あなたがあなたでこれからの時代を生き抜くための方法

~会社員であろうが個業だろうが自分の名前だけの名刺で食べていけるようになる為に~

Profile

講師 相澤英介

1979年生まれ 現在 肩書きや役職等にとらわれずにいかにして 精神的・経済的自由を手にするか? をテーマに コンサルタントとして活動する。  

元々 飲食業界での経験が長く一つ星レストランにも勤務し マネージメントからシェフ 店も一件まるごと内装から作り上げメディアにも 取り上げられるものの 本当のサービスや人としての本来のあり方 「働く」 事に対しての志を考え 個人としての生き方を追求。

20代に精神的な病になり およそ16年に渡り自己と向き合った経験から 独学で心理カウンセラー免許を取得し クチコミのみでクライエントの悩みを解決。品川区・大田区で不登校の学生達にコミュニケーションをとり サポート校含め当時の中学3年生は全員高校に入学。

精神的なサポートはもちろんのこと インターネットをツールとして活用することで金銭的不安を解消し クライアントの本当の夢や理想を現実的に叶える事が自らの夢や理想でもあることに気付き自身のコンサルティングは[お互い夢を叶える為の共同作業]と位置づける。現在二児の父。






はじめのいっぽ

先ず ご縁ありこのページにたどり着きご覧頂いたあなたに有難うございます。
と伝えたいです。

何故ならば 私が今の私で考えうる人間に与えられた 
数少ない平等の中の1つに「時間」があると思っているからです。

なので自宅でパソコンから私のサイトを見ていただいたり 
通勤中の電車でスマホでご覧頂いている大切なあなたの時間

に対して少しでもこのサイトが何か希望になったり
勇気になったりしたらとても嬉しいです。


ですがもしかしたらこれから私がお話する内容は    

あなたにとっては[当たり前]と感じるかもしれませんし 
もしかしたら本当なのか?と思うかもしれません。

途中でややこしいわ。もういいわ。と思われるかもしれません。

そしてそれはなぜか?


今のこの世の中がそうだから。だと私は感じています。

今私が日本に生きて思う4つのこと

  • 世の中の進化の速度
  • 両極の価値観の共有の必要性
  • 飽和状態の中今求められる個性とは何か?
  • 今身につけるべき最優先スキルは自己完結能力

世の中の進化の速度

十年一昔?

現在10年前は2006年この年にどんな事が世を賑わせたか? 
ホリエモンがライブドアの事件で捕まった年です。

三菱銀行とUFJ銀行が合併したのもこの年。サッカーの中田英寿が現役を引退。この時の日本代表監督はオシム。


ソフトバンクがボーダフォンを買収したのがこの年。マンションの耐震偽装疑惑もこの年で野球選手の新庄選手の引退。ハンカチ王子もこの年。

正直私は時間の経過がよくわからなく感じました。
ハンカチ王子がもう10年前?とも思うのですが 

えっ?まだボーダフォンなの?iPhoneでてないの?と。
ちなみにこの年に初めてワンセグと任天堂のWiiが発売です


ちょうどここら辺から時代の進化が急速に加速し始めたのではないかと思います。

加速したことで起きた3世代間の常識のズレ

今 私が37となる年ですが 今ちょうど中間世代的立ち位置なのではないか?
と思います。どういった事かというと


私の親の世代や私が子供の頃は 例えば本や小説を読んでいて解らない漢字があれば 
真っ先に「辞書を引きなさい。」と
教わりました。

おそらくここには自分で物事を調べる能力やめんどくさくても行動によって知識を得る。
という教訓的側面
も含まれている事は間違いないと思います。

ですが、私もどこかの時点からやはり辞書を引かなくなりました。


おそらくこれをインターネット上でご覧いただいているあなたもそうですよね?
あえて答えを言う必要はないと思います。


もちろん私よりも若い方そして私の子供たちの世代。。。
お家に 和英 英和 国語辞典 今から買いますか?


もっと言うと必要ですか?

