【課題解決型】Ayumインターンツアー
  〜働き方・生き方を考える旅〜

2019年2月17日(日)~24日(日)6泊8日
2019年3月3日(日)~10日(日)6泊8日

in Cambodia

こんな人が対象です!

    • 海外で働きたいと思っている方
    • 多様な価値観に触れたい方
    • 異文化理解に興味がある方
    • ロールモデルと出会いたい方

今回チャレンジするMission!

ーミッション1ー
「働き方」「生き方」を理解し、キャリアイメージを深めよ。

ーミッション2ー

カンボジア人の特徴を理解・分析し、キャリアセミナーを開催せよ。

ー取り組むことー
①カンボジアで働く日本人を訪問し、「働くとは」「グローバル人材とは」について学ぶ。

②カンボジア人50人へ英語でインタビューして、生の声を知る。

③カンボジア人大学生向けのキャリアセミナーを実施する。

開催概要

働き方を考える旅
プログラム ①カンボジアで働く日本人を訪問し、「働くとは」「グローバル人材とは」について学ぶ。
②カンボジア人50人へ英語でインタビューして、生の声を知る。
③カンボジア人大学生向けのキャリアセミナーを実施する。
日 時

2019年2月17日(日)~24日(日)6泊8日
2019年3月3日(日)~10日(日)6泊8日
*お好き日程をお選びください。

開催地 カンボジア プノンペン市
参加費用

192,000円
*含まれるものについては下記ご覧ください。

お問い合わせ internship@ayumjapan.com
参加費用

192,000円
*含まれるものについては下記ご覧ください。

タイムテーブル

1日目
移動日
東京発、全日空航空にてカンボジアへ。空港ご到着後、ガイドと合流し専用車にて市内ホテルに向かいます。
18:00~ ホテルにて自己紹介を兼ねたご夕食。 

食事条件 : 【朝】- 【昼】- 【夕】〇
宿泊:フランジパニホテル
2日目
カンボジア理解プログラム
終日:オリエンテーション、クメール語研修、ビジネスマナー研修、企業訪問

食事条件 : 【朝】〇 【昼】○【夕】-
宿泊:フランジパニホテル
3日目
カンボジア理解プログラム
前日の振り返り、企業研修、企業研修

食事条件 : 【朝】〇 【昼】○【夕】○
宿泊:フランジパニホテル
4日目
フィールドワーク
終日 :グループワーク、フィールドワーク(カンボジア人50人へインタビュー)

食事条件 : 【朝】〇 【昼】-【夕】-
宿泊:フランジパニホテル
3日目
カンボジア理解プログラム
前日の振り返り、企業研修、企業研修

食事条件 : 【朝】〇 【昼】○【夕】○
宿泊:フランジパニホテル
5日目

フィールドワーク
終日:フィールドワーク、セミナー準備

食事条件 : 【朝】〇 【昼】-【夕】-
宿泊:フランジパニホテル
6日目
フィールドワーク
終日 :セミナー準備

食事条件 : 【朝】〇 【昼】-【夕】-
宿泊:フランジパニホテル
7日目
セミナー開催・振り返り
午前 :キャリアセミナーの開催
午後 :振り返り、個人ワークショップ
夕食後、専用車にて空港へ送迎。
全日空航空にて東京へ。

食事条件 : 【朝】〇 【昼】○【夕】-
宿泊:機内泊
8日目

帰国
午前:東京へ到着

食事条件 : 【朝】-【昼】-【夕】-
宿泊:なし
6日目
フィールドワーク
終日 :セミナー準備

食事条件 : 【朝】〇 【昼】-【夕】-
宿泊:フランジパニホテル

注意事項

※上記日程は現地事情などにより変更になる場合があります。

出発地:東京(成田)

利用予定航空会社:全日空航空

利用予定ホテル:フランジパニホテル(1室2名)*男女別で他の方と相部屋

旅行代金に含まれるもの:●往復航空運賃 ●空港とホテルまでの送迎費用 ●プログラム参加費用 ●全行程のホテル代(2人部屋利用)●燃油サーチャージ ●現地係員費用 ●食事代金:朝食6回・昼食3回・夕食2回

旅行代金に含まれないもの:旅行代金に含まれるものと明記していないもの以外は含まれません。一部を例示します。
●空港施設料●現地移動交通費●上記に含まれない食事代●各国の諸税●海外旅行保険●入国VISAなど

最少催行人員:2名(定員10名・先着順) ※添乗員は同行しませんが、現地係員がご滞在中のサポートを行います。

<旅行企画>ホワイト・ベアファミリー株式会社

<プログラム企画>株式会社Ayum, Ayum Japan Consulting Co.,Ltd.

