第二回松永忠一郎作品演奏会
特設サイト

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、苦しまれている方々に心よりお見舞い申し上げます。
また感染拡大防止にご尽力なさっている方々に深く感謝いたします。

平成26年の第1回から7年、ようやく2回目を開催することができました。今回は「なかなかに春は」と「共鏡(ともかがみ)の2番をお聴きいただきます。曲調はまったく違いますが、2曲ともとても苦心して作りました自信作で、存分にお楽しみいただけると思います。
いまだ新型コロナウィルスが収まりませんが、当演奏会ではご来場のお客様が安心してご鑑賞いただけるよう感染拡大防止に万全を尽くして参ります。

「第二回松永忠一郎作品演奏会」  主催松永忠一郎

日時 2021年2月25日[木] 開演 15:00 開場 14:15
場所 紀尾井小ホール
入場料  一般4000円/学生2000円

紀尾井ホール TEL 03-5276-4500(代表)
102-0094 東京都千代田区紀尾井町6番5号

今回の演目

「なかなかに春は」
2001年5月「創邦21第2回作品演奏会」初演。
作詞 金子 泰 作曲 松永忠一郎 作調 藤舎呂英
うららかな春を舞台にちょっとした人間模様。
バラエティーに富んだ、華やかで長唄らしい賑やかな曲になってます。
「共 鏡」(ともかがみ)
2005年5月「創邦21第6回作品演奏会」初演。
作詞 金子 泰 作曲 松永忠一郎 作調 藤舎呂英
「小栗判官一代記」に取材した長編作品。
殺されたはずの小栗が墓場から這い出るシーンから始まり、離ればなれになった照手姫もそれぞれの数奇な運命を辿った挙句、偶然にも二人は再会しているのですが…
「共 鏡」(ともかがみ)
2005年5月「創邦21第6回作品演奏会」初演。
作詞 金子 泰 作曲 松永忠一郎 作調 藤舎呂英
「小栗判官一代記」に取材した長編作品。
殺されたはずの小栗が墓場から這い出るシーンから始まり、離ればなれになった照手姫もそれぞれの数奇な運命を辿った挙句、偶然にも二人は再会しているのですが…
出演

松永忠一郎
(唄)松永忠次郎 今藤長一郎 今藤政貴 今藤政子 杵屋佐喜 杵屋正則
(三味線)松永忠三郎 杵屋直光
(囃子)藤舎呂英 福原寛 藤舎呂近 藤舎夏美

チケットお申し込みはこちら

TEL/メッセージ 松永忠一郎:090-3232-1959