歌川国芳が描く大老井伊直弼
国芳筆「東都名所浅草今戸」を考察
する。将軍徳川家茂と大老井伊直弼
の台頭を描いた画である。浅草は海
苔で名が知れる。今戸は招き猫の焼
き物が特産である。この画の主役は
二枚の竈に寄り掛かる蓆(よりむし
ろ)。「AよりむしろB」がこの画
の最も
重要なキーワードである。
構図は
「鳥獣人物戯画」から採る


歌川国芳筆「東都名所シリーズ」から
「東都名所浅草今戸」「東都名所大森」
「東都名所霞が関」の三画を考察する。
将軍徳川家茂の就任と大老井伊直弼の

台頭を描いた画である。構図は日本の
国宝「鳥獣人物戯画」から採る。
 

国芳筆「東都名所浅草今戸」を考察
将軍徳川家茂の就任と大老井伊直弼の台
頭を描いた画である。主役は窯に寄り掛
かる蓆である。構図は「鳥獣人物戯画」
から採る。画題は富山の民謡「こきり
こ節」から採る。先に関連画像を掲載、
次に画と画題から比較考察して行く。


国芳筆「東都名所 浅草今戸」
鋤を持つのは将軍徳川家茂、右に
一橋慶喜(徳川慶喜)。鍬を持つ
のは大老井伊直弼、右に船に乗る
徳川斉昭。蓆が窯に寄り掛かる。

「鳥獣人物戯画」甲巻
左が将軍徳川家茂と大老井伊直弼、
右が一橋慶喜と徳川斉昭である。
二匹の蛙がササラで舞い踊る。ササラ

は鋤と鍬に描き替わる。ササラは富山
名唱「こきりこ節」を演奏する楽器
である。歌詞に「朝草刈うるさい窓」
の意。「富都名唱朝草刈うるさい窓」
=「東都名所浅草今戸」の画題に。

先に画から考察する。
1、鋤を持つのが徳川家茂(スキは上)
その右奥で瓦の検査(良しの部)をす
るのは一橋慶喜(よしのぶ)である。
2、鍬を持つのは井伊直弼(クワは下)
右の柿の木に隠れるのは徳川斉昭。
3、二つの窯に寄り掛かる蓆がこの画
の主役(よりむしろ)である。
将軍には徳川家茂よりむしろ一橋慶喜
が適任。
大老は井伊直弼よりむしろ徳
川斉昭
が適任である。
4、雲群が流れ行く。


次に画題から考察する。
1、浅草は海苔の販売で知られる。
浅草=浅草海苔=せんそうのり
2、今戸は招き猫の焼き物で知れる。
招き猫は井伊直弼の守り神である。
今戸=招き猫=井伊直弼
3、雲群が行く。
4、画題「東都名所浅草今戸」=
「とうとめいしょ雲群が行くせんそ
のり井伊直弼」
=「とうとう名将軍
が逝く戦争の利井伊直弼」となる。
将軍徳川家定の死去以前から将軍
継承
を巡り徳川家茂を推す井伊直弼と
一橋
慶喜を推す徳川斉昭の争いが続い
たが
井伊直弼がこの争いに勝利した。
構図は「鳥獣人物戯画」から採る。
画題は「こきりこ節」から採る。終

国芳筆「東都名所大森」を考察
将軍徳川家茂の就任と大老井伊掃部直
の台頭を描いた画である
。構図は「鳥獣
人物戯画」から採る。画題は「御伽草子
因幡の白兎」から採る。先に画像
を掲
載、続に画と画題から考察して行く。

国芳筆「東都名所 大森」
べカ舟に将軍徳川家茂と大老井伊直弼
が乗る。べカ船は本来一人で乗る舟で
ある。二人乗れば必ず転覆する。

「鳥獣人物戯画」甲巻
兎は将軍徳川家茂と大老井伊直弼。
一人乗りのべカ舟から水に落ちる。
この構図を
「御伽草子因幡の白兎」
に流用。御伽噺
はうとうとする。
二匹の兎は水に大きく埋もれれる。
「うとうと昔の名書大きく埋もれる」
=「とうと名書大埋」=「東都名所
大森」が画題となる。

