有賀はちみつ屋


毎日おいしいハチミツを

有賀はちみつ屋は
日本のど真ん中・長野県辰野町のはちみつ屋です。

1955年に有賀養蜂園として養蜂業を始め、
自然豊かな里山でミツバチの健康や環境に配慮しつつ、
養蜂を営んでいます。

小売り販売する際の店舗名は《有賀はちみつ屋》とし、
西洋ミツバチが集めてきた美味しい国産はちみつを中心に
蜜ろうクリーム等、ミツバチ産品をお届けしています。

おいしいハチミツを食べた時の幸せな気持ちを
みなさんに味わっていただきたいです!


こだわり

かわいいミツバチ
地球環境の変化が著しい昨今、養蜂は試行錯誤の連続です。かわいいミツバチが少しでも過ごしやすいように環境に配慮しつつ、ミツバチが元気に飛び回る姿を励みに作業しています。

ミツバチの巣箱は外に置くので防水防腐剤を塗布しますが、木工所さんの気遣いで、人間が舐めても大丈夫、もちろんミツバチにも優しい植物油を塗布した巣箱を使用しています。

蜂が飛んでいたり、花の蜜を吸っている情景を当たり前の事として私達は見ていますが、世界中で蜂が段々少なくなってきているという話をよく聞きます。蜂の減少の原因は確定していません。
蜂は小さな生物ですが、大切な命、私達がその命を守る事ができるなら守っていきたいです。
国産はちみつ
美味しいハチミツを食べた時の何ものにも変えがたい幸せな感じ!ハチミツにはみんなを幸せにする魔法がかかっているかもしれません。

ミツバチ一匹が一生かけて生産するはちみつは、小さじスプーン焼く一杯程度。また、日本国内のはちみつの流通量の内、国産はちみつはわずか数%。本当に貴重になってしまった国産はちみつ、自然の恵みに感謝しつつ、大切に味わっていきたいものです。
無駄のないミツバチの生産品
ミツバチの生産するものは無駄がありません。

はちみつ、ローヤルゼリー、プロポリス、花粉、蜜ろう と思いつくだけでもたくさんあり、古代から私達の生活にも役立っています。
ミツバチからの贈り物に感謝しつつ、大切に使っていきたいものです。
みつろうクリーム

地元産の素材にこだわり、辰野町産のひまわり油と蜜ろうを主原料とした肌に優しい天然由来のみつろうクリーム。天然由来、無添加のクリームの使い心地の良さとラベルのミツバチ達がカワイイと人気です。

みつろうクリーム

地元産の素材にこだわり、辰野町産のひまわり油と蜜ろうを主原料とした肌に優しい天然由来のみつろうクリーム。天然由来、無添加のクリームの使い心地の良さとラベルのミツバチ達がカワイイと人気です。


マルシェへの出展

マルシェに積極的に出展し、養蜂、ハチミツの話をしたり、自家製はちみつドリンクの販売をしています。
普段なかなか会えないお客さまと交流の持てる機会はとても楽しいひとときです。

ドリンク販売の【はちみつソーダ】は、国産減農薬のレモン、みかん、ハチミツが素材の自家製ドリンク!爽やかな甘さが人気です。

はちみつアレンジ

ハチミツはそれだけでも美味しいものですが、果物等との相性も良いですし、料理、美容に使う等、用途はたくさんあります。

様々な情報の中から、自分でも試し、
使い方をみなさんに紹介していき、
ハチミツの良さを広めていきたいです。

ナッツのはちみつ漬け、はちみつシロップを作り、販売し、好評を得ています。

メッセージ

1955年創業の有賀養蜂園で養蜂を営み、販売部の有賀はちみつ屋では西洋ミツバチが集めた美味しい国産ハチミツを中心にミツバチ産品をお届けしています。

国産ハチミツの流通量は日本国内のハチミツ流通量のわずか数%、自然の恵みに感謝しつつ、貴重なハチミツを大切にお届けします。美味しいハチミツを食べた時の幸せな気持ちを是非みなさんに体感して頂きたいです。

また、ミツバチ産品である蜜ろう、オリジナルの肌に優しい蜜ろうクリームも取り扱っています。
毎日の生活にハチミツや蜜ろうクリーム等ミツバチ産品を使っていただき、健康や美容の役に立てばうれしい限りです。

アクセス

有賀はちみつ屋
長野県上伊那郡辰野町赤羽304-4

辰野町荒神山スポーツ公園の東側、辰野自動車学校に向かう通りの途中、左手にあります。
クリーム色のトレーラーハウスの店舗です。
tel/fax:0266-41-1055
営業時間:11:00~15:00
定休日:日曜・祝日(土曜不定休)
蜂の世話、配達、イベント出展等で、営業時間中でも不在の場合あり