専用サポーター・インソール
いろいろ試しても治らない


外反母趾など
痛みでお悩みの方へ

知らずに見逃している
大事なこととは?

◎痛みの原因は”靴だけではない”
◎わずかな施術で
”歩きやすくなる”
これが事実”膝痛との密接な関係”

こんな事実があることを
あなたはご存知ですか?

多くの方が抱えてる外反母趾の痛み
その痛みを解決します

こんなお悩みありませんか?

  • 専用サポーターもダメ
  • テーピングもダメ
  • インソールもダメ
  • 魚の目タコが痛い
  • 親指人差し指が重なる
  • テーピングもダメ

もうこれ以上
我慢するのはやめませんか?

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
単刀直入に言います。

もしあなたが今、上記のようにお悩みなら、もしあなたが今、ほんの少しでも心のどこかで良くなりたいと思われているなら、からだ整骨院・整体院に来院し、そのつらい膝の痛みを改善しませんか?

もしあなたが『そんな都合のいい方法なんてない!』とお思いなら、大切なお時間の無駄になってしまいますから、今すぐこのページを閉じていただいても大丈夫です。

でも『話を聞くだけでも』とお思いになられたのなら、このままゆっくりとお進みください。

『まだ諦めないでください』

あなたもご存じの通り、お医者さんにかかっても湿布とか痛み止めの薬とか、レントゲンを撮って関節が変形しているので念のためにMRIを撮ってみましょうとか。

結果、あなたの外反母趾の変形はもうなんともならないとか言われ、この先いつか手術しないといけなくなると言われましたか?

歩く時に足の裏側に痛みがあったり、魚の目やタコができている人、実は外反母趾など足の変形と大きく関係があることをご存知ですか?

中足骨骨頭部痛や外脛骨、三角骨障害の痛み、実は骨格のバランスや足部の荷重、筋肉の不均衡と大きく関係があることをご存知ですか?

この痛みはもうなんともならないと放ってはいませんか?

外反母趾の原因を靴だけのせいにしないでください。足の痛みの原因をもう何ともならないと諦めないでください。

我慢しなくても痛みが軽減される可能性があります。手術をしなくても痛みが軽減される可能性があります。もう一度ご自身の足で痛みなく歩ける可能性があります。

外反母趾のように足が変形する最大の原因を、変形に伴う足の痛みの最大の原因を、誰もが見過ごしているからなんです。

そう!あなたの身についてしまった良くない歩き方や運動習慣や癖、また、それによる足の筋肉の不均衡こそが、外反母趾や足のトラブルの最大の原因です。

最大の原因を見過ごしていることに、あなた自身が早く気付いて下さい。

からだ整骨院には
こんな症状の方が来院されています

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院

右膝手術後の右足外反母趾の痛み

症状
中学2年生の時に、部活動にて右膝前十字靭帯損傷後、中学3年生の夏休みに前十字靭帯再建手術。右膝の不安定感が残存しつつも、高校進学後にダンス部にて活動。高校2年生時に、右足外反母趾の痛みが強くなり来院。極度の内側縦アーチ、横アーチの低下が見られる。

当院での治療
右膝の不安定さから、着地バランスの崩れが顕著で、右足前足部でバランスを保つ癖がみられる。右足母趾内転筋、骨間筋への施術、後脛骨筋と前脛骨筋、腓骨筋、両大腰筋、腸骨筋の硬結への施術、前足部の関節モビライゼーションを行いました。足底筋、後脛骨筋、腓骨筋、右膝安定性確保のため、体幹、右大腿四頭筋、ハムストリングの自宅でできるトレーニング、及びセルフケアをご指導しました。

※10代女性(高校生・ダンス部)

治療症例①
変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院

両足外反母趾・魚の目の歩行時痛・浮き指

症状
4年程前から右足外反母趾の歩行時痛が時々有り。そのまま我慢していたが、徐々に右足裏側に魚の目ができ、歩く時に痛みが出始める。外反母趾、及び開張足の変形が大きく、内側縦アーチ、横アーチの低下が見られる。