なので今の時代は 私の世代でもギリギリ親の世代で大半の人が
少なくともインターネットから
何かしらの情報を得る。

という方法だけでも少しでも慣れていかないと 

気付かぬ間に物凄い勢いで加速する時代に完全に


おいてけぼりをくらう可能性があるのとこれからの本当に二極化が進む日本 
ひいては世界で完全に自力で這い上がる。
のが昔より難しくなっていく一方なのです。

なぜならインターネットの登場により世代でくくった時の常識的観点がもう 


今現在を生きる3世代間ですら くっきり線引きされてしまい「当たり前」
の価値観がホントに共有することが
難しい。のではなくできなくなっていくからです。 

親の世代には辞書を引くのが当たり前だった。
メールより手紙を書け
機械で楽するな。と思う人もまだいる。 

僕らの子供の世代は辞書など実家にない。

ということは親心の辞書を引け。
の本当の行動的価値を理解も共有もできない。

しかし一方でまだ2.3歳でも本能的動作でタブレットなどでゲームをし


それが世界中の人と対戦をしたり YouTube で様々な音楽や動画を瞬時に見ることはできて それが当たり前。しかしどうでしょうか?








両極の価値観の共有の必要性

団塊?ゆとり?

私が以前不登校の小学生や中学生達ととある区の特別教室で
接していて気付いたことです。


私の世代の時に不登校になる学生の多くは 
大まかに分ければほぼ2パターンでした。


本当にイジメや身体的理由などで学校に行きたくても行けないパターン 
と 表現としては稚拙かもしれませんが 


いわゆる不良の生徒。つまりは学校に自ら行かない。パターン。

しかし私は自分が教員の真似事のような立ち位置にいた時に
なんとなく違和感を覚えたのです。。。


私から見てもなんというか 普通 の子達にも見えたのです。
とびっきり悪そうな子供たちや


ものすごくコミュニケーション能力の低い内気な子などほぼ皆無でした。

ですが生徒達同士の会話を聞いて 
あっ。これは昔より大分ややこしい話だな。
と正直思いました。。。


[ひきこもり]ではなく[ひきこもる]



私が担当していた不登校の子供たちはもちろん学校に行かないと
出席日数がないわけですから高校受験の資格すら得られなく
なってしまいます。

それは私が学生の頃は当たり前でした。ですが最近では一気に浸透した
モンスターペアレントと呼ばれる


子供達の本来であれば一番の理解者であるはずの親の影響で不登校
なっているケースもまちがいなくある。と私は現場で感じました。


そしてやはりそういった様々なケースの対応策としてか 
私の担当した教室は区営の図書館や学校の敷地内なのですが


そこにはなれのような小屋があり そこへ近隣の
小学校4年生から中学校3年生までの不登校児が集まるのです。


そしてそこでは午前中はもう引退した元教員達が区から委託されて授業をし 
午後は私のような人間が「勉強は教えない」というルール
の中 

その生徒達とレクリエーション等を通じてコミニケーションをとるのです。
そしてその子達はその特別学級に通うと


本来通っているはずの小・中学校の出席となるのです。

(そこでの面白いエピソードや勿論 泣ける話まで色々ありますが 
それはいつか直接お会いした時にお茶でもしながら
話しましょう笑)

