子どもは遊ぶ!
大人だって遊ぶ!!
にのみや町をあそびの庭に!!!


2020年秋、二宮町にあそびの庭が発足
様々な地域活動に携わっていたメンバーが、これまでの活動の糧とともに、
これから先、どんな社会にしたいのか、どんな未来を見たいのか、
話し合った中で出てきたことは、「遊び」でした。
あそび心が溢れるような、遊びで豊かな世界が欲しいのだと、
その想いに至りました。
子どもにとって遊ぶことは生きることそのもの。
では、大人にとっては?
大人だってもっと遊んでいいのではないでしょうか。

「あそびの庭」が一番しあわせにしたいのは子どもたち。
ただ、大人がしあわせじゃないと子どもはその影響をどうしても受けてしまう存在。
だから私たちは大人も子どももしあわせにしたい。

しあわせな暮らしを
生きてるだけでしあわせだなぁと思える世界を
自然×暮らし×人とのつながり×あそび心で

そんな世界を一緒に創っていきませんか。


あそびの庭(法人設立準備中)  asobinoniwa2020@gmail.com

私たちあそびの庭は「あそび心が広がる豊かな体験の場」を創り出すことで、子どもも大人も自分らしく心豊かに生きられる町(社会)づくりをしていく団体です。
この活動を続けていくために、「あそび人」という名のサポーターを募集しています。あそび心の種をまき、町中にあそびの庭が広がる活動を支援していただけないでしょうか。
皆様からの支援を活動資金として遊び豊かな町を創っていきます!
あそび人とは
年間、一口1,000円~の支援であそびの庭の活動を支援してくださる、あそびの庭サポーターの愛称です。あそび人にはいち早くイベントのお知らせ、あそびの庭新聞のお届け、二年目以降はイベント優待予約などの特典もあります。

また、活動を支援してくださる協賛企業も募集します。協賛金は一口10,000円~また、金銭的な支援だけでない取り組みも創っていけたらと思います。ご相談ください。協賛企業の紹介はHP、SNS、チラシなどに加え、イベント時の掲示や広報協力など様々に対応していきます。


今までの取り組み

これからの事業計画


あそびの庭キャンプ!

"地元でキャンプ"をキーワードに自分の暮らすこの町で日常的にキャンプする。キャンプを通じて「五感を使う」「遊ぶように暮らす」「地元の資源を活用」。あそびの庭ならではのキャンプスタイルを提案します。
キャンプでは近くの里山整備で出てきた薪や炭の販売もしています。ガソリン使って遠くへ行かずとも、地元で楽しくキャンプすることで、近隣の山も再生されていく。環境を楽しく解決することを視野に入れています。

にのみや暮らし市「あそびの庭」

関わる人たちみなアーティスト!と呼びかけて、消費が中心ではなく、作り手と買い手の関係だけでもない、主催者、作り手、販売者、来場者、買い手がぐるぐる融合しているような場づくりを目指します。みんながそれぞれ自由に過ごしながらも、ひとつの音楽を奏でているような、そんな暮らし市。

また、屋外で飲んだり食べたり、お買い物をするとどうしてもたくさんの袋や使い捨て容器がゴミとなってしまいます。暮らし市ではなるべくゴミが出ないようなゼロウェイストマルシェを創っていきたいと思っています。

父ちゃんたちの課外授業!
あそび心あふれるユニークな父ちゃんたちの課外授業。あそびは学び、学びはあそびを体感してほしい!教室は山、海、川、畑、縁側、庭など町中の様々なフィールドを使います。
大人の遠足
大人だって思いっきり遊ぶのがあそびの庭スタイル。大人の行ってみたい!歩いてみたい!で企画開催する大人のお楽しみ遠足です。

出張プレーパーク
プレーカーに遊び道具を積み込んで
いつもの公園、校庭、空き地に出張します!
(プレーカーの準備、プレーリーダーの人材確保、遊び道具の用意など実現に向けては時間がかかりそうです。。。)


あそび場MAP
子どもができたらどこへ遊びに行きますか?
公園?子育てサロン?
いやいや、子どもとともに大人も楽しめる場ってけっこうあるんです。そんなゆったり過ごせるスポットをMAPで紹介♪


学校との連携
空き教室をあそび場にして、雨の日も楽しく過ごせる場をつくったり、遊びと学びのつながりを先生方と共有しあったり、学校、地域、保護者のつながりで学校をもっと面白く!
東京大学果樹園跡地活用協議会との連携
キャンプや暮らし市で使わせていただいている東京大学果樹園跡地。昨年末に活用協議会へ団体会員として入会をしました。今後も協議会活動に積極的に協力、参加し、現地の整備を進めていきたいと思っています。
(写真をクリックすると協議会HPへ)

父ちゃんたちの課外授業!
あそび心あふれるユニークな父ちゃんたちの課外授業。あそびは学び、学びはあそびを体感してほしい!教室は山、海、川、畑、縁側、庭など町中の様々なフィールドを使います。

スタッフ紹介

いくつになっても「あそび心」がとっても大事!自分の暮らすこの町が子どもも大人も自分らしく遊べる寛容な町であってほしいと思い、「やってみたいをやってみよう」の精神で、遊びを事業に、真剣に遊びながら働こうと思っています!!
あそびの庭代表 渡辺優子
23年の時を経て、渋々Uターンした(笑)二宮町。あそびの庭の活動で遊ぶようになってから、あれ!?二宮暮らし、楽しい!眉間にシワな生活からふわっと開放。あそび心大事だなと一番感化されている私です。
事務局長 西山 庭子
西湘は暮らしの場としておすすめです。
より心地よい人のつながり、居場所ある暮らしを目指し、にのみやを軸に西湘を盛り上げます。
「あそび心」を忘れない場づくり、まちづくり、仕組みづくりを提案していきます!
広報 二宮 尚広
自然豊かな場所を求めて、ここ二宮町に。暮らしの中に、自然があり、日々四季を感じながらの二宮ライフ。この環境、仲間、子どもを信じる大人たち、そして遊びを通して、子どもも大人ももっと自由に、笑顔に、豊かに!
スタッフ 杉本 かお里
腹の底から笑う、好きなことに没頭する、木々の中や川・海に癒される、、、そんなちょっとしたあそびが気持ちのリセットタイムに。
子どもたちの生活の大半を占める学校にも、PTAを通してあそびを繋げていきたいと思っています。
大人もあそぼ!子どももあそぼ!
スタッフ 小野寺 裕美
自然豊かな場所を求めて、ここ二宮町に。暮らしの中に、自然があり、日々四季を感じながらの二宮ライフ。この環境、仲間、子どもを信じる大人たち、そして遊びを通して、子どもも大人ももっと自由に、笑顔に、豊かに!
スタッフ 杉本 かお里

協賛企業

東曜印房

あそびの庭・最新情報

にのみやBOOK CAMP  2021/2/11~12開催!


※新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言発令により、キャンプの開催を見送ることになりました。状況を見極めながら、可能であれば、2/11の日中のみ、「本の市」「焚き火」「冒険あそび場」などを組み合わせて開催したいと思っております。
今後の詳細はあそびの庭Facebookにてお知らせいたします。

あそびの庭キャンプ第二弾はにのみやBOOK CAMP!
キャンプお申し込みは1/10(日)10時~受付スタート!