佐賀大学芸術地域デザイン学部     学部紹介ムービー


ART FOR JUSTICE

〜伝説は佐賀から〜
編集画面では動画は再生されません。

2016年 佐賀大学に、ある学部が誕生した。

その学部の名は芸術地域デザイン学部。4月にスタートをしたこの学部は全国でも類を見ないユニークな活動を行っている。このムービーは芸術地域デザイン学部の2016年前期の活動をもとに、新学部に集った個性あふれる115人の学生たちのとどまることを知らないフレッシュなエネルギーを、学生自ら表現し制作したものである。
僕たちの伝説は佐賀から始まる。

予告編を見る

芸 術 地 域 デ ザ イ ン 学 部 と は

芸術で地域を開く

僕たちは、芸術地域デザイン学部。僕らの活動の幅は無限大。絵を描いたり、工芸品を作ったり、やきものを焼いたり、映像を撮ったり、アニメーションを作ったり、オリジナルキャラクターをデザインしたり、キュレーションをしたり、佐賀の街を探検したり、お土産をプロデュースしたり、とにかく色々する学部だ。
僕らの活動を通して、佐賀県に興味を持ってくれたら嬉しいな。
新入生も熱烈歓迎だよ。

登場人物紹介

レッド

 R  E    D               川邉雄太郎

芸術地域デザイン学部のリーダー的存在。
曲がった事が嫌いで、情熱的。
佐賀の魅力を全世界に広めるために、日々活動している。

ブルー

 B  L  U  E                            岡山 空知

いつも冷静沈着。芸術地域デザイン学部の頭脳。佐賀県の名産品を調査分析し、マネジメントすることを生きがいとしている。

グリーン

 G   R   E   E   N                     藤 紘和 
 
佐賀の自然と食を愛する天然戦士。
力持ちで重いものも軽々抱えることができる。
優しい性格で仲間をいつも癒している。

イエロー

 Y  E  L  L  O  W                      中瀬 志帆

芸術地域デザイン学部のムードメーカー。いつも陽気で楽観主義者。
仲間が落ち込んでいる時は、仲間を励ます声をかけたりもする。

ピンク

 P   I   N   K                           川頭祐美

何よりも自分が大好き。常に鏡を持ち歩き、すきあらば自分の顔を眺めている。
誰も思いつかないような発想で周りを驚かせることも。

その他のキャスト

リポーター

                                      岩﨑千万理

佐賀のご当地アナウンサー。
「ちまりの佐賀の良かとこ探し」という看板コーナーで人気を博している。

山下先生

                          山下宗利

生徒思いの優しい先生。
少し運が悪い。

怪物

                藤紘和

佐賀県の地域問題が具現化してできた怪物。触手のような腕を振り回して建物を破壊する。火を吐くこともできる。
佐賀の魅力度が全国46位なのもこいつが魅力を奪っているせいである。

本編

スナップ

ナイスジャンプ

台車に乗って撮影

炎天下の中、走る

怪物原案

怪物も手作り

中身はこの人

ゲチガラス原案

ゲチガラス原型

親子ゲチガラス

合成するのは大変

CG作るのも大変

祝賀会でお披露目

オフィシャルグッズ

No.1

T-shirt
ART FOR JUSTICE ver.

現在、お取り扱いしておりません。

2400円

No.2

T-shirt
ゲチガラス ver.

現在、お取り扱いしておりません。

2400円

No.3

T-shirt
怪物 ver.

現在、お取り扱いしておりません。

2400円

監督にインタビュー

Q. ムービー制作で大変だったことは何ですか。
A. 全部ですね。小道具も怪物の着ぐるみも、CGも全て手作りだったので。僕も含め、制作チームのメンバーは全員一年生なので手探り状態で頑張りました。

Q. なぜ、学部紹介ムービーに怪物を出そうと思ったのですか?
A. 地域問題が具現化した怪物をそれぞれの能力を生かしながら、協力して倒すという部分で、この学部を表すことができるなと思ったからです。また、インパクトのあるムービーにして欲しいという先生からの要望もありました。

Q. 最後に「To Be Continued」という文字が出てくるのですが、続編を制作する気はありますか。
A. 続編のことは考えずに、「To Be Continued」と入れたのですが、あそこはこうすればよかったとか、あの部分はこうできたな、とか思う部分があるので、もう一回作りたいですね。また、これから入ってくる新入生にシリーズ化してもらって、新たな伝統になっても面白そうですね。来年は、芸術地域デザイン学部の設備もパワーアップするらしいので、僕たち学生も日々パワーアップしていけるように頑張ります。

次回作制作決定???