奉身塾 スタジオオープン記念セミナー
施術練習会

セラピストの仕事を楽しめていますか?

セラピストの仕事は本来とても楽しいモノです。

患者さん・お客さんには貢献ができて、
喜んでもらえて、
自分を必要としてもらえて、
お金を頂ける。
とてもやり甲斐のある仕事です。

でも・・・・・・、
真摯に勉強してもなかなか納得できない悩みを抱えている人が多いのも事実です。

様々な治療法や評価法が存在しますが、
【完全・完璧な治療法】なんてものは残念ながら存在しないのです。

あるとすれば、
勘違いか無知によるものでしょう。

存在しないものを求めて10年

僕自身もあるはずのない【完全・完璧な治療法】を求めて、

高額な専門家の勉強会に参加したり、
治療の情報をインターネット上で購入したり、
カナダまで習いに行ったり、
相手の身体に手を触れないセミナーまで参加してみたり、
様々な場所に行きました。

でも、10年ほど勉強し続けても、
「凡人の自分では無理なのか・・・?」と
自分の仕事を楽しめる状況にはなりませんでした。

そんな状況を解決できたのは、
セラピストとしてのド基本を学び直したからです。

そのド基本とは、
【感性】です。

もう少し具体的にいうと、 
 ・自身の身体感覚を磨く
・意志を感じ、伝える
・相手との距離感や間
・相手との一体感  

きっと「???」となることでしょう。

顔や性格が一人ひとり違うように、
症状の原因は一人ひとり違います。

唯一共通するのは【同じ人間であること】です。
人が安心して症状の回復に向かうためには、
必殺技!みたいな知識や技術ではなく、
人として向き合い、
子供でも分かるレベルでの違和感を感じ取り、
支えてあげることがとても大切なんです。

そのためには、
人としての【感性】を鍛えることが何よりも必要となります。

こんな悩みのある方に学んで欲しいです

  • 感覚が鈍い。触診が難しくて分からない
  • 臨床ですぐ疲れてしまう
  • 施術をしても効果が長続きせず戻ってしまう
  • 学んだことが結果に繋がらない
  • 学んでも難しくて現場で使えない
  • 臨床ですぐ疲れてしまう
  • 臨床ですぐ疲れてしまう

好きな相手といる時に
身体が緩むのを感じることと思います。

施術も一緒です。

尾骨や背骨、大腿骨ですら
相手の欲しい触れ方をすることで
勝手に緩んでくれるのです。


これには経験年数や知識の量は関係ありません。


相手と
一体感を得るにはどうやってやるのか?
どんな感覚なのか?
どうやって鍛えていけば良いのか?

そんなポイントを実感できるように
お伝えしたいと思っています。


力はいりません

この方法は力をゴリゴリ入れる必要もないので、相手に我慢を強いる必要がありません。筋肉を使ってゴリゴリ行う必要がないので、ヘトヘトになることがありません。
もともと力に頼る傾向が少ない女性のほうがすぐに使えるようになる事が多いです。

経験年数は関係ない
経験年数や知識の量が一番大切なモノではありません。なので1年目のセラピストのほうが10年目よりもはるかに上手くできるようになる可能性があります。
全身に適応できます
筋肉や筋膜、関節、内蔵だけでなく、骨自体も柔らかくすることができます。
全身に適応できます
筋肉や筋膜、関節、内蔵だけでなく、骨自体も柔らかくすることができます。

日時: 
 11月16日(土)
 
14時〜17時

場所:我がスタジオにて
(名古屋駅から電車だと45分位)
   ※お申し込み頂いた際にお伝えします

各日定員:10名(先着順)

参加費:1,000円
  (当日ご用意ください)

全身で相手と向き合う施術とは

7月に開催したセミナーの冒頭の内容です。

勉強会のスライド

練習会の具体的内容

施術の際の基本的な意識の持ち方
尾骨が痛い人の対応
股関節などの各関節のリリース方法
肋骨や橈骨などの骨自体のリリース
などなどリクエストに応じて柔軟にお伝えしていきます。

はじめまして、澤田哲也です。
現在理学療法士として整形外科勤務、自費のスタジオ運営、奉身塾運営の3つのわらじを履いております。

運動学や生理学から古武術・微小循環・哲学などなど、
理学療法士として相手の可能性引き出す方法を探し続けています。
今回はその中で現時点でベストのものをご紹介します。

当日お会いできるのを楽しみにしております。