このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

実践力を身につける

「オリンピックレガシーとしての
『アスリート×地方創生SDGs』
オンライン討論会」

〜アスリートを誰一人取り残さないために〜


地方創生

アスリート

SDGs

SDGs

オリンピックが終わった後、アスリートを取り巻く環境はどのように変化しているでしょうか?

突然の契約解除やスポンサーの撤退など悲しい事態が起こった場合、アスリートはどう考え行動すべきでしょう?

また、日本はオリンピックから何を学び、今後、社会はどう変化するでしょうか?

我々はオリンピックレガシー(遺産)を社会でどう活かせば良いのでしょうか?

このたび、内閣府からの後援をいただき「アスリート×地方創生SDGs」に関するオンライントークイベントを開催します。

申し込みはこちらから


こんなお困りごとはないでしょうか

  • アスリートの力で地域や企業を元気にしたい!
  • アスリートのセカンドキャリアがうまくいかない理由を知りたい!
  • トップアスリートを採用したいが出会う場がない!
  • アスリートのセカンドキャリアがうまくいかない理由を知りたい!

この討論会で得られるもの

アスリート人材を採用する方法

セカンドキャリア支援とSDGs

アスリートの力で地方を元気にする

アスリートの力で地方を元気にする

内容

第1部(講演)
アスリート×地方創生
~私たちに求められるミッションとは?~
講師:植田辰哉さん
   (元男子バレーボール日本代表監督)

元バレーボール男子全日本監督である植田辰哉さんをお迎えし、講演していただきます。

第2部(パネルディスカッション)
地方創生SDGs
〜東かがわ市の取り組み~
登壇者
  • 上村一郎さん
    (香川県東かがわ市長・モデレーター)
  • 山下翔一さん
    (株式会社ペライチ取締役会長・東かがわ市わくわく課長)
  • 植田辰哉さん
    (東かがわ市ふるさと大使)


植田さんが「ふるさと大使」を務めている香川県東かがわ市の上村市長にモデレートしていただき、山下翔一さんと植田辰哉さんとの3名で、地方創生SDGsの観点からパネルディスカッションを行います。

第3部(パネルディスカッション)
アスリート人材がビジネス界
で輝くために
登壇者
  • 近藤岳登さん
    (元Jリーガー・よしもとエージェンシー所属)
  • 井藤 亘さん
    (元男子新体操・シルクドソレイユパフォーマー)
  • 山口美咲さん
    (元競泳五輪選手・星野リゾート勤務)
  • 橋本太郎さん
    (株式会社BIG UNIT代表取締役)
  • 中田仁之さん
    (日本営業大学学長)
  •  本川祐治郎さん
    (元氷見市長・モデレーター)

日本営業大学のアライアンスパートナーであり富山県氷見市の元市長〜LINE株式会社での勤務を経て、現在はひと・まち・しごと株式会社の代表取締役本川祐治郎さんにモデレートいただき、様々な経歴を持つアスリートとパネルディスカッションを行います。

第4部(ご案内)
日本営業大学1年間の実績
と今後の展開について
登壇者:中田仁之さん(日本営業大学学長)
第2部(パネルディスカッション)
地方創生SDGs
〜東かがわ市の取り組み~
登壇者
  • 上村一郎さん
    (香川県東かがわ市長・モデレーター)
  • 山下翔一さん
    (株式会社ペライチ取締役会長・東かがわ市わくわく課長)
  • 植田辰哉さん
    (東かがわ市ふるさと大使)


植田さんが「ふるさと大使」を務めている香川県東かがわ市の上村市長にモデレートしていただき、山下翔一さんと植田辰哉さんとの3名で、地方創生SDGsの観点からパネルディスカッションを行います。

開催概要

日時:2021年7月4日(土曜) 14:00〜17:00
会場:オンライン(Zoom)

お申込みいただいた方に参加用URLをお届けいたします。

 

3,000円(税込)
(日本営業大学会員及び受講生は無料)

登壇者の紹介

東かがわ市ふるさと大使
元男子バレーボール日本代表監督

植田 辰哉(うえた たつや)

大学卒業後、新日本製鐵(現、堺ブレイザーズ)に入社。日本リーグ(現、Vリーグ)ではセンタープレイヤーとして、新人賞、ベスト6(5年連続)、ブロック賞、スパイク賞など数々のタイトルを獲得。日本代表としても活躍し、1992年のバルセロナオリンピックには主将として出場。6位入賞に大きく貢献した。