当院での治療
両足母趾内転筋、骨間筋への施術、後脛骨筋と前脛骨筋、腓骨筋の硬結への施術、前足部の関節モビライゼーション、歩行練習を行いました。足底筋、後脛骨筋、腓骨筋の自宅でできるトレーニング、及びセルフケアをご指導しました。

※40代女性

治療症例②
変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院

左足踵粉砕骨折後の左足首・左外反母趾の痛み

症状
20年以上前に左足踵を粉砕骨折。半年程前から歩く時に左足首、右母趾外側(外反母趾)に痛みが出始める。踵の粉砕骨折後の影響で、踵の着地バランスが崩れ左足が回内足傾向になることで、外くるぶし付近に痛みが出る。

当院での治療
歩行時の着地バランスの調整(後脛骨筋・長腓骨筋)、内果下端後脛骨筋腱に対する施術、前足部の関節モビライゼーション、舟状骨と内側楔状骨の矯正、歩行練習を行いました。足底筋、後脛骨筋、腓骨筋の自宅でできるトレーニング、及びセルフケアをご指導しました。

※60代 女性

治療症例③
変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院

両足外反母趾・魚の目の歩行時痛・浮き指

症状
4年程前から右足外反母趾の歩行時痛が時々有り。そのまま我慢していたが、徐々に右足裏側に魚の目ができ、歩く時に痛みが出始める。外反母趾、及び開張足の変形が大きく、内側縦アーチ、横アーチの低下が見られる。

当院での治療
両足母趾内転筋、骨間筋への施術、後脛骨筋と前脛骨筋、腓骨筋の硬結への施術、前足部の関節モビライゼーション、歩行練習を行いました。足底筋、後脛骨筋、腓骨筋の自宅でできるトレーニング、及びセルフケアをご指導しました。

※40代女性

治療症例②

お気軽にご相談ください
辛い足の痛みを改善したい方
毎日2名様限定

変形生股関節症 股関節の痛み 専門治療 からだ整骨院 初回割引
問診や検査にお時間を必要とするため、大変申し訳ございませんが、初めての方の治療は毎日2名様限定とさせて頂いています。

世間の9割の慢性疼痛治療は
一時的な対症療法という事実

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
世の中のほとんどが一時的な対症療法であることをご存知でしょうか?

当院には、名古屋市以外からも多くの外反母趾や足の裏側の痛み(魚の目・中足骨骨頭部痛)、その他足の痛み(有痛性外脛骨・三角骨障害)のお悩みを抱えた患者様が来院されています。その患者様の多くが、サポーターの使用などの一時的な対症療法による治療によって痛みを悪化させているのが現状です。

レントゲン診断で関節が変形している。そしてひどくなったら手術と言われ…

「足の指の運動をしましょう」
「ヒールの高い靴を履くのをやめましょう」
「サポーターを使いましょう」

と言われ、痛み止めの薬と湿布だけ処方されたり、負担をかけないようにアドバイスをもらうだけ。そしてたまにレントゲンを撮り、変形が進んでいないか確認するだけ。大方このパターンの治療です。

これでは頑張って通院しても変化が出ません。それどころか、外反母趾や足の裏側の痛み(魚の目・中足骨骨頭部痛)、その他足の痛み(有痛性外脛骨・三角骨障害)はゆっくりと悪化し変形を進行させている事実があります。

世の中の慢性疼痛治療は、本来の根本改善の治療とはかけ離れた一時的な対処療法になっているのが現状です。

「もう元に戻らないから」
そんな理由で諦めていませんか?

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院

例えば外反母趾の方、こんな経験はありませんか?

整形外科や病院でレントゲンを撮り、親指の関節が曲がって変形している。「外反母趾です。これ以上酷くなると将来手術が必要かもしれません」とお医者さんから言われていませんか?

からだ整骨院でも関節の変形を修復出来る訳ではありません。構造的な修復は無理です。

しかしここで大切なのは、外反母趾の状態を確認することではなくなぜ、外反母趾のような変形になってしまったのか』ということです。

実際にあなたと同じ年齢の人でも、外反母趾など足の変形もなく、痛みなく歩いているのは何故でしょう?あなたの足の変形には、必ず何らかの理由があると思いませんか?

