日本初!

欧州のリーダーシッププログラム
”ATAIRU(アタイル)”体験セミナー

講師:川嶋治子

「女性らしくしなやかに、
かつグローバル市場で勝負できるだけのリーダーシップを
持ったリーダー育成ができたらどれほどいいことか」

と願われていた日本の企業様、
日本女性達へ新時代の扉を開く画期的なプログラムとして、
今年9月、ATAIRU女性リーダーシッププログラムが日本に初上陸をいたします。

導入に先駆け、5月19日に開催した体験セミナーでは、
外資系企業役員様、中小企業経営者様、女性役員・管理職の方々等、多数ご参加いただき、
その革新的なプログラムは大きな衝撃を与えました。
それを受け、ATAIRU 日本代表者の川嶋治子と考案者ラドゥカの対談セミナーが、
今般、実現いたします。日本の会場とプラハをオンラインで繋ぎ、
考案者ラドゥカがヨーロッパよりライブ出演いたします。

現時点では、考案者ラドゥカがこのセミナー以外で登壇するのは、
本プログラムのみ。

欧州で著名なリーダーシッププログラムの権威から
直接お話が聞ける貴重な機会です。

日時 2016年 6月28日(火) 18:45~21:00(開場は18:30)
場所 渋谷ヒカリエカンファレンスルームD
参加費 前売券 15,000円(+税)
当日券 20,000円(税込)

※考案者ラドゥカは、オンライン上での出演です。会場には来場いたしません。

News!

6/13 メディア掲載いただきました。
(雑誌系)
DIAMOND online、@DIME、CREA Web、東洋経済オンライン、PRESIDENT Online、現代ビジネス、Best times


(新聞・その他)
朝日新聞デジタル&、朝日新聞dot.、YOMIURIONLINE 、IZA産経デジタル、財経新聞、おたくま経済新聞、Mapionニュース、楽天infoseek、Eventer Bee、Exciteニュース、SEOTOOLS、eltha、えんウチ、OKGuide、OriconStyle(Oricon)、CUBEニュース、goo ビジネスEX、30min、産経ニュース、JBpress、時事.com、JOSHI+、ジョルダンニュース!、蒼穹無限、とれまが、NewsCafe、ValuePress、Biglobeニュース、
Bizloopサーチ、PR times、MarkeZinマーケジン、Fresheye



Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ATAIRU考案者が日本初登場!

考案者ラドゥカとは誰か

ATAIRU考案者のラドゥカ・ドナロヴァ
リーダーシップへの新しい取り組みを通じて
社会を変革することを目指している、
グローバルリーダーです。

ヨーロッパのメディアにもしばしば取り上げられ、
20代の若さでヨーロッパを席巻。

母国のチェコでは彼女を知らない人はいない程
幅広く認知されています。

では、なぜラドゥカはこのような
取り組みを始めたのでしょうか?

国連・マッキンゼーとキャリアを積んだ後、
MBA取得のために在籍した、
ハーバードビジネススクール在学中の研究
大きく影響しています。

ここで彼女は、仕事上の成果のみならず、
心の充足をも兼ね備えて成功をした、

「満たされて成功したリーダー」

の調査を行い、多数事例を蓄積いたしました。

しかも、そのリーダー達は、

「最小限の力で最大の効果を上げている」

ように見受けられたのです。

「なぜ彼らは軽やかに、最小限の力で 
 最大級の成果を生んでいるのだろうか?」

ラドゥカの中に、ひとつの疑問が生まれました。

ちょうどその頃、
ラドゥカに第二子となる男の子が誕生しました。

生まれてきた息子は、治療法が確立されていない
先天的な脳の難病を抱えておりました。

「何のために私は生きているのだろうか?」

彼の誕生は、ラドゥカの中で新たな疑問を生みました。

そして、当時進めていた研究も相まって、

「いわゆる『成功した人』だった自分自身は 
 本当に満たされた成功をしたのだろうか?」

という自問自答が繰り返されるようになりました。

「どのようにしたら、 
 満たされて成功するリーダーを 
 増やすことができるだろうか?」

そのような経緯から、幸せと成功の関係性に着目し、

「幸せに満たされながら
 成功するためのリーダーシップ論」


を模索し始めます。

そして、調査分析の末、生まれた答えが
ATAIRUの中核を担う概念でもある
「オーセンティックリーダーシップ」です。


ハーバード大でMBAを取得したラドゥカは、
再びマッキンゼーに戻ります。

そして2013年、遂に
女性リーダー対象のリーダーシップに
特化したATAIRUを設立いたしました。

ラドゥカの綿密な調査に裏付けされた
リーダーシップ理論は、
受講した女性リーダー達の変化にすぐに現れ、
たちまち欧州のグローバル企業を魅了いたしました。

「才能」「情熱」「目的」を明らかにし、
「パーソナルライフ」と
「プロフェッショナルライフ」を統合た結果、
仕事も家庭も共に満たされ、
成果を出す女性が続出したからです。

