2019年度版ASO対策

アプリマーケティングに欠かせないASO対策。ここでは2019年度版としてASO対策の最前線をご紹介します。

ASO対策の種類
内部対策
いわゆるダウンロードページを最適化させ、検索キーワード対策やCVRを高める施策を指します。
キーワード検索対策
キーワード検索を使われるケースが増えています。そのキーワード検索で上位に表示されるよう対策を行います。
レビュー対策
評価の高いレビューをたくさん投稿してもらうことでユーザーのダウンロードを後押しします。
スクリーンショット対策
スクリーンショットはダウンロード率に大きく影響します。目にとまるスクリーンショットでユーザーのダウンロードを促進します。
スクリーンショット対策
スクリーンショットはダウンロード率に大きく影響します。目にとまるスクリーンショットでユーザーのダウンロードを促進します。
ホームページ作成が誰でも早くカンタンに!
アプリのCPIはアプリがありふれた今高騰しています。結局何も対策していないと大量のアプリに埋もれてしまうからです。
昔はリリースして放っておいてもある程度ダウンロード数を稼ぐことができましたが、今はそれも難しく、ASO対策を戦略的に行っていかないと他のアプリに勝ち抜くのは難しいと言えます。

上記でご紹介した4つのASO対策は今や必須とも言える対策です。どれかがかけてもダメで、全てバランス良く対策していく必要があります。

アプリを一つ作るにも莫大なコストがかかるようになってきて、リリースして売れませんでしたでは済まされません。きちんと計画的にアプリマーケティングを行っていく必要があり、その中でもASO対策は最善かつ低コストで実施できる対策と言えます。