外反母趾など足の変形の本当の理由
それはアーチ構造の変化
一番の原因です

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院

外反母趾など、足の変形の原因は扁平足や開張足などと呼ばれる「足のアーチ構造」の変化が一番になります。

ではなぜ、アーチ構造の変化が起きるのか?それは足の役目を考えればすぐに答えは見つかります。

どなたでも日常生活において、足を使う頻度で一番多いのが「歩行」です。「体重を支えて着地する」これが足の一番の仕事になります。

机の角で親指をぶつけた影響で外反母趾になる人はいません。ですが、足の怪我の影響で歩き方が変わり、どちらかに荷重がかかりすぎる歩き方が何年も続くと、気がついたら外反母趾になっていることは良くあります。

それは歩き方の変化、スポーツなどでの足の使い方の変化が、足のアーチ構造の変化をもたらすためです。

つまり歩き方の変化こそがあなたの足の変形の一番の原因なんです。

優れた「衝撃吸収システム」
足のアーチ構造とは?

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院

50kg以上もの体重を乗せて歩くために、大小様々な28個の骨、38個の関節、107個の靭帯、32個の筋肉…と細かい組織が集まっている足は、荷重による強い衝撃にも耐え得る力学的に安定した頑丈な構造をしています。

そんな力学的に安定した構造を保つためにも、足には“アーチ構造”と言うものがあります。

足を内側から見たときに土踏まずと言う地面に接地しない部分がありますが、これを内側縦アーチといいます。同様に外観上からは分かりませんが外側にも内側よりやや低めの外側縦アーチが形成されています。
また足を前方から見ると横に広がるアーチがあり、それを横アーチといいます。

これら縦横のアーチ構造は、地面に足が接地し荷重が加わった際に地面からの衝撃を吸収し、足や足関節、さらには膝関節、腰などへの負担を軽減する重要なクッションの役割を担っています。

この中でも横アーチ外反母趾でお悩みの方にとっては、とても重要なアーチになります。


足裏の柔軟性回復が重要ポイント
足にアーチを取り戻すには

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院

外反母趾や扁平足でつらい思いをされている方にとって、アーチ構造を取り戻すカギとなるのが、横アーチを支えている「母趾内転筋」「中足靭帯」です。

特に現代人は裸足で歩く機会が減った上に、運動量も減ったことで「母趾内転筋」が弱体化し、その分の負担が集中する「中足靭帯」は常に伸びきった状態になってしまっています。

また、扁平足は成長期の子どもに多く見られます。裸足で走り回るなど、足底の筋肉を鍛える動きが足りないと、成長によって体重の負荷が増える際に足底が伸び扁平足となります。もちろん、運動不足で足底の力が弱い大人でも同様のことが起こります。

母趾内転筋と中足靭帯の柔軟性がカギ
中足骨にアプローチして
失われた横アーチを取り戻す

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院

「中足骨」は横アーチの構成には欠かせない大切な骨で、第1〜第5までの合計5本の骨で構成されています。

実はあまり着目されていない中足骨には、足を取り巻く様々な筋肉がついています。母趾内転筋
中足靭帯をはじめ、長腓骨筋短腓骨筋前脛骨筋後脛骨筋など様々な筋肉がつながっていて、これらの筋肉は非常に疲労しやすく、蓄積すると筋肉の柔軟性が失われて硬化してしまいます。

中足骨にアプローチ
することで、それぞれの筋肉を伸縮させることが可能となり、それにより今まで手の届かなかったインナーマッスルにまで、ストレッチをかけマッサージ効果を与えることができます。

辛い足の痛みでお悩みの方へ

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
◉からだ整骨院・整体院 院長
◉40代からのからだ見直し塾 塾長
◉本物の治療家養成塾 塾長
服部容久(ハットリ ヨシヒサ)
初めまして、服部容久と申します。

整形外科ではやたらに筋トレを指導したり、もう歳だからある程度は仕方がないといった指導に疑問を感じつつ『この痛みさえなければ好きなことがやれるんだけど、どうしよもないよね』という患者様からの言葉に『そうですね、でも諦めずに頑張りましょう』と、ただマッサージでごまかしている当時の私は、とても悔しい気持ちでいっぱいでした。

