なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

子どもは遊ぶ!
大人だって遊ぶ!!
にのみや町をあそびの庭に!!!


2020年秋、二宮町にあそびの庭が発足
様々な地域活動に携わっていたメンバーが、これまでの活動の糧とともに、
これから先、どんな社会にしたいのか、どんな未来を見たいのか、
話し合った中で出てきたことは、「遊び」でした。
あそび心が溢れるような、遊びで豊かな世界が欲しいのだと、
その想いに至りました。
子どもにとって遊ぶことは生きることそのもの。
では、大人にとっては?
大人だってもっと遊んでいいのではないでしょうか。

「あそびの庭」が一番しあわせにしたいのは子どもたち。
ただ、大人がしあわせじゃないと子どもはその影響をどうしても受けてしまう存在。
だから私たちは大人も子どももしあわせにしたい。

しあわせな暮らしを
生きてるだけでしあわせだなぁと思える世界を
自然×暮らし×人とのつながり×あそび心で

そんな世界を一緒に創っていきませんか。


誰でもどうぞの居場所事業「はらっぱベース」4月本格オープン!

「学校に行かない子、行きづらい子が、そうでなくても、ちょっと今日はガッコ―休みたいなぁって時に、気楽に足を運べる場所がないよね」
コトの発端はそんなちいさな想いからでした。不登校支援で教育委員会が設置している「教育支援室やまびこ」もあるけれど、通うにはそれなりのハードルがあるし、なかなかそこにたどり着けずに親子で行き場所を探していたり、やる気をなくしたり、人に会うのが面倒になったり、疲れ切ってついつい家に籠ってしまっていたり、、、、、家に籠ってしまう背景には、「昼間っから学校も行かないで何してるんだ!?」というような、地域の無理解な目線も要因としてあげられるのではないでしょうか。学校へ行けない自分を責めてしまう子どもと、学校へ行かない我が子を責めてしまう親、、、、傷つき、人に会うのが怖くなり、隠れるように家の中に籠ってしまう、、、、

もし、町内に「あたたかなまなざし」を持つ大人がゆったり見守りの存在でいて、気軽に気楽に、子どもだけでもふらっと立ち寄れる場所があって、短時間でも誰かとおしゃべりしたり、好きなマンガを読んで過ごしたり、空を見上げてぼーっとしたりすることができたら、、、、、保護者にとっても、ほっと一息つけたり、誰かに話を聴いてもらえて肩の荷が軽くなるような気分になる場所があったら、、、、、。

ないなら自分たちで創ろう!
昨年秋頃から、あそびの庭スタッフと当事者の保護者たちとどんな場所にしようかとあれこれ話し合いを進めてきました。
「学校に行っていない子が行く場所だよ」と聞くと、うちの子は絶対行かないだろうなぁ、、、、という親子の声を聴きながら、まずは「誰でもどうぞ」で場を開こうということになりました。

’’はらっぱベースとは、
子どもを真ん中にみんなが集える居場所づくりの活動です。

学校へ行っている子も行っていない子も未就学の親子も高校生も若者も地域の方も「誰でもどうぞ」’’

こう謳いながら、昨年12月~今年の3月いっぱいまでは火曜日水曜日の10時~16時のプレオープン。
4月からは月水金の週3回からまずは本格オープンします。(10時オープン)
お昼には持ちより野菜や寄付いただいたお味噌を使って、みんなでお味噌汁をつくります。
食べるのに、お金はかかりません。
食器は自分のを持ってきてくれるとありがたいです。(レンタルもあります)

運営資金は「公益財団法人 かながわ生き活き市民基金」の助成を受けて、東京大学果樹園跡地内みらいはらっぱの中に設置された海上コンテナを改造し、屋根付きのちいさな多目的スペースを平日お借りする、賃借料に充てさせていただきます。
また、日々の食材費やスタッフの活動費は「あそびの庭活動サポーター、その名も‘'あそび人’’」の皆さまからの支援で運営しています。
はらっぱベースにも「ぱらる」と名づけた貯金箱を置いています。