ATAIRUが、現在も年間500名の女性リーダーを
エンパワーし続けている事実からも、
企業の厚い信頼を得ていることが
おわかりいただけると思います。

今回のセミナーでお話しすること

ATAIRU日本初上陸に先立ち、
このセミナーでは、考案者ラドゥカと川嶋による
概要説明と共に、会場の皆様からのQ&A形式で
ATAIRUを多角的に捉えていきます。


ATAIRUの概要説明は、
一般的なそれとは大きく性質の異なるものです。

5月19日に開催した川嶋によるセミナーでも、
受講者からは

「ATAIRUの概要説明だけでも非常に感銘を受けた」

というお声を多数頂戴しており、
そのインパクトが並ならぬものであることを物語っております。


では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

それは、ATAIRUおよび考案者ラドゥカの提唱する
「オーセンティック(自然体の)リーダーシップ」という
考え方そのものが、非常に革新的で、現状に行き詰った
リーダー達へ新たな道筋を照らすものだからです。

今回のセミナーでは、考案者ラドゥカがオンラインで講演いたします。

「新しいグローバルリーダーのスタイルを模索する必要がある」
「既存の形では現状を打破できない、新しい枠組みが必要だ」
「アメリカ型のリーダーシップには、もう限界が来ている」
「ボードルームダイバーシティ(企業役員のダイバーシティ)に興味がある」

女性リーダーのみならず、
そのような先見性のある疑問を持たれている方には、必見の内容です。

現状の所、考案者ラドゥカは本プログラム以外の登壇がなく、
本プログラム受講生以外は直接お話しする機会はございません。

今回のセミナーは、
新時代のグローバルリーダーの風を肌で感じることのできる
貴重なチャンスとなっております。

※今回セミナーの受講特典(本プログラムにお申込みの場合)もございます。 詳細は当日、セミナーにてご案内いたします。

ATAIRUとは何か

では、ラドゥカが考案した
ATAIRUとはどのようなものでしょうか?