そこから数々の勉強会に参加し、日々の臨床を重ねてきましたが、それでも患者様の痛みを取りきれない日々が続きました。

しかし『あること』に気付いた時から私の臨床は劇的に変わり、それまで改善できなかった痛みが、改善できるようになりました。その『あること』とは『痛みのある箇所に本当の原因はない』ということです。

そして、根本的な原因を見極めるための検査法と、自然治癒力を最大限に高める独自の安全な施術法を作り出しました。現在私のもとには、とりあえず出された薬や湿布、改善の兆しが見られない治療に悩む方が多くいらっしゃいます。

もしあなたが、痛みが原因でやりたいことを諦めているのならお話しだけでもいいので私の所に来てください。あなたが踏み出した一歩を、私が全力で受け止めます。
主な取得資格
  • 柔道整復師
  • 全米ストレングス&コンディショニング協会(NSCA) /認定パーソナルトレーナー
  • 日本疼痛リハビリテーション協会/認定セラピスト
  • 日本コアコンディショニング協会/認定ベーシックセブンインストラクター
  • メディカルフィットネス協会/認定健康ケアトレーナー/ウォーキングトレーナー
  • 介護職員初任者研修終了
  • 視覚障害者移動介護従業者
  • 全身性障害者移動介護従業者
  • 全米ストレングス&コンディショニング協会(NSCA) /認定パーソナルトレーナー
柔道整復師
NSCA-CPT
NSCA-CPT

一人でも多くの患者様を改善させるために
セミナー講師をすることで
治療技術を伝えています

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
院長である私は、疼痛治療で悩まれている理学療法士や柔道整復師などの医療従事者を対象に、セミナー講師をすることで、より専門性の高い治療技術を伝えています。当院における治療技術や検査は、そのような高いスキルに基づいたものであり、薬の服用や物理療法に頼る治療とは根本から異なります。

一人で運動するのが苦手な人でも大丈夫!
院内で体操教室を開催しています

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
どなたでもご参加いただける体操教室を、院内で毎週土曜日に開催しています。特別な道具やスペースは何も必要ありません。椅子がひとつあればできる簡単な体操をお伝えしています。どなたでも『気がついたら良くなっていた!』を実感できる教室です。

痛みを取るその先へ
施術方針の根幹「治療+運動」

治療(PMFバランス整体)

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
『Pelvis(骨盤)・Muscle(筋肉)・Fascia(筋膜)を整える』これが当院独自の施術です。「根本治療」にこだわる私は、本当の原因を見つけることに全力を注ぎますので、初診時は特に検査にお時間を必要としますが、原因を特定せず治療を進めていくほど無意味なことはありません。膝の痛みの原因を特定することが症状改善の第一歩になります。

運動(セルフケア&トレーニング)

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
治療を進めていく中で症状の改善と並行し、少しずつ運動体操を取り入れ身体機能を取り戻していきます。痛みを取るだけが治療ではありません。身体は動け使えてこそなんぼです。可動域の拡大、柔軟性と身体機能の向上、筋肉を増やして脂肪を減らすなど、患者様のお身体に合わせた『からだ作り』をご提案いたします。

足腰専門 からだ整骨院が
名古屋市内で選ばれる理由

なぜ、からだ整骨院では
辛い足の痛み
を改善することができるのか?

  • 徹底的な問診と検査により、あなたの足の痛みの『本当の原因』を見つけ出します。
  • 驚異の改善率を誇る、当院の『PMFバランス整体』これでしかあなたの足の痛みは取り除けません。
  • 実績あり!疼痛治療で悩まれている理学療法士や柔道整復師などの医療従事者を対象に、その知識や技術をセミナー講師をすることで伝えています。
  • 院内にトレーニングスペースを併設し治療と運動を同時にサポートしています。
  • 院内にトレーニングスペースを併設し治療と運動を同時にサポートしています。

症状改善率 91.7%を誇る
PMFバランス整体とは?

