国土交通省管理団体DPCA愛媛支部
Sola drone school

 徳島 
吉野川市分校
AwaSola  
受講予約受付中

圧倒的
 技術を身につけろ

DRONE
フライト
オペレーター

資格講習受付中

私たちはドローン利活用を通じて
人と地域社会の発展に貢献して参ります

新しいパラダイム・・
それはドローンがもたらす
未来への可能性

UAV教習風景

実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください
業界最安値!なぜこんなに安いの?
国土交通省 航空局 管理・講習団体DPCAのカリキュラムを使用しているため、規定に定められている料金設定をしています。
国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、官公庁や多くの企業から受講いただいているドローン操作技能講習会です。​本講習の検定合格者には10時間以上の飛行履歴確認後、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操作知識や能力に関する確認を簡略化される「操縦技能証明書」を発行いたしますので、他のスクールとの差はほとんどありません。


ドローンのパイロット育成が急務です

ドローン活用事業は
年々拡大しています

ドローンに搭載したカメラで空撮した圃場の画像を分析することで、農作物の生育状況や病害虫の発生などを可視化。生育不良のところだけピンポイントで追肥や防除を行うなどの判断や、圃場間の生育状況の比較、収量予測などにも役立てることができます。薬剤噴霧機(スピードスプレーヤー)による防除が困難な急傾斜地の果樹栽培で、ドローンを活用した病害虫発生状況のセンシングや、農薬散布ができる技術も研究開発中です。この技術が実用化されると、これまでは目視することができなかった果樹の樹上の様子を把握することができ、病害虫の防除に役立ちます。さらに従来の薬剤散布時間を大幅に削減することが期待されています。

インフラ点検・整備でのドローン活用技術

日本各地に存在する高速道路、トンネル、ダムなど大規模なインフラの多くは1954年~1973年のいわゆる「高度経済成長期」に建設され整備されたもので、40年~60年以上が経過し老朽化が著しく進んでいます。平成28年3月、国土交通省は「次世代社会インフラ用ロボット現場検証・評価の結果」という報告書を発表しましたが、この中にドローンを使ったインフラ実証実験の結果も報告されています。ドローンによる点検で、サビやコンクリートの割れなど問題のある場所をシステムで特定します。その後に、該当の箇所のみを重点的に目視や打診などを行うことで、少人数での対応を可能にするだけでなく、不要な足場の組み立てといった作業が無くなり、点検業務の迅速化と経費の削減に役立ちます。

防災・災害でのドローン活用技術

被災者の救助 災害発生時にドローンを利用することで、救助者のリスクを抑えて要救助者を救助することができます。 火災の場合にはドローンを使って消火剤を散布したり、赤外線カメラで危険な箇所を判別したり、水害の場合にはロープや浮き輪を要救助者へ届けることができるため活用され始めています。

不動産・測量でのドローン活用技術

測量分野では地上測量よりも短納期で地形を測量できる利点からパイは小さいですが、これから伸びる市場と考えられます。大手ゼネコンは積極的にドローンを導入したことで、労力が非常に削減されています。例えば道路工事を行う際に断面図が必要な場合も、人手だと最短でも1日かかる測量を、ドローンを利用すれば1時間弱程度で完了できると言われています。
*画像は実際にドローン練習中のグラウンドを測量写真で撮影したものです。
★現場経験豊富な講師による実践している簡易測量の講習もあります。(オプションコース)

物流でのドローン活用技術

過疎地域等における輸配送の効率を向上等させることによる物流網の維持を図るとともに、買い物における不便を解消する等生活の利便を抜本的に改善させ、併せて運輸部門の温室効果ガスを削減するため、災害時も含めた新たな物流手段として無人航空機の導入等を支援する「過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業」を国土交通省は推進ししています。

