し、受領します。
STEP6
入金の確認
実績報告書提出後、補助金事務局から交付決定額が通知され、補助金決定交付額を請求し、受領します。

監修責任者

比企 智浩
1989年生まれ。自営業の家系で育ったことから、中小企業への経営支援を志し、大手信用調査会社に新卒入社。入社後、大手では支援の手法に限りがあることを痛感する。地に足のついた個別支援を目指し、中小企業診断士を取得し、2016年に独立。コンサルティングではIT活用や創業、販売促進の実績多数。補助金を活用した経営アドバイスに定評があり、持続化補助金など公的支援にて500社以上と関り、採択実績も豊富。2018年に法人化。2019年には認定経営革新等支援機関として中小企業庁より認定。
セミナー多数登壇
事業計画立案セミナー
創業セミナー
創業セミナー

選ばれる理由

  • 理由1 採択率の高い申請書を作成
    当社は年間100社以上の補助金の獲得を支援していながらも、採択率70%以上を誇る採択率の高い申請書を作成している点を評価いただいてます。
  • 理由2 補助金支援のプロが3名体制で支援
    当社は50名以上のコンサルタントを有し、1案件に対し、3名体制にて万全の体制で進めている点を評価いただいています。
  • 理由3 中小企業診断士が多数在籍しており経産省補助金に精通
    中小企業診断士は国の認める唯一のコンサルティングの資格です。経済産業省は中小企業の推進に診断士の活用を提言しています。
  • 理由4 代表が経営コンサルティングを主業としている。
    当社の代表は業種を問わず中小企業の経営支援にしており、時流に合わせた計画立案に定評をいただいてます。
  • 理由5 40名以上のパートナーが在籍
    当社は大手上場企業勤務の人財とパートナー契約を結んでおります。日常的に難易度の高い戦略立案を行なっているため、競争倍率の高い補助金でも採択が可能です。
  • 理由2 補助金支援のプロが3名体制で支援
    当社は50名以上のコンサルタントを有し、1案件に対し、3名体制にて万全の体制で進めている点を評価いただいています。

支援メニュー

シンプル《申請だけ任せたい!》
着手金 150,000円
成功報酬 補助金受取額の10%
(下限あり・成功報酬50万以上のみ)
支援内容 ・事業計画書の作成
・各種加点書類作成(加点は事業継続力強化計画もしくは経営力向上計画どちらか一つを想定しております。既にお持ちの方は5万円引き)
フォローアップ なし
こんな方におすすめ ・過去に補助金の申請経験がある方
・補助金の申請、報告対応が可能な経理、労務など事務スタッフ在籍の企業
成功報酬 補助金受取額の10%
(下限あり・成功報酬50万以上のみ)
スタンダード《入金までサポート!》
着手金 150,000円
成功報酬 補助金受取額の15%
(下限あり・成功報酬75万以上のみ)
支援内容 ・事業計画書の作成
・各種加点資料作成(加点は事業継続力強化計画もしくは経営力向上計画どちらか一つを想定しております。既にお持ちの方は5万円引き)
フォローアップ ・交付申請支援
・実績報告支援(初年度まで)
こんな方におすすめ ・補助金の申請経験が初めての方
・従業員数10名以下など補助金の申請、報告を担当できる事務スタッフがいない方
支援内容 ・事業計画書の作成
・各種加点資料作成(加点は事業継続力強化計画もしくは経営力向上計画どちらか一つを想定しております。既にお持ちの方は5万円引き)

よくあるご質問

Q
この補助金はいつでも申請できますか?
A
定期的に〆切が設けられており、常時申請は受け付けておりません。予算の関係上、早めにお申し込みいただいたほうが採択率は高いです。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
Q
北海道の事業者ですが、申し込みは可能でしょうか。
A
はい、可能です。skypeやzoomなどを用いてネットのみで完結できる仕組みを構築しております。ご安心してお申し込みください。
Q
北海道の事業者ですが、申し込みは可能でしょうか。
A
はい、可能です。skypeやzoomなどを用いてネットのみで完結できる仕組みを構築しております。ご安心してお申し込みください。
Q
事業継続力強化計画など加点項目を取得していないのですが、採択されるでしょうか。
A
取得されていなくても採択されることは多々あります。しかし、補助金は相対評価の審査のため、できる限り取得をオススメしております。弊社では「事業継続力強化計画」の作成も行なっております。お気軽にご相談ください。
Q
不採択になってしまった場合でもフォローはしていただけるのでしょうか。
A
ご安心ください。不採択の場合は、年度内に再申請可能な〆切があれば着手金0で再度申請致します。
Q
依頼できない条件などはありますか?
A
残念ながらございます。補助金の採択はお客様の現在の事業や今後計画されている事業で採択が非常に厳しい場合があります。
例として以下の該当するお客様はお断りさせていただいております。
・接待を伴う飲食業
・不動産業への転換事業(不動産投資や太陽光含む)
・コンサルティングや芸能事務所・タレント・占いなど属人的な事業
・データマイニングや仮想通貨事業など
・補助金目的の投資
・外国人経営者様の企業
・創業1年以内の企業
・債務超過の企業(資産<負債)
・売上高が数十万円の企業
・店舗・施設を持たない個人事業主(転売・せどり・物販システム・宅配など)中心の事業
・農業関連(農業は農林水産省の補助金を活用ください)

その他条件によってお断りさせていただくことがございます。
あらかじめご了承ください。
Q
見積もりなど集めれば全て対応してくださるのでしょうか。
A
対応できかねます。補助金は事業計画書の内容によって審査があります。採択には申請書の作成スキルのほかに、既存事業の収益性や新規事業の優位性などお客様の現在と未来の事業によって採択可否が大きく変わります。採択するための作成スキルに当社は自信がありますが、採択されるためにはお客様との協力関係がもっとも重要であり、お客様のご協力が必須となります。
Q
北海道の事業者ですが、申し込みは可能でしょうか。
A
はい、可能です。skypeやzoomなどを用いてネットのみで完結できる仕組みを構築しております。ご安心してお申し込みください。

無料相談お申し込み

下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。また上記のよくある質問を一度ご覧いただくことはお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

株式会社tsumugi

〒160-0073 東京都新宿区百人町1-7-25-104
代表取締役 比企 智浩
資本金 3,000,000円
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
中小企業庁認定 認定経営革新等支援機関