ライバル店は
QRコード決済を複数
導入して対応していらしい

対応が遅れてしまっている店舗様へ

店舗でのauPay使用は
お申込みから1週間程度で
利用できます。

PayPayは
とりあえず使用率№1と聞いたので
導入したけど・・・

最近auPAYは使えますか?
とよく聞かれる・・・

いろんな「Pay」がある中、その理由とは・・


政府もすすめるポイント還元事業からポイントを貯める喜び、メリットを知ったお客さんが急増したことが背景に
政府もすすめるポイント還元事業からポイントを貯める喜び、メリットを知ったお客さんが急増したことが背景に
Pontaポイントがお得に貯まる
auPAYはPontaにポイントと一本化することで、1億超の会員数基盤ができました。

これまでau PAYが開拓した加盟店に加え、Pontaの加盟店やローソンなどのリアル店舗を含む170万店と融合。

国内ではTポイントに次ぐ利用度の高いのがPontaポイントとなり、ポイント貯金を意識する顧客にはおいしいキャッシュレス決済となりました。

au PAYで支払う前にチェーン店などでPontaカードを別に提示すれば、ポイントの二重取りも可能。


au携帯ユーザーでなくても使える
au以外の携帯を使用しているユーザーもアプリダウンロードと会員登録することで利用でき、ポイントを溜めることもできます。
楽天ペイの加盟店でも使える
KDDIは後発で出遅れたのは否めませんが、楽天ペイの加盟店でも利用でき、当初から加盟店が揃っています。
au携帯ユーザーでなくても使える
au以外の携帯を使用しているユーザーもアプリダウンロードと会員登録することで利用でき、ポイントを溜めることもできます。

auPAY導入前によくある質問

Q
クレジット払いのような決済手数料は取られない?薄利多売商品なので・・
A
初期投資、月額固定費、決済システム利用料(1年延長発表)すべて無料
Q
機械オンチの私でもできる?QRコード決済なんて今時のもの・・
A
「ユーザースキャン」方式といってお客様がコードを読み込んでお客様自信が支払額入力してお店が確認するだけです。動画で簡単説明↓↓
auPAYではなくPayPay動画ですが判りやすいので紹介します。
要領は同じです。
Q
クレジット払いのような決済手数料は取られない?薄利多売商品なので・・
A
初期投資、月額固定費、決済システム利用料(1年延長発表)すべて無料
Q
未回収のトラブルは?お客はどこのお金から支払われるの?
A
銀行口座やクレジットカードや携帯料金との合算方法などから資金を移動させて支払いがされるので現金払いと同じで未払いは起きません。
Q
良い事だらけみたいだけどデメリットはないの?
A
手数料もろもろが無料となるのは2022年9月30日までとなり1年延長を発表!

納得のいかない手数料に値上げされたら決済撤退であってもいいと思いますが
予定では2.6%が決済手数料
Q
入金サイクルは?
A

月1回(末日締め⇒翌月末日払い)
月2回
(15日締め/翌月15日払い、末日締め/翌月末日払い)、
早期振込サービス(1万に達したら翌々営業日入金)
のいずれかをお選びいただけます。

※振込手数料はKDDI負担。ただし早期振込サービスは、別途事務手数料が8月以降掛かる予定。

※1回の振込額が1万円に満たない場合、次回の精算に繰り越します。

Q
やっぱり詐欺などが怖いんだけど・・
A
セブンペイが詐欺グループの標的になったり、お店に配置しているバーコードを貼り替えられるといった詐欺もありました。バーコード貼り替えを防ぐには店側スキャン方式で顧客から表示されたコードを読み取ると言う方法を選択すれば防げそうです。au PAYからアプリをインストールしたスマートフォンがあれば簡単に導入できます。

