在宅介護ファミリーに癒しを
家族の健康とキズナを取り戻す
アロマ手当てについて

ほほえみセラピールーム代表 花野ほほ美 主催

10月20日(日)13時〜16時 新横浜駅徒歩5分
ゲスト講師
宇多川久美子
先生

こんなお悩みありませんか?

  • 相手が病人だと分かっているけど、ワガママにイライラする。
  • 仕事も家事も介護も両立。
    このままでは自分が倒れてしまう。
  • 「痛い」「死にたい」と苦痛を訴える自分の親を、見ているしか出来なくて辛い。

  • 介護している自分の親に、「どちら様か知りませんか、ありがとうございます。」と言われて、悲しくなる。
  • 毎日介護しているから、とにかく腰が痛い。
  • 病院に行っても次々と違う薬を出されるだけで、医者や薬を信用出来ない。
  • 在宅で介護をしていると、部屋の空気に耐えられなくなりそう。
  • 介護生活が始まってから、心から安らいだことがあるだろうか?
  • 病院に行っても次々と違う薬を出されるだけで、医者や薬を信用出来ない。

そのお悩みを解決します!

 このセミナーでは,ベストセラー作家である「薬を使わない薬剤師・宇多川久美子講師」が、薬に頼らずに人間愛と植物の力で介護する側も介護される側も劇的に癒されることの出来る「感動のアロマ手当て療法」の理論と実践をお伝え致します。
 在宅介護家族の方々が抱える様々なお悩みを、スッキリ解決。
 セミナーに参加して頂いたご家族には、通常初回1時間5,000円で行わせて頂いている出張アロマ手当て(カウンセリング込み)を、4,000円でご提供させて頂きます!(横浜市緑区・神奈川区限定。他、ご相談下さい。2回目以降は30分5,000円になります。)

こんな方が対象です

  • 在宅で自分の家族を介護している方
  • 家族のキズナを取り戻したい方
  • いつまで続くか分からない介護生活に疲れ切ってしまっている方
  • 自分の頑張りを、一番大切な人が分かってくれているという実感を得たい方
  • 毎日笑顔で家族仲良く過ごしたい方
  • いつまで続くか分からない介護生活に疲れ切ってしまっている方

1人で頑張っていませんか?

 年々増えていく税金や、消える年金問題。少子高齢社会に医療費の不安。いつまでも両親がいてくれるのは嬉しいけど、自分も年老いていくから生活費や介護のことが心配。
 ヘルパーさんもケアマネさんも優しいけれど、便利屋さんではないから、細かいことをお願いすることは出来ない。結局は自分が頑張らないと、いつまでも快適な自分達らしい生活を守ることは出来ないのではないかと思う。
 「いつも笑顔で頑張って偉いね。」と言われるけれど、笑顔でいないと自分が辛くなるから頑張って笑顔を作っているんだよ。今日もチークと色付きリップで大変身。ほら、私元気そうに見えるでしょ?
 誰かに分かって欲しいなんて言わないけれど、せめて目の前にいる自分の親には分かって欲しい。甘えるつもりはないけれど、いつから私は甘えられる側に回ったのか、ふと疑問に思う。口先だけでなくて、本当の癒しが欲しい。私のこの体はいつまで元気でいられるのだろう・・・
 不安だらけの生活。見せかけの元気。だって、私が頑張らないと、家族が不安になってしまうから・・・

 ・・・気持ちを伝え合う手段は言葉だけではないんです。
 ちょっと体に触れて、目を見てお話するだけでも、気持ちの伝わり方は全然違う。大丈夫。あなたの大切な人は、あなたの頑張りを分かっている。要介護者だからって、自分の子供だからって甘えて、イライラをぶつけることもあるし、お風呂に入らないで困らせることもあるかもしれません。でも、本当はいつも分かってる。今更照れて言えないけれど、「ありがとう。」っていつも思ってる。それを伝える手段の1つとしてのアロマ手当て。手で触れている間は、お互いの体温が混ざり合って、最初に出会った時に気持ちが戻る。「生まれて来てくれてありがとう。」「産んでくれてありがとう。」「生きていてくれてありがとう。」
 アロマ手当て療法の本質は、大切な人から大切な人に送り合う、非言語的コミュニケーション。人間本来の持っている「自己治癒力」を最大限に高める「植物の力」「気の力」何より、相手を思いやる「念じる力」。それらの融合が、爆発的なエネルギーを発揮して、在宅介護家族に「光」のある生活を実現させてくれるのです。

 私たちは、その方法と体験談について、お伝えさせて頂きたいと考えています。

アロマ手当てを受けた方のお声

  • イライラがスーッと消えて、気持ちが楽になりました!
  • ストレスから来るアレルギー性の喘息で辛かった咳が軽くなりました!
  • 母と同じ家に暮らしていても、ほとんど口を聞かなかった。
    でも、アロマをお互いに塗りあうようになってから、コミュニケーションが増えました!
  • 古い傷跡がシクシク痛み、特に雨の日は辛かったのですが、痛む時にオイルを塗るだけで体が楽になります。
  • とにかくいい香りで、リラックス出来ます。夫にもオイルを塗ってあげると、家事を手伝ってくれるようになりました。
  • 夜寝れなくて何度も私を呼びつけていたお姑さんが、夜寝る前にオイルを塗ってあげるとすぐに眠れるようになりました。
  • ストレスから来るアレルギー性の喘息で辛かった咳が軽くなりました!

