ご存知ですか?
災害給付金を申請しないで
90%の人が貰い損
しています!

災害給付金の対象
以下に当てはまる方は受け取れる可能性があります。

  • 一軒家や建物のオーナー
  • 火災保険に加入している
  • 関東地域に住んでいる
  • 火災保険に加入している
受給までの期間:最短3週間〜1ヶ月半

対象条件に当てはまる方は、
平均受給額200万円を受け取れる可能性がございます。


※只今、大変多くのお問い合わせをいただいているため、順番待ちになる可能性がございます。

お問い合わせ




🔻災害給付金に関する詳しい内容🔻


一軒家に住んでいる方
建物オーナーの方は必見!!


90%が火災保険の給付金を貰い損しています。

しかも平均受給額は、200万円!

最短3週間で受け取れます。

 

「うちも火災保険に加入しているけど、どういうこと?」

 

と思われると思います。

まずは、こちらをご覧ください。

※25歳〜60歳の不動産オーナー、経営者、事務社員など500名以上を対象にしたアンケート結果 
(株)トクチョー調べ


あまり知られていないですが・・・


実は、
火災保険は火災以外にも申請可能です。
 


しかも、
過去の損害も遡って申請する事ができます。

※火災保険対象内の被害


火事はなくても、地震や台風などの被害に遭った方は多くいらっしゃると思います。

この内容は、林修先生も知らなかったことで、テレビにも紹介されていました!


「でも、実際にうちには被害がないし保険申請してもどうせおりないだろう・・・」

  

それが大きな間違いなのです!

何の被害があるか
わかりますか?


・近づかないと見えない小さな傷
 


・登ってみてはじめてわかる屋根のズレ



このようなものがあるだけで、保険金はもらえます!

このような破損でどれくらいの金額が申請できるかと言うと…


なんと、

平均200万円貰えることができます。※2019年度の弊社実績


関東地域にお住まいの方


特に、関東にお住まいの方は、

・2019年9月の台風第15号


などで、ほとんどの建物は損害を受けています。

そのほかの災害でも何かしらの損害受けているため、


申請して受給できる可能性は、
9割を超えています。

 

しかし、ほとんどの方は、

正当に保険金をもらえる権利があるのに、それを行使していない

のが現状です。


みなさん知らないだけなんです。


いいえ。


✔︎ 自動車保険などと違って、保険料は上がりません。

✔︎ 補償の限度額が減ることもありません。


「よしわかった。うちも保険金を申請してみよう!!」

はい。こんな簡単に百万円以上貰えるなら誰だって申請したいと思います。

 

でも、火災保険の申請はとにかく面倒なんです・・・


火災保険を申請する手順↓

  • 破損箇所の撮影

  • 破損に保険が適用できるかの確認
  • 見積もり書や膨大な書類作成
  • 保険会社の立ち会い現場確認
  • 保険会社の審査
  • やっと入金…。

  • 破損に保険が適用できるかの確認

自分で申請しようとすると数ヶ月以上かかります。

屋根に登ったり、破損箇所を探したり・・

しかも、保険担当者は保険金額を少なくしたいので、せっかく出した申請は削られるのが基本です。

希望した金額を貰うのは至難の技。

膨大な時間をとられるのに、

最終的には数万円の入金…なんて事は日常茶飯事です。


火災保険の申請は専門である

弊社に丸投げしてください!

弊社は、国家資格保持の専門家やしっかりと教育を受けた調査員が建物の調査から書類作成、保険会社との連絡まで、

全て無料で対応いたします。

あなたがすることは、

Step
1
弊社への申し込み(無料)
Step
2
建物調査の立会い
※コロナウイルスの感染を防ぐため、
希望がございましたら立会いなしでの調査も可能です。
Step
3
保険金の入金確認(最短3週間)
Step
2
建物調査の立会い
※コロナウイルスの感染を防ぐため、
希望がございましたら立会いなしでの調査も可能です。

のみとなります。


保険が申請できない場合、費用は一切頂いておりません。


受け取った保険金からの成功報酬(35%)で行っています。

あなたはほとんど何もせずに100万円以上を受け取れる可能があります。


災害調査のプロフェッショナル

業界実績No.1
火災保険申請数 1万件突破!

住宅の損傷が自然災害によるものであると保険会社へ認めてもらうためには、プロによる調査が必要となります。
申請に必要なものは「現地調査報告書」と「工事見積書」です。
しかし、この2つの書類は一般の工事会社では作成が難しいです。
保険会社に認めてもらえる書類を作成するには、「自然災害による損傷である理由」「被災した日付」「適切な工事価格」「写真の取り方」などが必要であり、これらには長年の経験と知識が必要です。



お客様の声

大阪府:T様 
受給額:300万円

まさか、保険金をもらえるなんて・・・
大阪北部地震のときに家は揺れましたが、特に被害は見受けられなかったので、申請できないと思ってました。「無料だし、ダメ元で申請してみよう」と思ったら、まさかの金額をもらえたので、嬉しかったです!
VOICE

兵庫県:A様 
受給額:85万円

わずか1ヶ月!ほとんど何もせず、簡単でした!
保険の申請をすればもらえるかもしれないことは知っていましたが、めんどくさいので放置していました。でも、業者を利用することで本当に簡単に申請できて、1ヶ月で受給できたのではやく頼めば良かったと思いました。
VOICE

大阪府:Y様 
受給額:216万円

家族で大喜び!臨時ボーナス頂きました笑
台風の被害で、雨樋や屋根瓦が気になってはいましたが、火災保険で申請できるとは知りませんでした!調査に来てもらって屋根の上もしっかり見てもらい結果をみると、200万越え!本当に感謝しています。
VOICE

兵庫県:A様 
受給額:85万円

わずか1ヶ月!ほとんど何もせず、簡単でした!
保険の申請をすればもらえるかもしれないことは知っていましたが、めんどくさいので放置していました。でも、業者を利用することで本当に簡単に申請できて、1ヶ月で受給できたのではやく頼めば良かったと思いました。
VOICE


お悩みですか?

持ち家を持たれている方はご検討してみてはいかがでしょうか?

あなたも、火災保険の申請でお金をもらえる可能性があります。

もちろん、火災保険が降りない場合もありますが、降りなかった場合の料金の発生はありません。


ぜひ、気軽にお問い合わせください!

お問い合わせから3営業日以内にご連絡いたします。


お問い合わせ

過去に遡って申請できる災害は、保険法の決まりで
3年以内までです。

関東地域にお住まいの方は、
・2019年9月の台風第15号
での申請が期限が過ぎると出来なくなってしまいますので、お早めの申請をお勧めいたします。