なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

マスクの肌荒れ対策に使っているクレンジング

私は近頃、以前はなかった乾燥肌やニキビなどの肌荒れに悩まされるようになりました。

普段から健康や美容には気を遣い、規則正しい生活を送っているので不思議でしょうがなかったのですが、思い当たる節が1つだけありました。

それは、コロナ禍に欠かすことのできなくなったマスクです。

マスクを頻繁に着けたり外したりすることで、肌に知らず知らずのうちにダメージが蓄積されてしまっていたようです。

しかし、このご時世でマスクなしの生活を送るわけにもいかず、肌荒れ対策にもなるクレンジングを探していたところ、マナラ ホットクレンジングゲルと巡り会いました。

91.3%が美容成分だというマナラ ホットクレンジングゲルを継続して使用してみたところ、乾燥肌が改善してニキビもできなくなりました

マナラ ホットクレンジングゲルに含まれるヒアルロン酸などの保湿成分やローヤルゼリーエキスなどの美肌成分が、どうやら私の肌に合っていたようです。

今やマナラ ホットクレンジングゲルはマスクと同様に、私の生活に欠かすことのできないものになっています。



マスクのしすぎで肌荒れトラブルが急増

マスクをすると肌が荒れるのはなぜですか?お風呂上りに肌がつっぱるのと同じように、マスクを外した瞬間に水分が蒸発して、マスクをしていないときよりも肌が乾燥します。

マスクをしている部分全体に症状が出たり、肌がつっぱったり、かさついたり、乾燥したりする場合は、マスクが原因で肌が乾燥している可能性があります。

マスクは、皮膚に起こるアレルギー反応である「接触皮膚炎」を引き起こすこともあります。

アレルギーの原因は、マスク自体の素材や、マスクに付着した花粉やほこりである可能性があります。アトピー性皮膚炎やアレルギーなどの持病をお持ちの方は、特に注意が必要です。

また、マスクをしていることで肌が敏感になっていると感じる場合は、敏感肌用の基礎化粧品に変えてみるのもよいでしょう。

マスクの下からは紫外線は侵入しませんが、マスクがずれると周囲が日焼けしてしまいます。

綿やガーゼの生地でできたマスクは、使い捨ての不織布マスクに比べて気密性が低く、生地自体が水分を吸収してしまいます。市販のステロイドを使用して1週間経っても良くならない場合は、皮膚科を受診してください。

マスクによる肌荒れを防ぐ対処法

花粉症対策、日常の予防、そして今年はウイルス感染症対策として、マスクは日常生活に欠かせないものとなっています。さて、マスクの長期使用に伴い、マスクが原因の肌トラブルが急増しています。

マスクをすることで起こる肌トラブルについて説明します。口の周りや頬についた水滴が蒸発すると、肌に必要な水分も一緒に蒸発してしまい、肌が乾燥してしまいます。

吐いた空気でマスクの中が高温多湿になり、汗をかいて肌が蒸れてしまう。マスク内の湿度が高くなると、細菌が繁殖しやすくなり、肌トラブルの原因になります。

また、サイズや素材が合わないマスクも肌トラブルの原因になります。接触性皮膚炎は、皮膚が刺激物やアレルゲンに触れることで発症する湿疹状の炎症です。

丁寧なスキンケアと治療で、少しでも肌への負担を減らしたいものです。また、スキンケアだけでなく、刺激物のない肌を保つためには、規則正しい生活を送ることも大切です。

マスクが原因のニキビ・吹き出物の予防法

また、肌の水分が奪われ、乾燥してカサカサと荒れた肌になってしまいます。場合によっては、マスクの素材が原因で赤みやかゆみが出ることもあります。

また、洗える布製のマスクの場合、繊維に残った洗剤が刺激になることもあります。角質層の水分バリアを保つために、低刺激の化粧水や乳液を使用してください。

紫外線が強くなる夏場は、日焼けのリスクが高まります。ほてりがおさまらない場合は、皮膚科を受診してください。場合によっては、消炎剤の軟膏や美白剤を塗布することもあります。

症状が改善しない場合は、治療薬を塗るか、皮膚科を受診して治療を受けることをお勧めします。顔面などの発疹・皮膚炎を対象とした非ステロイド系の軟膏タイプの治療薬です。

抗炎症作用と殺菌作用のある2つの有効成分を配合した、にきび・吹き出物治療薬です。