「噛めない・痛い・合わない」を解決する最新の入れ歯治療

「入れ歯でお困りなら
有田歯科医院へ」

~何歳になっても噛める喜びを提供し続ける~

医院紹介

開業25年の豊富な経験で安心の治療を提供
有田歯科医院は生野区勝山の地で開業し、
今年で開業25年を迎えました。

一般歯科から歯周病、予防歯科、審美歯科など、
様々なお口のお悩みを解決するために、日々診療と向き合っております。

そんな当院では入れ歯治療にも力を入れており、
歯が抜けても自分の歯のように、美味しく食事をとれる入れ歯を提供しています。

本サイトでは当院の入れ歯の「こだわり」についてご紹介したいと思います。
ぜひご覧ください。
有田歯科医院 院長 有田 充男

入れ歯にかける想い

『予防歯科医学』が現在の歯科医療の最先端の考え方であり、最も注目を浴びる花形的な分野である事は、疑いも有りません。予防歯科医学の発展に伴い、《人間が一生を通じて自分の歯で過ごす》事は単なる目標だけに留まらず、現実のものとして多くの人々に体現して戴けるようになってきました。本当に素晴らしい事ですよね❣
しかしながら、一方で、既に多くの(全ての)歯を失くされ、義歯を必要となさっておられる方も多くいらっしゃいます。
多くの方は、この『義歯(入れ歯)』に対して抵抗感をお持ちです。「噛めない」「はずれる」「気持ちわるい(違和感が有る)」「喋りにくい」「手入れが面倒」。
そして‥‥「年寄りくさい❣」。

歯科医師としての大きな使命は、①お口の中の病気(主にむし歯や歯槽膿漏)を失くし、その上で、②『咀嚼』という機能や『審美性』を回復させる事です。
残念ながら、進行した歯周病(=歯槽膿漏)等で、『抜歯という治療法』を選択せねばならない場合も有ります。お口の中の病気を無くし、その後に『咀嚼』という機能や自然で美しい歯並びを回復させる手段として、義歯(入れ歯)を作製します。

今は亡き私の母は、私が歯科医師となる以前から多くの歯を失っており、遂には、後年、総入れ歯となりました。母は、入れ歯を作製するにあたって、最も理解有る患者様であると同時に、最も要求の厳しい患者様でもあり、何度も作り直させられたものです。
『歯並びは綺麗に、しかも自然で個性的にしてや。歯の形は、もっと角が取れた形にして。上口唇は張った感じで、皺がよらんと顔に張りを保たせて欲しいねん。もうちょっと、もうちょっとだけ糸切り歯を八重歯っぽくしてみて。あん、もう、へたくそやなあ、それやったら鬼歯やないの。センス無いなあ。』
鬼コーチ?のお蔭で、入れ歯作りの研鑽に励めました(笑)。

入れ歯の作製はオーダーメイドで、お一人お一人の顎の形、上下の噛み合わせの位置関係、歯茎の土手の高さ、頬や口唇の圧、お顔立ち、年齢、性別、その他の諸々の条件を考慮に入れなければなりません。
それには、時間をかけ、場合によっては現行の入れ歯を修正し、改造しながら仮りの入れ歯として使用して戴き、新しく作製していく入れ歯の青写真を映し出していく事も有ります。型を採ったから、オートメーションの様に完成する訳ではないんです。時間をかけた手作りのものなんです。残念ながら、健康保険の入れ歯では、そこまでこだわれません。

全ての患者様に、鬼コーチ?いやいや、亡き母に作って上げた入れ歯のように、心を込めて作って差し上げたい。そう願っています。

~入れ歯でお困りのあなたへ~以下のようなことで悩んでいませんか?

●入れ歯を入れると痛い

●入れ歯が落ちる、浮き上がる

●噛みあわせがおかしい

●話しにくい

●顎が疲れる

このようなお悩みをお持ちであれば、当院の「コンフォート義歯」がオススメです!

生体用シリコーンを使用した最新の入れ歯治療

コンフォートって何?

コンフォート義歯とは?

入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、
これまでにはなかった新しい入れ歯治療です。

保険適用の入れ歯の場合は「痛い・噛めない・外れやすい」という
デメリットがありましたが、生体用シリコーンを使用したコンフォートの場合は
弾力性に優れているため、入れ歯でかんだ時の歯茎にかかる負担を大幅に軽減します。

また、吸着性にも優れているため、
「外れる」ということがほとんどありません。

安心して食事を召し上がることができる画期的な新入れ歯です。

コンフォートの特徴まとめ

シリコーンだから吸着性に優れている
変質や劣化に強く、とても柔らかい
通常の入れ歯の噛む力が2倍に!
インプラントとは異なり、コンフォートは外科手術不要です!
がっちり固定されるからしっかりと噛める
インプラントと比較すると安価
全国一律料金だから安心
インプラントとは異なり、コンフォートは外科手術不要です!

コンフォートのCM

より詳しい情報を知りたい方は以下をクリック

有田歯科医院のその他の入れ歯治療

チタン素材の入れ歯について

チタンはとにかく軽い!

金属の中で最も軽い素材であるため、
口腔内への負担が少ないです。

また、金属と聞くと、
恐怖心を感じられる方も多いですが、
チタンは体内に埋め込むことができるほどの
安心の素材なのです。

そして、もう1つ優れているのが、熱伝導率です。
どうしても保険診療の
レジン素材(プラスチック)だと熱伝導率が低いため、
ご飯を食べても温かみを感じにくいというデメリットがあります。

一方でチタンは熱伝導率に優れているため
食べた時に温かさをしっかりと感じることができ、
歯が抜けても美味しい食事を摂ることができます。

そして、チタンは耐久性に優れているので
長年使用していただくことが可能です。

コバルトクロム床義歯

コバルトクロムという素材は
実は航空機の開発に使用するため
用いられていた素材で、何と行っても
大きな特徴が強度柔軟性です。

金属ではありますが、サビが出にくく
身体への生体親和性が高い素材です。
(チタンと比べると少し重く、
生体親和性もチタンの方が高いと言えます)

自費入れ歯の材料として、
広く利用されているスタンダードな金属材料です。

大きな特徴として柔軟性をあげましたが、
コバルトクロムはほとんどの症例で
使用することができます。

薄さは保険入れ歯の約3分の1程度であるため、
言葉を発しやすくなるのもポイントです。

熱伝導率も高いため、食事をした際の温度感覚が
自然に近いようになります。 

こんなお悩みをお持ちなら一度ご相談ください

保険の入れ歯を入れたけど、痛くて噛めない
歯が抜けて、どうして良いか分からない
食事の味がしない。もう一度、温かい食事を味わいたい
インプラントには怖いイメージがある
インプラントには怖いイメージがある

問い合わせ

予約する
06-6712-5521

無料相談受付中!!