想像するに容易だと思いますが いくら昔のヤンキーの様に見た目から
すぐにそれとわかる子供たちではない。とはいえ


学校に行かない選択肢をとっている子供達で 
しかも教える教員はもう引退した教師なので

それこそ孫とおじいちゃん位
の年齢差でしかも先に話した
世代間の常識観念が通じ合うわけもありません。

私からみてそこの2つの教室は ただお飾り
として存在していて 
ある意味 その子供達の方が優位の「無差別地帯」化していました。


生徒はスマホは勿論もっていますし ひとつの教室の教師はもう口に出して 
あの子と関わると母親が出てくるので
やめてください。となんにもしない。

時間だけ過ぎてお金もらえれば良いフリーター以下の勤務態度でした。


もう一つの方の教室の先生方はやる気はものすごくあるものの 
やはり言う事を全く聞かない子供達で教師を小馬鹿に
する生徒達ばかりでした。

そしてその母親に問題がある。と言われていた女生徒の日常会話は
確かにカウンセラーをしていた私が聞いても


子供の話す内容としては聞いていて気持ちの良い会話ではありませんでした。

そして その理由を考えた時にインターネットの存在があるのはあからさまでした。

今この時代では昔のように学校に行かない時間に例え一人でも暇や孤独だ。
という感覚すら感じて向き合うことなく


ひきこもり。ではなく自らひきこもろうとして ひきこもる事ができるのだ。

これはちゃんと生徒達とむきあった時に開けなければいけない心のドアが
昔の様にそっとノックするか蹴破るか?


の様に単純ではないな。家庭環境の事 学校での事 
今知らなくてもいい余計な情報やワードが思春期特融の多感な時期に


あまりにも偏った情報で構築してしまった不安定で変に依存的な関係と攻撃的な価値観は 

私の親世代にあたる
生徒達からしたら[ジジイババア共]には
問題解決どころか手におえないだろうな。と一瞬でわかりました。







飽和状態の中今求められる個性とは何か?

子供達の現実的救いは昭和STYLEだった。。。

私は当時から自分のスタイルは徹底的に貫いていました。
長髪に髭サングラスにバイク
タバコも吸います。

ですが不思議と見た目をとがめられる事は1度も無かったように思います。
友人にはリアルGTOだ。などとからかわれました。


本気で教師の方に怒った事もありました。

私はただの一介の借り物先生。本当は先生でもなんでもありません。

ですが私は生徒に腫れもの扱いなどせず、時に

大人をなめてかかる生徒達をもちろん気持ちをこめて
本気でしばきたおしたときもありました。

(言い方で語弊があるかもしれませんがきちんとそれだけの
 理由があり一切クレームなどきてません。)


僕の似顔絵を描いてくれた女の子は絵をかくのが上手いな!!
と褒めたらそこから


物凄く社交的になりその子も最終的に高校に行く。
と自分から言ってくれました。


この子の描いてくれた絵は僕の宝物として
今でも毎日手帳に入れて持ち歩いています。



~人として~

確かに文明の利器は人間にとって利便性と豊かさを間違いなくもたらしました。

しかしそれもまた人が作り出したモノであることに

違いなくどんな物質的豊かさより先ず人ありきなのです。

結局のところ面と向かってYESをいうもNOを言うも 
自分がきちんと判断しその時のベストを尽くし先にもし失敗しようとも


目の前の選択を自分自身が責任をもって決断し行動する。

それが人として生まれて最大限に人たる幸せ楽しみに繋がるのだ。と私は思うのです

ですがどうなのでしょうか? 

先に挙げた教師の例ではないですが なぜ本来 学生である子供達よりも 
経験的にも経済的にも精神的にも先に人間をやっている


大人が本来の人として物事を自由に意思決定し行動できないのでしょう?

