目指せヨガインストラクターへの道

なりたい自分へ…
著作者:takebackyourhealthconference

Studio jun☆a

スタジオ Jun☆aでは全米ヨガアライアンス(RYT200)取得に向けてのヨガインストラクター養成スクールを開催しております。
モットーは”専門的に着実に、楽しく学ぶ”です。
卒業後もホームタウンの様にいつでも帰ってこれるスタジオでありたいと願っています。
私達と一緒に新しい一歩を踏み出しましょう♪

変わりたいと思った瞬間から、あなたは変化しているのです。

もっと大好きな自分に、もっと笑顔の自分に出会える時間を
私達と一緒に共有しませんか?

いまやヨガ人口は100万人超

日本で2004年の調査で推定ヨガ人口は約23万人でしたが、2013年には100万人を突破したと言われています。2014年の米国の調査で18歳以上のヨガ人口は2,000万人と言われています。

日本のヨガ人口は米国のわずか1.5%程度にとどまり、欧米に比べるとヨガの普及は大幅に遅れています。
しかし今後日本でも早いペースでヨガ人口が急速に増えると予想されています。

現在、ヨガスクールやスタジオも、東京都に1000軒以上、大阪府や神奈川県には400軒以上があるといわれています。
雑誌「ケイコトマナブ」では毎年人気お稽古ランキングにヨガ&ピラティスが上位で入り、2015年は英会話に続き2位、8年以上連続で3位以内にランクインしています。
ハリウッドスターや海外セレブや国内の芸能人も熱心に通う姿がTVやネットや雑誌で公開され若い女性を中心にどんどん認知度が上がってきました。

現在では中高年の男女にも人気の習い事で当スタジオでも中高年の生徒さん率も高く、当スタジオの出張ヨガではシニアの方の予防医療として老人ホームやケアセンター各所で健康状態や年齢に合わせたクラスを開講しています。

そして2013年厚生省の発表では健康の為にヨガを促進しています。「今後やってみたい習い事」でも27.4%で第3位と、高い位置をしめていました。

そのため、OLやスポーツ選手、ダンサー、モデルなどから転身した人も少なくありません。

専門誌が刊行され、ツアーに人が集まり、日本のヨガ市場は一説によれば200億円超ともいわれています。
このような状況が数年にわたり続いているのだから、ブームというよりは定着と拡大のプロセスにあるといえます。

当スクールの特徴

求人に関しては、スタジオ各所では常に先生を必要としていますが、ヨガの指導者は年齢に制限がなく質の高いクラスや先生のスキルが求められるのが現状です。
ですから、40代50代でも現役の先生が活躍し、経験値の少ない若い世代では資格を取っただけでは簡単にお仕事を頂けるという保証はありません。

当スクールでは、資格取得だけではなく卒業と同時に即戦力となるスキルを付けて頂く事が目的で、卒業後当スクールをで学べて良かった!と思って頂けるスクールを目指しています。
カリキュラムの中にも卒業後にすぐにクラスを持っても大丈夫なように一般の方に指導するという日本発の実践のクラスを起用しています。

また、ヨガの資格にはたくさんの種類がありますが、当スクールで学べば、世界70カ国以上で通用する、全米ヨガアライアンスへの登録資格が与えられる仕組みになっています。
アメリカ国内で18,800名以上、日本でも400名以上が登録しています。

当スクールは日曜開催の通学生を起用していますので長期休暇が取れなくても通学制ならお仕事を休まずに時間をかけてじっくり学ぶ事が出来ます。

初心者に安心の制度

お申込み後はクラス受け放題。

ヨガの経験がない人でもスクールが始まるまではメインティーチャーのクラスが受け放題(週に5クラスあります)です。ヨガ経験の浅い方でも練習を重ねスクールが始まる時にはある程度経験を積んだ状態で臨めます。

もし6月中に申込が完了すると7、8月に頑張って来てもらえるとなんと・・40クラス程度を受講いただけます。

専門知識を有する講師陣

当スクールでは、メイン講師は勿論、各講義やレッスンを専門的に学んだ講師が担当します。
解剖学の専門講師、現役医師、各流派を専門的に学んだスペシャリストから広く濃いく学べるという利点があります。