国土交通省管理団体DPCA愛媛支部
Sola drone school

 徳島 
吉野川市分校
AwaSola  
受講予約受付中

圧倒的
 技術を身につけろ

DRONE
フライト
オペレーター

資格講習受付中
新しいパラダイム・・
それはドローンがもたらす
未来への可能性

UAV教習風景

実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください
業界最安値!なぜこんなに安いの?
国土交通省民間航空局の行政訓練機関であるDPCAのカリキュラムを利用しているため、規則に定められた料金を設定しています。
これは、国土交通省、政府機関、および多くの企業によって設定されたすべてのトレーニング要件を説明するドローンオペレータースキルトレーニングコースです。 10時間以上の飛行履歴を検証した後、このコースのテストに合格した人は、知識と能力をテストするのが簡単になる「パイロットスキル証明書」を受け取ります。国土交通省が担当しますので、他の学校とほとんど変わりません。


ドローンのパイロット育成が急務です

ドローン活用事業は
年々拡大しています

ドローンにカメラを取り付けて野原の航空写真を分析することで、植物の成長状況や害虫の蔓延を視覚化することができます。また、次のような決定を行うためにも使用できます。 B.成長の遅い地域でのみのカバレッジとモニタリング、フィールド間の成長条件の比較、および収量の予測。化学噴霧器(高速噴霧器)では制御が難しい急斜面で果樹を栽培する場合、ドローンやエアゾール農薬で害虫の出現を検知する技術の研究開発も行っています。この技術を実践することで、これまで見えなかった果樹の状態を把握することが可能になり、害虫駆除に役立ちます。また、従来薬の噴霧時間の大幅な短縮が見込まれます。

インフラ点検・整備でのドローン活用技術

日本各地に存在する道路、トンネル、ダムなどの大規模インフラの多くは、1954年から1973年までのいわゆる「高度経済成長期」から40年から60年以上にわたって建設・維持されてきたと言えます。ドローン検査システムは、コンクリートの錆や亀裂などの問題領域を検出します。目視検査に重点を置き、特に関連部分に叩くことで、少数の人が対応するだけでなく、不要な足場も排除され、検査作業がスピードアップし、コストが増加します。したがってコスト削減に役立ちます。

防災・災害でのドローン活用技術

被害者の救助災害時にドローンを使用することで、救助者のリスクを軽減し、困っている人を救助することができます。火災が発生した場合は、ドローンで消火剤を噴霧し、赤外線カメラで危険箇所を特定し、洪水が発生した場合は、ロープやフロートを必要な人に救助することができます。 

不動産・測量でのドローン活用技術

測量の分野では、測量よりも短時間で測量できるというメリットからパイは小さいが、今後の成長市場と見られる。大規模なゼネコンはドローンを積極的に配備しており、スタッフを大幅に削減しています。例えば、道路の建設に断面積が必要な場合でも、無人航空機で1時間以内で1日で調査が完了すると言われています。
*画像は実際にドローン練習中のグラウンドを測量写真で撮影したものです。
★現場経験豊富な講師による実践している簡易測量の講習もあります。(オプションコース)

物流でのドローン活用技術

人口の少ない地域などでの輸送・配送の効率化により流通ネットワークをサポートし、調達の煩雑さを解消し、輸送部門の炭酸ガス排出量を削減するなど、生活の快適性を大幅に向上させます。 そのため、国土交通省は、災害時の新たな物流手段としてのドローンの利用を支援するため、「人口の少ない地域でのドローンの実用化のための物流プロジェクト」を推進しています。

警備・防犯監視でのドローン活用技術

建物や施設をパトロールまたは監視する場合、警備員がパトロールするのが一般的です。したがって、警備員の代わりにドローンを使用してセキュリティ任務を遂行する可能性があると予想されます。ドローンのパトロール中に遠隔で状況を確認できるため、現場に行く必要はなく、すべての人員が強力な警備員である必要はなく、ドローンに取り付けられたセンサー、リフレクター、スピーカーも機能します。容疑者は、不審な火災などの異常を警告または発見します。

DRONEフライトオペレーター

   国土交通省認定・講習団体・京都市・総務省・消防庁・神奈川県逗子市・神奈川県葉山町・宇治市・久我山町・    西宮市・名古屋市・四日市市・大隅肝付地区消防組合他多数の行政・組織と災害時運用協定締結
ドローンフライトオペレーター講習会案内
座学と実技2日間で習得可能
業界最安値№1・4000人以上が受講した安心信頼カリキュラム
国交省認定 操縦技能証明書 発行講習会
資料:詳しくは下記をクリックしてください
注:松山本校の資料ですが徳島分校も同じです。

業務での使用はドローン操縦技能認証レベル4まで取得が必要になります。
当スクールでは日中目視範囲外 / 夜間飛行コースの訓練もあります
当スクールでは2022年国土交通省による国家資格を見据えた対応をしています。 

政府の登録を受けた民間講習機関が実施する講習を修了した場合、試験の一部又は全部を免除すると公表しました。国内トップクラスの講習団体管理数を有するDPCAが管理・認定するDRONEフライトオペレーター講習はその対象になる得る 講習会と言えます。

                      ~お知らせ~
遠方よりご参加で2日間~5日間(農業用)の講習ご希望の場合宿泊施設が近隣にございますので
ご利用ください。

技能証明書を取得後のDIPS登録はお任せください。
国交省:DIPS(ドローン情報基盤システム)への無人航空機の飛行許可申請は行政書士が代行業務致しております。
下記お問い合わせホームにてお願いたします。(手数料必要)

お問い合わせ

ご不明点・ご質問がございましたらお気軽に下記フォームよりお問い合わせください

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

農薬散布等ドローン教習

ドローンスクール徳島分校予約受付中!

  • 国土交通省管理団体DPCA愛媛支部
    Sola drone school 徳島吉野川市分校

soladroneschool徳島吉野川市分校
松山本校・徳島吉野川市分校 校長:松下 昌二

お問い合わせは必ず上記お問い合わせホームよりお願いいたします。
お電話はコチラhp:090-1005-6001


国土交通省管理団体DPCA愛媛支部
ソラドローンスクール徳島吉野川市分校
徳島校担当:原田 貴博 
(DPCAドローン操縦技能士:第一級陸上特殊無線技士:2種電気工事士
:乙4危険物取扱者 )
hp:090-1005-6001(ご連絡時は非通知設定解除願います。)

 
●DRONE測量指導 田村 一仁
(DPCAドローン操縦技能士:土地家屋調査士:行政書士:宅地建物取引士)

●DIPS無人航空機飛行許可代行申請業務。(当スクール行政書士)

松山本校 校長:松下 昌二
DPCAドローン撮影技能士

DPCAドローン操縦技能士
JUDA無人航空機操縦技能士
JUDA無人航空機安全運航管理者
産業用マルチローターオペレーション技能認定
Jdic チーフインストラクター
◆愛媛松山本校
〒791-0242 ​愛媛県松山市北梅本町827-2

◆徳島吉野川分校:事務所
〒779ー3403 徳島県吉野川市山川町川東

◆ドローンスクール会場はたねのや様会場を当日お借りしています。
  たねのや様へのスクールに関してのお問い合わせはご遠慮下さい。
〒779-3503 徳島県吉野川市美郷川俣