アスベスト(石綿)の
国家賠償請求無料相談

アスベスト(石綿)を扱う工場に勤めていた方やそのご家族は、最大で1,300万円の損害賠償金を受け取ることができる可能性があります。

適切な補償を受け取ることは、被災者やご遺族の正当な権利です。

まずはお気軽に、当事務所の無料相談をご活用ください。
よくお受けするご相談
賠償金の支払い対象に
当てはまるか分からない
曝露から時間が経ち、
請求できるか分からない
労災保険の給付や
見舞金を既に受け取った
最近のアスベスト判決で
何が変わったか知りたい
最近のアスベスト判決で
何が変わったか知りたい
弁護士に相談・依頼することで、
これらは解決へ向かいます

賠償金の支払い対象に当てはまるか分からない

1958年(昭和33年) 5月26日から1971年(昭和46年)4月28日の間にアスベスト(石綿)を扱う工場内で働いていた方、またはそのご遺族の方が対象となります。

そして、賠償を受け取るためには、肺がん、中皮腫、石綿肺、びまん性胸膜肥厚のいずれかの病気の診断を受けているか、息切れや胸の痛みなどの症状はあるという条件が存在します。

実際にご来所いただいた場合には、就労状況や症状について個別具体的にお聞きし、賠償金の受け取りや今後取るべき対応についてお伝えさせていただきます。

被爆から時間が経ち、請求できるか分からない

国は対象者に対し、「一定の要件を満たすことが確認された場合には、訴訟の中で和解手続を進め、損害賠償金をお支払いします。」と個別に告知しています。
損害が発生した時から20年経過しますと除斥期間が経過し、権利行使ができません。

20年位前に石綿関連の病気によって死亡したご遺族は、早めに訴訟を提起する必要があります。

請求可能な期間内か否かは弁護士にご相談ください。

労災保険の給付や見舞金を既に受け取った

労災保険の給付や見舞金を既に受け取っていたとしても、損害賠償金は問題なく支払われます。
厚生労働省が告知しているリーフレットの文章の中にも「労災保険や石綿健康被害救済法による給付を受けている方であっても対象になります。」と明記されています。

また、損害賠償金を受け取ることにより、労災保険金の給付が停止されたり、減額されるということもありません。
最高裁判決によって認められた賠償金は、慰謝料でありまして、休業補償や将来の逸失利益は入っていません。

このために、慰謝料とは関係のない労災保険金には全く影響しないのです。

最近のアスベスト判決で何が変わったか知りたい

①2017年10月27日 東京高裁の判決では、全国の高等裁判所で初めて国と一部建材メーカーの賠償責任が認められました。
②2018年3月14日 東京高裁の判決は、これまでの全国の建設アスベスト訴訟で初めて労働者、一人親方、事業主の区別なく、建築現場で労働者と同様に実働していた一人親方や事業主に対する国の賠償責任が認められる画期的判決となりました。
③2018年8月31日 大阪高裁の判決では、労働者、一人親方、事業主の区別をせず、国の賠償責任が認められ、一部建材メーカーの賠償責任も認められました。
④2018年9月20日 大阪高裁の判決でも、労働者、一人親方、事業主の区別をせず、国の賠償責任が認められ、一部建材メーカーの賠償責任も認められました。

このように、建設アスベスト訴訟は地裁判決よりさらに高裁判決が被害者救済の枠組みを広げてくれている、高等裁判所でより多くのものを勝ち取っている裁判となっています。

 

症状別の解説

これらの病状に当てはまる方は、
損害賠償金を受け取ることができる可能性があります。

●中皮腫
胸膜や腹膜から発生する悪性腫瘍を悪性中皮腫といいます。
がんの仲間であり、今も有効な治療方法はありません。
中皮腫はアスベスト(石綿)の曝露によって発生する病気でその他の原因はほとんど考えられません。
アスベスト(石綿)曝露の開始から悪性中皮腫が発生するまでの潜伏期間は20年から30年以上と言われています。

