40代を過ぎてくると、髪の毛が薄くなってきたのではないかなどと気になり始めます。

勿論、40代では、普通の生活環境や食生活を行なって過ごしている場合には、薄毛や抜け毛がめだつということはありません。

しかし、現実には、髪の毛の成長をつかさどる女性ホルモンが激変し始める時期になってきます。

なので、正常な生活環境や食生活でも抜け毛や薄毛になる可能性もあります。

まだ、40代だからと安心しきっていると徐々に、頭の髪の毛の分け目が薄くなってきて、多少、地肌がみえるようになってきます。

このような状態になってきたら、やはり、何らかの育毛対策を取るのが良いと思います。

勿論、まだ、育毛は早いと考えてしまう年代でもありますが、育毛の開始は、早ければ早いほど良いといわれています。

なので、あなたが、なんとなく、髪の毛の分け目が薄くなっているのではッと思ったならば、もう、育毛対策をとったほうが良いですね。

そんなあなたのための育毛剤が登場していますよ!

それは、リジュン(RIJUN)!フルボ酸・リデンシル配合で口コミ人気の育毛剤です。

            ⬇ ⬇詳しくは、下記で説明しています。


40代になって、白髪が目立ってきた場合

薄毛や抜け毛を解消する育毛剤をしようするか

または、本当に白髪染めをしようするかの選択肢があります。

特に、薄毛など分け目の地肌が見えて、老けてみえるのが嫌だと考えているあなたには、実際に、本格的な育毛剤にも使用されている最新の成分が入っていて、実際には、シャンプーとよんでいますが、殆ど育毛剤に近い育毛シャンプーもあります。

しかも、この育毛シャンプーは、数ある育毛シャンプーの中でも群を抜いて、育毛成分を配合していて、かつ、白髪染めもできるという一石二鳥の育毛シャンプーです。

他にも、育毛シャンプーとヨンデイルアイテムもありますが、これらは、すべて、頭皮環境をよくして、その結果として、頭皮に育毛のための栄養分を運ぶ役割をはたしている血流をよくすることで、育毛をはかろうとするシャンプーです。

なので、このようなシャンプーを選択してしまいますと育毛までには、凄く時間がかかることになります。

一般的に、育毛剤でも髪の毛のライフサイクルに合わせて育毛をはかっていきます。

そのため、この髪の毛のライフサイクルを考慮すると最低でも3ヶ月、本来は、6ヶ月見る必要があります。

話をもとにもどして、白髪染めもできて薄毛や抜け毛対策もできる育毛シャンプーとは、kurokamiスカルプという育毛シャンプーです。

一応白髪染めもできると謳っていますが、口コミなどをみるとどちらかというと育毛に関する口コミがおおいですね。

なので、一石三鳥までを期待すると多少、期待しすぎる感があるかもしれません。

しかし、育毛シャンプーといっても先程も述べていますが、男性用育毛剤でもようやく普及してきたかなって言えるキャピキシルという成分を配合しているので、育毛に関しては、期待することができると思います。

しかも、男性用の育毛剤は、一般的に1万円近くします。

そのような高価な育毛剤の中でもキャピキシルを配合しているのは、一桁ぐらいでしょう。

話はそれますが、これらの育毛剤は、最近は、女性そうを取り込もうとしていて、基本的には、男女共用を謳っています。

しかし、実際には、女性の頭皮と男性の頭皮の厚さやホルモンなど、男女間の違いがあります。

なので、できれば、女性であれば女性専用、男性であれば男性専用を使用するのが良いと思っています。

勿論、口コミなんかでは、夫婦で使用していて、実際に育毛に良い結果がでているとの口コミも多くあります。

だから、一概に、男女共用ハダメというわけではありません。

ただ、どちらを勧めるかというとあなたにあった育毛剤や育毛シャンプーのほうが良い結果が得られると思いますよ!

さて、そんな育毛も白髪染めもできるkurokamiスカルプについて、詳しくは、こちらを見て検討してください。

お得に購入できのはどこかについても詳しく説明しています。

kurokamiスカルプ

kurokamiスカルプ!7月10日「黒髪スカルプ・プロ」リニューアルで強化された黒髪力、保湿力、紫外線対策の噂はホントなどでしょうか!まだ、リニューアル後間もないので調べられる限りしらべてみました!更に、従来のharu 「黒髪スカルプ・プロ」と比べてお得に購入できるのはどこかについてもしらべてみました!

