アスタリンインヘラー通販

アスタリンインヘラー

喘息のお薬、アスタリンインヘラーは病院に行かなくても通販で買うことができます!

錠剤よりも即効性があり、コンパクトな吸入器で持ち運びもしやすいので外出先などで発作が出たときに便利です。

通販で購入することで価格も安く抑えられます。

アスタリンインヘラーとは

喘息の症状でお悩み方はサルブタモールを成分とするお薬のお世話になった方も多いと思います。

サルタノールインヘラーのジェネリックがアスタリンインヘラーになります。

主成分はサルタノールインヘラーとアスタリンインヘラーは同様になりますので、薬の効果は同じです。

アスタリンインヘラーはインドの製薬会社シプラが製造している品質の安全面に優れたジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品の良いところが成分が全く同成分なので、同効果で安価で購入が可能になる医薬品です。

日本国内ではサルタノールインヘラーのジェネリック医薬品のアスタリンインヘラーは薬局や市販では購入することができません。

ネットの個人輸入代行の通販サイトでかんたんに注文、購入する事ができます。

通販サイトで購入するメリット

海外から医薬品をかんたんにネットで通販と同様にアスタリンインヘラーを注文、購入する事ができます。

個人輸入を自分でやるとなると言葉の問題など面倒なことが多く時間もかかってしまいます。

その面倒なことを個人輸入代行で普通の通販サイトのようにお買い物をすることができます。

日本では基本的に薬は医師が診察して処方するというのが一般的です。そのため処方箋がないと買えない薬もあります。

ですが、個人輸入代行で購入する場合、処方箋がなくても欲しい薬を買うことができます。

薬局や市販で販売されているお薬では、やはり効果に期待できないです。しっかり効果を得るには、病院で処方してもらうか、個人輸入代行サイトで購入するかです。

ほとんどの個人輸入代行サイトは日本語での商品説明があるので薬の詳細などわかりやすいです。

また、個人輸入代行では、病院で処方してもらうより安価で購入が可能な点や国内で認可が降りていないジェネリック医薬品を更に安価で購入ができます。

薬の種類にもよりますが、新薬の半分以下程度で購入できるジェネリック医薬品もあります。

サルタノールインヘラーやジェネリック医薬品のアスタリンインヘラーのように使用する頻度の多い薬の場合、経済的にも助かります。

個人輸入代行で購入するメリットは、医師の診察を受ける手間を省け、処方箋や保険証なども必要なく購入する事ができます。

アスタリンインヘラーの特徴と効果

アスタリンインヘラーは主に喘息の発作が出たときに時に使用するお薬です。

喘息の発作が起こると気管支が狭くなります。
アスタリンインヘラーを使用することで気管支を広げて喘息の症状を緩和させる効果があります。

サルタノールインヘラーやアスタリンインヘラーの成分サルブタモールは、短時間の作用から『β2刺激薬』に分類されています。

特徴は即効性はあるが薬の作用時間は短いです。

症状などにより個人差はありますが
効果は4~6時間程度と言われています。

ですので喘息の症状が発症した際、和らげるために用いられる薬になります。


【アスタリンインヘラーのメリット・デメリット】

★メリット★
発作が起きたときに用いる薬です
β2刺激薬の中でも即効性がある薬です

★デメリット★
β2刺激薬は効果が4~6時間程度になります
吸引器ですのでボタンを押すタイミングと吸うタイミングを合わせる必要性があります

アスタリンインヘラーは下記のような方に人気

・喘息の発作があらわれた場合
・咳が出始めたらとまらない方
・咳喘息かどうかの診断をされた方

アスタリンインヘラーは、喘息の症状があらわれたらすぐに吸入するお薬です。

毎日吸入しても喘息を予防する長期管理薬ではないので注意が必要です。軽い発作の症状の人では、毎日吸入する必要はなく、発作が出たときだけアスタリンインヘラーを吸入するという人がほとんどです。