ATAIRUは国際的な学習機関として、

「新しい時代の
 女性向けリーダーシッププログラム」

を提供し、

既に欧州ではGoogleやIBM、
マッキンゼーなどグローバル企業46社
導入実績があり、

クライアント企業から絶大な信頼を
寄せられております。


トレーニングを終了した
女性リーダーたちの影響力は、

社内での活躍だけに留まらず、

「最も影響力のある女性TOP25」

としてForbesをはじめ、
ビジネス各誌にも取り上げられ、
ビジネス界に大きなインパクトを
与え続けています。

「仕事の成功とプライベートの充足が 
 両立したら、どれほどいいだろう?」

日本でも女性が昇進やリーダーシップをとる際、
必ずと言っていいほど出てくるこの課題をクリアーし、
効果を発揮したプログラムこそ、このATAIRUです。

ATAIRUで取り上げる3つのステップ

ATAIRUの内容に興味をお持ちの方もいらっしゃると思います。

日本在住の川嶋と、チェコ・プラハ在住のラドゥカの
提唱するリーダーシップには、驚くほどの共通点がありました。

一番の共通項は、

「自分自身とつながった自然体の状態では、 
 仕事の成功と私生活の充足が両立する」

ということです。

このほぼ同じと言っても過言ではない概念を、
川嶋は「セルフリーダーシップ」と呼び、
ラドゥカは「オーセンティック(自然体の)リーダーシップ」と呼んでいました。

旧来「成功≠自然体」と考えられてきた図式は、
この「オーセンティックリーダーシップ」には当てはまりません。

さらに言えば、この「自然体」であることこそ、
まだまだ眠っているあなたの潜在的なパワーを解放していく手段のひとつでもあるのです。

第1ステップ    「自分を導く」

プログラムではまず、「自分を導く」ことからスタートします。

「自分自身を導くことが、チームへの影響力を増し、チームを導く」

という考え方に基づいているからです。

そのための第1ステップは

「自分を知る」「自分との関係性をより良く改善する」

ということです。

その結果、

「自ずと情熱が湧く」「自分自身の才能を知る」

ということが発動し、意欲が湧き続ける自分だけのビジョンを
描けるようになっていきます。

日本人の8割がこの段階にあると言われており、
非常に大切なステップでもあります。

第2ステップ    「チームを導く」
第3ステップ    「変革を導く」

「自分を導く」第1ステップをクリアすると、
自然体の自分を支援してくれるネットワークが築けるようになります。

ここからが、第2ステップ。違いを受け入れ、
他者と協働関係が築けるようになっていきます。

たとえば、「ネゴシエーション」と聞くと、
多くの人が対立の構造を浮かべると思いますが、

オーセンティックリーダーシップが取れるようになると、


「ネゴシエーションなのに、まず本音を伝える」


ということが起こります。


ここでは、
対立ポイントが見えてからが本当のコミュニケーション。

通常は隠しがちな本音や核心を、自ら開示することにより、
長期的な関係性を構築していくことができます。

これにより、協働関係を築くことができるようになり、

「チームを導く」

ことが実現していきます。


第3ステップは、少しイメージしにくいかもしれません。

第3ステップは、
自分の影響力を行使する「変革」のステージです。

ここまで来ると、組織全体や社会を視野に入れた、
ダイナミックな変革を意識していくようになります。

自然体でパワフルな自分や協働できるチームの力によって、

「自分が環境に与えられる影響力」

最大限に意識していくからです。


この非常に視点の高いステージを、
ATAIRUでは「変革を導く」と位置付けております。

ATAIRUトレーニング修了後の女性リーダーたちが、
業界やビジネス界に大きなインパクトを与えるよう
進化していった秘訣も、この第3ステージにあります。

「変革を導く」という、自身の持つ役割と影響力の大きさを
適切に認識し、行使できるようになったためです。



ATAIRUは「自分を生きる」ことからスタートし、
その延長線上に、社会にポジティブなインパクトを与えていく
「真のリーダー」を最終的に輩出することを意図しています。

グローバル人材の基盤づくりに強み

日英二カ国語で
解説されるプログラム

プログラムでは、

「一個人として自己確立する」

ということを徹底して取り組みます。

グローバル市場でギャップとして生じがちな
「会社ではなく、個人の意見を問われて戸惑う」
という課題がクリアーでき、
グローバルなコミュニケーションに必要な
信頼関係構築力が養われます。

日本版ATAIRUは、
川嶋と考案者:ラドゥカのダブルファシリテート。

講演は日本語・英語の二か国語で行われ、
英語でのコミュニケーション力強化もカバーいたします。

本プログラムの受講者の声

95%が
実感
ストレス、困難な状況、プレッシャーにさらされた状況に対処する能力の向上を実感した
85%が
実感
仕事と私生活の両方でより落ち着き、より良いバランスを保ち、満足できていると感じる
85%が
実感
他者との関係性や、リードする能力の向上を実感できた
85%が
実感
仕事と私生活の両方でより落ち着き、より良いバランスを保ち、満足できていると感じる

修了生のご感想(一部抜粋)

  ■   なぜ自分のチームで必要のない衝突や緊張が生まれるのか、ようやく理解できました。今ではより調和的なコミュニケーションや協力関係を作り出すことができています。
 ■    私自身が穏やかになり、他者と効果的にかかわれるようになったので、チームメンバーも楽しく目標達成をできています。
 ■    難しい問題に対応しなければいけない時も、今までのように嫌だなという気持ちになることなく、俯瞰的な目線で物事を見られるようになりました。
 ■    私自身が穏やかになり、他者と効果的にかかわれるようになったので、チームメンバーも楽しく目標達成をできています。


かつて、立ちはだかることがなかった壁

では、なぜ今、日本にATAIRUが必要とされているのでしょうか?