40代のあなたのケアナの開きの悩みを解消する方法

毛穴に開きを起こす主な原因

◎ 肌の乾燥することによって毛穴が開いてきます

◎ 乾燥による「アブラ」の過剰な分泌によって、毛穴が開いてきます

◎ ターンオーバーがうまくいっていないと毛穴がつまったりして、毛穴の開きの要因になります。

また、敏感肌の人も毛穴が詰まることで毛穴の開きの要因になります

◎ コラーゲン減少すると肌の「たるみ」を引き起こし、それが、毛穴の開きになってきます。

毛穴に開きを引き起こしてしまうNG行動

毛穴の黒ずみなどを落とそうとして、やってしまいがちな行動に下記のようなものがあります。

あなたも幾つか思い当たることがありませんか?

◎ 洗顔のしすぎ、ゴシゴシ、アツイお湯で洗顔

◎ ピーリングなどの角質ケアのしすぎ

◎ アブラを取ろうと「あぶらとり紙」を頻繁に使用

◎ 毛穴を無理やりメイクで隠してしまう

◎ 単なるスキンケア不足、洗顔・クレンジング

◎ ブラシ洗顔により、毛穴が傷つけられてしまう。

◎ 水洗顔をしている。

◎ 何度も使ったタオルで顔を拭いている

このように、毛穴の開きの原因や毛穴にとって良くない行動を取らないために、

下記の対策を行うことで、肌の保湿を高め、毛穴の開きをある程度無くすことができます。

なので、即、実践してみてください。

基本的には、毛穴の開きのNG行動に対する方法になります。

勿論、これで、すべての毛穴の開きに対応できるわけではありません。

毛穴の開きを招かないための肌のバリア機能を維持するコツ

1) 肌の洗い過ぎに注意しましょう

まず、肌を清潔に保つことが重要ですが、ゴシゴシ洗ったり、日に何度も洗浄したりすると、かえってバリア機能が損なわれます。

汚れをしっかりと落としつつ、余計な刺激が加わらないことを意識して、泡でなでるように優しく洗い、肌に残らないようにすすぎます。

特に、熱いお湯での入浴や洗顔は避けたほうが良いでしょう。

何故なら、熱いお湯ほど肌の保湿成分を奪ってしまうため、さらに乾燥を招いてしまいます。

洗顔、入浴後はすぐに保湿しましょう。

次に、皮脂膜の機能と角層の水分量を維持するため、保湿を行います。

洗顔後や入浴後、肌の水分量は、時間がたつにつれて、どんどん減少していくので、できるだけ早く保湿することが大事なことになります。

意外と入浴後は、水分が肌についているので、保湿があると勘違いされがちです。

ところが、5分ぐらいで、肌の水分が奪われてしまうぐらい、短いです。

なので、入浴後はできるだけ迅速に保湿を行うことが必要です!

2) 紫外線対策

紫外線は日やけをおこすだけでなく、皮膚のバリア機能を低下させ、肌を乾燥させます。

紫外線には、2種類あり、夏の紫外線はシミをつくりますが、もう一方の年中降り注ぐ紫外線は、肌の老化を招きます。

なので、季節を問わず、しっかり紫外線対策を行いましょう。

痒みなどの症状が治まらず、症状が長く続いたり悪化する場合は、皮膚科を受診することも大事です。

ところで、この重要な毛穴ですが、実際にどんなものか知っていますか?

