アニマル・ウェルフェア サミット
~動物と人の笑顔のために~
2017年8月27日 (日) & 28日 (月)


アニマル・ウェルフェア サミット 2017
~動物と人の笑顔のために~

アニマル・ウェルフェアとは「人間の管理下にある動物が、
基本的なニーズを満たして生きる環境を整えること」です。
私たち一人ひとりが、動物たちについて、アニマル・ウェルフェアについて、
学び考える姿勢が大切だと考えています。
アニマル・ウェルフェア サミットは、このことを正しく知っていただくために、
各分野のトップランナーが集い、発信する場です。

アニマル・ウェルフェアサミット2017 抄録集「完全版」発売!

登壇者プロフィールや当日行われたプログラムのプレゼンテーション資料に加え、当日会場で配布された資料も加えた完全版です。アニマル・ウェルフェアの学びのために、ぜひお手元に1冊!

現在申し込みを一時中止しております。
大変ご迷惑をおかけしますがいましばらくお待ちください。

価格:500円(税込+送料込)

抄録を購入する(販売を一時中止しております)

公式チャリティTシャツ発売中!

アニマル・ウェルフェア サミット2017のチャリティTシャツの発売が決定しました!

左裾にワンポイントロゴをあしらったシンプルなデザインで、着るシーンを選びません。サイズはXS ~ Lの4サイズ。オンラインショップでのみご購入いただけます。

チャリティTシャツを購入する

アニマル・ウェルフェア サミット2017

日程: 2017年8月27日(日)、28日(月)
時間: 10:00~17:00(28日(月)は10:00〜16:00) 
会場: 東京都文京区本郷 7-3-1 東京大学弥生講堂、弥生講堂アネックス、他
入場料: 無料(資料代等、一部有料のプログラムもあります)

協賛: 東京大学 渋谷健司研究室 / 共立製薬株式会社 / アイペット損害保険株式会社 / 株式会社カラーズ(GREEN DOG)

後援: 環境省、豊田市、広島市、神石高原町

協力: 公益社団法人アニマル・ドネーション / 一般社団法人&PETS / 公益社団法人東京都獣医師会 / 公益社団法人日本獣医師会 / 社会福祉法人日本聴導犬協会 / 公益社団法人日本動物病院協会 / 特定非営利活動法人ボルネオ保全トラスト・ジャパン / 猛禽類医学研究所 (五十音順)

アニマル・ウェルフェアサミット2016の様子

コンクール みんなのアニマル・ウェルフェア
~人と動物が幸せに暮らすための自由研究~

2017年5月1日から7月31日まで、アニマル・ウェルフェア サミットのホームページであなたが思う“人と動物が幸せに暮らすために必要なこと”をテーマに作品を募集しました。期間中に非常に多くの作品を応募いただきました。ありがとうございました!

実行委員会による一次選考を通過した作品を当日展示し、ご来場の皆様に投票いただき、最優秀賞他各賞を決定しました。8月28日(日曜日)のクロージングにて表彰式を行いました。

最優秀賞

目黒愛子さん 「たすけよう」

アニマル・ウェルフェア賞

比屋根和史さん、比屋根恵さん 
「牛に寄り添う〜産業動物とアニマルウェルフェア〜」

滝川クリステル賞

近藤麻由さん
「犬猫LOVE電車」

子供部門賞

石田理汰郎くん
「僕が作りたい水族館」

片岡詩和さん 
「ボルネオ島のどうぶつ達と自然について」

学生部門賞

帝京科学大学 動物福祉サークル
(代表:三井加奈さん)
「野良猫調査隊」

白井千陽さん、白井悠太くん
「十犬十色 we love 保護犬」「盲導犬のポスター」「作文:人と犬が幸せになるために」

プロジェクト賞

一般社団法人パートナードッグタウン協会
(理事長:柳原英次さん)
「2100年アーススマイルプロジェクト
共に命をはぐくむテーマパークを東京に!」

以上、8つの作品を表彰させていただきました。

当日会場には、「私が感じた命の輝き」吉田桜子さん、「知ることが必要」藤本悠司さん、「わん・にゃんくらし改善プロジェクト」青森県立三本木農業高校動物科学科 3年 愛玩動物研究室、「カノンチャリティ」石川カノンさん、「沖縄県動物愛護センター見学、北海道旭川市動物愛護センター見学から学んだこと、考えたこと」宮城綾羽さん、「いのちあるもの」山田菜々恵さん・中島まどかさん・渡辺百花さん・松井小雪さん・荻原百音さん、「MGハロードッグ」行木美鈴さん、「44匹の犬のオブジェ」伊藤瑞希さん、「コップの底には…」小川みささん、「キグルミ大作戦」白井里奈さん、「山手線エスカレーターにイラストを」竹田真帆さん、「犬猫と人間が共に生きる家」牛山胡香さん、「動物を守りたい」橋本菜南さん、「仮設団地を「人もペットもくらしやすい街」にするために─平成28年熊本地震被災地・益城町テクノ仮設団地での取り組みから─」塚本光さん・加藤謙介さん、「心と心をつなぐ首輪とリード」森浩治さん、「命の大切さについて」蓮見和奏さん、以上の作品も展示されました。

惜しくも受賞されなかった皆さんの作品も、いずれも独創的で素晴らしい作品ばかりでした。ご応募いただき、ありがとうございました。

問い合わせ :TEL:  03 - 3408 - 6707
       MAIL: mail@christelfoundation.org