このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
☎ 0120-111-827
全日10-18時まで受付中

特急LINE相談窓口
(初回相談無料

悪質な投稿による風評被害が発生する前に今すぐLINEでご相談下さい!最短最速で返信いたします!!

LINEで相談する(24時間)

投稿削除・犯人特定・慰謝料請求
お悩みに合わせたベストなご提案をいたします。

誹謗中傷の解決には
ネットへの専門性が必要です!

誹謗中傷対策可能なサイト

  • Twitter
  • 爆サイ
  • 5ch
  • Instagram
  • ホスラブ
  • Amazon
  • 楽天
  • FC2ブログ
  • アメブロ
  • その他各種SNS/掲示板など
  • 5ch

私が解決します!弁護士のメッセージ

代表弁護士

鈴木 幸喜

こんにちは。弁護士法人アシスト法律事務所、代表弁護士の鈴木と申します。

このサイトを訪問された方は、今どのようなお気持ちで、このメッセージを読まれていますでしょうか。

・ネット掲示板で事実無根の情報を晒された。
・SNSで誹謗中傷の投稿をされた。
・悪質なブログ記事によって営業妨害されている。

不安な気持ち。怒りの気持ち。言葉では言い表すことができない気持ちを抱えているかと存じます。

「弁護士として、ネット上で誹謗中傷の被害を受けた被害者様の気持ちに寄り添いたい」

これが私の素朴な気持ちです。


当事務所では、近年、深刻化しているネット上での誹謗中傷に注力しており、被害者様のご希望に寄り添ったリーガルサービスを提供させて頂いております。誠心誠意対応させて頂きますので、二人三脚で問題解決に取り組みましょう!

あなただけはありません!
SNS時代に誰もが悩む誹謗中傷被害

こんなお悩みありませんか?

事実無根の投稿を掲示板に書き込まれた
悪質なブログ記事が拡散されている
デマが拡散し顧客を失ってしまった
詐欺師であるというデマを拡散された
悪質な投稿を繰り返す人物を特定したい
口コミサイトに嘘を書かれてしまった
嫌がらせに対する慰謝料を請求したい
詐欺師であるというデマを拡散された

その風評被害
一緒に解決しませんか?

法人に対する誹謗中傷や風評被害・デマの拡散は、業績や従業員のモチベーション、採用活動などに被害を与える深刻な問題です。

例えば…

・事実無根の悪評をブログに掲載された
・口コミサイトに嘘をかかれてしまった
・ネット上の度重なる嫌がらせに悩んでいる
・インスタの悪質なコメントを対策したい
・風評被害が原因で従業員が対象した

解決策①

記事や投稿を削除したい!

風評被害に対する一つ目解決法は、
記事や投稿の削除が該当します。

法人や事業主の方が最優先で行わなければいけないアクションは被害の拡散防止です。
悪質なブログ記事やSNSを発見した場合、一刻も早く削除を試みましょう。
被害が拡散した後では、取り返しがつかないかもしれません。

取引先や会社内、採用への影響が出る前に記事や投稿を削除しましょう。

また、本人と弁護士以外が削除請求を行うことは法律で禁じられています。
削除請求は弁護士までお任せ下さい!

解決策②

書き込んだ犯人を特定したい!

・記事や投稿を削除しても、書き込みが収まらない。
・書き込みが原因で、取り返しのつかない被害を被ってしまった。

そのような場合は、犯人を特定するための発信者情報開示請求を検討しましょう。

書き込みを行なった犯人が、以前会社に勤めていた方や、現在勤務されている方である可能性も否定できません。

また、発信者情報開示請求は、スピードが命であり、1日の遅れがその後の流れを大きく左右します。

投稿を見つけ次第、すぐに当事務所までご連絡下さい!

解決策③

損害賠償請求がしたい!

発信者情報開示請求によって、犯人が特定できた場合、示談や訴訟による損害賠償請求が可能です。

法人の場合、書き込みのせいで事業の売上などが下がった場合には、その分も請求することができます。

加害者とのやりとりは、弁護士がすべてのやりとりを行いますので、依頼者の方は安心してお任せ下さい!

オプション

被害を未然に防止しましょう!

当事務所では、事件収束後に、企業様が、今後風評被害に遭わないような体制作りをサポートしております。

お客様に寄り添ったアフターフォローを提供致しますので、安心してお任せ下さい!

解決策①

記事や投稿を削除したい!

