納得のいく内窓リフォームは
施工会社をじっくり比較することが鍵

気候の変動により、猛暑や厳冬に悩まされているという方も多いのではないでしょうか。そんなときに役立つのが内窓。内窓を設置することにより、高い断熱効果が得られるので快適に過ごすことができます。しかし、内窓のメリットはそれだけではありません。今回は内窓のあまり知られないメリットや、内窓設置を業者に依頼するときの注意点などをまとめました。

内窓ってなんのためにあるの?

そもそも内窓ってなんのためにあるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。実は内窓を取り付けることによるメリットはたくさんあるのです。

・断熱性が向上する
内窓を作ると、外窓との間に空気層が生まれます。この空気層が断熱効果を持ち、外気温度に関わらず室内を過ごしやすい温度に保ってくれるのです。室内が自然と快適な温度に保たれるため、冷暖房効率が上がり光熱費を抑えることができるのです。

・防犯性が向上する
警視庁が発表している「平成30年中の住宅対象親友窃盗の発生状況」という資料の中に気になるデータがありました。それは窃盗犯の56.8%が窓から侵入してくるというデータです。内窓で窓を二重にしてしまえば、窓から窃盗犯が侵入してくるリスクを大きく下げることができます。窃盗犯にとって大切なのは犯行時間の短さ。解錠に手間がかかりそうな内窓を設置している家には盗みに入りにくいです。

・防音性も向上する
内窓を取り付けることにより、1枚の窓だけのときと比べて防音性が向上します。家の近くに幹線道路があるという方は、内窓を設置することにより騒音から開放されるかもしれません。また、お隣の家と距離が近いという方や、趣味でピアノをはじめとする楽器を演奏するという方にもおすすめです。騒音によりご近所さんとトラブルになるのは避けたいですよね。

内窓をつけるデメリットって?

内窓を取り付けることによって得られるメリットにはさまざまなものがありますが、一方でデメリットもあります。まずは「掃除がしにくくなる」こと。単純に窓の枚数が増えるので掃除には手間がかかりますし、特に外側の窓は庭に出ないと拭き掃除もままなりません。その次に、「それなりに費用がかかる」ということ。内窓の価格相場は窓のタイプにもよりますが、およそ数万円かかります。そこに施工費用や既存の窓の処分料がかかります。ただ、内窓の断熱効果により光熱費を削減できるので、長期的に考えれば内窓の設置にかかるコストを吸収することができます。

内窓はDIYで作れる?

できるだけ施工費用を節約するために、DIYで内窓を取り付けようと考えている人もいるでしょう。実際、インターネットで検索をすると、自分で内窓を取り付けた人の記事や動画がたくさんヒットします。時間があって器用な人ならDIYで内窓を作ってみるのもありかもしれませんが、不器用な人、時間がない人にはとてもおすすめできません。無理に自分で作ろうとして失敗、材料費と時間が無駄になってしまったら目も当てられません。また、材料費以外にも工具を揃える必要があるため、DIYも案外お金がかかるのです。リフォームにはそれなりにお金がかかるものだと割り切り、施工はプロにお任せしましょう。

内窓の取り付けをお願いする業者の選び方

・リフォーム業者の選び方
内窓を設置すると決めたら、次はリフォーム業者を選びましょう。リフォーム業者を選ぶに当たりまず注目するのは「どのような商品があるのか」。内窓に使われるガラスはそれぞれ仕様が異なります。外の景色をすっきりと楽しめるクリアなガラス、結露防止に特化しているガラスなど、それぞれの要望に合わせてじっくりと選んでください。また、近くにメーカーのショールームがある場合はガラス窓の実物を見られることもあるので、見え方には特にこだわりがあるという方は足を運んでください。

・意外と金額に差が出る内窓施工
内窓の仕様が大体決まったら、その要望通りに施工してくれるリフォーム業者を探していきます。ここで初めてリフォーム費用について考え始めるのですが、似たような施工でもリフォーム会社によって金額に差が開くことがあります。施工前に見積もりを出してもらうのは必須ですが、その際に金額の内訳について細かい説明を求めてみましょう。ちゃんとしたリフォーム業者なら見積もりの内訳を細かく説明してくれますが、劣悪な業者は適当にごまかしてしまいます。できるだけ多くの業者から見積をもらい、じっくりと比較するのが満足の行くリフォームへの近道です。中には契約を急かしてくる業者もあるかもしれませんが、営業トークに乗せられること無く、主導権をしっかりと握りましょう。
最後に内窓のおすすめメーカーをまとめたサイトをご紹介するので、
内窓選びの参考にしてもらえればと思います。

まとめ

今回は内窓のあまり知られていないメリットや、施工業者の選び方について簡単にご紹介しました。
いつも気温の変化に悩まされている方は、思い切って内窓を設置してみてはいかがでしょうか。
きっと以前より快適に過ごせるようになるはずです。