アルバイトキャッシングGOGO|気になる在席確認・審査を解説

アルバイトでも借りられるキャッシングについて解説します。

アルバイトでも借りられるキャッシングとは?

キャッシングは収入があることが条件

派遣やアルバイト、パートの方がキャッシングでお金を借りるためには「安定収入」が必須となります。
正社員でなくても収入が安定してさえいれば借入審査に通る可能性はあります。

正社員に比べ派遣やアルバイトの収入は少なめですが、金融会社は収入額そのものよりも安定性を重視する傾向にあります。

金融業者は申し込み条件に安定収入を挙げていますが、安定収入=正社員ではありません。
安定収入の定義は金融業者によって若干異なりますが、「毎月きちんと給料を受け取っていること」です。

派遣やアルバイトの方も、きちんと毎月給料を受け取っていれば問題ありません。

カードローン申込みの年齢制限

働いて安定収入があれば良いというわけではなく、20歳以上の方でないと利用することは出来ません。
高校生は勿論ですが、学生でも20歳未満ならカードローンに申込むことは出来ません。

20歳未満の未成年には貸付を禁じる法律はありません。
ですが金融機関にとって未成年への貸付はリスクが大きすぎるため、殆どの金融機関では貸付を行っていないのです。

未成年者が単独で行った契約は後から取り消すことが可能であり、借りたお金は残っている範囲内で返還すれば良いとされています。

つまりすべて使ってしまえば返還する必要が無いという事になりますので、これでは貸し付けた金融機関は儲けるどころか損してしまいますので未成年への貸し付けは行っていません。

銀行カードローンと消費者金融、どっちを選ぶ?

キャッシングは主に銀行と消費者金融が取扱しています。
どちらに申し込めば良いのか、両者の違いについて簡単に説明します。

銀行カードローンと消費者金融の一番の違いは総量規制です。
総量規制とは貸金業法で定められた借り入れを制限する法律で、借り入れの合計金額が「年収の3分の1を超えない」ようにするに規制するものです。
年収300万円の人であれば借入可能額は100万円までとなります。

銀行カードローンは銀行法に基づき運営されており総量規制の対象外となります。
対して消費者金融は総量規制の対象となりますので、年収3分の1を超える借り入れは出来ません。

金利にも違いがあります。
下限金利こそ大きな差はありませんが、上限金利で比較すると両者には差があります。

銀行カードローンの金利上限は14.5%前後ですが消費者金融は大体18%となります。
金利が低ければ支払う利息も少なくなりますので、利息を抑えたいのであれば銀行カードローンを選ぶのが良いでしょう。.

アルバイトがキャッシング申込で気になること

親に内緒で借りられる?

銀行や消費者金融から借り入れていることは、親に内緒にしておきたい。
カードローンならこんな悩みにも応えてくれます。

カードローンによる金銭消費貸借契約を締結すると、契約書類やローンカード等が自宅に送られてきます。

これらの郵送物を親に見られてしまえばバレてしまう可能性が高いです。
しかし最近は親に内緒で借りられる環境が整っている金融機関も多く、郵送物なしで借り入れすることも可能です。

例えば大手消費者金融であれば契約書類やローンカードを、店頭窓口や自動契約機にて発行してもらうことが可能です。
その場で必要書類をすべて受け取ることが出来ますので、自宅に郵送物が送られてきません。

利用明細もWEB明細に切り替えすれば借り入れや返済の度に、明細書が自宅に送られてくることもなくなります。

アルバイトでも在席確認の連絡はある?

