NPO法人 自由創造ラボたんぽぽ  labotanpopo@gmail.com
不登校は、しあわせな人生への選択肢の一つ。
学校以外にも、学ぶ場所はたくさんあります。
NPO法人 自由創造ラボたんぽぽ  labotanpopo@gmail.com

様々なジャンルで活躍されているみなさまからの
不登校、多様な学びへの
珠玉のメッセージ集、できました。

不登校が教えてくれるもの。
毎年増え続ける不登校の数。
これは国連からも危惧されています。
創造性よりも協調性がはるかに求められる
日本の教育。

「高度に競争的な教育制度のストレスにさらされていること及びその結果として余暇、運動、休息の時間が欠如していることにより、発達障害にさらされていることに付いて、条約の原則及び規定に照らし、懸念する。更に登校拒否の事例がかなりの数にのぼることを懸念する。」
と、日本政府は国連から勧告されているのです。
「教育機会確保法」を知っていますか?
「不登校は問題ではない」
「ゆっくり休むことの必要性」
「個々の状況に応じた必要な支援」
が盛り込まれたこの法律は、
2017年2月より施行されました。
学校を休むことは、問題ではないのです。
それを問題視してしまう大人の問題です。
そんなことを伝えたくて、
冊子を作成いたしました。
「教育機会確保法」を知っていますか?
「不登校は問題ではない」
「ゆっくり休むことの必要性」
「個々の状況に応じた必要な支援」
が盛り込まれたこの法律は、
2017年2月より施行されました。
学校を休むことは、問題ではないのです。
それを問題視してしまう大人の問題です。
そんなことを伝えたくて、
冊子を作成いたしました。


世間はまだまだ不登校を「問題視」してしまうことが多くあります。

不登校相談を受けてきて感じるのは、保護者やその家庭を支える祖父母、近隣の方にも、まだ根強い「学校神話」があることです。
「学校に行けないと、将来ろくな人間にならない」
そう考えてしまうのです。
日本では、認可されている学校以外の学びの場がほとんどありません。
だから、学校へ行くことが当たり前で、それ以外の道を考えることが難しいのだと思います。
けれど、世界を見てみれば、ホームスクーリング、サドベリースクール、シュタイナー教育、イエナプラン、レッジョエミリオなど、
いくらでも多様な学びがあります。
個性にあった教育を「選んで」生きていけるのです。
せっかく素晴らしい個性を持って生まれたのに
自分にあった場所を選べずに心が折れてしまうなんて、もったいないと思いませんか?
みんな違って、みんないい。
教育は、そういう場であってほしい。多様性を認めあえる場所。

不登校は怠けでも問題行動でもありません。
豊かで繊細な感受性を持っているからこそ、不登校という形でメッセージをくれているのだと思います。
楽な道ではありません。
マジョリティから外れて生きていくのには覚悟が必要です。
そんな「不登校のリアル」「多様な学びの必要性」を伝えたくて、幸せな学びが選べる日本を本気で目指したくて冊子を発行しました。
様々なジャンルで活躍されている人からの「自分らしく生きること」への応援メッセージ集です。

温かい気持ちだけで作られた冊子です

メッセージは全てご寄稿いただきました
この冊子に掲載されているメッセージは全て、
私の想いに賛同していただいた皆様から
ご寄稿いただいたものです。
温かいお気持ちが集まって、この冊子はできています。
発行資金も、人の愛だけで集まりました。
この冊子を作るにあたり、
クラウドファンディングで資金を募りました。
目標金額30万円、3000部目標。

33万円集まり、無事冊子発行に至りました!
ご支援頂いた皆様の温かい気持ちで
この冊子を世に出すことができました。
発行資金も、人の愛だけで集まりました。
この冊子を作るにあたり、
クラウドファンディングで資金を募りました。
目標金額30万円、3000部目標。

33万円集まり、無事冊子発行に至りました!
ご支援頂いた皆様の温かい気持ちで
この冊子を世に出すことができました。

冊子に掲載している皆様を、少しご紹介。

「みんなの学校」元校長先生
木村泰子 氏

「不登校と呼ばれる子どもは誰一人いない」
元文部科学省事務次官
前川 喜平 氏

「あなたはあなたのままでいい」
NPO法人勇気の翼インクルージョン理事長
公益財団法人スペシャルオリンピックス日本
名誉会長
細川 佳代子 氏

「この世に生まれた一人ひとりの
ありのままが素晴らしい!」

NPO法人勇気の翼インクルージョン理事長
公益財団法人スペシャルオリンピックス日本
名誉会長
細川 佳代子 氏

「この世に生まれた一人ひとりの
ありのままが素晴らしい!」

・竹内薫氏(NHKサイエンスゼロ ナビゲーター)

・伊藤史織氏(「異才、発見!」<異才発掘プロジェクト潜入ルポ>著者)

・高祖常子氏(育児情報誌miku編集長、ファザーリングジャパン理事)

・吉田晃子・星山海琳氏(「小さな天才の育て方・育ち方」著者)

​他、カナダでホームスクーリング中のかた、発達支援教室理事、不登校専門家庭教師、現役中学教師、サドベリースクール外部理事、元シュタイナー学園広報室長、大学教授など、様々なジャンルの方からご協力いただいています。

冊子から一部紹介
「フィンランドから見る日本の学校教育」
学力世界一と呼ばれた国、フィンランドの話です。
・・・
フィンランドの教育で注目すべきところは学力の高さだけではなく、
学力格差の小ささだと思います。
できる子を伸ばすことよりも支援が必要な子に手厚くサポートします。
そして、どのような家庭に生まれたかが、学力へ影響することがほとんどありません。
・・・
その子どもにとって良い選択は何か、どんな支援ができるかをみんなで話し合います。
とにかくその子どもをサポートすることに徹するのです。
子どもを学校に合わせようとするのではなく、
学校が子どもに合わせる努力をします。
冊子への増刷支援、送付希望はこちらから
この冊子は、少しでも多くの方に手にとっていただきたいと願い
無料配布を目的として発行いたしました。

ご希望のかたには、申し訳ありませんが送料、送料決済手数料等をいただいております。
間違いのないように、丁寧に確認して発送作業を行なっているため、
お届けまでに1週間前後見ていただけますようお願い申しあげます。

直接手渡しできる場合はもちろん無料です。

冊子を読みたいかた、冊子増刷のために援助したい!というみなさま、
こちらからお申し込みいただけます。
冊子発行:NPO法人 自由創造ラボたんぽぽ  https://labotanpopo.wixsite.com/labotanpopo
協力:イクミナル http://ikuminal.com/wptop/