スマートグラスとの相性が抜群な "遠隔支援ツール"

機能のご紹介

鮮明・滑らかなビデオ通話

『WebRTC』という技術を利用することで、低遅延で高画質なビデオ通話を実現しています。

現場の状況を映像と音や会話で把握できるため、あたかも隣でサポートしてもらっているかのように作業が行えます。

撮影

端末映像撮影機能

端末のカメラ映像をPC側から撮影できます。
端末側からも撮影、送信ができます。


撮影した画像やPC内の画像ファイルにマーカーやスタンプを用いて編集し、相手へ送信することもできます。
画像(編集した内容も含む)はPC内に保存できるので、別の作業者への支援する場合などにも利用できます。

録画

端末映像録画機能

端末のカメラ映像をPC側から録画できます。


録画したファイルはPC内に保存されます。
PC内に保存した映像を、別の作業者への支援する場合などにも利用できます。


ポインタ

ポインタ機能

PC側に表示される「端末のカメラ映像」に、PCのマウスカーソルを当てると、端末に表示される「端末のカメラ映像」にポインタが表示されます。


リアルタイムな映像に対し、直接指示を送ることができます。

画面共有

画面共有機能

PCで表示している画面内容を映像として端末に送信し、共有できます。


現場にはない資料や手順書を、リモートで参照することができます。

テキストチャット

ポインタ機能

テキストメッセージでやり取りできます。
音声が聞き取りにくいような場所で有効な機能です。


PC側からキーボードで入力した内容を端末に表示します。
端末側からは定型文を送信します。

その他

細やかな設定や、画面ミュート等いくつかの機能があります。


事例等はこちらでご確認ください。
スマートグラスを利用した遠隔診療

スマートグラスを利用した遠隔診療

専門医の診療を受ける必要がある場合、離島やへき地の患者はなかなか受けることはできなかったが、近くの医療機関と専門医のいる医療機関とを結ぶことで診療を受けやすくなりました。

遠隔医療システムを通じて"各地で暮らす人々の健康や生活を支える"ことが実践され始めています。

遠隔臨場で利用されているスマートグラスを利用した遠隔作業支援

スマートグラスを利用した遠隔臨場

公共工事の建設現場における遠隔臨場に関心が高まっています。
遠隔臨場のツールとして、建築現場での段階・材料確認等の立会検査、現場パトロール、安全点検を効率よく行う取り組みがなされています。

国内工場、海外工場の遠隔での作業支援をスマートグラスで実施

スマートグラスを利用した国内・海外工場との遠隔支援

昨今、製造業のグローバル化が進んでおり、海外に生産拠点を持つ企業も多くあり、海外工場や国内工場の遠隔支援をスマートグラスを使って実施されています。
"コミュニケーション活性化"の1つの手段としてウェアラブル端末で遠隔支援を利用する取り組みがなされています。 

近くであれば直接出向きサポートということも可能ですが、海外であればできませんが、遠隔支援であれば海外の現場であっても隣で作業を一緒に行っている感覚でサポートが行えます。

プラントエンジニアリングの現場で遠隔作業支援をスマートグラスで行う事例

スマートグラスを利用したプラント内作業での遠隔支援

プラントを維持・メンテナンスする現場において、スマートグラスを利用した遠隔作業支援の取り組みが行われています。
プラント内にはさまざまな工程や業務があり、その種類も多岐に渡ります。
それぞれの業務や工程のスキルや資格を持つエンジニアに現場事務所からでもサポートしてもらえるため、現場に必ずエキスパートがいる必要がありません。
海外のプラント設備や設備メンテナンスでも、日本国内のエンジニアがサポートできます。
海外出張せずとも、海外プラントの内部を映像で確認でき、より的確な支援が行えます。
生活インフラを支える遠隔作業支援

生活インフラを支えるスマートグラスを利用した遠隔作業支援

電気・水道・ガス・ITといった生活インフラを支える人たちにもスマートグラスを利用した遠隔作業支援が日々行われています。

ガス消費機器に係る事故の検証に遠隔支援を取り入れることで事故調査のサポートやチェックができるようになります。
有識者は事務所から現場の作業員の映像をリアルタイムに確認することができるため、現場対応に係る人数を削減でき、移動する時間が無くなるため、より多くの現場をサポートできます。
生活インフラを支える遠隔作業支援