しかし、アスタリンインヘラーを吸入し続けると薬の効果をえられない場合もあります。

喘息の発作が頻繁に繰り返されると、徐々に気管支が太くなっていきます。気管支が太くなってしまうと喘息の症状を悪化させてしまいます。

気管支が太くなってしまうと、アスタリンインヘラーを吸入しても反応しなくなり喘息の発作を抑えられなくなってします。

喘息の発作があらわれて、アスタリンインヘラーを吸入しても、気道が広がらず喘息の発作が改善できなくなります。
この症状のことをリモデリング(不可逆性)と呼ばれています。

リモデリングが起こってしまうとアスタリンインヘラーが反応しなくなってしまい、長期管理薬に切り替えても、場合によっては間に合わないこともあります。β2刺激薬のアスタリンインヘラーで喘息の発作が抑えられなくなると、ステロイド治療に移行します。

ステロイド治療は、喘息を改善する効果はありますが、副作用も強いと言われています。
副作用が強いため、ステロイドは気軽に処方されるお薬ではありません。そのため、ステロイドを使用しての治療を希望される場合、喘息に詳しい病院での受診が重要になります。

また喘息の発作時に、アスタリンインヘラーの吸入量を用量以上に吸入する人がいます。吸入量を用量以上に吸入することは非常に危険なことです。

アスタリンインヘラーを使用する場合は用法、用量は必ず守ってください。

喘息とは

喘息は子供の病気と思っている方が多いと思いますが、成人でも突然起こることがある喘息です。

子供の喘息の患者が人口の7%程度ですが、それに対して、成人の喘息患者は4%程度です。

成人の喘息発症は、子供のころに患っていた喘息が再発するケースと成人してから急に発症するケースがあります。
特に40歳を超えてからの喘息発症が、成人の患者の半数以上といわれています。

喘息の発作頻度や症状が軽度でも、命にかかわる発作を起こす可能性があるので症状が頻繁にあらわれる場合は一度病院に行くことをすすめさせていただきます。

成人で発症した場合は症状が風邪と同じような感じなので、喘息と気付かずに市販されている風邪薬などを服用している方が多いです。

風邪薬などを服用した場合は、喘息の症状を悪化させてしまうケースがあります。

喘息については最近の研究の結果で治療法などが今までとは少し変わってきました。
喘息などの重症アレルギー発症の仕組みが解明され、喘息など難治性アレルギー疾患の発症の原因になるたんぱく質が発見されました。

この発症の原因になるたんぱく質がわかったことで、喘息の発症を抑える治療薬が開発される可能性が出てきました。

アレルギー疾患というのは病原性の免疫細胞が血管から外に出てしまう事で、肺などに到達し発症するのです。

大学の研究チームは、病原性の免疫細胞が血管から外へ出す働きをする、たんぱく質を見つけました。
このたんぱく質は、炎症に伴う血小板から出ていて、血管の内側に集結して、そこから病原性の免疫細胞が血管から外に出ていることが判明したとのことです。

さらに、このたんぱく質と病原性の免疫細胞が合わさることを防ぐ抗体をつくりました。この抗体を喘息のマウスに使用したところ、喘息は起こらなかったのです。

人体に使える抗体を作製していて、実用化を目指して研究が進められています。

この研究が進み、実用化されれば、難治性の呼吸器疾患が完治につながる可能性がり期待されています。

喘息の発作を予防

喘息の発作の予防の為には、日常生活の自己管理が重要になります。


1.気道の状態を知る
息を勢いよく吐いて、その時に息が流れる速さの測定機器のピークフローメーターで、気道の状態を知ることができます。
成人の喘息では、症状が自然に改善されていて、治ったようなることがあります。
ですが、実際には気道が狭まっていて、気付かずにいきなり激しい発作に襲われることもあります。
気道の状態を知っておくことで、突然の発作の予防にも役立ちます。
毎日の測定を記録して、医師に診断時に見てもらうことを勧めます。