「会社の期待はわかるけれど、
 責任の増加やプライベートへの影響を考えると、昇進に気が進まない・・・」

「自分について来なさい!
 というパワーリーダーにはなれないが、他のロールモデルがいない・・・」

「女性管理職を増やしたいが、適任者が少ない上に、根付かない・・・」

「グローバル人材の育成に必要なプログラムがない・・・」

「旧来型のリーダーシッププログラムには
 もう可能性を感じられなくなってきている・・・」

これらはすべて、2000年後半以降、
川嶋がお取引先様から頻繁に聞くようになったお声です。

しかし、ほとんどの企業様において、
その対応を模索中というのが現状であり、悩みをお持ちです。

特に「新しい時代のリーダーに適した、
女性リーダーのロールモデルがいない」というお悩みは、

年を追うごとに増えていき、
今では実に多くの管理職・経営者様が抱えていらっしゃいます。

今はまさに、時代の転換点。

これまでになかった壁が、企業にも個人にも現れています。

今、時代に求められる
「女性リーダー」と「グローバル人材」

女性活躍推進法の施行、
急速なグローバル化と、

特にここ数年の動きは目まぐるしく、
戸惑いを覚える方も
いらっしゃるかもしれません。

お気づきの通り、
これらは今後5~10年後と、
長期的に影響を及ぼすような
大きな変化です。

また、少し前であれば当たり前であった
パワー型の強力なリーダーシップでは
カバーしきれない程、
個人の価値観も多様化してきています。


ATAIRUは、欧州で権威ある実証済みの
女性向けリーダーシッププログラムです。

時代の変わり目だからこそ生じる、

「女性リーダー」
「グローバル人材」の育成という

ふたつの大きな課題解決にアプローチいたします。


日本でのメディア掲載実績

ATAIRUに注目しているのは、女性だけではありません。
前回開催のATAIRU体験セミナーは、下記のメディアに取り上げられており、今、関心の高い話題であることを伝えています。

(50音順)
朝日新聞デジタル・iza!産経デジタル・Exciteニュース・SEO TOOLS・OKWAVEニュース・All events in city・Guide・Cubeニュース・財経新聞・産経ニュース・時事.com・Japan events net・蒼穹無限・dot.・nifty.com・ハッカドール・Fievent・BIGLOBEニュース・MarkeZine・PR TIMES・メディアジャム・楽天Infoseek

セミナー詳細

開催日時        2016年6月28日(火)
             18:45~21:00
            (18:30開場)

開催場所          渋谷ヒカリエカンファレンスルーム D
             (東京都渋谷区渋谷2-21-1渋谷ヒカリエ11階)

会場アクセス       ● 東急東横線・田園都市線、
              東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」15番出口直結
             ● JR線、東京メトロ銀座線、
              京王井の頭線「渋谷駅」と2F連絡通路で直結
    

参加費           前売券 15,000円(+税)
              当日券 20,000円(税込)

お申込み締切       2016年6月27日(月) 23:00
             (ご入金期限:6/28 14:00)


セミナーファシリテーター紹介

セミナー主催者:
川嶋治子

市長秘書を経て、現職。
グローバル企業における女性役員・
上級管理職(エグゼクティブ・ポジション)以上の
女性達へのオーセンティック リーダーシップ
トレーニング及びメンタリングを提供する
唯一の日本人コーチ・トレーナー。

これまでのトレーニング実績は
国内上場企業及びグローバル企業40社以上、
若手層から経営層までのべ10,000人を超える。

特に、働くリーダー層女性の声を感じ取り、
提供している「幸せなパートナーシップと社会的な
キャリアの調和を実現するリーダーシップトレーニング」は、
導入結果に企業側からも高い支持を得る。

2015年、グローバル企業におけるCEO・
上級管理職(エグゼクティブ・ポジション)以上の女性達への
リーダーシップトレーニングを提供する
「オーセンティック・リーダーシッププログラム ATAIRU
(本部・チェコ共和国プラハ)」の日本代表に就任。

世界的にも女性役員登用率の高い欧州にて、
IBM、Google、HP、Lenovo、SwissRe等の役員女性及び、
女性リーダー達へのトレーニングに日本代表として参画。

「満たされた女性による、
 ボードルームダイバーシティの実現」を目指している。
※ボード=役員・経営層

ATAIRU考案者:
ラドゥカ・ドナロヴァ

チェコ・プラハ在住。
ATAIRU創設者。

女性役員、次期役員候補である上級管理職女性が
リーダーシップスタイルに次々と変革を起こす、
リーダーシップ・トレーニングに
世界的企業より絶大な信頼を寄せられている。

経済界に影響力を持つ女性トップリーダーを
300人以上輩出し、世界的企業における
女性役員育成の一端を担っている。

ハーバードビジネススクールにてMBA取得を経て、
国連・マッキンゼーにて多国籍チームの
リーダーとして活躍後、女性リーダー対象の
リーダーシップに特化したATAIRUを設立。

ヨーロッパにおける女性のリーダーシップについての
研究をまとめたマッキンゼーレポートの著者でもある。

プライベートでは3児の母。

自らも「オーセンティックリーダーシップ」を実践し、
満たされた成功者として、グローバルに活躍している。