確かに大人になれば 考えなければならない事は学生時代よりはるかに多いことでしょう。
家庭を持てばなおさらです。


私はこの見た目ですが有り難い事に二児の父になることができました。
そして長男は先天性染色体異常 世にいうダウン症です。


正直言えばここまで書く必要はないのではないか。。と今思っています。
ですがこれが私のウソ偽りない事実で 現実 そして
真実ですし 

だからこそ私は息子達によって色々なことに気付かされ考えられたのかもしれません。



私は私として生きたい。人として生きたい。



しかし 私が当たり前と考える価値観は今の世の中では理想として

皆の胸の中に絶対あるはずの普遍的価値観で
あるはずなのに 

私が社会で経験した事は


「きれいごとだ。」「言ってることはわかるけど。」

や口では同じような事を言うものの全く行動として示さない人たちが
多数でした。

そしてどんなに正しい事をしようが結果をだそうが わめこうが結局

今の社会的ピラミッド型の構造


にとらわれていてはいくら[人として]と説いたところで現実は
会社という組織の中にいては肩書や立ち位置そこに
個人のエゴやプライド 欲により 

本来の自尊心や自己責任による自由な意思決定などほぼ無い。
というよりもほぼ無いのが当たり前。

と無意識に思わされてしまう社会構造だ。と思います。


なので先の教師のとった発言や行動ももちろん理解できますし 
どうして本来はフラットな立ち位置で


人が手を取りただただ皆が豊かに潤うように
ただただシンプルに協力すればいいじゃないか?


なぜ 働く。という行為に対してそんなに愚痴ばかり出るのか?

本来であればどんな職種でもそれは少なからず自分以外の誰かの為になっていて 
その報酬の対価として


今の時代ならばお金を頂いて それで有り難く幸せに暮らせるはずなのに。。。

しかも皆目の前の仕事をその人達なりにがんばっているのに。。。

どうして。。。



今身につけるべき最優先スキルは自己完結能力

この世に絶対はないが挑戦とリスクヘッジ同時に行う事で意識と現実を変えろ

私は 老子の道(タオ)の思想が好きでした。
いわゆる陰陽説です。

ですが思想や成功哲学的なものも時代と共に
変化や進化しなければおかしいのです。

今の現代社会と戦国時代で成功哲学がおなじはずがないのです。

今は陰陽きちんと理解した上で更に俯瞰した視点から
もう一周陰陽を確かめる
慎重さと大胆さ。

基本を忠実にこなせる人間的道徳心とそこに技術やテクノロジーを

あくまでも人間的主観からツールとして利用するスキルと
甘い言葉に流されない
精神力と情報選択能力。

そして何より飽和した世界で世にないものを生み出す事
よりも
今あるものを組み合わせたり他者と協力し

どう新しく今の時代に価値あるものとして還元するか?

温故知新を知り

複雑であるようですが人として正しい事(陰
)を
今の技術を活かしてちゃんとやればいい(陰

実はものすごくシンプルで簡単でもあるのです。   

人は本来、成功体験から飛躍する。

ビジネスを学ぶには営業を学べ。できるビジネスパーソンは皆営業で成長した。

これはもう社会的基本認知です。ではこれが何故か?

今回の私のここでお話しできる最終章ですので少しお時間を頂く事になりますが


そもそも前段階で書いた人が自由意思決定できない理由は大きく2つです。

社会的構造からはみだす事への恐怖と置き換えてもよい。と思いますが 
金銭的部分右向け右理論。この2つです。



例えば大学を出て企業に勤め初任給から安定した年収UPを年々積み重ねていく。
という雇用スタイル自体 今の日本においてもう


ほとんど一握りになってきています。なぜか?

日本。という国自体の借金の額を知っていますか?


1044兆円。。。

わかりますか?日本が国としてそれだけの借金をしているのです。
(勿論それ以外の財源を国が国民に還元していない事も理由ですが)

一流企業であるはずのソニーは自社ビルを大崎に移転した2年後には売却。


長年ライバルだなんだと言われたりさわがれても
シャープとサムスンが業務提携するのか?


少し前では日産程の企業でも大量リストラ。

でも当たり前ですよね?箱である国が多額の借金をかかえ
企業再建のためのお金をアメリカの様に国がバックアップすらしない。


企業がお金がない。下請け業者も儲からない。
では結局その負担は下に行けばいくほど変化などおこるわけがない。


(しかも日本の銀行などもうほぼ外資系企業が乗っ取っているような状態)