毛穴とは、その名の通り毛の穴であり、体毛が生えるための穴のことを言います。

毛穴の大きさは、0.1~0.2ミリの本当に小さな穴です。

毛穴の役割としては、肌を守るバリア・デトックス機能を持ちます。

毛穴からは、皮脂や汗、老廃物が排出されています。

毛穴から分泌される皮脂と汗が合わさることで、皮脂膜を形成して、お肌内部の水分が逃げないようにする働きがあります。

この皮脂膜こそ、外部刺激からあなたの肌を保護する大切なバリアとしての役割を果たしています。

特に毛穴からの皮脂の分泌が多いTゾーンは、バリア機能も万全で、かぶれや湿疹が生じにくいというメリットがあります。

しかし、皮脂の分泌が多いTゾーンは、皮脂の過剰分泌や角質の詰まりから、ニキビや脂漏性湿疹を招くこともあるので、このへんは痛し痒しという感じですね。

勿論、毛穴から汗を放出するので、体温調節機能の働きももっています。

このように大事な毛穴ですが、上記の毛穴の開きを招く原因やNG行動によって生じてしまった場合には、まずは、保湿対策が必要です。

しかし、毛穴の開きは、それほど簡単に修復できません。

そんなときには、ケアナケアアイテムを使用するのも良い方法だと思います。

具体的には、ソワンというケアナケアアイテムがあります。

このソワンは、口コミでも評判が高いので、安心して使用することができます。

           ⬇ ⬇ ⬇ ソワン!ケアナの開きに良い! 

育毛剤って何?

育毛剤は、基本的には、二つの構成で育毛を促進していきます。

・ 頭皮環境を整えること

・ 育毛の成分を頭皮に届けること

次に、それぞれについて詳しく説明していきますね。

1) 頭皮環境を整えること

これは、髪の毛も含めて、あなたの肌も、血液によって、髪の毛や肌への栄養を届けています。

なので、頭皮環境が悪化していると頭皮が、固くなっていて、血液の流れがスムーズではなくなってしまいます。

このような状態では、髪の毛の成長に必要な栄養素が届かなくなるため、髪の毛の成長がストップしてしまいます。

この状態が、長く続くと薄毛や抜け毛のげんいんになってしまいます。

そこで、一般的な育毛剤は、まず、最初に、この頭皮環境を整える役割を果たすための成分を配合しています。

勿論、成分については、育毛剤ごとに違うこともありますが、よく似た共通の成分もあります。

この他にも、育毛剤ではないですが、頭皮マッサージというのも頭皮環境改善に役立つので、この頭皮マッサージだけで、育毛をはかっている商品もあるぐらいです。

このように、育毛のためには、まず、第一に、頭皮環境改善が再優先事項となります。

頭皮環境改善が図れていない状態での育毛は、期待できません。

2) 育毛を図る成分を配合

頭皮環境改善だけでも、頭皮の血流がよくなるために、髪の毛の成長に必要な栄養素が届けられることになるので、ある程度の髪の毛の成長が期待することができます。

しかし、頭皮環境改善だけでは、髪の毛の成長に時間がかかってしまいます。

なので、一般的には、髪の毛の成長に必要となる栄養素を成分として配合しています。

この髪の毛の成長に必要となる成分は、研究が盛んに行われていて、新しい成分が登場しています。

従来は、昆布エキス配合をしている育毛剤が、大多数でしたが、最近では、キャピキシルという成分やリデンシルという成分を配合する育毛剤が、みられるようになってきました。

いずれも、育毛力は、従来の成分と比較するとかなり良くなっているようです。

育毛剤の種類としては、男性用が主流でしたが、ここ最近は、女性用専用というのも数は多くないですが、でてきています。

そして、男性用だった育毛剤もいつの間にか男女共用というように言い方をかえてきています。

実際には、男性と女性の頭皮の厚さがことなったり、女性ホルモンや男性ホルモンなどの影響を受けるので、基本的な考え方としては、男女共用と名乗っている育毛剤は、もともと、男性用から派生してきているのが大半です。

さて、話が少し横道にそれましたが、この男女共用や男性専用の育毛剤に、先程述べた最新成分が配合されています。

勿論、最近では、女性専用育毛剤にも、これらの最新成分が配合されているのも少しづつ増えてきています。

しかし、一般的には、男性用育毛剤が先行していることから考えるとどうしても、最新の成分は、男性育毛剤から始まることが多いですね。

勿論、このブログで紹介しているリジュンは、フルボ酸という新しい成分を投入しています。

何故、女性用育毛剤が人気になってきたのかというのは、最近では、働く女性が増えたためと言われていることと女性のニーズがふえてきたことの二つではないかと思います。

このような状況から、男女共用の育毛剤も増加してきていますし、女性専用育毛剤も増加しています。

もし、あなたの髪がうすくなったと感じてきたら、ぜひとも、女性専用育毛剤を選択してくださいね!

また、髪の毛の薄さに気づいたら、即対処することが良いです。

時間が経つに連れて、育毛に時間がかかることになります。

まぁ、ここまで言ってもあなたには、無理かもしれませんね!

興味があるなら、今一度、リジュンの記事を覗いてみてください。