札幌の厚別パークボウルは創価学会

創価学会の集団ストーカーを首謀した札幌市厚別区の厚別パークボウルに関する暴露記事です。
ここに記載されていることは事実です。
よくお読みいただき、創価学会の危険性について考えて下さい。

厚別パークボウルは創価学会

札幌市厚別区は新興宗教の聖地ですので、住居は盗聴・盗撮ありきです。特に、国家権力の創価学会が幅を効かせています。検索すればわかるのですが、創価学会は集団ストーカーという民管理法を実践している部隊で、一般人は創価学会員によって監視されています

最近では、一般人とトラブルを起こした創価学会員の私恨を晴らすために、この集団ストーカーが行われるようになっています。

実際に、創価学会に対し訴えを起こしている他党議員がいたことや、亀井氏が国会で創価学会の集団ストーカーに言及したことはご存知でしょう。

札幌市厚別区にある厚別パークボウルは創価学会です。私は過去の因縁によって、20年間創価学会からの集団ストーカー被害を受けています。厚別パークボウルは、当時からお客さんに公明党議員への投票を依頼するなど、いわゆる創価のフレンド票(F票)活動を行っていました

集団ストーカーは日本国家が推進しているのでマスコミも一切触れないですし、警察に被害を届けても "まるA" として扱われ放置されます。集団ストーカーの本来の目的は、上流を気取る一部の人間たちによる一般国民の弾圧と金銭的な搾取です。

厚別パークボウルの経営は地主の黒田一家で、不動産業(クロダ振興)ですから不動産も所持しています。例えばパークヒル厚別などがそうです。創価学会は盗聴・盗撮屋敷を作るので黒田の物件は危険です。該当物件の住人は創価学会員がほとんどでしょうが、中には一般人も居住しているはずです。そのような一般人は、周囲を創価学会員で囲まれて日常的に集団ストーカー被害を受けることになります。

経営者の黒田一家は
創価のフレンド票(F票)集めをしている

黒田一家は創価学会のフレンド票(F票)集めをしています。その人物の画像を貼っておきました。
支配人・黒田信幸の母親です。

支配人・黒田信幸の画像

こちらは、厚別パークボウルの支配人・黒田信幸の画像です。

厚別パークボウルの外観です。
ご存知の通り、ブックオフやYAMADA電器など、創価企業の多くが黄色の外観を採用します。

クロダ振興の物件、パークヒル厚別です。

埋もれた真実・・・
集団ストーカー行為の起源


集団ストーカーを推進しているのは日本国家です。その実行部隊の中心が創価学会です。マスコミの報道で創価学会に触れることはタブーであり、国民には徹底的に隠蔽されています

ネット上でも同様に隠蔽は行われますので、真実は最下層に埋もれています。見つけるのは困難ですが存在はしています。以下にその埋もれた情報を掲載します。原文ままです。

------------------------

集団ストーカーはシュタージが開発した民管理法です
敗戦後12万人のナチスが秘密裏に米国に移民しこの民管理を米国で実施しました
米国はまさしくナチス国家なのです
アイリスチャンもこの集団ストーカーで最終的には処分しました
日本でこの民管理を導入したのは警察です 予算獲得が容易になるからです
そして児童相談所と同様、下請けの形で民間委託します
この民間団体(いろいろ)が集団ストーカーを実行します
役所全てがこの委託集団ストーカーに歩調を合わせることとなります
警察では「まるA」と言って米国情報機関関係案件は知らんぷりします
この集団ストーカーも同様です
企業に天下りした警察官が企業の集団ストーカーを指導しています

------------------------

集団ストーカー行為は日本国内で公然と行われており、別名「自殺強要ストーキング」と呼ばれるように、被害者が自殺する場合も少なくありません。集団ストーカー行為は国が中心となって実行しており、これに利権を貪る芸能人たちも深く関わっています。つまり、芸能人のほとんどが創価学会の恩恵を受けるために集団ストーカー行為に加担しています。ツイッターなどで芸能人たちから、俗に「仄めかし」(隠語)という中傷被害に遭った経験がありませんか?あるならば、それが集団ストーカー行為です。

被害を警察に届けても「まるA」であるからすっとぼけます。この「すっとぼける」という思想は、創価学会の思想です。まさに国ぐるみの犯罪によって、国民は弾圧を受け、搾取されながら暮らしています。