2.アレルゲンを減らす
アレルギー性喘息では、原因となっている物質を減らさなければいけません。
ハウスダストやダニの死骸などが原因の場合には、お部屋の掃除をこまめに行なってください。
タバコは、煙などが発作を誘発するだけではなく、気道を狭める原因ですので、タバコを止め禁煙するようにしてください。


3.風邪に気を付ける
成人の喘息の場合、風邪が原因で喘息が発症することもよくあります。
風邪をひかないよう気をつける事と、市販薬の風邪薬もしくは鎮痛薬はできるだけ使用しない事です。
鎮痛剤以外にも風邪薬などで、同様の発作を起こすことがありますので、今までに鎮痛剤や風邪薬などで軽い発作を起こしたことがある人は、とくに注意する必要があります。


4.気候の変化に注意する
喘息の発作は、気候が不安定なときに起こりやすいです。
特にで気温が急に下がったときや季節の変わり目には注意が必要です。


5.激しい運動は避ける
運動が喘息の発作になることもあります。
特に激しい運動を行うときは、事前に医師に相談してください。
医師に相談のもと、どの程度までの運動ならよいか確認しましょう。


6.ストレスを溜めない
成人の喘息では、ストレスが原因で発作を起こすことがあります。
気分転換や睡眠を十分にとって、ストレスを溜めないようにすることも重要です。
喘息の発作が起こりやすい環境
喘息の発作は、夜間や早朝に起こりやすいという特徴がありますが、他に発作が発症しやすい状況があります。
・夜間~早朝においての時間帯
・季節の変わりめ等、気温差が激しい時期
・悪天候、天候が変化しやすい日
・疲労感のある時
・風邪をひいている時
・炎症に刺激があった時(タバコや線香等の煙、強い臭いなど)
などがあげられます。


喘息(気管支喘息)は気道に炎症がある状態なので非常に敏感になっています。

そのため、わずかな刺激でも発作を起こしてしまいます。とくに刺激となるものとして「アレルゲン」があります。
これは吸い込むとアレルギー反応を起こすもので、ダニ・ホコリ(ハウスダスト)・動物の毛やフケ・花粉・真菌(カビ)などがあげられます。

これらのアレルゲンを吸い込んでしまう事で発作が起きてしまう喘息を「アトピー型喘息」と呼び、この場合、身回りのアレルゲンを出来るだけ減少させ、発作が起きにくい環境を作る事が重要になってきます。

エアコンフィルター、家具などの隙間では埃やカビが出やすくなっていて、アレルゲンの中でも一番多いとされているダニは布類に住みつく為、気をつけましょう。

こまめに掃除したり換気したりして、きれいな空気を保つと良いでしょう。
アレルゲン以外で刺激を与えるものも多種多様にあります。

けむり(タバコ、線香等)・薬(解熱剤、鎮痛剤等)・風邪・感染症・過労・ストレス・運動・汚染空気(排気ガス、光化学スモッグ等)・天気の変化・気圧の変化等です。これらは1つではなくいくつも複合している場合もあり、刺激となると発作が起こってしまいます。