現役引退後は、新日鐵、日本代表ジュニアチームの監督を歴任し、2005年に日本代表監督に就任。

2008年、北京オリンピック世界最終予選を見事に突破。自身が出場したバルセロナ以来、16年ぶりに日本代表をオリンピック出場を勝ち取った。

代表監督を退任後は、早稲田大学大学院(平田竹男研究室)へ入学し、世界の強豪・ブラジルバレーの強化策などを研究。修士課程を取得し、現在は日本バレーボール協会発掘育成委員会、大阪商業大学公共学部公共学科教授を務める。

株式会社ペライチ取締役会長
東かがわ市わくわく課長

山下 翔一(やました しょういち)

2008年より広告会社にて上場企業をメインに30社以上の事業戦略・マーケティング・PRなどを請負い、数々の会社のプロモーションによる集客数の記録を塗り替える。

2014年4月に株式会社ホットスタートアップ(現 株式会社ペライチ)を設立。
2016年12月に『2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長・自治体連合』の代表サポーターに就任。
2017年3月に真の地方創生を実現する『一般財団法人カブジチコンソーシアム』の代表理事に就任。

現在はペライチの事業を核に、数社の経営・顧問を手がけるかたわら、全国で年間5000名ほどにペライチ・起業・地方創生等について講演を行っている。

香川県東かがわ市長

上村 一郎(うえむら いちろう)

東かがわ市で生まれ育った東かがわっ子。

中学の時、阪神大震災の救助活動で活躍する自衛隊に心打たれ陸上自衛隊入隊。

20歳で自衛隊を退職し、大学へ。

その後民間企業を勤めた後、Uターン転職を決意し、国会議員秘書に。秘書として政治の現場を学びながら、東かがわ市の未来を描きはじめ2019年市長選に立候補し、初当選。

現在、新しい東かがわ市のまちづくり(東かがわ市新時代構想)の実現に向けて、「誰もが知っている、ワクワクするまちへ」を基本理念に掲げる。

元Jリーガー
よしもとエージェンシー所属

近藤 岳登(こんどう がくと)

愛知県出身。高校時代は2年連続で国体メンバーに選ばれる。2001年、愛知県リーグ所属の東海理化SCに入団し、サッカーを再開。

2003年にはびわこ成蹊スポーツ大学
2007年にヴィッセル神戸に入団。

26歳にして新人という異色の選手であり、注目されていたが前十字靭帯損傷によりシーズンを棒に振った。その後、2010年7月25日の大宮戦でJ初得点を記録。解説の山野孝義はワールドカップで活躍したブラジルのマイコンの名前を挙げて「和製マイコン」と評価した。

2013年に水戸ホーリーホックに完全移籍。
2014年、FC大阪へ移籍。移籍。
2017年シーズン終了までFC大阪に所属し、現役引退後は、サッカー指導者としてサッカーの普及、育成を行いつつ、よしもと所属アスリートとして、テレビなどの各メディアにて芸能活動を行う。

元プロ野球選手
株式会社BIG UNIT代表取締役

橋本太郎(はしもと たろう)

大阪府大阪市平野区出身の元プロ野球選手。

現在は株式会社BIG UNIT社長で、飲食店やエステサロン、パーソナルジムを経営している。

大阪体育大学浪商高等学校では、3年生の時の夏に大阪大会ベスト8。2004年度ドラフト会議にて横浜ベイスターズから7巡目指名を受けて入団。
オフに監督として就任した牛島和彦の後輩として注目された。 入団2年目の2006年10月4日の対巨人戦で公式戦初登板・初先発を果たしたが、これが唯一の公式戦登板となった。

2008年10月1日に戦力外通告を受け、同年の12球団合同トライアウトに参加するが、獲得する球団はなく現役を引退。

引退後は飲食店「ハレノヒ」でアルバイトののち正規雇用。子会社の社長なども経験したのち、26歳の時に独立。

株式会社BIG UNITを設立し、元チームメイトの岡本直也が取締役を務めている。六本木で焼肉店「焼肉BEEF MAN」を経営するほか、エステサロン「B DIAMOND」やジム「BEEFMAN work out」の経営も行っている。

2019年春よりYouTubeチャンネル「太郎道場TV」での配信活動を開始。野球界などのゲストを呼んでのトーク動画の他、競艇関連の動画を多く投稿している



元競泳五輪選手
「OMO1東京川崎」総支配人

山口 美咲(やまぐち みさき)