つまりは企業に勤めてよいお給料をもらえる一握りの人以外 
一般的サラリーマンは給料を大きくあげられる見込みなど


チャンスがないですよね?だって会社。という箱がすでにカツカツです。
その上の企業ですらアップアップです。


そしてその大元である国が借金まみれです。
一般市民が消費につかえる程のお金が無いんです。

都内に住んで車が買えないんです。


駐車場代が家賃くらいするんです。


今の会社に不満がある。そう思っても辞めた後のことを考えれば
その会社の週一の休みを利用し他社の面接をし何件か連絡し


3件目でやっとひっかかり2時面接。少しは給料が上がった。
と思ってもお給料の振込は翌月。その間 蓄えを削って過ごせば


結局また今までと同じかマイナスからスタート

その間約2か月。また1からの人間関係の構築。
もしまた嫌な上司に囲まれたら。。。


そう考えたら 今のままこの会社にとどまるか。。
無意識のうちそう考えてしまうのも説明がつきます。


ではこんな先の未来に展望の見えない現実からどう抜け出すのか?



その答えが 自己完結能力を身につける
これだと思っています。




もう何年も前から2000年代は心の時代だ。魂の時代だ。
このように言われてきました。まさに今 ここが大きな


分かれ目になっている。と私は思います。
つまりは会社や組織そして国にすら頼らない  の時代なのです。


逆にこの意識で末端の個人が0から1を生み出すスキルを身につける。
 
これが将来的に国の経済状況すら救う事になります。

この章の一番初めに営業について述べましたが 


なぜビジネスを学ぶには営業なのか?

今の時代は物々交換でなりたっているわけではなく


すべて最終的にはお金という通貨で
商品や情報や時間や空間が価値がやりとりされています。


その時に今この日本に生きていて
ほぼ生活するに不足しているものなどありません。


一般人がこの世にいまだ無い新たなモノを開発し莫大な富を築く。
のは現実的には難しいです。


ということは今ある多数の類似したあふれかえったモノを
最終的に消費者に購入してもらう能力。つまりは


営業力を持つ。これは先程から書いた自己完結能力のスキルに
なくてはならない能力です。


簡単に例を挙げます。

あなたの家からもし都内にお住まいであれば
大手コンビニエンスストアが歩けば大概あるはずです。


中にはなんでこんな至近距離に同じコンビニが並んでいるのだろうか?
と思うほどです。


ですが一方の店はいつも清掃も行き届いていなく
レジに商品を持って行っても店員は出てこない。


すみません!!と声をかけてやっと雑誌を並べていた店員がやってきて
お会計を急ぐこともなく機械的に終えて
自分の作業にもどる。

そしてもう一方の店はこじんまりしているものの
夜中でも必ずレジには店員さんが待機していてくれて


仮に作業中でも小走りにレジまで来てお会計後に
教育がいきとどいていて若いバイトの子でも必ず


ありがとうございました。と言われる。

商品は同じ。価格も同じ。あなたはどちらに行きますか?

どちらを利用する回数が増えますか?


店員さんの顔を覚えるのはどちらですか?
そしてもしあなたがタバコを毎回買う人だとして顔なじみになった店員さんが


あなたのタバコの銘柄を覚えていて
「あ、あとタバコの...」の時点であなたのたばこを何種類もの棚の中から



「これですよね?」ともってきたら?



つまり営業力とはそういうことです。


では その店員さんのやってくれた事。
がどれだけ意味があるか?


あなたにとってみたらタバコはどこで買ってもタバコです。

でも銘柄を伝える手間は はぶかれその店員さんは
1日に何人も
いるお客の中で私の事を覚えていてくれているんだ。。。

嬉しくないですか?


その瞬間その店員さんの行為でどこで購入しても同じタバコに

付加価値がついたんです。


もし私がお客であれば毎回ではなかったとしても
少しの距離の違いであれば

限りなくこちらの店舗で買い物をしようと
思います。

ということは

この店舗は少なくとも並びにあるライバル店舗より
私が払うであろう買い物代で売り上げが上がります。
この時この店員さんがとった行動に実はものすごく大きな意味

がある事にあなたはお気づきでしょうか?


