なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

有田小学校創立150周年
記念事業

『有田を進化させる私たち』
~祖先の熱い想いを胸に未来へ~

有田小学校は、令和3年に創立150周年を迎えます

ご挨拶

有田小学校創立150周年記念事業特設サイトへお越しいただきありがとうございます。

この学校が創立された150年前は、江戸時代から明治になって5年もたっていないという時です。その時代に学校を開かれた方々や、子供達に先進的な教育を施された初代校長江越先生の開拓精神と徳の高さには、現代の私達にも大いに見習うべき所があると考えます。

また、この学校を誇りに思い、子供達の教育に尽力して下さった先生方や地域の方の優しさに感謝致します。皆様のおかげで有田小学校の子供達は、ふるさとを愛し、自ら学ぶという伝統が受け継がれています。

昨年度以来、世界中が思いもよらぬ事態に見舞われましたが、子供達はどんな状況でも「私には何ができるか?」そして「どうやったらできるか?」と前向きに考え、学校生活を送ってくれています。逆境を糧に、子供達は有田小学校を今まで以上に素敵な学校にしてくれています。

子供の努力に報いる為、私達大人は先人たちの想いの大事な部分を今の時代に合わせて伝え、様々な教育を通して子供達の可能性を伸ばしてあげる事が重要です。そして、子供たちが今までの常識に従うだけでなく、色々な角度から疑問を見つけ、自ら学び、そして体験する事で、これからの未来を生き抜く力を身に付けて欲しいと思います。

最後に周年事業にご支援いただきました皆様に深く感謝申し上げると共に、有田小学校がこれからも歴史を重ねていく事と皆様の更なるご活躍を心より祈念させて頂きます。


有田小学校創立150周年記念事業
実行委員長 西山智久

有田小学校の歴史

学校紹介

本校は明治4年「白川学校」として発足し、翌、5年に校舎を改築し「白川小学校」として開校されています。初代校長の江越先生は20年近くの在職中、地場産業である焼き物を取り入れた「製陶の実習」を行ったり、明治21年には英語科を設置したりするなど先の時代を見越した積極的な教育を展開されていたとのことです。
その後、幾多の変遷を経て、昭和22年学制の改革により現在の有田町立有田小学校となり、昭和46年に創立百周年記念式典、平成23年には創立百四十周年記念式典が挙行されており、脈々とその歴史と伝統が受け継がれ今日に至っています。

150周年記念事業の目的

未来を生きる子供たちのために記念事業を行います

Ⅰ.初代校長江越先生や創立当時の方々の子供達への想いを今の時代に合わせ、子どもたちに伝えること

Ⅱ.この記念事業を通じて、未来を生きる子供たちのために、成長の機会や気付きを与えること

Ⅲ.佐賀県最古の小学校として、子供・学校・保護者・地域の方へ心に残るイベントを実施し、母校や有田町に愛着を持ってもらうこと

150周年記念事業内容

令和3年7月9日(金)

1.大正時代にドイツから来たピアノ『シードマイヤーによる10minutesコンサート』開始
・ピアノ『シードマイヤー』を玄関ホールにて展示開始
・毎週火曜日 昼休みの時間に子どもたちや先生、保護者が弾ける学校板ストリートピアノとして活動開始
・毎月1回不定期 ゲストによる10minutesコンサート開催

令和3年11月7日(日)
1.記念式典
2.有田小学校卒業生の現役パイロットによる記念講演会(西山樹氏)
3.生徒による『有田小学校の歴史と未来』の発表会
4.バルーン係留飛行
5.記念品配布
令和4年2月3日(木)
1.子供たちと保護者による桜の樹 記念植樹
2.児童制作陶板と披露除幕式
令和4年3月18日(金)
1.卒業式
2.記念誌発行
令和3年11月7日(日)
1.記念式典
2.有田小学校卒業生の現役パイロットによる記念講演会(西山樹氏)
3.生徒による『有田小学校の歴史と未来』の発表会
4.バルーン係留飛行
5.記念品配布

『シードマイヤー』がイレブンテレビで紹介されました

寄付のお願い

150周年記念事業では寄付を募集しております

有田小学校と未来を生きる子供たちのため、ご支援よろしくお願いいたします

ご協力いただいた企業様


お問合せ

記念事業や寄付金に関するお問合せは
こちらからお願い致します。

有田小学校創立150周年記念事業実行委員会事務局
西松浦郡有田町白川2丁目3番17号(有田小学校内)
TEL:0955-43-2246
教頭 杉原 浩