なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる

子どもの非認知能力を伸ばす親子アート体験
1・2・3歳児のおやこあーと教室
月に1回のおやこあーとで楽しく充実した子育を!
毎日の子育てを楽しく
子どものためになることがしたいママ!!

お家でお絵描きしていますか?

心と感性を育む親子アート体験
  • ・絵の具を使うのは部屋が汚れるのでやりたくないですね。
  • ぐちゃぐちゃに描くだけだし、まだ何も描けないですから。
  • ・興味がなさそうだし、何もしていないです。
  • ・まだ絵を描くなんて早すぎてできないと思う。幼稚園で教えてもらえるからその時で良いかな。
  • ・お絵かきはしていますが、子どもへの声のかけ方に躊躇してしまう。(上手だねってついつい言ってしまっている)
  • ・絵の具を使うのは部屋が汚れるのでやりたくないですね。

月1回のおやこあーとで
子どもの可能性を一緒に伸ばします

アートは可能性に満ち溢れた世界です。
子どもの「やりたい」「表現したい」を叶える体験!1.2.3歳児は好奇心旺盛な時期、感性も育つ大切な時期です。
上手く描くことが目的ではなく、目で色の刺激を受けたり、手で粘土の質感を感じたり、耳で音の楽しさを表現した子供の感性を刺激するアートプログラムとりとなっています。子どもだけでなくお母さんの感性も刺激され、苦手意識も変化し充実した子育て時間につながります。

見出し

心と感性を育む臨床美術を導入した

おやこあーとで大切にしていること

大切な4つのポイント

心と感性を育む アート
1.五感のフル回転
家ではなかなかやりたくない絵の具や粘土は、子どもにとってはとても楽しい素材です!おやこあーとでは画材にもこだわり、楽しめる工夫がしてあります。お家でも楽しめるアートのコツもお伝えします!
心と感性を育むアート
2.自信と意欲
なんだろ?やりたい!できた!を実感することで好奇心、探求心が湧いてきます。臨床美術は制作過程も大切にしているため、楽しいがとまらずに子どもの真剣な表情を見ることができます。
心と感性を育むおやこアート
3.心の安心の場
お母さんやお友達みんなでの拍手はとても嬉しい経験。みんなで褒めて、認めて共感することは、子どもの心の安心の場となり自己肯定感を育みます。みんなでアートをするポイントはココにあります。
心と感性を育むおやこアート
4.ママのリフレッシュ
同世代の子育てママ同士のコミュニティで心もリフレッシュ。作品鑑賞会では子どもの魅力を再発見します。みんな違ってみんないいねを実感でき、アートな思考でママの感性も広がります。
心と感性を育むおやこアート
4.ママのリフレッシュ
同世代の子育てママ同士のコミュニティで心もリフレッシュ。作品鑑賞会では子どもの魅力を再発見します。みんな違ってみんないいねを実感でき、アートな思考でママの感性も広がります。

おやこあーとプログラム

おススメは4回連続参加ですが、お試しの1回の講座参加もお待ちしています!
心と感性を育むおやこアート
4月 色との出会い
赤黄青色の3色から様々な色が生まれる瞬間はとてもきれいです。
自分のアクションにより色が変化する様子を体感し、どんな色ができるんだろ~と、自然に湧き出る好奇心にママも嬉しくなるおやこあーと最初のプログラム。  
[画材:食用色素・障子紙]

色との出会いの中で想像力を発揮! (色との出会い終了)    

言葉が増えてきた2歳半の男の子。色を加えながら、「あり(テントウムシのこと)、しょうぼうしゃ、さかな」たくさんの言葉がありました。色や形から自分の知っている知識を教えてくれています。何かに見えるという見立て遊びが得意になるこの時期。自分の表現から想像する力を発揮。お母さんはその言葉に共感しながら接していました。やる気満々になるのもお母さんの共感してくれるおかげです。(㋃のおやこあーとは終了しました!)
心と感性を育むおやこアート
6月 粘土で描く
良く伸びる特別な粘土感触を楽しみます。長く伸ばしたり、ぐっと押してみたりとても簡単な動きで楽しめるプログラム。粘土に色も付けてカラフルに表現します。

[画材:クレイ・食用色素・塩ビ板]

1人ひとり探求する仕方は違う (粘土で描く終了)    

いつも使っている粘土とは少し違う?粘土に親子でワクワクしていたプログラム。素材を手で見るそんな様子がみられました。ゆっくり伸ばしたり、ぱっと伸ばしたり、丸くボールにして跳ねさせたり♪これはなんだろ?探求心・好奇心をくすぐる時間となりました。鑑賞会も自分の好きな場所がこたえられるようになった2才さん。自分という存在感、他人の存在感も徐々に実感しているようで成長を感じます!
心と感性を育むおやこアート
7月 ホップステップリズム絵
音楽を聴きリズムにのって太鼓をたたくように描きます。親子で表現のコラボレーションします。お互いが表現者として尊重できることの楽しさを実感し、日常での子どもが描く絵との関わりを提案するプログラム。

[画材:エコバック・布用絵具・バチ]

詳細

日程
2021年4月12日(月) 終了
2021年5月10日(月) 緊急事態宣言のため中止
2021年6月14日(月) 終了
2021年7月12日(月) 残り1組
※参加希望日をお選びください。
時間
10時半から11時半まで
参加費
1組1,500円/1回 (1名追加1,000円)
※通常1組2,500円のところコロナ禍での子育て支援協力のため価格を下げています。
場所
尾張旭市内自宅教室(参加申し込み確認後にお知らせします)
定員
1.2.3歳の親子4組(兄弟連れの場合は4歳以上も可) 先着順
持ち物
汚れてもよい服装・保護者マスク着用でおねがいします。
参加費
1組1,500円/1回 (1名追加1,000円)
※通常1組2,500円のところコロナ禍での子育て支援協力のため価格を下げています。

