阿吽俳句会

(aun-haikukai)

阿は自然への驚き 吽は人間への共感



阿吽俳句会は昭和63年、肥田埜勝美によって、埼玉県所沢市で創刊されました。
石田波郷を師系とし、韻文精神と境涯俳句の正統を今日に伝えています。
創刊30周年を迎えた俳句結社です。

阿吽俳句会について

概要

創刊 昭和63年6月
代表 塩川京子
副代表 松本英夫
同人会長 安養寺美人
会誌発行 毎月10日
誌代 半年7,200円、1年14,400円(1,200円/月)
住所 〒359-1144 埼玉県所沢市西所沢2-10-18 阿吽俳句会
電話番号 04-2922-7202
郵便振替 00180-1-351567 阿吽俳句会
HP https://peraichi.com/landing_pages/view/aunhaikukai
電子メール aunhaiku@gmail.com
創刊 昭和63年6月

これまでのあゆみ

昭和63年 肥田埜勝美が埼玉県所沢市で創刊、師系石田波郷。
平成18年 主宰:肥田埜勝美、副主宰:肥田埜恵子逝去により、
代表:松本津木雄、副代表:塩川京子が就任。
平成28年 代表:塩川京子、副代表:松本英夫が就任。
平成30年 創刊30周年を迎える。記念大会、記念句集の刊行など、各種行事を実施。
平成18年 主宰:肥田埜勝美、副主宰:肥田埜恵子逝去により、
代表:松本津木雄、副代表:塩川京子が就任。

創刊主宰 肥田埜勝美

大正12年埼玉県所沢市生まれ、東京高等師範学校(現:筑波大学)卒。昭和23年清瀬の国立東京療養所にて石田波郷と出会い、所内の俳句会で指導を受ける。昭和28年石田波郷主宰「鶴」入会同人。昭和49年小林康治主宰の「泉」創刊に伴い入会。昭和63年「阿吽」創刊主宰。平成18年逝去。句集に『太郎冠者』『有楽』。


薪能暗きを川と見て泣くも

朴の花諸枝に咲きて重ならず

代表 塩川京子

鹿児島県出身。高校生より俳句を始め、福永耕二らと同人誌で活動。昭和41年「鶴」入会。昭和52年「泉」入会。昭和56年「泉賞」受賞。平成2年「阿吽」に参加。平成18年副代表、平成28年代表に就任。句集に『朱』『花野』。


近くまで雨の来てをり白牡丹

こほろぎの眼潤みてゐたらずや

今月の阿吽俳句

10月号より

雨音の激しくなりぬ泥鰌鍋 塩川京子
七十五年の草木深しヒロシマ忌 松本英夫
夫よりも少し元気に梅雨長し 新井雪江
門火消えもとの一人に戻りけり 奥村加寿子
鳴き抜きて地面を歩む秋の蟬 佐藤勝平
梅干してひと世といふもたちまちに 西野敏子
捥ぎてまた音確かむる西瓜かな 宮﨑トミ子
ひと投げをしてより齧る青林檎 吉田哲二
七難を隠せぬ化粧秋暑し 藤田明子
泥の子を丸ごと洗ふ夏やすみ 岡部清美
転院の叶ひし朝や虹の橋 奥村久子
伸びて来し波の吸はるる熱砂かな 古田久子
髪洗ふ鏡の中に古稀の顔 川野当子
身構へる子等へ素麺流れ来し 青野忠重
喪の家のぽとりぽとりと白木槿 相田康子
仰向けに落ちて又とぶ秋の蟬 市川ひな子
夕暮の小径辿るや河鹿笛 安藤満喜子
七十五年の草木深しヒロシマ忌 松本英夫
トピックス

第三十二回 阿吽賞・阿吽新人賞決定
(令和2年6月)

第三十二回の阿吽賞は吉田哲二氏、阿吽新人賞は出田邦山氏に決定しました。

晴雲集同人の大原芳村氏が第二句集『あたたかし』(東京四季出版)を刊行しました。
(令和2年5月)


自薦句

鈴虫を鳴かせフロント誰もゐず

おほかたは落葉尽くせり漱石忌

花筏いざ竜宮へ漕ぎ出な

ひらく音くづるる音や白牡丹

五千石句碑緑蔭に納まらず

読み返す母の手紙や冬ぬくし

大虚子の句碑に冬日の濃かりけり

山眠る秘湯の宿の自在鉤

鶯や山廬百戸の谿の中

高原の牛百頭を隠す霧

消灯となる病室や颱風圏

鈴虫を鳴かせフロント誰もゐず

塩川京子代表が第二句集『花野』(文學の森)を刊行しました
(令和2年4月)

