手作りアクセサリー「樹之香」は平成26年の9月にオープンしました。
前の2シーズンは、県道沿いにコンテナを借りて細々と営んでおりました。
たぶん、それはそれで小さな私たちのアクセサリーにはとても似合ったシチュエーションでした。
26年の春に着工。土台こそ大工さんにお願いしましたが、後はハーフビルドっていうんですか?
主人と、一人の大工さんの手を借りて、内装はなんとメインは私が仕上げました。
私、いろいろバイト経験があって実はクロス貼りを一年やっていました。

床は主人がプロバンス風の土壁の家風にしたくて、赤土に砂とセメントを混ぜて自分たちでこねて床に敷きつめたたきました。下の写真は敷き詰めている所ですが、この後、私は打ち出の小づちのすごい重いのを振りかざして、たたいていくのでした。私のしらうおのような手は豆が破れ作品作りに支障をきたしました。

やっと、お店が完成しました。
そして、こんなに素敵な内装に仕上がりました。

今は半分だけ営業しています。
来年はカフェをやりたいです。

床はカッコよく見えますが、配合を間違え固まらず、お客様が来る度に土埃が舞うのでせっかくの私の努力も水の泡で今年の冬張り直します。

主人、こだわりのshopは、私たちの血と汗の努力で完成したのでした。