阿佐ヶ谷アンデパンダン

文芸、アングラの聖地・阿佐ヶ谷を舞台とした新たな公募展が誕生

5月2日〜12日開催

阿佐ヶ谷。
大正時代にはプロレタリア文学者らが住み「阿佐ヶ谷文士村」と呼ばれる集落を形成。
昭和になるとアングラ劇団天井桟敷による市街劇「ノック」の舞台となるなど、
中野、高円寺と続く中央線界隈の中でもひときわ大人の気配を放つ文化圏を作り上げてきました。
現在もそれを色濃く残す街の中に、
2014年、ポップカルチャーのモニュメントバレーともいうべき阿佐ヶ谷アニメストリートが生まれました。
その2つの文化がぶつかり合うこの地で、戦後日本文化の揺籃となった展示の名前を継承した
新たな公募展が誕生します。
 
「サブカル&アングラ」がテーマの無審査の公募展です。期間中であれば絵画、イラスト、立体、動画などの展示が自由に行えます。

会期:2017年5月2日〜5月12日 11:00〜18:00
募集期間:2017年4月24日〜4月29日
参加費:2,000円
主催:森川清成(KAWAII ART PROJECT)
共同企画:じょいとも(インディペンデントキュレーター)
協力:JR東日本都市開発

招待作家

マリヒコ

web site

ハヅキ

web site

杉本憲相

web site

ライフスタイル角田

web site

たすく処理装置

web site

うえむら

web site

参加作家

柄丘有生
cottolink
堀江たくみ
ゴゴ
タカウチミユウ
飯島モトハ
くちくち
川又健士

wall-hand
ぽすと
庄司理子
HANDS EYE
美術結社グラハム
松田宥人
ねこにん

千野六久
有地慈‏
もりいちか
きゃらあいさん
あめのいち
りぷか
Jiyukukan

会場

阿佐ヶ谷アニメストリート特設ギャラリー

JR阿佐ヶ谷駅より東に徒歩10分。

阿佐ヶ谷アニメストリートのサイトはこちら

<Separate Room>について

作品展示だけでなく、グループ展示の企画やライプペイント、似顔絵、その他イベントを行いたい場合、阿佐ヶ谷アニメストリートの空きテナントを丸ごと一部屋借りるすることができます(出展料:6000円)。全期間ではなく1日や数日のみの利用も可能です。先着順となりますので、お気軽にお問い合わせください。

Separate Room

参加概要

【搬入日】4月29日(土) 11:00-20:00、30日(日) 11:00-15:00、5月01日(月) 11:00-20:00

【搬出日】5月13日(土)、14日(日) 11:00-20:00


【物販、展示作品の販売に関して】
本人または代行者が会計や金銭の管理をする場合に限り可。売り上げに関してマージンなどはいただきません。

【ライブペイントに関して】
イーゼル、キャンバス、床や壁保護用のシートを用意できる方に限り可。

【展示スペースに関して】
〈separate room〉以外の会場のレイアウトは運営側で決定させていただきます。

【設営に関して】
スタッフ立会いの元、原則としてご本人に行なっていただきます。

ピクチャーレール無し、壁の釘打ち可