近年では避ける事が難しい場合もありますが、できるだけ遠ざける事で発作の予防となります。

Copyright 2019@アスタリンインヘラー通販

検索関連ワード アスタリン アスタリンインヘラー アスタリンインヘラージェネリック サルタノール サルタノールインヘラー サルタノールインヘラージェネリック サルブタモール サルブタモールジェネリック サルタノールインヘラー100μg 0.16 13.5ml アスタリンインヘラー100μg 0.16 13.5ml  アスタリンインヘラー喘息 アスタリンインヘラー通販 アスタリンインヘラー購入 アスタリンインヘラー副作用 アスタリンインヘラー効果 アスタリンインヘラー個人輸入 アスタリンインヘラージェネリック アスタリン通販 アスタリン購入 アスタリン副作用 アスタリン効果 アスタリン喘息 アスタリン個人輸入 アスタリンジェネリック サルタノール通販 サルタノール購入 サルタノール喘息 サルタノール副作用 サルタノール効果 サルタノール個人輸入 サルタノールジェネリック サルタノールインヘラー喘息 サルタノールインヘラー通販 サルタノールインヘラー購入 サルタノールインヘラー個人輸入 サルタノールインヘラー効果 サルタノールインヘラー副作用 サルタノールインヘラージェネリック サルブタモール喘息 サルブタモール通販 サルブタモール購入 サルブタモール個人輸入 サルブタモール効果 サルブタモール副作用 サルブタモールジェネリック アスタリンインヘラー副作用 アスタリン副作用 サルタノールインヘラー副作用 サルタノール副作用 サルブタモール副作用 アスタリンインヘラージェネリック アスタリンジェネリック サルタノールインヘラージェネリック サルタノールジェネリック サルブタモールジェネリック アスタリンインヘラージェネリック薬 アスタリンジェネリック薬 サルタノールインヘラージェネリック薬 サルタノールジェネリック薬 サルブタモールジェネリック薬 アスタリンドーピング アスタリンインヘラードーピング サルタノールドーピング サルタノールインヘラードーピング サルブタモールドーピング アスタリン吸入 アスタリンインヘラー吸入 サルタノール吸入 サルタノールインヘラー吸入 サルブタモール吸入 アスタリン商品名 アスタリンインヘラー商品名 サルタノール商品名 サルタノールインヘラー商品名 サルブタモール商品名 アスタリン使い方 アスタリンインヘラー使い方 サルタノール使い方 サルタノールインヘラー使い方 サルブタモール使い方 アスタリンうがい アスタリンインヘラーうがい サルタノールうがい サルタノールインヘラーうがい サルブタモールうがい アスタリン口コミ アスタリンインヘラー口コミ サルタノール口コミ サルタノールインヘラー口コミ サルタノールジェネリック口コミ サルタノールインヘラージェネリック口コミ サルブタモール口コミ サルブタモールジェネリック口コミ アスタリンメプチン アスタリンインヘラーメプチン サルタノールメプチン サルタノールインヘラーメプチン サルブタモールメプチン サルブタモールジェネリックメプチン アスタリンステロイド アスタリンインヘラーステロイド サルタノールステロイド サルタノールインヘラーステロイド サルブタモールステロイド アスタリン喘息吸入器 アスタリンインヘラー喘息吸入器 アスタリンインヘラージェネリック喘息吸入器 サルタノール喘息吸入器 サルタノールインヘラー喘息吸入器 サルタノールインヘラージェネリック喘息吸入器 サルブタモール喘息吸入器 サルブタモールジェネリック喘息吸入器 アスタリン喘息発作 アスタリンインヘラー喘息発作 アスタリンインヘラージェネリック喘息発作 サルタノール喘息発作 サルタノールインヘラー喘息発作 サルタノールインヘラージェネリック喘息発作 サルブタモール喘息発作 サルブタモールジェネリック喘息発作 アスタリン喘息薬 アスタリンインヘラー喘息薬 アスタリンインヘラージェネリック喘息薬 サルタノール喘息薬 サルタノールインヘラー喘息薬 サルタノールインヘラージェネリック喘息薬 サルブタモール喘息薬 サルブタモールジェネリック喘息薬 アスタリン喘息治療 アスタリンインヘラー喘息治療 アスタリンインヘラージェネリック喘息治療 サルタノール喘息治療 サルタノールインヘラー喘息治療 サルタノールインヘラージェネリック喘息治療 サルブタモール喘息治療 サルブタモールジェネリック喘息治療 アスタリン即日 アスタリンインヘラー即日 アスタリンインヘラージェネリック即日 サルタノール即日 サルタノールインヘラー即日 サルタノールインヘラージェネリック即日 サルブタモール即日 サルブタモールジェネリック即日 アスタリン使用期限 アスタリンインヘラー使用期限 アスタリンインヘラージェネリック使用期限 サルタノール使用期限 サルタノールインヘラー使用期限 サルタノールインヘラージェネリック使用期限 サルブタモール使用期限 サルブタモールジェネリック使用期限