開催概要

横浜
名 称 在宅介護家族のためのアロマ手当て講座
日 時 2019年10月20日(日)
場 所 新横浜3丁目大ホール
主 催 ほほえみセラピールーム 
代表:花野ほほ美
参加費用 2,000円
お問合わせ hohoemi_hanano@yahoo.co.jp
お問合わせ hohoemi_hanano@yahoo.co.jp

タイムテーブル

第1部

宇多川久美子
薬に頼らずに健康に暮らすための秘訣
薬では健康になれない理由と、薬に頼らずに健康に暮らすための秘訣を学ぶことが出来ます。
閑話休題

花野ほほ美
私が在宅介護家族に
アロマ手当てを届けたい理由
小学生の頃から納棺師(おくりびと)であった母に付いて様々なご家庭のエンディングに立ち会った経験と、約9年間の介護福祉士の経験から、在宅介護家族にこそアロマ手当てが必要であると確信した理由をお伝えいたします。
第2部

宇多川久美子
健康であるために必要な栄養講座
〜ミネラルの活かし方とアロマ体験会〜
私たちの身体を作っている食から健康を考える栄養学講座。栄養学博士である宇多川久美子だからこそたどり着いた答をヒントに健康の自立を学ぶことが出来ます。
希望者のみ


お茶会(アロマ手当て体験談シェア会)
実際にアロマ手当てで体調が良くなった方、家族関係が良くなった方のリアルな体験談を聞くことが出来ます。宇多川久美子先生に質問し放題です。
第2部

宇多川久美子
健康であるために必要な栄養講座
〜ミネラルの活かし方とアロマ体験会〜
私たちの身体を作っている食から健康を考える栄養学講座。栄養学博士である宇多川久美子だからこそたどり着いた答をヒントに健康の自立を学ぶことが出来ます。

主催者&ゲスト講師紹介

花野 ほほ美
ほほえみセラピールーム代表
日本福祉大学卒業。現役介護福祉士。(現場経験8年)
チーフ・メンタルセラピスト、アロマヒーラーとしての技術を活かして、横浜市神奈川区・緑区を中心に、在宅介護家族を対象とした出張アロマ手当てを行なっています。
介護する側もされる側も、お互いを思いやり、お互いを癒すことの出来る感動の手当て療法を体験してみませんか?
宇多川 久美子 講師
一般社団法人国際感食協会 代表
明治薬科大学卒業。薬剤師・栄養学博士(米AHCN大学)。薬を使わない薬剤師として、「薬剤師は薬を飲まない」「薬が病気を作る」など、20冊以上の書籍を出版。「健康の自立」をテーマに、食・運動(ハッピー☆ウォーク)・統合医療の普及に努められています。
宇多川 久美子 講師
一般社団法人国際感食協会 代表
明治薬科大学卒業。薬剤師・栄養学博士(米AHCN大学)。薬を使わない薬剤師として、「薬剤師は薬を飲まない」「薬が病気を作る」など、20冊以上の書籍を出版。「健康の自立」をテーマに、食・運動(ハッピー☆ウォーク)・統合医療の普及に努められています。

私たちの思い

 大切な家族の健康とQOL(生活の質)を守るのは、自分たち自身です。
 夜も眠れないほど術後の傷跡が痛いのに、病院に行っても、待ち時間2時間で診察3分。「どこも悪くありませんよ。」と忙しそうに言う医者に怒りを覚えることもあります。
 できれば自分でトイレに行けない自分の親を何度でもトイレに連れて行ってあげたいけど、「また?さっき行ったばかりでしょ?」と、自分も疲れているからイライラして当たってしまい、後で「自分はダメな娘だ。」と自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。
 そのようなことが、今の世の中では当たり前になっているけれど、ちょっとしたキッカケと自分たちの努力で、嫌な思いをすることが劇的に減るようになるのです。
 自分の家族と、自分自身を、大切にしてあげませんか?私たちは、「いつも頑張っている。」あなたのお力になることが出来ます。
 そのキッカケがどんなことなのか、「健康の自立」を専門家としての立場から解説する宇多川久美子講師と、介護福祉士の立場から一番ご家族に近い視線で体験談をお伝えすることが出来る、花野ほほ美のお話を、ほんの少しだけでも聞きにいらして下さい(^^)
 あなたのそのお悩みが、少しでも解決するキッカケとなりますように。