生年月日 1990 年 1 月 20 日/出身地 長崎県諫早市

生後 10 か月からスイミングを始め、その後競泳選手として数 の国際大会で活躍し、2009 年には 100 メートルで自由形日本記録を樹立。

オリンピックにも 2008 年北京(4×200 メートルリレー7 位入賞)・2016 年リオ(4×100 メートルリレー8 位入賞)と二度出場 した。

2016 年に現役引退後は、「日本のおもてなし」を体現したい という思いから、星野リゾートに就職。日々の業務に従事する傍ら様々なイベントや講演に積極的に参加し、未来ある子供達へ自身のこれまでの経験を伝えている。

また、アスリートのキャリアの指標となるべく活動中。

男子新体操アーティスト
シルクドソレイユパフォーマー

井藤 亘(いとう わたる)

愛知県名古屋市出身アメリカフロリダに拠点を置く

名古屋市立原中学校ー埼玉栄高校ー青森大学ーシルクドゥソレイユ

​3歳から男子新体操を始め、中学校3年生時の全日本ジュニア出場をきっかけに、埼玉栄高校へ進学する。

骨折などの大きな怪我を克服しながら3年時にインターハイで団体優勝し、名門・青森大学へ進学。

大学では、全日本選手権・全日本学生選手権ともに4連覇を果たし、4年時には主将も務めた。​

​卒業後は、幼児・小学生を対象にスポーツ指導をしていたが、パフォーマーとしてイベント出演したことをきっかけにシルクドゥソレイユのオーディションを受け合格し、渡米。

​現在はパフォーマー業を行いつつ、男子新体操の普及を目標に様々な活動に取り組んでいる。

 

また、目標を達成するための緻密な計画も立てるなど卓越した組織マネジメント力を持ち、企業からの講演依頼も多数寄せられる。

元氷見市長
モデレーター

本川 祐治郎(ほんがわ ゆうじろう)

1967年富山県高岡市生まれ。早稲田大学卒業後、衆議院議員武藤嘉文事務所入所 (私設秘書)。 帰郷後、高岡商工会議所 【中間支援組織】 に勤務。地域づくり担当職員として、空き店舗対策事業、 伝統的建造物保存地区家屋の観光・商業利用誘導、市街地活性化・TMO構想策定事務局等を担当。

退所後、家業(醤油製造)及び金融機関員外監事、まちづくり会社執行役員として【企業経営】に従事。 経営士資格で (株)Plan .Com を創業し、コーチング・ファシリテーション・コンサルティング・リーチングを ベースに上場企業、団体/NPO、議会/行政に至る研修事業や地域づくりファシリテーションを手掛ける。

2013年4月より富山県氷見市長 【政治 / 行政】を務め、日本初のファシリテーター市長として廃校体育館 を市庁舎に転用し、市民誰もが社会課題解決に参加できる〔フューチャーセンター庁舎〕を建設・運営。

2017年11月(株)ProjectDesignにて「SDGs de 地方創生ゲーム」の開発 に携わる。
2019年より、LINE株式会社 公共政策室
2021年4月より、内閣府「地方創生人材派遣(日本版シティマネージャー)」制度に則り、島根県海士町 の「関係人口デジタル戦略政策アドバイザー」に就任。同年5月、まちひとしごと株式会社 を設立。

・ 日本政策学校 アドバイザー ・日本地域創生学会 会員 ・日本GNH学会 会員 ・日本ファシリテーション協会 会員 ・ 2015国際ファシリテーター協会 ファシリテーションインパクトアワード 金賞 ・ 第9回マニフェスト大賞 優秀賞
・ 2015グッドデザイン賞 地域づくり特別賞 ・元大正大学 地域構想研究所 客員教授 ・早稲田大学校友会代議員 

株式会社S.K.Y.代表取締役/
中小企業診断士

日本営業大学学長

内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」会員

中田 仁之(なかた ひとし)

1969年大阪生まれ。幼少期より野球一筋、関西大学在学時には体育会準硬式野球部に所属、4回生の夏に大学選抜メンバーに選出され海外遠征を経験。「JAPAN」のユニフォームに袖を通し海外で君が代を歌うという経験を持つ。

卒業後は一部上場企業に入社、コンサルティング営業として20年間活躍した後、2012年2月に株式会社S.K.Y.を設立。「大好きな人に本気の応援を提供する」という企業理念を掲げ、上場企業から個人事業主まで幅広い顧客層を持つ。