特徴①
骨盤・筋肉・筋膜に着目した、当院独自の治療法です
・骨盤(Pelvis)骨盤の歪みを整えます
・筋肉(Muscle)原因となる筋肉を整えます
・筋膜(Fascia)筋膜の癒着を整えます
特徴②
子供からお年寄りまで受けて頂く事が可能です
施術方法はとてもソフトで、痛みを感じることもありません。他の治療院で痛みを感じて不安になっている方、整体とは痛いことをされる場所だからと不安に感じている方、骨粗鬆症と言われているから骨に負担がかかるんじゃないかと心配な方なども安心して施術を受けて頂くことが可能です。
特徴③
治療の効果がきちんと現れます
低刺激・安全な処置を心がけているため繰り返しの施術で改善を目指していきます。この施術を行うことで骨盤を含めた土台のバランスが良くなり、内臓などのバランスも良くなることで、今まで悩んでいた片頭痛やめまいなどにも効果があります。
特徴②
子供からお年寄りまで受けて頂く事が可能です
施術方法はとてもソフトで、痛みを感じることもありません。他の治療院で痛みを感じて不安になっている方、整体とは痛いことをされる場所だからと不安に感じている方、骨粗鬆症と言われているから骨に負担がかかるんじゃないかと心配な方なども安心して施術を受けて頂くことが可能です。

施術後、あなたはこのような
変化を手にすることができます

  • サポーターだけに頼ることなく、痛みを気にせず歩くことができる
  • 歩き方のコツを身につけ、外反母趾の痛みがなく歩くことができる
  • 自分好みの靴や靴下を選んで履くことができる
  • 趣味の旅行も、気にせず楽しく行くことができる
  • オーダーメイドのような高いインソールが必要なくなる
  • この先の人生、薬や湿布、注射に頼らない生活を送ることができる
  • 『いつか歩けなくなるかもしれない』といった不安から解放される
  • 歩き方のコツを身につけ、外反母趾の痛みがなく歩くことができる

よくある質問

  • Q
    痛くないですか?
    A
    私の施術は患部に直接触れるわけではなく、施術もゴリゴリしたりボキボキすることもない、痛みのほとんどない施術を提供します。
  • Q
    通院する際は、どれくらいの頻度で通院すればいいですか?
    A
    殆どの方が週1回の頻度で通っています。重症の方は週2回ほど通って頂いています。その後の症状の緩和後は、メンテナンス目的で月に1〜2回ほどの頻度で通われています。
  • Q
    どんな服装で行けばいいですか?
    A
    動きやすい服装なら大丈夫です。お着替えをお持ち頂いても結構です。
  • Q
    通院する際は、どれくらいの頻度で通院すればいいですか?
    A
    殆どの方が週1回の頻度で通っています。重症の方は週2回ほど通って頂いています。その後の症状の緩和後は、メンテナンス目的で月に1〜2回ほどの頻度で通われています。

もう迷う必要はありません!
辛い足の痛みを改善したい方
毎日2名様限定

変形生股関節症 股関節の痛み 専門治療
問診や検査にお時間を必要とするため、大変申し訳ございませんが、初めての方の治療は毎日2名様限定とさせて頂いています。

無料相談も承っています

初回に限り60%割引!
なぜ初回3,850なのか?

それはあなたに、もう二度と効果を実感できない治療や施術に、大切なお金と時間を費やしてほしくはないからです。まずは当院の施術を受けて頂き、その結果をあなた自身が実感してください。

初回施術・無料相談申込み

以下、申し込みフォームから必要事項をご記入頂きお申し込みください。1営業日以内に、当院よりメールもしくはお電話にてご返信させて頂きます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

概要

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院 体操教室
院名、及び取り扱い症状
からだ整骨院(交通事故/スポーツ障害)
からだ整体院(足腰専門)
院長
服部容久
住所
名古屋市昭和区石仏町2-6
HP
HP

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

Facebook
Twitter
Instagram
LINE
LINE
名古屋市の各区から通われる方が多いです
千種区/東区/北区/西区/中村区/中区/昭和区/瑞穂区/熱田区/中川区/港区/南区/守山区/緑区/名東区/天白区
お気軽にお問い合わせください。スマホならココをタップして発信