自薦十句

波郷忌の句座に聞こゆる咳ひとつ

こほろぎの眼潤みてゐたらずや
日照雨して青き雫の茅の輪かな

秋風をくるりと廻し逆上がり
十年の歳月を飲む梅酒かな
ひとつかみせし粗塩や涼新た
帆をかかげ海より春の来りけり

蓬摘む袋だんだん立ち上がる
近くまで雨の来てをり白牡丹
一山へ日の差し渡る冬紅葉

波郷忌の句座に聞こゆる咳ひとつ

晴雲集同人の山根清風氏が第四句集『風ぐるま』を刊行しました。
(令和2年4月)


年来たる自筆一幅福寿掛く
波割つて出づる少年海びらき
句碑磨く束子やはらか合歓の花
重陽や青鳩の声一途なり

往き止めの石敢當や冬果つる
波割つて出づる少年海びらき

「俳壇」3月号掲載
(令和2年3月)

松本英夫副代表が「俳壇」3月号(本阿弥書店)の「にっぽん俳句風土記」(吟行ガイド(126)・埼玉)欄に、「奥武蔵の自然と歴史を歩く」と題し執筆しました。

「第14回角川全国俳句大賞」入賞
(令和2年3月)

「第14回角川全国俳句大賞」・埼玉新聞社賞・佐怒賀直美選に、晴雲集同人の三浦恭氏の「猫二匹横切る風の十三夜」が入賞しました。

令和元年度「阿吽の集い」を開催しました
(令和元年11月)

令和元年11月11~13日、金沢にて「阿吽の集い」が開催されました。加賀時雨の洗礼を受けた茶屋街、兼六園の雪吊り作業の見学、金沢城の真上の満月など句材に事欠かない吟行でした。年度賞表彰、鍛錬句会と充実した「集い」でした。
尚、阿吽の金沢吟行の様子が「俳句四季」2月号の「俳句の旅」欄に掲載されました。

塩川京子代表が「俳句四季」10月号に「花野」16句を発表しました
(令和元年10月)

俳人協会の新聞「俳句文学館」10月号に、松本英夫副代表が「若い力とシニアの力」と題した文章を寄稿しました
(令和元年10月)

安養寺美人同人会長の作品が『俳壇』9月号に掲載されました
(令和元年9月)

山廬へのバス吟行を開催しました
(令和元年5月)

5月22日飯田蛇笏・龍太の故地である山廬へのバス吟行を開催しました。好天に恵まれ、新緑を大いに楽しむことができました。当日は恵林寺へも立ち寄り、収穫の多い吟行となりました。

松本英夫副代表の作品が「俳句四季」4月号に掲載されました
(平成31年4月)

恒例の春の吟行句会を開催しました
(平成31年3月)

3月26日に恒例の春の吟行句会を隅田川で開催しました。当日はあいにくの花曇でしたが、咲き初めの桜を愛でながら、各自吟行を楽しみました。吟行後の句会には、多くの会員が参加しました。

塩川京子代表の作品が「俳壇」3月号に掲載されました
(平成31年3月)

塩川京子代表の作品が「俳句」2月号に掲載されました
(平成31年2月)

塩川京子代表が「俳句界」2月号の巻頭グラビアで特集されました
(平成31年2月)

創刊30周年記念大会催行
(平成30年11月)

平成30年11月12日、東京ガーデンパレスにおいて、阿吽俳句会の創刊30周年の記念大会を催行しました。当日は各結社様、各出版社様より列席を賜り、全国から多数の会員が参加しました。

句会案内
【本部句会】
  • 所沢句会(於:所沢中央公民館)第2日曜日
  • 新宿句会(於:新宿区角筈地域センター)第3日曜日
  • 狭山句会(於:富士見集会所)第3火曜日
  • 初歩俳句講座(於:所沢中央公民館)第2木曜日
  • 初学俳句講座(於:所沢中央公民館)第3木曜日


【支部句会】
  • 和泉支部
  • 川西支部
  • 高崎支部
  • 練馬支部
  • 日高支部
  • 松山支部


定例句会の日程、会場等は都合により変更になる場合があります。会員の方は必ず事前に阿吽誌上で確認して下さい。初めてのご参加も随時受け付けています。見学のみでも結構です。参加ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。
また、定例句会の他に、年1回の鍛錬会(阿吽の集い)や季節に合わせた吟行句会、バス吟行などもあります。
入会案内

初心者歓迎!


初心者向けの指導句会が充実しています。


初めての方でも丁寧に指導いたします。


俳句を始めてみたい方、


興味はあるけど俳句結社はちょっと


敷居が高いと思われる方も、


是非お気軽にお問い合わせください。


阿吽俳句会は会員同士の繋がりを大切にしています。




私たちと一緒に俳句を通じて
自然と触れ合いましょう!




  • ご希望の方には見本誌をお送りします。お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 所沢市とその近隣の会員が多く在籍しています。俳句を通じて地域の方との交流を深めませんか。
  • お問合せは電話、郵便又は電子メールでお願いします。お返事には少しお時間をいただく場合があります。

【問い合わせ先】

電話:04-2922-7202
郵便:〒359-1144
   埼玉県所沢市西所沢2-10-18
   阿吽俳句会 宛

メール:aunhaiku@gmail.com