Hello!  My name is Aya Ishida

はじめまして!石田彩です。

見ず知らずのヒトである私に関心を持ってくださって
本当にありがとうございます!

私ってこんなヒトです。
という事を
少しだけも
知っていただけたらなぁと思い
このページを作りました。

ちょっぴり長いかもしれませんが

気が向いた時にお読み頂けたら
とっても嬉しいです!


どうぞ宜しくお願い致します。


愛する友人へ愛と感謝を込めて。

Profile

現在、会社員の仕事と
秘書業、グラフィックデザインのお仕事を個人でしながら
暮らしています。



趣味:読書、料理、着物を着ること、印刷物を観察すること
好きなもの:猫、動物、植物、天然素材の布、美味しいだし汁、果物、友人、家族、お茶類全般
住んでいる場所:東京都大田区 最寄駅:東急 多摩川駅


1983年6月3日 神奈川県横須賀市生まれ。

サラリーマンの父とパートで働く母、2つ年上の兄の妹として
この世にやってきました。

幼少期は、母が大好きで、兄が唯一無二の友人。
ディズニー映画と動物、読書をこよなく愛し
子供のことが少し苦手な子供として可愛がられて育ちました。


運動も、勉強もそこそこな子供でしたが、なぜか、
しっかりしている。ユニークだ。
とか言われる事が多い小学生時代を過ごした後
(たぶん、言葉がしっかりしていたのかも。)
中学校に入学。

初めての縦社会にめんくらいつつも
社会性溢れる友人に便乗して
身長160センチ、体重45キロにも関わらず柔道部に入部。
集中力とケガをしにくいフィジカルに恵まれ
愉快な仲間たちととも

県大会くらいまでは出場することができました。

当時は20年来の友人になるとは想像すらしなかった
佐々木依里さんにもこの中学で出会いました。


学力は中の中。無理なく入ることの出来る地元の公立高校に入学し
高校生ってヒトの話聞けない人が多くて苦手だな、
あんな人らと一緒にしないでほしいなという、
なんとも上から目線まる出しの可愛げ0%な思春期を過ごし、
そんな自分を好きになれず自己愛の欠損から摂食障害を患い、
ゴハンを食べなくなってガリガリになりました。
(誰もがプリプリで可愛い時代になんとも勿体無い泣)


バイトで貯めたお金を使って、高2の夏休みに何を思い立ったか
ひとりで1週間ほどイギリスへ行き、それを期に、
自分の事がほんの少し好きになって帰ってくることができました。

誰も自分のことを知らない場所に行ったことで、
私って思ったより悪いやつじゃないんじゃないか?
と思えたのでしょうね。


事実上の義務教育が終わるなぁ・・・
勉強したいことないなぁ・・・
そんな中途半端なやつにお父さんとお母さんの大切なお金を
使って欲しくないなぁ
と思っていたところ、両親(スポンサー)の就職NGと
大学入学プッシュももらい、
進学について考える事にしました。


昔から頑張らなくても何故か料理が出来たこと
(母に収集癖があり、料理の本がやたら家にあった)

痩せこけてしまった自分の体に何が起きているのか知りたかったこと

暮らしを彩る、身近な美術品として
昔から食品のパッケージが大好きだったこと


加えて入学出来そうだったことから地元の大学の栄養科に進学しました。


大学の勉強は思いの外楽しく、忙しく、夢中でやりました。
1日5食は当たり前の調理実習だらけのカリキュラムと
地道なホルモン注射のおかげで見事に体重は増えました。

振り返ると成人式の私の写真は、歩く雪見だいふくのようです。



でも、栄養士の勉強を進めてゆくうちに、
生きものである食べ物を扱う仕事なのに、
食べ物の価値を数値化することや
決められた数字に当てはめて

食事について考えなくてはならないことや
病院で働く事にいまひとつピンとこない、
周りから浮いている自分に気づきました。



就職どうしようかなぁ・・・と思っていた時、

食品のパッケージをやりたいならデザインソフトが使えないとダメだよ?
という大人の意見から、この世にデザイナーという仕事があることを
初めて知りました。(世間知らずw)


病院も保健所も嫌だし、会社に就職したい!
食品パッケージの現場で働きたい!
という思いから、大学卒業ケーキ屋さんでケーキを作るアルバイトをしながら
夜間でデザイン学校に通い、食品メーカーを何社か受けるもののうまくゆかず、
結局、印刷屋会社に就職しました。


初めての会社では、電話も出れない、メールも出来ない、
デザインの仕事も遅い
で本当に先輩方に沢山のご迷惑をかけながら、
育てていただきました。

印刷会社はかなりのハードワークで毎朝6時台の電車で
2時間かけて通勤して、
終電近くまで働く生活を3年近くしていたら、
慢性的な頭痛、肩こり、

もともと弱かった肌がアトピーを再発。

このままではマズイ、病気なるっと思い、会社を辞めて
1年間実家でのんびり過ごしました。


体調が良くなり、今度は日本茶の会社に就職しました。
自社で畑の運営〜お茶の製造、卸売などを行う会社で
商品をつくる仕事をしました。


大好きなパッケージデザイン・印刷の現場で
とても、とても充実した学びの場所でした。
お茶のことも随分詳しくなりました。


この時、人生初の顔中の吹き出物で悩み
冷えとりを始めたり、
改めて食べ物やお水について選び方を変えて、
体の調子を整えるようになりました。


勤めてゆくうちに、会社の中の政治が変わり、
家族経営だったその会社の
「営業職の、男以外は戦力にならない」
という事実上の運営方針と私のキャラクターが合わず、
このままでは何にもなれないし、何にも出来ない。
と判断し、8年勤めたお茶の会社を退職しました。



お茶の会社在職中に、働き方に悩んでいたところ
シルク、綿、麻布好きが高じて始めた着物。
着付け教室の主宰者である方に声をかけて頂き
秘書としてのお仕事も始めました。



現在は、天然の有機酸である
「フルボ酸」を食品原料・化粧品原料として取り扱う
オーガニック、ナチュラルを大切にしたものつくりを行う
会社に勤めています。



いつでも愛のある判断をすることをモットーに
誰かのかゆいところに手の届く仕事をしたい。
幸せそうな人と一緒に働きたい。


そんな想いから、現在転職活動中です!