キャッシングの審査では、申し込み者が本当に働いているかを確認するために電話連絡を行います。
通常、電話の連絡先は勤務先となります。

派遣の方は、大元の派遣会社よりも派遣先に電話をかけてもらうのが良いです。
派遣元では登録者全員の事を把握しているわけではないので、在籍確認の電話に対して「いない」「分からない」と対応される可能性もあります。

その為、派遣の方は派遣先に電話をかけてもらうのが良いです。
また派遣先であれば、事前に自分宛てに電話がかかってくる事を伝えておけばスムーズに在籍確認が出来ます。

アルバイトであれば勤め先の店舗や支社に電話がかかってくるようにすれば問題ありません。

但し、飲食店など時間帯によっては電話にでるのが難しいケースもありますので、そのような場合は予めその旨を伝え、電話をかける時間を指定できないか相談しておくと良いです。

勤務先によっては個人宛に連絡が入る事は殆ど無いというところもあります。
そのような場合、周囲に不自然に思われますので、電話以外の方法で在籍確認できないか相談してみる事です。

金融機関によっては、給与明細書や源泉徴収票などその会社に在籍していることが分かる書類の提出で、在籍確認してくれることもあります。

在席確認なしで借りられるキャッシングはある?

在籍確認は申込者の返済能力を知るためにも必須の業務です。
ですから在籍確認無しで借りられるカードローンはありません。

ただ上記でも説明しました通り、職場への電話以外の方法で在籍確認を行ってくれる金融機関はあります。

職場バレを避けるために電話してほしくないのであれば、書類で在籍確認できる金融機関に申し込みすると良いです。

アルバイトでも借りられるキャッシングの審査に通過するには?

嘘の申告をしないこと

カードローン審査には有利な属性と不利な属性があります。
高収入や勤続年数が長いなどの属性は評価が高く審査通過の可能性が高くなります。
だからと言って嘘の申告をしてはいけません。
申し込み入力は正直に行うことです。

キャッシングの審査において、どこまでが重大な嘘と判断されるのか、その度合は金融機関によって異なります。
明らかに無理があると判断されるような嘘は即刻審査落ちとなります。

年収を万単位まで正確に把握するのは難しいですが、十万単位までしっかりと正確な数字を申告しないと虚偽の申告として扱われます。

審査は年収だけで判断されることはありませんが、企業の規模・勤務年数・年齢などから推察される年収とかけ離れているなど不自然な点があれば調査などがされ審査に影響します。
多く借りたいからといって、虚偽の年収を書くことは避けましょう。

故意に事実と異なる内容を申告した場合だけでなく、うっかり間違った場合でも虚偽の申告として扱われます。
金融機関はそれが故意なのか間違ってしまったのか確認しようがありません。
事実と異なることに変わりはありませんので、うっかり記入ミスでも審査落ちになりますので申し込みは正確に行うことです。

短期間に複数社申し込まない

短期間に複数社にカードローン申込することを「申し込みブラック」と言い、審査落ち留守可能性が高いです。
多重申込みの程度は金融機関によって異なりますが、一般的に1ヶ月に4,5社以上申し込みすると申し込みブラックとして扱われます。
数撃ちゃ当たる的な考えで何社も申し込みするようですが、余計に審査に通りにくくなりますので絶対にしないことです。

キャッシングの申込みをすると個人信用情報機関に、申し込みした事実が登録されます。
短期間に沢山の申し込みをすれば、個人信用情報に申し込みした事実がたくさん載ってしまうわけです。

銀行や消費者金融は個人信用情報機関を通じて申込者の信用情報を照会することが出来、多重申込みをしていることが分かると「お金に困っている」「返済不能になる可能性が高い」等と警戒されます。

金融機関は営利を目的として貸し付けを行っており、貸し倒れによる損失をできるだけ避けます。
損失が出る可能性が高い多重申込者に貸し付けるのは危険と判断し審査落ちになる可能性が高まってしまいます。
キャッシングの申込みは多くても1ヶ月に3社までに留めておくことです。

限度額は最低限必要な金額で申込む

借り入れ限度額は申込時に希望することが出来ますが、審査通過を考えるのであれば最低限必要な金額で申込むほうが良いです。
限度額を低くするということは融資をうける額が少なくなるということです。

つまり返済する額は多額になりませんので、金融機関からすれば返済してもらえないリスクが減るということでもあります。
返済してもらいすいため、審査に通る可能性も高いということです。