風評被害に対する一つ目解決法は、
記事や投稿の削除が該当します。

法人や事業主の方が最優先で行わなければいけないアクションは被害の拡散防止です。
悪質なブログ記事やSNSを発見した場合、一刻も早く削除を試みましょう。
被害が拡散した後では、取り返しがつかないかもしれません。

取引先や会社内、採用への影響が出る前に記事や投稿を削除しましょう。

また、本人と弁護士以外が削除請求を行うことは法律で禁じられています。
削除請求は弁護士までお任せ下さい!

ご相談はこちらから
【初回限定】無料相談を受け付けます!
※初回相談の内容は事実確認及び対策に関わるお見積もりのご提案までとさせて頂いております。
具体的な施策や法的見解を要するご相談は含まれておりません。

お客様の声

悪質なブログを立ち上げられてしまって...

インフルエンサーとして活動しているのですが、匿名の加害者に事実無根の噂を書き込まれてしまって、いくつかの取引先から契約を解除されてしまいました。
事態の根本的解決を図るため、犯人を特定し、訴訟を検討。

鈴木先生に相談した結果、迅速に対応して頂き、無事加害者を特定することができました。
加害者を特定する手続きから相手方との訴訟までワンストップで対応して頂いたので大変感謝しています。
T・A

ネット掲示板で個人情報を晒されてしまって...

都内で会社経営をしているのですが、ネット掲示板に匿名の人物から住所や電話番号などの個人情報を晒され、さらに事実無根の書き込みをされてしまいました。

このまま放置しておくと、家族にも悪影響が出てしまうのではないかと考え、投稿の削除を依頼。

鈴木先生に相談した結果、迅速に書き込みを削除して頂いたので、実害が発生する前に問題を解決することができました。
S・H

ネット掲示板で個人情報を晒されてしまって...

都内で会社経営をしているのですが、ネット掲示板に匿名の人物から住所や電話番号などの個人情報を晒され、さらに事実無根の書き込みをされてしまいました。

このまま放置しておくと、家族にも悪影響が出てしまうのではないかと考え、投稿の削除を依頼。

鈴木先生に相談した結果、迅速に書き込みを削除して頂いたので、実害が発生する前に問題を解決することができました。
S・H

料金目安
(料金は税込で表示させて頂いております)

内容 料金
削除請求
約11〜33万円
発信者情報
開示請求
約33~66万円
損害賠償請求

約16.5万円〜
(報酬応相談)

刑事告訴

 約22〜33万円
(報酬応相談)

よくある質問

Q料金を教えてください
A基本的な料金は上記の料金表をご覧ください。必ずしも料金表通りになるわけではありませんので、詳しくは個別にご相談いただけますと幸いです。ベストなプランとお見積りを致します。 また、予算に限りがある場合には、その範囲内で出来るサービスや支払い方法をご提案いたします。
Q個人でも引き受けてもらえますか?
Aもちろんです。ネットトラブルに関しては個人の方からのご相談が多く寄せられます。
Q私の婚約者がネットで悪口を書かれているので対策をお願いできますか?
Aはい、いくつかのプランがご提案できます。
Q成果が出るまでの期間はどのくらいですか?
A事件の内容にもよりますが、示談(裁判外交渉)だと短時間で、裁判となる長期化するケースが多いです。 もちろん、ご相談の段階である程度の見通しを立てた上でお伝えいたします。
Q営業妨害的な書き込みは警察に訴えた方が良いですか?
A実害がある場合には警察に相談した方がいいでしょう。ただし、書き込み者がわからないと対処してもらえないことが多いのも事実です。書き込み者を特定する必要がある場合にはご相談くださいませ。
Q個人でも引き受けてもらえますか?
Aもちろんです。ネットトラブルに関しては個人の方からのご相談が多く寄せられます。

会社概要

会社名 弁護士法人アシスト法律事務所
代表者 鈴木 幸善(東京弁護士会)
住所 東京都 中央区日本橋本町4-1-12 日本橋秋山ビル8階
TEL 0120-111-827
Email info@assist-lpc.jp
HP https://www.assist-lpc.jp/
住所 東京都 中央区日本橋本町4-1-12 日本橋秋山ビル8階

初回相談無料!ご相談のお申込み

ご相談のお申込みは下記のフォームからお願いいたします。
※ご入力いただいた個人情報は、お問い合わせに対応する目的の範囲内でのみ利用させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
この内容で送信する