この場所で充実した時間を過ごせたら、子どもが楽しんでくれたら、お味噌汁が美味しかったら気軽にチャリンと入れてくださる募金も大切な活動資金となっております。

まだまだ始めたばかりの取り組みです、失敗することもあるだろうし、悩みも尽きません。
それでも、この場所があることで誰かの心に光を届けることができるなら、そして、関わる自分たちが、たくさんの子どもたちから泣けてくるようなしあわせな気持ちをいただけているので、ゆっくりのペースですが続けていきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。




new!!!

活動報告



第1期「活動報告書」

一般社団法人あそびの庭  asobinoniwa2020@gmail.com

私たちあそびの庭は「あそび心が広がる豊かな体験の場」を創り出すことで、子どもも大人も自分らしく心豊かに生きられる町(社会)づくりをしていく団体です。
この活動を続けていくために、「あそび人」という名のサポーターを募集しています。あそび心の種をまき、町中にあそびの庭が広がる活動を支援していただけないでしょうか。
皆様からの支援を活動資金として遊び豊かな町を創っていきます!

あそび人とは
年間、1口1,000円~の支援であそびの庭の活動を支援してくださる、あそびの庭サポーターの愛称です。あそび人にはいち早くイベントのお知らせ、あそびの庭新聞のお届け、「まちかど家」でのお買い物5%割引あります。

また、あそび人企業(事業者)も募集しています。
年間、1口10,000円~の支援であそびの庭の活動を支えてください。
あそび人企業はHPにて企業紹介。あそびの庭主催イベントでは企業のパンフレットなどの設置、SNSなどでリンクを貼っての紹介などさせていただきます。
ともに遊び豊かで寛容な町づくりをしていきましょう!

今までの取り組み

これからの事業計画


あそびの庭キャンプ!

"地元でキャンプ"をキーワードに自分の暮らすこの町で日常的にキャンプする。キャンプを通じて「五感を使う」「遊ぶように暮らす」「地元の資源を活用」。あそびの庭ならではのキャンプスタイルを提案します。
キャンプでは近くの里山整備で出てきた薪や炭の販売もしています。ガソリン使って遠くへ行かずとも、地元で楽しくキャンプすることで、近隣の山も再生されていく。環境を楽しく解決することを視野に入れています。

2022年5・6月開催決定!
詳細は
↓↓↓↓↓↓

にのみや暮らし市「あそびの庭」

関わる人たちみなアーティスト!と呼びかけて、消費が中心ではなく、作り手と買い手の関係だけでもない、主催者、作り手、販売者、来場者、買い手がぐるぐる融合しているような場づくりを目指します。みんながそれぞれ自由に過ごしながらも、ひとつの音楽を奏でているような、そんな暮らし市。

また、屋外で飲んだり食べたり、お買い物をするとどうしてもたくさんの袋や使い捨て容器がゴミとなってしまいます。暮らし市ではなるべくゴミが出ないようなゼロウェイストマルシェを創っていきたいと思っています。

第4回開催は2022・12月頃の予定

はらっぱベース 始まります!

はらっぱベースとは、
子どもを真ん中にみんなが集うコミュニティの場です。

学校へ行っている子も行っていない子も未就学の親子も高校生も若者も地域の方も「誰でもどうぞ」

ごろーんとゆっくり、本を読んだりボードゲームをしたり、マンガもあるよ!畑でお花や野菜を育ててみたり、やってみたいことをやってみよう!

5月以降
毎週:月・水・金
(祝日にあたるひはお休みです)

10時~17時まで

東京大学果樹園跡地内みらいはらっぱ内コンテナにて
大人の遠足
大人だって思いっきり遊ぶのがあそびの庭スタイル。大人の行ってみたい!歩いてみたい!で企画開催する大人のお楽しみ遠足です。

父ちゃんたちの課外授業!