このツアーは安全面を配慮し、現地プログラム企画をAyumが担当し、旅行全体を株式会社ホワイト・ベアーファミリーが旅行企画・実施する募集型企画旅行としています。

旅行についての詳細は別途ご案内いたします。

アドバイザー紹介

鹽井 晴香
代表取締役

高校時代から国際協力に携わり、大学進学後、カンボジア国内2社にてインターンシップを経験。将来は「カンボジアで人材事業をしたい」と心に決め、新卒で大手人材会社に入社。派遣事業の営業として、新人賞、月間成績全国1位、2期連続MVP獲得。同時に社内にてカンボジア部、社外にて一般社団法人を創業。その後、結婚して2ヶ月でカンボジアに単身赴任し、2018年夏独立。2020年よりi専門職大学客員教員就任予定。

Han Makara
取締役

王立プノンペン大学日本語学科を卒業後、同大学にて3年間日本語教師として従事。日本語教師として教壇に立つ中で、自身の日本語の知識・日本語指導力の不足を感じ、国費留学生として、東京学芸大学教育学研究科修士課程に進学。在学中は自身の日本語能力を磨くと共に、日本語指導法やカリキュラム開発などの研究に励む。今春、同大学院にて修士課程を修了。再生回数6万回を上回るカリスマYoutuber日本語教師。

松下 桃子
リクルーティングマネージャー

大学時代、国際協力活動としてカンボジアに訪問。カンボジアの人柄や土地柄に魅力を感じる一方で、ボランティアの【持続性】に課題を感じ、ビジネスで解決したいと思うようになる。社会課題をビジネスで解決したいというミッションを胸に大手人材会社へ入社。派遣部門の営業として従事。部内MVPを獲得。2018年より一般社団法人SokhaCambodiaの代表理事に就任し、カンボジア人留学生サポートなどに注力する。2019年からカンボジア移住。

Tep Borey
キャリアアドバイザー
王立プノンペン大学日本語学科に通いながら、英語・日本語の教師としてアルバイトを経験。在学中、1年間日本へ留学。またNPO法人カムカムクメールの活動に参加し、農村部の人への衛生教育などに関わる。大学を卒業後、日系企業にて通訳・日本語教師として就業。日本語だけでなく日本人の働き方や文化などをより理解した上で、キャリア教育に携わりたいと思うようになりAyumへ入社。
Tep Borey
キャリアアドバイザー
王立プノンペン大学日本語学科に通いながら、英語・日本語の教師としてアルバイトを経験。在学中、1年間日本へ留学。またNPO法人カムカムクメールの活動に参加し、農村部の人への衛生教育などに関わる。大学を卒業後、日系企業にて通訳・日本語教師として就業。日本語だけでなく日本人の働き方や文化などをより理解した上で、キャリア教育に携わりたいと思うようになりAyumへ入社。

研修運営会社紹介

<会社名>
株式会社Ayum(日本法人)/ Ayum Japan Consulting Co.,Ltd.(カンボジア)

<住所>
日本:東京都千代田区大手町2-6-2
カンボジア:KTtower,St.112,Sangkat Phsar Depo3, Khan Toul Kork,Phnom Penh 

<事業内容>
社員研修、採用支援、研修ツアー運営、インターンシップ紹介

<構成>
日本人4名、カンボジア人2名(女性5名、男性1名)


*なぜ研修ツアーを運営しているのか?

①客観的に日本を見つめ直せる人を増やしたい!

人口減少が加速して行く中、今後の日本はどうなって行くのか。
日本にいたら見えない世界が外から日本という国を見ること、そして進化しているアジアの成長スピードを見ることはとても重要だと感じています。

②就職活動に捉われず、キャリアを考えるきっかけの提供をしたい。

大学生の就活サポートをして行く中で、一番相談が多かったのは「やりたいことがわからない」ということでした。
そして大学4年生の秋の相談がかなり多かったりもします。
「やりたいこと」を見つけるのに「就職活動」がはじまってから考えても見つからないことが多いのも現実だったりします。
就職活動の時期になって、「もっと前に色々考えたり経験しておけばよかった」とみんな口を揃えて言っています。
就職活動に捉われず、新しい世界に飛び込んでみる、違う視点や経験を持ってる人に話を聞いてみる。
そんな行動からやりたいことが見つかったり、将来の自分を考えることができたりすると考えています。

③カンボジアの成長する経済を感じて欲しい。

「カンボジア=地雷貧困内戦」というイメージが多い日本。
でも、経済成長率7%,平均年齢24歳,ITは発達し、スマホ保有者は増え、facebook・Youtubeが流行する社会だったりもします。
最近日本で流行っている「Paypay」というQR決済サービスはカンボジアでは2年ほど前からあります。
配車アプリも2年ほど前から入り、今ではなくてはならない存在だったりもします。
アプリさえあれば「行きたいとこに行ける」のが今のカンボジアです。