さすがKDDIグループだけあって加盟店アカウントのセキュリティを考慮し、ログイン時に認証コードを発行する二段階認証を採用しています。QRコード決済では後発組だったことから他社の失敗や詐欺被害などを研究する事が出来たと言っても良いでしょう。
Q
未回収のトラブルは?お客はどこのお金から支払われるの?
A
銀行口座やクレジットカードや携帯料金との合算方法などから資金を移動させて支払いがされるので現金払いと同じで未払いは起きません。

QRコード決済の中で
旬のタレントを活用し
広告宣伝に一番力を入れているのが
au PAYですよね

このCMよく見かけます
CMだけでなくPAYユーザーも加盟店も喜ぶ大々的なキャンペーンを
KDDIグループの資金力を使って頻繁に実施します

事例↓↓↓

だからお金を使いたくなっちゃう!
らしい・・・・

またau携帯の人は携帯代と一緒に支払えばよい簡単決算ができてしまいます。
後払い的なチャージができる効果で衝動買いを促せる??

なんて事も店舗側のおいしい事情としてあるようです。

このような効果から携帯電話系等のPayPay、d払いなども含め最終的に生き残るスマホ決済はこの3つでは?とも言われてます!
導入の気持ちが高まったところで

auPAY申込から利用開始までの流れ

STEP

1

当サイトの入力フォームから申込

24時間以内に入力内容の確認と法人番号(法人マイナンバー)や個人事業主の場合は運転免許証の画像写真、「ホームページ」もしくは「店舗外観写真」 「店舗内観写真」それぞれ1枚ずつの提出依頼のメールがきますのでご返信ください

STEP

2

auPAY加盟代理店の担当者から連絡がはいります

売上入金先の口座情報の共有等をしながら、登録のサポートをさせていただきます。

STEP

3

審査後、初期設定のセットが届きます

24時間サポート、土日祝日を含む365日対応のコールセンターもあるのでパソコンが苦手なオーナーでも安心。キャッシュレスの売り上げ確認や銀行への送金などの管理業務をオーナーができるようにログイン設定していきます。

STEP

4

1週間程度で利用開始が可能です

送られてきたQRコードは置くだけ、貼るだけ!
パソコン、スマホが苦手でもまず困る事がないぐらい簡単!

STEP

2

auPAY加盟代理店の担当者から連絡がはいります

売上入金先の口座情報の共有等をしながら、登録のサポートをさせていただきます。

auPAY 導入店舗の声

和酒 とり笑
オーナー 金丸さま

アプリに店名が表示される宣伝効果大!

店舗の前が人通りが少なく集客に苦労していたのですが、
au PAYを導入してからアプリに表示される店舗の情報をみてご来店される新規のお客さまが増えました。その後常連になってくれるお客さまも増えてとても嬉しいです。
少ない人数でやりくりしているので、au PAYをはじめとしてキャッシュレス決済のおかけでスムーズに会計処理ができるのでとても助かっています。

オーナー達が言う
「新規さんが増えたかな・・」

外出中でも、スマートフォンを使って手軽に検索

自分の近くにあるau PAY対応店舗を探したい場合はアプリのメニューで「au PAYの使えるお店」をタップ「現在地から探す」で位置情報を活用して周辺店舗を探せます。

当然ジャンルで検索も可能です。

お財布は寂しいけどauPAYが使えるなら安心というユーザーが来店される事も多いようです。

auPAY新規導入はこちら>>

POINT

auPayは訪日外国人観光客にも喜ばれる

インバウンド向けに中国・台湾・韓国で最も利用(8億人)されている「Alipay/アリペイ」に対応している。さらに「WeChat pay」にも対応を発表

インバウンドが復活する前に事前準備で対応しておきましょう



今後のauペイにも期待するぞ!

携帯電話契約件数
au(KDDIなど)……6012万0900件
2020年12月末時点

au PAY会員数
2450万超に成長、通信と金融の組み合わせで新たなサービスも展開しており勢いは増すばかり

au PAYはau携帯ではない人を使えるため、
au携帯を使ってる5000万人ぐらいはまだ未使用。

これからメリットを知ってどんどん加入が増える余地が相当数あると言う事!




「auPay」加盟店登録