警備・防犯監視でのドローン活用技術

建物や施設で警備や監視をおこなう場合は、警備員が巡回することが一般的です。そのため、警備員の代わりにドローンを活用した警備業務実施の可能性が期待されています。ドローン巡回中は遠隔から状況を確認できるようになりますので、必ずしも現場に行く必要がないことに加え、スタッフ全員が屈強な警備員である必要もなくなり、ドローンに搭載したセンサーやサーチライト、スピーカーなどを活用することで、不審者に対する警告の実施や不審火などの異常を見つけることもできます。

DRONEフライトオペレーター

   国土交通省認定・講習団体・京都市・総務省・消防庁・神奈川県逗子市・神奈川県葉山町・宇治市・久我山町・    西宮市・名古屋市・四日市市・大隅肝付地区消防組合他多数の行政・組織と災害時運用協定締結
ドローンフライトオペレーター講習会案内
座学と実技2日間で習得可能
業界最安値№1・4000人以上が受講した安心信頼カリキュラム
国交省認定 操縦技能証明書 発行講習会
資料:詳しくは下記をクリックしてください
注:松山本校の資料ですが徳島分校も同じです。

業務使用はドローン操縦技能認証レベル4まで取得しなければ意味がありません。
当スクールでは日中目視範囲外 / 夜間飛行コースの訓練もあります
当スクールでは2022年国土交通省による国家資格を見据えた対応をしています。 

政府の登録を受けた民間講習機関が実施する講習を修了した場合、試験の一部又は全部を免除すると公表しました。国内トップクラスの講習団体管理数を有するDPCAが管理・認定するDRONEフライトオペレーター講習はその対象になる得る 講習会と言えます。

UAV練習

                      ~お知らせ~
遠方よりご参加で2日間~5日間(農業用)の講習ご希望の場合宿泊施設がスクールに併設しています。
お問い合わせください。

技能証明書を取得後のDIPS登録はお任せください。

国交省:DIPS(ドローン情報基盤システム)への無人航空機の飛行許可申請でお困りの方!行政書士が代行業務致しております。
下記お問い合わせホームにてお願いたします。(手数料必要)

お問い合わせ

9月開校予定ですが、ご不明点・ご質問がございましたらお気軽に下記フォームよりお問い合わせください

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
お返事にはお時間がかかる場合がございます。ご了承下さい。
農薬散布等ドローン教習

ドローンスクール徳島分校予約受付中!

  • 国土交通省管理団体DPCA愛媛支部
    Sola drone school 徳島吉野川市分校

*徳島吉野川市分校は9月開講予定です。
正式開校決まりましたらご案内致しますので、お問い合わせフォームにて送信下さい。なお、お急ぎの方は松山本校をご紹介いたします。

吉野川分校のスクール会場:たねのや   運営:NPO法人Tane
〒779-3503 徳島県吉野川市美郷川俣47

スクール会場のたねのやへのスクールに関してのお問い合わせ等はご遠慮願います。
お問い合わせは必ず上記お問い合わせホームよりお願いいたします。

国土交通省管理団体DPCA愛媛支部
ソラドローンスクール徳島吉野川市分校
担当:原田 貴博 
(DPCAドローン操縦技能士 )
hp:090-1005-6001
 
●DRONE測量指導 田村 一仁
(土地家屋調査士・DPCAドローン操縦技能士)

●DIPS無人航空機飛行許可代行申請業務。(当スクール行政書士)

松山本校 校長:松下 昌二
DPCAドローン撮影技能士

DPCAドローン操縦技能士
JUDA無人航空機操縦技能士
JUDA無人航空機安全運航管理者
産業用マルチローターオペレーション技能認定
Jdic チーフインストラクター
◆愛媛松山本校
〒791-0242 ​愛媛県松山市北梅本町827-2

◆徳島吉野川分校:事務所
〒779ー3403 徳島県吉野川市山川町川東66番地

◆吉野川分校:ドローンスクール会場
〒779-3503 徳島県吉野川市美郷川俣47