主な事業は販売促進に関するプロデュース業及び営業力強化・人材育成等のコンサルティング、さらに経営者やリーダー向けのビジネス講座を東京・大阪で主宰、企業からの講演依頼やリーダー育成プロジェクトの開発などの依頼が殺到している。

著書「困った部下が最高の戦力に化ける すごい共感マネジメント(ユサブル刊)」

2020年に、アスリートのキャリア支援に特化した教育機関「日本営業大学®︎」を設立、アスリートのネクストキャリア支援に全力を注いでいる。

株式会社ペライチ取締役会長
東かがわ市わくわく課長

山下 翔一(やました しょういち)

2008年より広告会社にて上場企業をメインに30社以上の事業戦略・マーケティング・PRなどを請負い、数々の会社のプロモーションによる集客数の記録を塗り替える。

2014年4月に株式会社ホットスタートアップ(現 株式会社ペライチ)を設立。
2016年12月に『2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長・自治体連合』の代表サポーターに就任。
2017年3月に真の地方創生を実現する『一般財団法人カブジチコンソーシアム』の代表理事に就任。

現在はペライチの事業を核に、数社の経営・顧問を手がけるかたわら、全国で年間5000名ほどにペライチ・起業・地方創生等について講演を行っている。

協賛募集

協賛A

法人の方

イベント内にて会社名のご紹介
イベント内容の詳細資料及び活動レポートのプレゼント
日本営業大学新規入会20%オフ

一口 50,000
協賛B

個人の方

イベント内にて個人名のご紹介
イベント内容の詳細資料及び活動レポートのプレゼント
日本営業大学新規入会20%オフ

一口 30,000
協賛C

商品ご提供の方

イベント内にて個人もしくは法人名のご紹介
イベント内容の詳細資料及び活動レポートのプレゼント
日本営業大学新規入会20%オフ
※商品納入に関する注意事項など

お受けできない商品のジャンル(生鮮食品・生き物)
クーポン券や割引券は可能

送り先
大阪市北区西天満6-2-11TATSUMI梅ヶ枝町ビル306 一般社団法人S.E.A 中田宛

申し込みはこちらから


よくある質問

  • Q
    参加は誰でもできますか?
    A
    はい、どなたでもご参加いただけます。日曜部の午後、アスリートのセカンドキャリアや地方創生、SDGsについて一緒に学びましょう。
  • Q
    パソコンがないのですが、スマホからも視聴可能ですか?
    A
    はい、問題ございません。Zoomウェビナーにて開催しますので、顔出しせずにスマホからでもご参加いただけます。
  • Q
    当日、ご登壇者への質問は可能ですか?
    A
    はい、可能です。Zoomのチャット機能を用いて、直接ご質問ください。
  • Q
    参加費はおいくらでしょうか?
    A
    日本営業大学の会員の方、及び、アスリート受講生は無料。その他の方は3,000円(税込)を頂戴します。申し込み後に事務局から送付するメールにてお振込み先等の詳細をお知らせいたします。
  • Q
    パソコンがないのですが、スマホからも視聴可能ですか?
    A
    はい、問題ございません。Zoomウェビナーにて開催しますので、顔出しせずにスマホからでもご参加いただけます。

お申込み


お申込みはこちらのフォームよりお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

後援

地域創生SDGs官民連携
プラットフォーム
東かがわ市
東かがわ市

特別協賛

主催

日本営業大学

日本営業大学とは
スポーツという厳しい世界で生きてきたアスリートが
社会に出た時に真っ先に感じること、それは「一般社会の方がずっと厳しい」という現実です。

彼らに対する世間の眼は、決して暖かいものばかりではなく、また邪な心を隠して彼らに近づき弱みにつけ込む者も後を絶ちません。
彼らとしてもスポーツ界での実績や常識をひきずったまま
一般社会でも通用するに違いないという「甘さ」も残念ながらございます。

一方、企業の採用活動において、中でも中途採用の市場に彼らアスリートが現れることは極めて少なく、採用したいが出会える場所がないというのが現状です。

アスリートに「営業力」「人間力」を授け、スポーツの世界とはまた異なる一般社会の厳しさを教え、ビジネスパーソンとして彼らを採用し鍛えてくださる企業とお繋ぎする日本初のプラットフォームになります。

お問合せ先

080-4971-0019(担当:中田)

Mail: office@sea-org.jp