あそび心あふれるユニークな父ちゃんたちの課外授業。
あそびは学び、学びはあそびを体感してほしい!
教室は山、海、川、畑、縁側、庭など町中の様々なフィールドを使います。

・2021/4/2小学生対象の算数課外授業無事に終了しました!
・2021/6/12子どもから大人対象の麦茶づくり無事に終了しました!
・夏休みの「光のおはなし」「車の解体やってみたい!」無事に終了しました!


学校との連携
空き教室をあそび場にして、雨の日も楽しく過ごせる場をつくったり、遊びと学びのつながりを先生方と共有しあったり、学校、地域、保護者のつながりで学校をもっと面白く!

※2021年3月町内小学校6年生の修学旅行に代わる半日イベント行事に参画させていただきました!
東京大学果樹園跡地活用協議会との連携
キャンプや暮らし市で使わせていただいている東京大学果樹園跡地。一昨年末に活用協議会へ団体会員として入会をしました。今後も協議会活動に積極的に協力、参加し、現地の整備を進めていきたいと思っています。
(写真をクリックすると協議会HPへ)

地域団体との連携
二宮町には、豊かな活動をしている地域団体がたくさんあります。あそびの庭が共感する想いを持った地域団体とは世代も、活動フィールドの垣根も越えて様々連携していき、ともに課題解決に取り組みます。今年は実行委員会を立ち上げて「はらっぱマルシェ」もスタートしました。
あそびの庭新聞の発行
あそびの庭スタッフがそれぞれに、大切にしている価値観や遊びについての考え方などを、活動報告とともに新聞として発行しています。発行頻度は春夏秋冬の季節ごとの年4回です。
(最新号はロゴをクリック♪)

・2021年春号(創刊号)はコチラから
・2021年夏号はコチラから
・2021年秋号はコチラから 
2022年立春号はコチラから NEW!!
はらっぱベース 始まります!

はらっぱベースとは、
子どもを真ん中にみんなが集うコミュニティの場です。

学校へ行っている子も行っていない子も未就学の親子も高校生も若者も地域の方も「誰でもどうぞ」

ごろーんとゆっくり、本を読んだりボードゲームをしたり、マンガもあるよ!畑でお花や野菜を育ててみたり、やってみたいことをやってみよう!

5月以降
毎週:月・水・金
(祝日にあたるひはお休みです)

10時~17時まで

東京大学果樹園跡地内みらいはらっぱ内コンテナにて
開催概要
日時
第一日程:令和 4 年 5 月 28 日(土)~5 月 29 日(日) 
第二日程:令和 4 年 6 月 11(土)~6 月 12 日(土)
(※雨天・荒天中止)
場所
東京大学果樹園跡地(神奈川県中郡二宮町中里518)
企画内容(調整中)
・5/28 : ちいさなちいさなアコースティックライブ
・6/11 : 初夏の星を見る会
・地元産の薪や炭の販売をしております。
※ 内容は、変更となることがあります。
募集概要
宿泊 1 サイト(5 人まで)・・・5,000 円 ※13 サイト限定
日帰り 1 サイト(5 人まで)・・・3,000 円 ※5 サイト程度
※日帰りサイトは、宿泊サイトよりも地面がぬかるみやすいため、天候の状況により日帰りサイトのみ
中止とさせて頂く可能性があります。
募集期間
・ 申し込み受付開始:令和 4 年 5 月 3 日10時から(定員になり次第、受付終了)
申し込み方法
・ 必要事項をご確認の上、一番下の申し込み専用ページからお申込みください
・ 必要事項
参加人数、参加者氏名(フリガナ付)、住所、生年月日(参加者全員分)
参加区分:宿泊 or 日帰り
保険加入について(加入希望の場合)
代表者連絡先

タイムスケジュール概要
利用時間 宿泊利用 :12 時〜翌 11 時
日帰り利用:12 時〜21 時まで

12:00〜13:00 サイト利用者受付
20:00~ ちいさなちいさなライブ、春の星を見る会
21:00まで 日帰り参加者 解散
22:00 就寝
翌11:00 撤収、解散