金額にして10万円~20万円の範囲内ですと審査に通りやすいです。
30万円以上になると厳しくなるので注意が必要です。

本人確認書類は社会保険証がベスト

健康保険証は、その人の職業や年齢によって発行元が異なります。
公務員であれば共済組合、大企業なら健康保険組合、中小企業なら全国健康保険協会、派遣やパート・アルバイト、自営業やの方は国民健康保険となります。

実は保険証の種類によって審査に有利不利があります。
保険証を見るだけで申込者に安定した収入があるかどうかが分かります。

国家公務員の保険証であれば申込者に安定した収入があるのは一目瞭然ですから審査はかなり有利といえます。
これに対し国民健康保険は主に自営業の方が持つ保険証であり、自営業は収入が安定しにくいですから審査はやや不利になります。

最も公務員であっても破産寸前になるほど借金を抱えていれば審査には通りません。
保険証だけで審査が決まるわけではありませんが、安定収入を証明する上で保険証というのは大事な役目を果たすことに変わりはありません。

キャッシングの審査落ちしやすい条件

すでに他社借入がある

信用情報には既存の他社借入状況も記録され、審査では当然チェックされます。
他社借り入れがあると絶対に審査に通らないわけではありませんが、審査に不利になる可能性は高いです。

新たに借り入れをすれば、その分返済負担が大きくなりますので、返済不能のリスクが高まります。
派遣やアルバイトは正社員に比べて収入が多くないですから、他社借り入れによって審査不利になる可能性は尚更です。

すでに借入があり遅延や滞納がある

他社借り入れがあっても審査通過の可能性はあります。
ただ、遅延や滞納の経験がある場合は審査に通る可能性はほぼ無いです。
遅延や滞納は信用をなくす行為ですから、金融機関もそのようなリスクがある人には貸付しません。

遅延や滞納をすると信用情報に金融事故情報が記録され、長期間記録が残ります。
記録が残っている間は審査には通らないと思ってください。

雇用期間が短い

審査では勤続期間を重視する金融機関は多いです。
長期的に働き続けていれば、辞める可能性が低く収入が安定していると判断されます。

逆に勤続年数が短ければ辞める可能性が高く、今後も継続して収入が得られる可能性が低いと判断されやすいです。

短期バイトや働き始めたばかりですとキャッシングの審査に通る可能性は低いです。
雇用期間は最低でも3ヶ月以上は必要で、それ以下ですと審査に通ることは先ずありません。

条件別アルバイトにおすすめのキャッシング会社

アルバイトでも即日融資で借りられるカードローン

今日中にお金を借りたい、急いでいるという方は即日融資に対応したカードローンがおすすめです。

大手銀行カードローンや大手消費者金融であれば即日融資の環境が整っていますので、その日に借りられる可能性が高いですから、これらの金融機関を中心に借入先を決めると良いでしょう。

特に大手消費者金融は無人契約機があり、平日の夜間や土日祝日でもローンカード発行が可能ですから即日融資できる確率が非常に高いです。
審査スピードも早く、最短1時間程度でお金を借りる事も可能です。

即日融資に対応しているカードローンでも、条件をクリアしていないとその日に借りることは出来ませんので注意してください。
どの金融機関でも即日融資には締め切り時間があり、時間をすぎてしまうと当日中に借りることができません。

融資方法によって締め切り時間は異なり、口座振込みですと平日14時以降の申し込みまたは契約は即日融資不可となる可能性が高いです。

自動契約機ですと19時~20時以降は、翌日以降の借り入れとなる可能性が高いですから覚えておきましょう。

キャッシング会社別の即日融資の条件

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

  • 即日融資は口座振込とカード発行の2通りに対応
  • 口座振込での即日融資は三菱東京UFJ銀行の口座のみ対応可能
  • カード発行は各支店のATMコーナーに設置されたテレビ窓口にて契約手続きを行う
  • テレビ窓口にて平日20時、土祝18時、日曜17時までにカード発行できれば即日融資が可能
  • テレビ窓口利用の際には運転免許証が必須、運転免許証以外は認められないので注意
  • テレビ窓口は全ての支店に設置されているわけではないので注意
  • 三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない、テレビ窓口が利用できない場合は即日融資は不可
  • 即日融資は口座振込とカード発行の2通りに対応

