AXIORY(アキシオリー)の口座開設|海外MT4口座の評価は?

AXIORY(アキシオリー)は海外のMT4対応のFX会社です。AXIORYの口座開設の方法や実際に使用してみた評価を当サイトにてお伝えします。

スプレッドが狭い

スプレッドの狭さは海外口座の中でもトップクラス!多くのユーザーが満足しています!

約定力が高い

AXIORYは約定力が非常に高く、急な価格変動の際でも素早く約定することがポイントです!

MT4が使用できる

FXの世界基準の取引ツールMT4が使用できます。MT4は様々なインジケーターを使用でき、カスタマイズも可能のため、多くのトレーダーが愛用しています!

AXIORY(アキシオリー)は評価の高いMT4対応の海外FX会社


AXIORYはMT4に対応している海外のFX会社です。

AXIORYの優れた点は、海外のFX会社はスプレッド比較的広めのところが多い中、非常にスプレッドが狭く、それでいて約定力が非常に高いFX会社となります。

FX会社を選ぶにあたり、どの会社を選べばいいのか迷われている方も多いですが、中長期的にFXで資産を増やしたいなら、AXIORYは非常にオススメのFX会社となります。

AXIORY(アキシオリー)の評価は?

AXIORYは海外口座でありながら、多くの日本人から支持を得ているFX会社です。

では、なぜAXIORYを多くの日本人が使用しているのでしょうか?

基本的に、海外のFX会社は日本のFX会社と比べるとスプレッドが広めです。

日本のFX会社の場合、競合他社との差別化の方法はスプレッドの狭さと独自の取引ツールの使いやすさとなります。

そのため、スプレッドを他社よりも狭くしようとしているため、日本のFX会社はスプレッドが非常に狭いのです。

ただし、いくら日本のFX会社のスプレッドが狭いからといっても、それだけでFX会社を国内口座に決めるのは早計でしょう。

なぜなら、国内口座は基本的に約定力が低く、急な価格変動などがあった場合には約定拒否されているのではないかと疑いたくなるくらい約定しないことがあるからです。

このような目に見えない手数料を支払い続けているのが日本のFX会社なので、多くのトレーダーは海外口座を使用しています。

AXIORYはスプレッドが広めな海外口座が多い中、他社よりもスプレッドが低めでありながら、さらに約定力も非常に高いことから、熟練のトレーダーには非常に人気の海外口座なのです。

AXIORYの評価は非常に高く、多くのユーザーに支持されています。

ベリーズ金融監督庁認定ブローカー AXIORY(アキシオリー)

AXIORYは以下のボタンよりお申し込みすることができます!

AXIORYの公式サイトはこちら

AXIORY(アキシオリー)はMT4が使用できる


AXIORYにはMetaTrader4(MT4)とcTraderの2種類の取引ツールを選択することができます。

ですが、特別なこだわりがないようでしたらMetaTrader4(以後はMT4に統一)を選択した方が間違いなくいいでしょう。

なぜなら、MT4は世界基準のFXの取引ツールですので、わからないことがあればGoogle検索やYouTubeの動画検索をすれば、疑問点はすぐに解消することができるからです。

さらに、MT4はネット上に有料・無料問わず様々なインジケーターがあり、自分に合ったインジケーターを使用することができ、カスタマイズも可能となります。

そして、水平線などのFXに必要な機能は全て搭載されていることから不便さを感じることはないでしょう。

国内のFX会社も独自の取引ツールを開発していますが、はっきり言ってFXをやっているのにMT4を使わないという選択はあり得ないと言っても過言ではありません。

そのため、取引ツールの選択に関しては、特別な理由がない限りMetaTrader4(MT4)を選択することを強く推奨します。

AXIORY(アキシオリー)は2つのタイプの口座から選択できる

AXIORYにはスタンダード口座とナノスプレッド口座の2種類が用意されていますが、FXの初心者の場合、どちらを選んだ方がいいのかわかりにくいでしょう。

まず、スタンダード口座とは一般的なFXの口座と全く同じです。

それに対して、ナノスプレッド口座とは、非常にスプレッドが狭く、それこそ世界トップクラスのスプレッドの低さとなるのですが、固定の手数料が発生するというデメリットもあります。

実際に両方を使い分けてみると、手数料の差はほとんどないのが現実です。

そのため、ご自身が使いたい方を選んでいただければいいですが、ナノスプレッド口座を使用するには注意した方がいいことがあります。

それは、ナノスプレッド口座はスプレッドが非常に狭い関係上、すぐにスプレッド分の損失を解消できるののの、薄利で利食った場合には、数字上はプラスになっていたとしても、手数料を差し引くと実はマイナスになっていることがあるのです。

このことから、一般的なFXのシステムに慣れている方にはスタンダード口座を選んだ方が混乱せずに使用することができるでしょう。

ですので、口座の種類の選択はどちらでも構わないのですが、迷われた場合にはスタンダード口座を選択することを推奨します。