●肺がん
吸入したアスベスト(石綿)の量が多ければ多いほど、肺がんになりやすいと言われています。
アスベスト(石綿)による肺がんは潜伏期間が長く多くの人は曝露開始から15年以上過ぎてから発症しますので、タバコを吸う人はタバコが原因で肺がんになったと思い込む人が多いものです。
この場合、職歴が大切になりますので、働いていた職場がアスベスト(石綿)を取扱っていたかが重要になります。

●石綿肺
アスベスト(石綿)を吸入しているとアスベスト(石綿)肺というじん肺が起こります。

アスベスト(石綿)肺は、肺の弾力性がなくなり、肺活量が少なくなりますので、せきやたんが出、呼吸が困難になります。
間質性肺炎という病気と誤診されがちですので医師に職歴を正しく伝えることが必要です。

●びまん性胸膜肥厚
アスベスト(石綿)の曝露により肺の表面をおおう胸膜が炎症を起こします。

この状況では肺の働きが悪くなり、肺活量が少なくなり呼吸困難となります。
胸膜炎は短期間のアスベスト(石綿)曝露で発生し、左右の胸腔にくり返し水がたまり胸膜にゆ着を起こさせるものであり、このためもあってびまん性胸膜肥厚はアスベスト(石綿)曝露から20年以内に起こる病気としてアスベスト疾患の内では最も多いものです。

アスベスト被害の賠償訴訟において
当事務所が選ばれる理由
アスベスト被害の訴訟に注力

アスベスト(石綿)の賠償請求は、どの弁護士に相談・依頼しても結果が同じではありません。

当事務所では予てより労働災害事件(労働者側)の解決に注力しており、アスベスト被曝者やそのご遺族にも最大限の賠償を受け取っていただくべく、同分野に注力し、研鑽を積んでおります。

土日祝相談可、アクセス至便

予約のお電話から最短で即日で、弁護士との来所相談が可能です。
平日は午前9時〜午後6時まで受付、土日祝も応相談です。

また、三ノ宮駅から徒歩8分、市役所からすぐとアクセスも良好ですので、お気軽にお立ち寄りください。

明確・安心の費用体系
当事務所では初回のご相談を無料としておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ご依頼いただいた場合の費用も、給付された金額の15%とさせていただいており、相談料・着手金・調査料は頂戴いたしません。
主張相談・病院同行も実施
ご来所が難しい方のために、弁護士によるアスベスト被害の出張相談を行っています(兵庫県と大阪府のみ)。

被害者ご本人のみならず、そのご家族からのご相談でも結構です。労災事故に詳しい、被害者側専門の弁護士が、あなたの元に伺います。
主張相談・病院同行も実施
ご来所が難しい方のために、弁護士によるアスベスト被害の出張相談を行っています(兵庫県と大阪府のみ)。

被害者ご本人のみならず、そのご家族からのご相談でも結構です。労災事故に詳しい、被害者側専門の弁護士が、あなたの元に伺います。

弁護士よりメッセージ

アスベストの賠償金を受け取るためには、前述のような複数の条件がありますが、法律的・医学的な知識を持たない一般の被曝者の方がはっきりと認識できるのは「症状が現れた」ということのみではないでしょうか。

石綿関連疾患に罹患した方やそのご家族の方は、まずは自分がこの賠償金を受け取れる対象であるのかについて石綿(アスベスト)健康被害賠償に精通した弁護士に相談してみることをお勧めします。

また、国からの個別に通知が来ていない方の中にも、賠償金の支給要件を満たす方は多くいらっしゃいます。
「個別通知がないので対象にならない」と思わずに、一度調査を依頼してください。

法律事務所に電話をかける、というに抵抗をお持ちの方も多くいらっしゃるかと思いますが、是非一度、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

弁護士費用
相談料
0円
着手金
0円
報酬金
損害賠償によって得られた給付金額の15%
※訴訟に要する印紙代、切手代はご負担いただきます