CBD×歯科

植物の叡智を
歯科で活かす
CBD×歯科を提唱します

歯科医師 浅野真由美

古くから植物は私たち人間の心身へ
繊細に、全体的に
働きかけてきました
現代では、医科、歯科、と専門領域がわかれていますが
歯も全身をあらわし、
全体をみる入り口である、と考えています

ヘンプエキス(植物性カンナビノイド)の叡智を
歯科領域のケアにとりいれることで
あなたという全体を
すこやかにサポート

そのお手伝いをいたします
どうぞお気軽に
お問い合わせください




お問い合わせやご質問は
 mayumayu30201127@gmail.com

ブロードスペクトラム ヘンプエキス    インフォメーションページ

当製品は事業の一部にMLMの仕組みを持つアメリカの企業が製造・販売元であることを
日本の特定商取引法に則りここに明記します
反社会的勢力への関与はありません
国内の法律遵守しています

日本の法律を遵守しています
ご安心ください

日本臨床カンナビノイド学会イラストより

エンドカンナビノイドシステムについて
(ECS)

ヘンプエキスご案内

海外の文献によると
歯周病にCBD(ヘンプエキス)を使用すると
効果があるという報告があります

論文はこちら

Primemybody社ヘンプエキスは植物性CBD500㎎に加え
CBG(カンナビゲロール)50㎎、さらにテルペノイドも含まれており
炎症の調整をサポートする健康補助食品として
期待しています

Primemybody社ヘンプエキス
特徴

  • •アメリカ産オーガニック栽培
    •超音波ナノテクノロジーによるリポソーマル化
             (平均サイズ20NM)
    •THCフリー、エタノールフリー、ノン遺伝子組替
    •アントラージュ効果を大切に
     7種類のテルペンはじめ豊富なCBDとCBGを含む
     ブロードスペクトラム ヘンプエキス
    •シトラス・ペパーミント フレーバー
    •コーシャ、ハラル認定工場にて製造
    •目盛り付ガラススポイト容器採用

    植物性カンナビジオールCBD500mg+CBG30mg +活性テルペンブレンド(リモネン、β-カリオフィレン、ゲラニオール、リナロオール、ミルセン、テルピノレン、フムレン)
  • オーガニックの高品質植物性カンナビノイドと、
    ポリテルペンを含むブロードスペクトラムなヘンプエキスです。
    研究に伴い、大麻草の成分の多くを含んだヘンプエキスがアントラージュ効果を生み出すことがわかっています。従いまして、THCは全く含まれませんが、そのほかの茎由来の成分をブロードスペクトラムとして含みます。
    また、超音波ナノテクノロジーによって得られる 植物成分の栄養素は迅速に細胞や内因性カンナビノイドシステムに届きます。
  • オーガニックの高品質植物性カンナビノイドと、
    ポリテルペンを含むブロードスペクトラムなヘンプエキスです。
    研究に伴い、大麻草の成分の多くを含んだヘンプエキスがアントラージュ効果を生み出すことがわかっています。従いまして、THCは全く含まれませんが、そのほかの茎由来の成分をブロードスペクトラムとして含みます。
    また、超音波ナノテクノロジーによって得られる 植物成分の栄養素は迅速に細胞や内因性カンナビノイドシステムに届きます。

Primemybody社ヘンプエキス
FOCUS    
CALM

ブロードスペクトラムヘンプエキス

FOCUS
(CBD CBG入りブロードスペクトラムヘンプエキス)
成分:植物性カンナビジオールCBD500mg + CBG 30mg
+活性テルペンブレンド(リモネン、β-カリオフィレン、ゲラニオール、リナロオール、ミルセン、テルピノレン、フムレン)
CALM
(CBD CBG入りブロードスペクトラムヘンプエキス)
L-トリプトファン
ギャバ
L-テアニン
トケイソウ
カノコソウ
レモンバーム
お問い合わせやご質問は
 mayumayu30201127@gmail.com
まで
CALM
(CBD CBG入りブロードスペクトラムヘンプエキス)
L-トリプトファン
ギャバ
L-テアニン
トケイソウ
カノコソウ
レモンバーム

Primemybody社医療顧問

チェンルアン医師

吸収率に注目
高い生体利用効率をもつ
ヘンプエキスです

生体利用効率(バイオアベイラビリティ)を最適化する最先端技術

ヘンプエキスやCBD製品などのサプリメントや栄養素は、投与した場所から吸収されて血流に入り、細胞レベルで代謝されることで、その効果を発揮することが出来ます。摂取した成分のどのくらいが血流に入り、生理活性を持つのかを示したものが生体利用効率(バイオアベイラビリティ)です。一般的に、点滴や静脈注射の場合は直接血中に栄養素を入れるので、生体利用効率は100%になりますが、例えば、経口でCBDを摂取した場合は、CBDは疎水性で水との親和性が低く、消化管での吸収率も高くありません。よって摂取量は生体利用効率を考慮して決める必要があります。

医療品や化粧品の世界では、対象となる有効成分の生体利用効率を上げるために優れた浸透性を持つナノリポソームが使われています。リポソームとは細胞膜と同じ構造をしており、リン脂質で微小な球状に包みこまれたカプセル(膜小胞)のことで、lipo(脂肪の意味)とsoma(細胞体の意味)との合成語です。ナノテクノロジーとは、1 メートルの 10 億分の1(=ナノメートル)の大きさの水準で処理する精密な技術です。超音波処理加工を加えてナノ化することでさらに均一に超微細サイズのリポソーム精製が可能となります。だからこそ超音波ナノリポソーマルテクノロジーを駆使したヘンプエキスは細胞レベルでの吸収率、代謝率、持続率を高め、高速で体の隅々まで成分を届けることが可能になります。

MLMへのよくあるご質問
MLM(マルチレベルマーケティング)はネットワークビジネスともいわれ
商品が消費者の手に渡るまでの販売経路を示す分かち合いを基本とした合法のビジネスモデルです
会員登録という形態への参加は強制されるものではなく、まったくの任意です
製品を通常お買い物のように購入、愛用していただくこともできますし
アフェリエイト登録する選択肢もありますがすべて任意で強制などは一切ありません

お問い合わせやご質問は
 mayumayu30201127@gmail.com