私は一番最初に人間に与えられた2つの平等の話をしましたが

「時間」ともう一つは「可能性」だと思っています。


この店員さんが私のタバコの銘柄を覚えていて持ってきてくれた。
そのただ一つの行為は私の心を動かし今後、年間にすれば


かなりの売り上げを獲得したのは勿論のこと 
数100m離れた競合コンビニの売り上げにも間違いなく影響を及ぼすでしょう。


そして私以外にも彼の無償である気遣いやサービスにより
顧客を掴んでいたとしたら3年後にお店が生存している確率は


ライバル店と比べてはるかに高いと思います。そしてこれは紛れもない 
営業力に他ならないのです。


よく営業力と聞くと商品をいかに売り込めるか?
とか饒舌に商品説明ができる事や 

時に強引とも思えるような
押し売りをする人 

あたかもお客様である目の前の人からお金をどう奪うか? 
そんなイメージを持ってしまっている
人や

無意識でも実際にそういう営業をしている人が多いのです。


全くの逆です。営業とは [与える] ことです。
いかに目の前の人に喜んでもらえたり気分が良くなっていただけるのか?


必死に考え行動する事。だと思っています。
今の時代インターネットももうほぼ普及 浸透した時にどうでしょうか? 
もうはっきり言って私は 


コピーライティングという名のもとに 
人の恐怖心を巧妙に煽ったり 限定何名様 あと数日でおわってしまいますよ!!

とか辟易してしまいます。 

それを未だに教えて教わって。

私は否定はしません。

ただ
私はそういった手法をもちいての言葉を使う事や営業を 
自分がやらないしやりたくないから。行わないし教えない。


商品力やコンセプトが本当に正しく価値あるモノで 
それが目の前の人にとって本当に価値がある。と


心から思えば あとはさらにあなた自身が 
そこに目の前の人に何を付加価値として与えられる人間となるか?

目の前のお客様となるかもしれない方に対し

どのように思いを言語化し伝えることができるのか?

それこそが一番重要で大切です。

皆 甘い言葉に吸い寄せられて 
行動欲求のとりこにさせられ 

高額塾やクリック
詐欺等の被害も多かったかもしれませんが 

もう私にはそれすらも飽和状態にあり 
これからの時代は


私も含めて消費者側が金銭的に苦しくなる状況の中で 
商品自体にも 消費=投資 の要素が必須になります。


100万円もの高額を支払ったのに全くその投資した金額を回収できない 
ビジネスモデル につぎ込んだものは


お金だけではなく「時間」と「可能性」の2つまで奪われた事になります。

ではその時に 判断基準として何を基準に物事を決めればいいのか?

それが 正しく先ほどの店員さん。


自分自身が 目でみて 耳で聞いて どこまでも現実的に判断すること。
情報商材などこの世にもう有り余るほど
溢れかえっています。


インターネットを活用し本当の成功を手にしている人は勿論います。


ですが勘違いしている人も勿論多くいるのも事実です。

パソコンの目の前で簡単な作業をして楽にお金を儲けられる。
そんな風な考えを持っている人がいますが


そういう人達は大抵の人が勘違いをしています。
その目の前で向き合っているパソコンの画面の向こう側には


必ずあなたと同じように人がいてその人が

「あなたからなにかしらの商品」

を買って頂けた事によって収入が生まれるのです。
ということは 本来 顔すら見えない相手に対して
自分の何かしらのモノを買って頂くのは現実よりも 

難しい事が
多くて当たり前です。ですが便利な分消費者側は 
甘い誘惑で結果の出ないどころか詐欺まがいの被害にあうケースだってある。


もう一度はっきり言います。

インターネットはあくまでもツールです。


先ずきちんとした人間力 自己完結できる能力を身につけること
とあくまでも全体の中の一部だ。という事です。


その観点が解れば というよりもその観点がなければ 
長期的に見て継続してインターネットビジネスで成功するのは


無理でしょうしあまり意味がないのではないか?と私は思っています。


私を知る人そして現コンサルを受講している仲間の声

サンバレー株式会社
代表取締役
谷 紀一郎 様

相澤さんは最近の若い世代にしては珍しく人間味あふれる人柄です。
私も色々な経験をしてきましたが今の事業を通じて彼と出会えて良かったと思っています。
お互い年代を超えた関係でこれからも付き合っていきたい人間です。