建設現場における遠隔立会

建設現場における遠隔立会に、業界から関心が集まっています。
現場での早期導入に向け、国交省が2020年度版の遠隔臨場試行方針を策定しました。

国や自治体が発注する公共工事の建設現場において「段階確認」「材料確認」「立会」と必要とする作業に従来からの立会の代わりとして遠隔立会を適用する取り組みが進められています。
Atlasは遠隔立会システムとしても利用可能です。
生活インフラを支える遠隔作業支援

遠隔支援システムによる出張経費削減

出張や移動にかかるコストや時間を遠隔支援を利用することで削減します。
出張や移動せずに遠隔地の作業を、あたかも隣でサポートしているような感覚で指示することができるため、コストや時間をかけずに対応できます。
正確に素早く対応し、早期なトラブル解消にも役立ちます。
生活インフラを支える遠隔作業支援

海外拠点の作業者への遠隔支援

AtlasRemoteは北米(アメリカ、カナダ)、中国、タイ、ベトナム、インドネシア、メキシコ、アルゼンチンといった場所で活用されています。
言葉では伝わりにくい場合も、映像やポインタ等機能を利用することでより直観的に、より正確に伝えることができます。
コミュニケーションを円滑にとることで、作業効率向上や品質向上、技術力向上を実現します。
出張や異動にかかるコストや時間を遠隔支援を利用することで削減します。
コストのかかる海外出張を減らせることも重要です。
生活インフラを支える遠隔作業支援

スマートグラスを利用したピッキング作業の効率化

弊社に開発依頼が多くきているのは、スマートグラスを利用し、ピッキング作業を効率よく行うためのシステム開発のご依頼です。
弊社も他社様と協業で、新しいピッキングアプリを企画しております。

スマートグラスのカメラやハンディスキャナーを使ってバーコードを読み込み、スマートグラスの画面に”商品の情報”や”棚の情報”を表示させることで、ピッキング作業の効率化を図ります。

アルバイトの方や若手の方の”ピッキングミスを防ぐ”効果や、”ピッキング作業の改善”案として、物流倉庫や工場等の倉庫内でのピッキング作業で活用頂けます。

遠隔支援システムは現場に出向かなくても現場を指示、状況確認できるためコロナの影響で変わりつつある新しい働き方のスタイルとして定着しようとしています。

生活インフラを支える遠隔作業支援

製造業が開発する現場の声を活かした"遠隔支援システム"

製造業である弊社が、自社内での作業効率化や、品質向上、トラブル対応の場面で、十分活用できる実績ができたため、
『遠隔支援システムを同業種である製造業の皆さまにも活用頂ければ!』
と自社利用に留めず、遠隔支援ソリューションとしてサービス展開を始めました。

元より繋がりのあった自動車関連のお取引様や、展示会で知って頂いた企業様、また、ご紹介やHPといったところから九州を中心に広がりはじめ、販社様のご協力を得つつ、今や鉄鋼や建設、インフラ、医療と業種や場所を問わず、様々なお客様にご利用頂けるサービスに成長しました。

生活インフラを支える遠隔作業支援

"視界を確保しながら安全に活用する"スマートグラスのメリット

スマートグラスを活用する上でのメリットの1つとして、スマートグラスのディスプレイにARや動画、遠隔地からの指示や情報を実際の光景に重ねて表示できることがあげられます。

Atlasのスマートグラスを活用した遠隔作業支援ソリューションでは、実際に作業を行う作業者の視界を確保できる仕組みを用意しています。
遠隔指示者の声や映像を上手く駆使しながら、安全に作業を進めることがポイントとなります。

生活インフラを支える遠隔作業支援

遠隔臨場をスマートグラスでやってみてわかったこと

Atlasの遠隔支援は、国交省が策定した2020年度版の遠隔臨場試行方針にも対応しているシステムで九州・中国・四国・関東地方を中心に利用いただいております。

Atlasの遠隔支援はスマートフォンでも利用できます。
片手は塞がることになりますが、Atlasのスマートフォン用のアプリを利用して遠隔臨場を行っていただいている現場もあります。

092-433-5168 (サイトからのお問合せはこちら
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]
AtlasDirection × OMOTO のサイト