新生銀行カードローン レイク

  • 即日融資は口座振込とカード発行の2通りに対応
  • 口座振込の場合は14時までに申し込みと必要書類の確認が完了していれば即日融資可能
  • 14時以降や土日祝日の場合は自動契約機で手続きすれば即日融資可能
  • 自動契約機は20時までに申し込みすればカード発行で当日借り入れも出来る
  • 即日融資は口座振込とカード発行の2通りに対応

三井住友銀行カードローン

  • 三井住友銀行の口座開設済みで、ネットバンキング「SMBCダイレクト」が使える状態の場合、ネットバンキング経由で申し込み。
    キャッシュカード兼用型にすれば即日融資可能
  • 三井住友銀行の口座を持っていない場合は、ネット申し込み⇒審査通過⇒ローン契約機で契約、カード発行で即日融資
  • ローン契約機を使えば土日祝日でも即日融資が可能
  • 三井住友銀行の口座開設済みで、ネットバンキング「SMBCダイレクト」が使える状態の場合、ネットバンキング経由で申し込み。
    キャッシュカード兼用型にすれば即日融資可能

アコム

  • 即日融資は口座振込とカード発行の2通り
  • 口座振込は平日13時までに申し込み、14時までに契約完了、14時30分までに振込依頼完了できれば即日融資
  • 楽天銀行と提携しているため、楽天銀行口座への振込の場合は14時以降の契約でも即日振り込みが可能
  • 自動契約機の場合は20時までに申し込みすれば即日融資できる可能性が高い
  • 即日融資は口座振込とカード発行の2通り

プロミス

  • 即日融資は口座振込とローンカードの2通り
  • 口座振込の場合は平日の14時までに契約完了、14時50分までに振込依頼完了で即日融資
  • ジャパンネット銀行もしくは三井住友銀行の口座なら14時50分以降の振込依頼でも即日融資可
  • カード発行は自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、店頭窓口にて可能
  • 自動契約機は平日・土日祝日9時~22時、三井住友銀行ローン契約機は平日・土日祝日9時~21時、店頭窓口は平日10時~18時まで営業
  • いずれも営業時間内にカード発行できればATMでの即日融資が可能
  • 即日融資は口座振込とローンカードの2通り

モビット

  • 平日14時50分までに振込キャッシングの手続完了で即日融資OK
  • 但し、三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座を持っていること、健康保険証または組合保険証を持っていないと口座振込での即日融資は不可
  • 自動契約機にて当日中にカード発行できればATMでの即日融資も可能
  • 自動契約機は21時まで営業だが、20時ぐらいまでに契約完了できないと即日融資は難しいので注意
  • 平日14時50分までに振込キャッシングの手続完了で即日融資OK

アイフル

  • 来店不要での即日融資も可能
  • 来店不要で即日融資する場合は、平日14時10分までに振込依頼まで完了させること
  • 店頭窓口にてカード発行する場合は平日17時までに申し込みが間に合えば即日融資も可能
  • 自動契約機の場合は遅くとも20時までに申し込みすれば即日融資が可能
  • 来店不要での即日融資も可能

無利息期間があるキャッシング会社

金融業者によっては指定期間内であれば、利息がかからずお金を借りる事が可能です。

大手消費者金融などが新規顧客獲得のために無利息キャッシングのサービスを提供しています。

指定された期間内の返済は元金のみとなります。
無利息適用の期間は金融業者毎に異なりますので注意してください。

新生銀行カードローン レイク

「初回契約翌日から180日間」と「初回契約翌日から30日間」から選択できます。
2つの無利息期間を併用することは出来ません。

利用条件は、「初回契約翌日から180日間」の場合は①初めてレイクを利用すること②契約額が200万円以下
「初回契約翌日から30日間」の利用条件はレイクの利用が初めてであることです。