キャンプ 留意事項
設備について
・ 現地は、利用環境が整っていません。現地にある水周り設備は、南門外側トイレ(上水道完備)、仮設ト
イレ(3 台)と外水道(4 箇所)です。
・ 現地にはゴミ箱がないため、各自で出したゴミについては各自でお持ち帰りください。
・ 外水道の数が限られています。食事で使用した食器類は極力洗わずにお持ち帰りください。
・ 東大果樹園跡地はイノシシ被害が出ており、食べ物の臭いにつられてイノシシが出没する危険がありま
す。特に夜間は1人で離れた場所(奥の方など)に行かないようにしてください。 
道具について
・ テント、寝袋、焚火台、テーブル、椅子等の主催者側での用意はございません。道具はご持参ください。
・ 夜間は明かりがないため、非常に暗くなります。主催者側でも共用部分の最低限の安全確保の灯は用
意しますが、各サイトに必要なランタンなどはご持参ください。
・ 各サイトで焚き火する場合は、焚き火台の上でお願いします。(直火は厳禁です)
・ 夜間は冷え込むと思われます。各自の責任で、防寒対策をお願いします。
食事について
・ 食材の用意はありません。必要な食材(朝食、夕食)は、ご持参ください。
・ アルコールは嗜む程度なら構いませんが、周辺に迷惑にならないようにお願いします。
・ 引き続き、新型コロナウィルス感染症対策にご協力ください。
 日帰り 留意事項
・ キャンプ初心者だけど、暗くなるまで焚き火をして雰囲気を味わいたい!という方など。地元ですぐ家に
帰れるメリットを生かしてお気軽にご参加ください。
・ 怪我等の対応のため当日限りのイベント保険に加入させて頂きますので、お申し込みをお願いします。
・ 日帰りの方のサイト利用は、21時までとさせて頂きます。日が落ちてからの撤収作業は自己責任でお
願いします。
実施の判断について
・ 雨天・荒天の際は、中止とします。
・ 開催前日のAM11:00時点の天気予報で実施を判断し、中止とする場合は前日の15:00 までに代表者
の方にメールでお知らせします。
・ 前日まで悪天候が続くと地盤が悪くなるため、当日が晴れ予報でも中止の判断をする場合があります。
開催当日の集合について
・ 12:00〜13:00 が受付です。入場時に受付を済ませてください。
・ 受付の際に、サイト利用料をお支払いください。
・ 受付時間に遅れる方は事前にご連絡ください。
・ 参加申込の内容に変更がある場合は、必ず受付で伝えてください。
新型コロナウイルス感染拡大防止対策
・ 受付時にサイト利用者全員の方の検温を実施します。
・ こまめな手指消毒にご協力ください。受付等にアルコール消毒液を設置します。
・ サイトを離れる場合は原則、マスクの着用をお願いします。
・ (1サイトを複数家族で利用する場合は、サイト内のマスク着用もご協力ください)
・ 会場となる敷地は二宮町の公共用地であるため、以下のお知らせにあるようにライン登録にご協力くだ
さい。