株式会社アンクル
代表取締役
渡辺 佳織 様

私はとても大変な状況から
彼と出会いコンサルを受け
急激に現実が 加速しました。
月収も7桁になり出会いも
人生の流れも一気に良くなりました。感謝しあいながらこれからも共に人生を楽しみながら切り拓いていきたいです。


司法試験を
合格に導く講師
中田 宏明 様

知り合いを通じ 相澤さんのコンサルを知り 受けたのですが
本業以外での収入が1週間で
10万円。。。
本当に驚くほどでした。
今からは地域復興の為の
プロジェクトを一緒に進める
準備をしています。
展開の速さにびっくりでこれからが本当に楽しみです。

富山県で自営梨農家
取締役
吉田 敏之 様

東京と富山県と距離がある中も
実際に富山まで来て教えてくれてブランデイングから
ネットでの集客から売り上げUPの構築まで
全体像のワンストップコンサルで実際にこっちまで来てくれるなんて本当に心強い方々と出逢えました。

私のコンサルで学べる事

先ず 営業力=徹底した人間力
実際に金銭授受を実践(投資した資金回収)
そこから初めて自分の商品製作や 価格設定 ジョイントビジネス
コミュニティーを活用しての新たな ビジネスの展開
利益分配 収益自動化の作り方を覚え 企業家マインドを身につける。
コミュニティー内で コンサルティング能力 コーチングマインドを
全員が高めあい チームでコンサルの実践をする。 
特別 コミュニティーの形成の仕方 タイプ別にみたリーダー論
そこから初めて自分の商品製作や 価格設定 ジョイントビジネス
コミュニティーを活用しての新たな ビジネスの展開

解放

この時あなたは初めて会社に勤めていようがいまいが個業だろうが社長だろうが 

その全ての枠組などあるようでいて
無い。という事に気付ける事でしょう。

私が提唱した [自己完結能力] 

目の前の他者に与える力 そこに付加価値をつけることのできる人間力 
金銭授受できる力 利益分配し次世代に教える力 

それらを手にした時 

今までのあなたの歩んでいた道のり
にどれだけの可能性が広がりそうですか? 

やればできる。

よく聞く言葉ですが本当にやればできるとしたらあなたはやりますか?

それとも 実は誰かに歩かされているかもしれない 
今までの日常の延長線上をただ歩きますか?

それがあなたの選択です。

私は強要も否定もしません。

なぜならそれがあなたの意思なのですから

それを尊重します。ただ もしあなたの答えがYESだった場合

あなたがそう決めた瞬間に

今歩いている道は今までの目的地とは違う
大きな可能性の満ち溢れた未知なる道へと進路変更しました。

それは今までの日常を変える成功への挑戦権を

獲得した事になると思います。

POINT

では一体他と何が違うのか?

先ずお客様という概念は私にはありません。

あなたがこれから本当に人生や今の目の前の現実や常識を変えていこう。

と思った場合もう私のお客様ではなく

この先の未来を切り拓く仲間として共に歩み始めるのだ。
と思ってください。


私のコンサルはあなたが望む限り無期限で行います。

しかもそのあなたの活動をこのコンサルの仲間のメンバー全員が

味方であり仲間としてサポートも共に高めあう事も自由に行っています。

この環境はあなたが望む限り一生使えて
続けられる。という事です。
受講料を払ってなお成功する気がない。結果など出なくてよい。

そんな事を思う人は
居る訳がないので必ずあなたが結果をだすまで 
もう一度言います。無期限で続きます。
POINT

利益追求のみの大人数制じゃない事

私達にはきっちりした今後の展開と計画のビジョンがあります。

その船の上に乗っかって目的地に向かっていますので
後ろを向いて悩む後悔をする気はなく 

恐怖や苦労を乗り越え自分を変えるための覚悟を決め
前を向く仲間と
大航海をするのです。

なので確かにお金だけを追い求めるのであれば人だけを増やし
受講料で稼ぐ事も出来るでしょう。


しかしそこに私は何も魅力を感じないのです。
限定された人数でありしかもそこには本当の気持ちで賛同した仲間しかいないチームであれば 
目的が達成される可能性は一気に飛躍します。