「初回契約翌日から180日間」は5万円まで180日間利息無しで借りる事ができます。
少額の借り入れで少しずつ返済していきたい人に最適なサービスです。

「初回契約翌日から30日間」は借入額に関係なく契約日から30日間は一切利息がかからないサービスです。
一括返済または数回程度で返済できる場合にお得に借りる事が出来ます。

アコム

アコムは元々キャンペーン時しか無利息期間サービスを実施していませんでしたが、2014年以降から常に30日間無利息の「最大30日間金利0(ゼロ)サービス」を実施しています。
利用条件は、①アコムの利用が初めて②返済期日を「35日毎」で契約です。

契約日の翌日から無利息期間が開始となりますので注意が必要です。
借り入れをしていなくても自動的に無利息期間が開始されますので、できるだけ早めに借り入れしないと損です。

例えば契約日から10日後に借り入れた場合、無利息期間が適用されるのは20日間となります。

プロミス

プロミスもアコム同様に30日間無利息です。
但し、プロミスの場合は無利息期間の起算日が初回借入日の翌日からとなります。

つまり、借り入れをしなければ無利息期間は開始されませんので、自分の都合に合わせて無利息キャッシングを利用することができます。

利用条件は①メールアドレスの登録②WEB明細の利用です。

アイフル

初めてアイフルを利用する方を対象に『30日間利息0円サービス』を実施しています。
無担保キャッシングローンを最大?日間無利息で利用することができます。

無利息となる期間は契約日の翌日から30日間となります。
借り入れしなくても自動的に無利息期間が開始されますので注意してください。

低金利で借りられるキャッシング会社

キャッシングで借りたお金は、元金に利息を加えて返済しなければいけません。
どの金融機関でもキャッシングの金利を「4.0%~15%」と言ったように載せていますが、利息がいくらになるのかを計算するのに使用するのが金利です。

つまり金利は返済額に大きく関係してくるもので、金利が低ければ利息額は少なく、逆に金利が高ければ利息を多く支払うことになります。

金利は年率で表されます。
これは1年間お金を借りた場合に発生する利息の割合を示しています。

例えば10万円を金利18%で借りた場合、1年後に払う利息は以下のとおりです。
10万円×18%=18000円となります。

適用される金利は金融機関によって異なります。
先にも説明しました通り金利が低ければ支払う利息額は少なくなります。

最高金利で10万円を1ヶ月借りた場合の利息額

  • イオン銀行カードローン BIG(13.8%) ⇒ 10万円×13.8%÷365×30=約1134円
  • 東京スター銀行カードローン(14.6%) ⇒ 10万円×14.6%÷365×30=1200円
  • みずほ銀行カードローン(14.0%) ⇒ 10万円×14.0%÷365×30=約1150円
  • 静岡銀行カードローン セレカ(14.5%) ⇒ 10万円×14.5%÷365×30=約1191円
  • 三井住友銀行カードローン(14.5%) ⇒ 10万円×14.5%÷365×30=約1191円
  • イオン銀行カードローン BIG(13.8%) ⇒ 10万円×13.8%÷365×30=約1134円
金利は業者によって異なりますので、利息を少しでも抑えるのであれば金利の低い業者を選ぶことです。
但し、金利は「下限金利」ではなく「上限金利」を見てください。

例えば「年3.5%~18%」と「年5.0%~14.0%」のカードローンがあるとします。
前者は下限金利こそ低いですが上限金利は高く、後者は下限金利はやや高めですが上限金利は低めです。
カードローンの金利は利用限度額によって決まっており、限度額が高ければ金利は低く、限度額が低ければ金利は高くなる仕組みです。

アルバイトの場合は会社員よりも収入が低いため、専業主婦でも借りれるカードローンと同様に初回契約時に設定される限度額はかなり低めに設定されることが殆どですので、適用される金利はほぼ間違いなく上限金利です。

金利については下記サイトでも詳しく紹介されているので参考にしてください。

下限金利が適用されるには、その業者の最大限度額まで借りる必要があり、それには時間がかかります。
ですから金利は下限ではなく上限が低いカードローンで選ぶと良いです。