多汗症の改善方法

CONCEPT

このページにたどり着いたあなたはこれまで様々な不安に駆られたかもしれません。多汗症に悩む多くの方のために具体的な改善方法や汗の仕組みなどわかりやすく説明いたします。

多汗症ってどのような症状?

多汗症というのは簡単にいうと汗をかく必要がないときに汗をかいてしまう症状です。暑さや寒さなど気候の変化など関係なく汗をかいてしまいます。一人ひとり症状はさまざまですが、ほとんどの場合、緊張などの精神的なものが起因しているといえます。これはまじめな性格や恥ずかしがり屋など性格にも左右されます。

特に現代は「汗は汚いもの」「汗は臭いもの」と極度に清潔感を求められる環境も大きな要因になっています。一旦、気にし始めたらどんどん汗が気になり、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

多汗症の原因

  • ストレスの多い生活
  • 冷暖房による体温調整の不具合
  • 脂肪や塩分の多い食生活
  • 老化を原因とする汗腺の劣化
  • 遺伝
  • 自律神経の乱れ
  • ストレスの多い生活
POINT
1

水分補給

現代人は水分不足といわれており、1日に2~3ℓの水を摂取することが推奨されていますが、その接種の仕方にも注意が必要です。例えば、暑い日に冷たい飲み物を飲みたくなることもあるでしょう。ただ、いきなり冷たい水を飲むと内臓にストレスを与えていまいます。常温の水、もしくはミネラルを含んだ炭酸水を摂取するようにしましょう。
POINT
2

朝シャワー

朝にシャワーを浴びている人も多いかと思います。汗腺は温度差に影響されますので、温度があまりに高いものを浴びてしまうと逆効果になってしまいます。
POINT
3

呼吸法

ストレス解消の簡単な方法は深呼吸です。緊張するとどうしても呼吸が浅くなりがち。深呼吸するだけで改善することもあります。
①おなかを引っ込めながらすべての息を吐きます
②おなかの筋肉を緩めながら大きく息を吸います
③そのまましばらく息を止めます
④①~③を数回繰り返します

何を試してもだめかも…というあなたへ

パーピレックス

市販の制汗剤は、効果持続期間も数時間~半日と短くこまめな塗りなおしが必要でした。しかし、このパーピレックスは、汗の気になる脇、手のひら、足裏などに一度塗るだけで、入浴や手洗いなどで効果が低下することなく、約5日間以上の制汗効果が持続します。

購入はこちら