よくあるご質問
Q初心者でも受講できますか?
A,実技講習時コーチモードで実施し、受講者が万が一危険な操作に陥った場合、すぐにインストラクターが操作介入し安全位置に機体を誘導します。この講習体制により 初心者の方にも安心して、安全にドローン操作を行っていただくことが可能です。
Q,ドローンの購入は必要ですか?
A, 実技講習会では機体を用意しますので、
事前に購入いただく必要はありません。
Q,何歳から受講できますか?
A,16歳以上を対象としています。
Q,なぜ他のスクールより安いのですか?
A,国土交通省 航空局 管理・講習団体DPCAのカリキュラムを使用しているため、規定に定められている料金設定をしています。
Q,雨の日はドローン教習が出来るのでしょうか?
A,徳島校ではグラウンドが雨で利用できない時は体育館内講習が出来ます
Q,どのような方が受講されていますか?
2016年の講習会開始から あらゆる業界の方で現在までの総修了者数は全国で7,000名を超します。最近では大学生は勿論高校生も受講されています。
特に大学生が就職に有利であるとして最近受講されています。
Q,農業用も受講できますか?
A,はい。操縦経験のない方5日間必要です。
Q,何歳から受講できますか?
A,16歳以上を対象としています。
Q,他のスクールと比べ安い受講料のため内容や免許に差がありますか?
A,Solaドローンスクールカリキュラムは、国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、官公庁や多くの企業から受講いただいているドローン操作技能講習会です。​本講習の検定合格者には10時間以上の飛行履歴確認後、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操作知識や能力に関する確認を簡略化される「操縦技能証明書」を発行いたしますので、他のスクールとの差はほとんどありません。
また国土交通省認定管理団体DPCAから厳しい試験を乗り越えたインストラクターが指導を行います。他社のインストラクターより質やレベルが劣っていることは決してありません。
Q,BASICコースを受講終了していますが夜間飛行、目視外も受けることは可能ですか?
A,DPCA:ADVANCEを受講されれば全て含まれていますので、国家資格(操縦者免許)取得条件と同じです。ADVANCEコースは¥99,000(税込)技能認証発行費:16,500円。
BASICを受講後、ADVANCEへ移行希望される方。BASIC受講後は実技2日目のみ受講も可能。受講費 44,000円(​税込) 技能認証発行費 :11,000円(税込)
Q,女性でも受講できますか?
A,はい。Solaでは独自の丁寧なコーチモードによる指導で女性も安心してドローン実技講習が出来ます。
Q,他校で講習していますが操縦に不安がありDPCA実技講習受けたいのですが?
A,受講できます。但し44,000円(受講費用)とDPCA操縦技能証明書発行手数料16,500円が必要になります。
Q,実技検定試験に不合格となった場合は?
A, 再検定試験を受けていただくことができます。
Q,測量でドローンを使いたいのですが?
A,ADVANCEコース(レベル4対応)取得の方は低コストで正確な測量が出来る基本技術を教える平面測量実践講習のオプションがあります。
ドローンは様々な利活用で社会貢献いたします
ドローンにカメラを取り付けて野原の航空写真を分析することで、植物の成長状況や害虫の蔓延を視覚化することができます。また、次のような決定を行うためにも使用できます。 B.成長の遅い地域でのみのカバレッジとモニタリング、フィールド間の成長条件の比較、および収量の予測。化学噴霧器(高速噴霧器)では制御が難しい急斜面で果樹を栽培する場合、ドローンやエアゾール農薬で害虫の出現を検知する技術の研究開発も行っています。この技術を実践することで、これまで見えなかった果樹の状態を把握することが可能になり、害虫駆除に役立ちます。また、従来薬の噴霧時間の大幅な短縮が見込まれます。

インフラ点検・整備でのドローン活用技術

日本各地に存在する道路、トンネル、ダムなどの大規模インフラの多くは、1954年から1973年までのいわゆる「高度経済成長期」から40年から60年以上にわたって建設・維持されてきたと言えます。ドローン検査システムは、コンクリートの錆や亀裂などの問題領域を検出します。目視検査に重点を置き、特に関連部分に叩くことで、少数の人が対応するだけでなく、不要な足場も排除され、検査作業がスピードアップし、コストが増加します。したがってコスト削減に役立ちます。

防災・災害でのドローン活用技術

被害者の救助災害時にドローンを使用することで、救助者のリスクを軽減し、困っている人を救助することができます。火災が発生した場合は、ドローンで消火剤を噴霧し、赤外線カメラで危険箇所を特定し、洪水が発生した場合は、ロープやフロートを必要な人に救助することができます。 

不動産・測量でのドローン活用技術

測量の分野では、測量よりも短時間で測量できるというメリットからパイは小さいが、今後の成長市場と見られる。大規模なゼネコンはドローンを積極的に配備しており、スタッフを大幅に削減しています。例えば、道路の建設に断面積が必要な場合でも、無人航空機で1時間以内で1日で調査が完了すると言われています。
*画像は実際にドローン練習中のグラウンドを測量写真で撮影したものです。
★現場経験豊富な講師による実践している簡易測量の講習もあります。(オプションコース)

物流でのドローン活用技術

人口の少ない地域などでの輸送・配送の効率化により流通ネットワークをサポートし、調達の煩雑さを解消し、輸送部門の炭酸ガス排出量を削減するなど、生活の快適性を大幅に向上させます。 そのため、国土交通省は、災害時の新たな物流手段としてのドローンの利用を支援するため、「人口の少ない地域でのドローンの実用化のための物流プロジェクト」を推進しています。

警備・防犯監視でのドローン活用技術

建物や施設をパトロールまたは監視する場合、警備員がパトロールするのが一般的です。したがって、警備員の代わりにドローンを使用してセキュリティ任務を遂行する可能性があると予想されます。ドローンのパトロール中に遠隔で状況を確認できるため、現場に行く必要はなく、すべての人員が強力な警備員である必要はなく、ドローンに取り付けられたセンサー、リフレクター、スピーカーも機能します。容疑者は、不審な火災などの異常を警告または発見します。
Solaドローンスクール徳島校:産業用スマート農業はコチラ
ソラドローンスクール徳島校講習会場地図