こころみ  
山縣有斗 詩・散文詩集

2014~2019年の5年間で、心の内をひっそりと書き留めた詩・散文詩。既に朗読やイベントで発表された作品も合わせて1冊に!
(著)山縣有斗
(挿絵)Arito Art
仕様:オンデマンド (ペーパーバック)
ページ数: 140ページ
出版社: デザインエッグ社
発売日: 2019/10/14
商品パッケージの寸法: 14.8 x 0.8 x 21 cm
定価:¥1,800円+税

こんな方にオススメ

Point.
1
俳優から出た詩、想いでから出た詩、平和を想って出た詩、口に出していなかったけど色々思う事があった方に、きっとどこかでシンクロする。
Point.
2
朗読など、声に出して読みたい方、また題材をお探しの方。
きっと、どこかの一編で繋がりそうです。
Point.
3
シンプルに、詩が好きな方。
Point.
3
シンプルに、詩が好きな方。

作品概要

目次

1.まずは(1編)
  「まとまらない」

2.おもいつくままに(9編)
  「ぼろぞうきん」「もと」「かげ」「夜のいき」「プライド」
  「強欲」「白い鼻毛」「夢のかけら」「いいんじゃない」

3.俳優の(4編)
  「楽屋」「舞台」「ことば」「俳優でしょ」

4.平和について(11編)
  「最強」「みあげる」「自己責任」「大鷲」「突然変異」「にじみ」
  「大丈夫」「まつりごと」「あんたなに人?」「全体」「人の流れ」

5.なんでもないよ(12編)
  「名前」「ただごとじゃないな」「ふり1」「ふり2」「カセットテープに生まれて」
  「アトランティス」「百合」「東京の雪」「リング」「自分らしさ」「われわれ」「レタス」

6.末っ子のぼやき(6編)
  「末っ子のうたたね」「記憶の散文 ~ダケヤマAM6時~」「飴みっつ ~ダケヤマAM5時~」
  「将棋」「羊水のなかで」「ルビーのゆびわ」

7.大人の(3編)
  「スカート」「接吻」「ヴィクトリア」

8.あなたに(4編)
  「あなたに」「パンク」「いのち」「スポットライト」

9.おまけ(1編)
  「世界一押してはいけないボタン」


合計51編の詩を収録

著者より

「こころみ」というタイトル通り、ひとつの形にすることを「こころみ」ました。世界中に素晴らしい詩人がいる中、日本の片隅で、自分の中から出てきた言葉を詩と散文にしただけの話、と思って頂けたらと思います。そして、どれかひとつでも、あなたの潜在意識をかすめる作品が埋蔵されたらどんなに嬉しいでしょうか。

少しだけ作品に触れますと・・・<2.おもいつくままに>収録の「夢のかけら」は、東京という街を見つめながら出てきた詩です。また <4.平和についての>詩たちはどれもアーティストとして活動していくにはスルーできないモノを含みます。<6.末っ子のぼやき>なんて子どもの頃の潜在意識に自分でもタッチしている感覚で、外に出す事のない内容だったものもあります。
また、<4.平和についての>収録の「突然変異」「にじみ」、おまけとして収録した散文詩の「世界一押してはいけないボタン」は、朗読イベントで既に何度か朗読している作品になります。
収録した詩の中には、俳優と演出家が書かせた詩もあるかも知れません。
それは、声に出す事を念頭に置いた作品があるということです。

さらには、シンプルな絵ですが挿絵を40近く描き下ろしておりますので合わせてお楽しみください。
よろしくお願いします。

著者紹介

山縣有斗(やまがたありと)
Arito Art
アーティスト(俳優・脚本家・演出家・絵描き)
山口県下関市出身。
アーティスト(俳優・脚本家・演出家・絵描き)として、感じたままを様々な媒体を通して放出。
イベントや公演を企画・総合演出、また演劇やショートムービー、ラジオドラマなど脚本を執筆。
芸能プロダクションで演技講師にも従事し、現在メソードアクティングを紐解きながら
世界に通用する俳優を育成する。

著書:「感動シリーズ1」出版:学習研究社
山縣有斗(やまがたありと)
Arito Art
アーティスト(俳優・脚本家・演出家・絵描き)
山口県下関市出身。
アーティスト(俳優・脚本家・演出家・絵描き)として、感じたままを様々な媒体を通して放出。
イベントや公演を企画・総合演出、また演劇やショートムービー、ラジオドラマなど脚本を執筆。
芸能プロダクションで演技講師にも従事し、現在メソードアクティングを紐解きながら
世界に通用する俳優を育成する。

著書:「感動シリーズ1」出版:学習研究社

読者の声

暖かい言葉があふれており、 純粋な心を思い出す言葉の数々です。 何気ない日常にほんの少しだけ 意識を向けるとそこには キラキラとした世界が広がって いるんだ、と いう事に気づかされます。 ※パイロット版にて、藤田祥子さまより