私はあなたの小さな1歩づつの成功体験を一緒に共有し感動しながら
共に夢を叶える喜びを感じられる事。
が私自身の幸せでもあるのです。


なので私自身がきちんと責任もって教えられる人数以上は今の段階で増やさない。という事です。
それは本当の質 本質を高める事が何よりも近道で重要だと知っているからです。
POINT

何よりも近い位置でリーダー論が学べる

今の日本人に一番欠けているといわれるリーダーとしての資質。
リーダー論にも勿論の事様々な文献もありますが

近い位置で何が一体リーダーとして必要なのか?がわかりやすいと思います。

そしてそれはいわゆる大将ではなくてよいのだ。という事にも気付いて頂けると思います。

自分が自分の人生の主となることで本当のリーダーマインドとはいかなるものなのか?

あなた自身が体感できると思います。

そしてそんな色々な気付きをもった肩書も様々な各分野で活躍されている
方からのセミナーや交流会等

私のもつリソースは全て活用して頂きたいと思っております。  

そして・・・

初回限定1時間

もしここまで私の今までの文章を読んで頂いたのであれば本当に私は光栄ですし有り難いです。

私は嘘は何一つ書いておりませんので先ほど
あなたの目で見て耳で聞いて判断して頂きたい。
と先に述べました。なので...

無料で1時間
対面もしくはskypeコンサル
実施します。

もしあなたがまだ迷っているならばそれはまっとうな価値観だと私は思っています。

だってそうでしょう?私の事全く知らないのですから。

なので 私は必ず対面か最低でもスカイプで直接

私という人間ときちんと
向き合って話してもらってからしか
逆にやりません。全国どこでもです。


逆を言えばだからこそ初めから私という人間を
信頼してくれた状況で始める

仲間なので結果がでるのが本当に恐ろしく早いのです。

物事は何を習うか?
よりも大きな問題は誰から教わるか?
の方がよっぽど重要です。なので


このやり方であれば逆にあなた自身が騙されて被害にあう。
という事も
絶対にないのがわかりますよね?

あなたが私という人間を気に要らなければ

先ず絶対やめるべきだ。と誰でもわかる為でもあるんです。

今まで副業やインターネットビジネス等の誘い込みの文句に騙されてきた人ならなおさら。

できれば対面で
[1時間無料]
なのですから御相談ください。

I'll change your life together. We aren't 1. The power of the relation between the person and the person has a possibility of the infinity. It be sure in a life, on a concerned street, it seems to be changed, it is. I'll believe it. Now is yourself who has slept in the inside.
共にあなたの人生を変えましょう 私達は1人じゃない人と人の繋がりの力は 無限大の可能性をもっています 人生は必ず思い通りに変えられる様になっているんです 信じてみましょう 今は奥に眠ってしまっているあなた自身を
最後まであなたの貴重な時間を使って頂いて
このサイトの最後までご覧になって頂いて有難う御座います。

ここまで私の文章を読んでいただいたあなたはきっととても良い心の
持ち主で頑張ってきたのに結果がでなかったり
人間関係のせいで上手くいくはずの事がいかなかったり 

純粋に信じたモノ 人に騙されたことがあったり 
なにか自分はきっとこんなものじゃない。
と思っていたり何か1歩ふみだして自分を変えてみたかったり
そんなあなただと思っています。

まだ見ぬあなたと出逢えるのを僕は楽しみにしています。
一緒に私達仲間と
共に人生を変えましょう。