株式会社EFAラボラトリーズ 調査営業Gr.
TEL. 03-3263-6055
(電話受付 平日9:30~17:30)

"アスベストマップがあるから、
 アスベスト除去工事の範囲が
 一目でわかって
助かります。"

発注者の施設管理課長からのひとこと。

解体前のアスベスト調査結果に、アスベスト含有建材の範囲図が提供される調査機関はあまりありませんが、社会的リストとコストで大きな影響をもつアスベスト撤去工事の対象範囲がどこの部分か、発注者がしっかり理解することが大切です。
EFAラボラトリーズの調査報告書には、アスベスト含有建材がどこに使用されているかひと目でわかる図(アスベストマップ)と一覧表を標準で添付しています。
お悩みのことがあったら、まずは電話でご相談ください。

アスベスト調査報告書で
このようなことにお困りではありませんか?

  • 調査レポートを見ても、どこからどこまでを調査したものか、未調査の範囲があるかわからない・・・
  • 複層の仕上げ塗材やアスファルト防水など、対策方法によって大きく費用がかわるのに、どこの層にアスベストが入っているかわからない・・・
  • サンプルを採取した箇所しか情報がなく、その結果をどこまで反映させていいかわからない・・・
  • アスベストのニュースをよく見るので、専門機関でしっかり調査してほしい。
  • 複層の仕上げ塗材やアスファルト防水など、対策方法によって大きく費用がかわるのに、どこの層にアスベストが入っているかわからない・・・


EFAラボラトリーズにお任せください

~ EFAラボラトリーズの調査の特長 ~

アスベスト専門調査機関による徹底した詳細調査
解体前詳細調査では、通常の目視調査では見つからない建物隠蔽部に使用されている建材を見つけ出す「破壊調査」がポイントになります。破壊調査を入念に実施しないと、隠蔽部に存在したアスベストにより、飛散事故につながったり、工事が止まったり、また工期厳守のプレッシャーから、見つからなかったことにする違法行為につながりやすいため、EFAでは徹底した破壊調査を実施し詳細にアスベスト建材を調べます。
デザインソフトを利用した
きれいでみやすいアスベストマップ
EFAの調査レポートには、標準でアスベストマップ(アスベスト含有建材範囲図)を含んでいます。アスベストマップは、デザイナー用のソフトであるAdobe Illustratorを使用して、レポートの利用者がひと目でアスベストのある場所がわかる図面を作成しています。
未調査箇所や注意すべき箇所が
明記されたレポート
過去の調査レポートを見返したとき、どこが調査してあるのか判断がつかないものはありませんか?
EFAのレポートは、現地調査で立入った範囲と、制限があり調査できなかった範囲を明示し、レポートを見た人が、注意すべきところがわかるように書かれています。また、調査レポートも文章で書かれているため、調査結果の判断の流れがわかる報告書の構成になっています。
大きなホテルから
複数棟の再開発案件まで
EFAでは、大小さまざまな種類の建物の調査実績があります。大型ホテル、工場、高層ビル、数十棟の再開発案件、木造戸建てなどの建物丸々の調査から、外壁塗材や、天井のせっこうボードのみのような限定的な調査まで幅広い業務の経験があります。
仕上塗材やアスファルト防水の除去工法の検討に役立つ層別分析
改修工事の度に何層にも上塗りされている吹付けボンタイルなどの仕上塗材や、多層になっているアスファルト防水も、層別に丁寧に分析し、すべての層の分析結果を報告します。
どの層にアスベストが含有されていたかわかるので、仕上塗材のアスベスト含有層の除去に剥離剤が効きそうか?または、アスファルト防水のネッチョリしたコンパウンドまで除去が必要か、層別の分析結果が工法の検討に役立ちます。

解体前アスベスト調査
石綿予防規則第3条及び大気汚染防止法第18条における、工事前の事前調査として定められているアスベスト調査です。
特に、解体前のアスベスト調査は、隠蔽部に使用されているアスベスト含有建材も見つけ出す必要のあるため、最も難易度も高く、知識と経験が必要とされる調査になります。

EFAの解体前/改修前アスベスト調査は、細かい現地調査をトレーニングを積んだプロフェショナルがしっかりとおこないます。
さらに、EFAは、分析においても高い技術をもとめられる外壁仕上塗材などの層別のアスベスト分析も、豊富な経験と技術で、どこよりも精度高く分析結果を提供しています。

お急ぎの案件でも、調査の特急対応が可能です。

アスベスト調査でお悩みのことがあれば、まずはお電話でご相談ください。

ご依頼と調査の流れ

1.
電話でEFAラボラトリーズにお問合せ
TEL. 03-3263-6055
建物と調査御依頼の概要についてお聞かせください。

2.
ヒアリングシートのご記入
対象建物の概要や利用状況、希望納期等に関するアンケートです。
※新規お取引の場合、事前に電話でご連絡ください。
※分析依頼書は、電話でお問合せいただいた際にご案内させていただきます。

3.
概算お見積書の提出
ヒアリング内容及び提供情報をもとに、調査の概算費用をお見積りいたします。

3.
現地調査
調査の正式なご依頼後、現地調査を実施し、アスベスト含有建材の有無及びその範囲確認と、分析すべき試料の採取をおこないます。
4.
分析
採取した試料を神保町のラボで、JIS A 1481-1によるアスベスト定性分析を実施します。
5.
速報のご連絡
分析完了後、分析結果を速報としてご連絡いたします。
また、分析検体数を実施数において実施御見積します。
3.
調査報告書の提出
調査結果を報告書、表、アスベストマップ、写真でまとめ、最終報告いたします。
3.
概算お見積書の提出
ヒアリング内容及び提供情報をもとに、調査の概算費用をお見積りいたします。

まずは、お電話でご相談ください!

EFAラボラトリーズ 調査営業Gr.
* 受付時間:9:30~17:30(土日祝を除く)
* メール(sales@efa.co.jp)でも、お問合せを受付しています。

会社案内

株式会社EFAラボラトリーズ
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-2-31
ヒューリック神保町ビル3階
代表TEL: 03-3263-6055
MAIL: info@efa.co.jp

東京メトロ半蔵門線/都営地下鉄三田線・新宿線
神保町駅 A3出口 徒歩2分