スタッフ紹介

いくつになっても「あそび心」がとっても大事!自分の暮らすこの町が子どもも大人も自分らしく遊べる寛容な町であってほしいと思い、「やってみたいをやってみよう」の精神で、遊びを事業に、真剣に遊びながら働こうと思っています!!
あそびの庭代表 渡辺優子
23年の時を経て、渋々Uターンした(笑)二宮町。あそびの庭の活動で遊ぶようになってから、あれ!?二宮暮らし、楽しい!眉間にシワな生活からふわっと開放。あそび心大事だなと一番感化されている私です。
事務局長 西山 庭子
西湘は暮らしの場としておすすめです。
より心地よい人のつながり、居場所ある暮らしを目指し、にのみやを軸に西湘を盛り上げます。
「あそび心」を忘れない場づくり、まちづくり、仕組みづくりを提案していきます!
広報 二宮 尚広
自然豊かな場所を求めて、ここ二宮町に。暮らしの中に、自然があり、日々四季を感じながらの二宮ライフ。この環境、仲間、子どもを信じる大人たち、そして遊びを通して、子どもも大人ももっと自由に、笑顔に、豊かに!
スタッフ 杉本 かお里
腹の底から笑う、好きなことに没頭する、木々の中や川・海に癒される、、、そんなちょっとしたあそびが気持ちのリセットタイムに。
子どもたちの生活の大半を占める学校にも、PTAを通してあそびを繋げていきたいと思っています。
大人もあそぼ!子どももあそぼ!
スタッフ 小野寺 裕美
自然豊かな場所を求めて、ここ二宮町に。暮らしの中に、自然があり、日々四季を感じながらの二宮ライフ。この環境、仲間、子どもを信じる大人たち、そして遊びを通して、子どもも大人ももっと自由に、笑顔に、豊かに!
スタッフ 杉本 かお里

協賛企業様のご紹介♪

東曜印房さま
協賛企業第一号として、法人設立のための代表印と角印を作成していただきました。
ひとつひとつ、手彫りでつくる繊細で美しいハンコを手にし、とても誇らしい気持ちと、ちいさな一歩だけれど、着実に地域の中で地域の皆さまと進んでいくのだなぁと感じております。二宮と平塚、同じ西湘エリアとしてまちづくりや地域活性化に向けて情報共有しながら、ともに未来を創っていきたいです。
ありがとうございます!
写真をクリックするとHPへ♪


西湘動物病院さま

二宮町山西地区、国道一号線沿いに2017年に開業された動物病院。

「動物のために良質の獣医療を提供すること」と、動物病院の本質をぶれずに体現している病院。様々な現場での豊富な経験を活かし、日々たくさんの動物たちに向き合っている日々。

あそびの庭スタッフと同世代の、子育て世代から共感いただけるのは、とても嬉しいです。ありがとうございます!

ロゴをクリックすると、HPへ♪


「D.I.T」(DoIt Together)をコンセプトに、
お店、オフィス、公共空間などをともにつくる空間づくりのワークショップを企画開催している
KUMIKI PROJECTさま。

あそびの庭設立前から、想いをカタチにするための、様々な相談をさせていただき、仲間を繋いでいただき、もう産みの親と言っても過言ではないくらいお世話になっております。ともにつくることで、人と場の可能性をひろげ、よりよい未来をつくる力になる。手段は違えど、優しさと共感、誠実な取り組みで今日よりも少しいい社会へ繋げていきたいと願う、同士のような企業様です。拠点は同じく二宮町、今後も刺激をいただきながら、背中を追いかけながら、ともによりよい社会をつくっていきたいです。ロゴをクリックするとHPへ♪

シンコーイノビジオン株式会社さま
あそびの庭が始めたばかりの居場所事業、「はらっぱベース」はシンコーイノビジオン(株)様が二宮町より借り受けている「みらいはらっぱ」の中にあります。ちいさくコトを起こしながら豊かな社会づくりを目指し、連携して活動をしています。

みらいはらっぱについてはこちら
(画像をクリックするとHPへ)

COMBIO WORKSはこちら
(写真をクリックするとHPへ)

COMBIO WORKSはこちら
(写真をクリックするとHPへ)

まちかど家さま

二宮町内で、ちょっと足を向けておしゃべりしたり、ほっこりしたり、そんな場を不定期につくってくれている移動販売スタイルのお店です。あそび人になってくださった方にはここでのお買い物が5%引きになります♪
ロゴをクリックするとHPへ♪
‘いつものまちかどにひょっこり現れる、テーブルと椅子だけの雑貨店。

手しごと雑貨、自然派コスメ、フェアトレード食品、減農薬の地元野菜や果物を販売しています。

心と体があたたまる、モノと空間をご用意したいなと思っています。’