講師紹介

心と感性を育むおやこアート
臨床美術士 安宮せい子
愛知・名古屋で臨床美術士として活動。
臨床美術士団体 Art Share代表。

愛知県立芸術大学院芸術研究科陶磁専攻 修了

2010年から臨床美術士として保育園や幼稚園の子どもから高齢者施設、
凸版印刷会社社員むけアートサロン講座担当。
名古屋を中心に一般向けの臨床美術講座を企画開催。
子どもか社会人、高齢の方まで幅広い層の人に臨床美術を通して出会い、自身の出産もありアートで子育てを楽しむことを伝えたいと活動。

現在は、保育園や、子育て支援、放課後デイサービス、保育士のための講座も行っている。コロナ禍でも子育て中のお母さんが楽しく充実した子育て時間を過ごせるように昨年から尾張旭の自宅で教室をスタート。


医療・教育現場・子育て・社会人のストレスケアまで幅広い分野で活躍する

臨床美術とは

臨床美術とは、絵やオブジェなどの作品を楽しみながら作ることによって脳を活性化させ、高齢者の介護予防や認知症の予防・症状改善、働く人のストレス緩和、子どもの感性教育などに効果が期待できる芸術療法(アートセラピー)のひとつです。
元々は高齢者向けに開発された手法ですが、子どもの美術教育や情操教育としても注目され、現在では発達が気になる子どもへのケア、小学校の特別授業、社会人向けのメンタルヘルスケアなど多方面で取り入れられています。

臨床美術は全国に広がっています。

企業・会社
・社内のコミュニケーション
・社員のメンタルヘルスケア
学校・教育現場
・感性教育
・美術・道徳教育
その他様々な施設
・子育て支援
・高齢者施設での認知症予防
その他様々な施設
・子育て支援
・高齢者施設での認知症予防
POINT

臨床美術が臨床美術療法として「日本認知症予防学会」よりエビデンス認定されました。

・臨床美術療法は、認知症患者の知的機能を改善する可能性が有る。
・臨床美術療法は、認知症患者の情動障害(BPSD)の改善効果が認められる。
「芸術造形研究所」「日本臨床美術協会」ホームページより抜粋  

「『臨床美術』」及び『臨床美術士』は、日本における(株)芸術造形研究所の登録商標です」    

参加者さまのご感想

きちんとした形にすることではなく、子どもが表現する全てをありのまま受けとめてくださる先生が魅力的でした。何より娘が夢中になって取り組んでる姿に満足感がありました。毎回ワクワクする材料に刺激を受け、おうちでできる遊びのヒントも教えて下さるのでおうちアートの幅も広がりました
3歳女の子のお母さん
なかなか外出に戸惑う時期に、同年代の子と親で楽しめてよかったです。普段絵の具を使うことは汚れたりして大変なのでやらないでいるのですが、家では体験できないことを楽しくできてとてもよかったです。
2歳児女の子お母さん
今までアートに興味がなかった息子が、回を重ねることに、お絵かきしたい!と前向きな発言が増えました。なにより私自身が先生に癒されました。
1歳と2歳児の兄弟のお母さん
人見知りでどうなることかとおもいましたが、色に興味があるのでやれば楽しいとわかる、最終的には一番楽しんでいる気がします
1歳児男の子お母さん
なかなか外出に戸惑う時期に、同年代の子と親で楽しめてよかったです。普段絵の具を使うことは汚れたりして大変なのでやらないでいるのですが、家では体験できないことを楽しくできてとてもよかったです。
2歳児女の子お母さん

よくあるご質問

  • Q
    4回連続での参加できるかどうかわかりませんが、申し込みできますか?
    A
    ご希望の月の講座のみでも大丈夫です。
    連続して参加することで子ども環境にも慣れて、楽しくなり、子どもの変化も楽しめるのでお勧めします。
  • Q
    子ども二人つれていくこともでいますか?
    A
    講師がお母さんのフォローをしながらすすめますので、安心してきてくださいね。
  • Q
    兄妹が4歳ですが、一緒に参加できますか?
    A
    はい。4歳以上でも楽しめるプログラムですのでご一緒に参加していただいてもらえると嬉しいです。
  • Q
    コロナ感染予防対策は?
    A
    少人数で保護者はマスク必須となります。アルコール消毒液も準備してあります。
    室内は空気清浄機を設置し安心して過ごしていただけます。
  • Q
    子ども二人つれていくこともでいますか?
    A
    講師がお母さんのフォローをしながらすすめますので、安心してきてくださいね。
おやこあーとのお部屋
4色のキコリの小イスが並んで待っているお部屋です。
空気清浄機も設置・室内に手洗い場もあるので汚れた手が気になっても
すぐに洗えますよ。お友達のお家のような雰囲気で気軽に過ごしていただけます。

アートを通してできること

心と感性を育むおやこアート
感性豊かな大切な時期、まだ言葉は話せなくてもアートを通してコミュニケーションをとることができます。これからの未来に向けて必要な創造力、子どもたちが自分の力で、自分らしく生きていくための根っこの部分を大切に育むためにアートはとっても良いツールです。これからさらに家族、地域でアートを通して子どもたちの可能性を広げていきたいと思います。
心と感性を育むおやこアート
心と感性を育むおやこアート
心と感性を育むおやこアート
心と感性を育むおやこアート
心と感性を育むおやこアート
ご覧いただきありがとうございます。子どもたちとのアートはいつもハプニングだらけです!!何が起きるかワクワクしながら一緒に楽しむことで、新しい世界と出会えます。
一緒にアートで子育てできること楽しみにしております。