先に画から考察
1、大森は海苔で有名である。
大森
海苔=おおもりのり=大守の利=

太守井伊直弼の利。
2、べカ舟に乗るのは将軍徳川家茂。
べカ舟=小浮具=将軍=徳川家茂。
3、べカ船は本来一人で乗る舟であ
るが、右大老井伊
直弼が乗り込む。

4、雲群が昇る

次に画題から考察
画題「東都名所大森」=「とうとめい

しょおおもり」=「とうとうめいしょ
雲群が昇るおおもり」=「とうとう

名将軍が昇る井伊直弼の利」となる。
将軍徳川家定が死去し
徳川家茂が将軍
に就任大老井伊掃部
が幕府を私物化。
構図は「鳥獣人物戯画」から採る。
画題は「御伽草子因幡の白兎」から。終

国芳筆「東都名所 霞ヶ関」を考察
将軍徳川家茂を擁し幕府を私物化する
大老井伊掃部直弼を描いた。構図は
「鳥獣人物戯画」から採る。画題は
「御伽草子兎と亀」から採る。先に
像を掲載、次に画と画題から考察。

国芳筆「東都名所 霞ヶ関」
中央を歩くのは大老井伊直弼、後ろに
続く男は将軍徳川家茂で
ある。路端に
並んだ岩が描かれている。


「鳥獣人物戯画」甲巻
左が大老井伊直弼右に将軍徳川家茂。
猿がのんびり立ち話をしている。
この構図を
「御伽草子兎と亀」に流用
する。兎と亀が霞の山の席までどちら
が早くたどり着くかを競う。御伽噺は
うとうと。「うとうと昔の名書霞の山
の席」=「とうと名書霞の山の席」=
「東都名所霞ケ関」が画題となる。

先に画から考察。
1、霞ヶ関の見所は屋敷のいい家門。

霞ヶ関いい家門=かすみがせきいいか
もん=過隅ヶ席井伊掃部。
倍人である
井伊掃部直弼は出過ぎている。

2、多い路肩の石=過隅石=霞ケ関。
3、いい花紋(井伊掃部)の帯を締め
黄柏布の傘(大幕府の傘)を差すのは
大老井伊(いいかもん)直弼である。
4、右腕に3巻のいい画を持ち後に続
く男は、将軍徳川家茂(いえもち)。
5、雲群が立つ。

次に画題から考察。
画題「東都名所霞ケ関」に雲群が立つ

を入れると「東都名所雲群が立つ霞ケ
関」=「とうとう名将軍が立つ大老井
伊直弼が台頭」。徳川家茂が将軍に就
任、大老井伊直弼は幕府を私物化した。
構図は「鳥獣人物戯画」から。画題は
「御伽草子兎と亀」から採る。終

国芳が描いた「東都名所シリーズ」の
構図は全て「鳥獣人物戯画」から採る。
詳細は「ペライチ岩瀬道夫」を御参照。

16世紀のオランダの画家ブリューゲル
が描いた「農民の婚宴」と「農民の踊
り」は日本の国宝「鳥獣人物戯画」か
ら構図を採る。画中に日本とNIHON
の絵文字が描かれる。詳細は以下に。
 https://peraichi.com/landing
_pages/view/kohokunite

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた
「モナリザ」の背景は雪舟が描いた
「秋冬山水図」から構図を採る。
「モナリザ」は雪舟筆「騎獅文殊図」
の文殊菩薩である。画中にLVとCEの
文字が書かれる。L・ダ・ヴィンチと
雪舟の頭文字である。詳細は以下に。
https://peraichi.com/landing
_pages/view/oominokuni 終

 岩瀬道夫            岐阜県垂井町 
09050046818   2019/01/25
https://upload.wikimedia.org
/wikipedi様より画像を転載。