マンション査定はどこがいい?ベテラン宅建士がおすすめする人気の査定サービスは!

マンション査定はどこがいいか?業界20年のベテラン宅建士がおすすめする査定サービスの紹介です。査定サービスを十分に活用され、最高値でのマンション売却を成功させましょう!

マンション売却成功者の大半が利用!おすすめのマンション一括査定サービスは!

マンションを売却するには、まずは物件の価値を知ることから始まります。
物件の価値を知るには、査定サービスを利用するのが常識ですが、どこの査定サービスがいいのか?けっこう迷うことと思います。

一般的には、近場の不動産会社に依頼することになりますが、今の時代にはおすすめできません。もっと手軽に安心して査定を受けられるサービスがインターネット上にあるからです。

それは不動産一括査定サイト。

不動産一括査定サイトは、マンションや戸建て、土地などの不動産を複数の不動産会社に一括で査定に出すことができる大変便利なネット上の査定サービスです。

一括査定サービスを利用すると、複数社からの査定結果を入手でき、比較・検討できるため、より高値でのマンション売却が可能となります。

もちろん、複雑な手間などは一切なし。パソコンやスマホから1~2分の簡単入力で、後日に複数の不動産会社から査定結果が届く仕組みになっています。

ここでは業界経験20年の宅建士が選んだ特に優良な「不動産一括査定サイト」をランキング形式で紹介しています。
ぜひとも一括査定サイトを上手に利用されて、最高値でのマンション売却を成功させてください。

おすすめのマンション一括査定サイト【ベスト3】

-第1位-

イエイ不動産売却査定
イエイは、IT系企業「セカイエ」が運営している査定サービスサイト。
10年の運営実績があり、合計利用者数が300万人を超える利用者満足度95%の一括査定サイトです。
大手企業から地域の古参会社まで、1000社以上の業者が登録されています。
専任スタッフによるきめ細かなサポート体制が好評。安心して任せられる査定サービスをお探しの人におススメです。

-第2位-

HawMaハウマ不動産売却
HawMaハウマ不動産売却は、新しい形の不動産売却査定サイトです。

マンション査定だけでなく、「一般媒介契約」を最大6社までオンラインで結ぶことができる日本初の画期的なシステムを採用。
(一般媒介契約とは、複数の業者に同時に仲介を依頼できる媒介サービスです。)

不動産会社との連絡もサイト内のチャットから行えるので、迷惑電話などは一切ありません。
不動産業者の強引な営業活動に辟易している人、煩わしい勧誘はご遠慮したいと思っている人に特におススメです。

-第3位-

マイスミEX
マイスミEXは、東証マザーズ上場の「株式会社じげん」が提供する不動産総合比較サイト。全国展開の大手会社から、地域密着型の地場会社まで、大小300社を超える不動産会社と提携しています。

マイスミEXは、最大で6社に一括査定依頼が可能。首都圏はもちろん、地方に物件を所有している人にもオススメできる査定サービスです。

マンション査定サービス【ベスト3】主要ポイント比較

HawMaハウマ不動産売却
一般媒介契約を最大6社までオンラインで結ぶことができる日本初の画期的なシステムを採用。なるべく早期に売却を希望する人にぴったりの査定サービス。
マイスミEX
全国展開の大手会社から地域密着型の地場会社まで、大小300社を超える不動産会社と提携。地方物件でも有利に売却できる可能性大。
イエイ不動産売却査定
イエローカード制度など専任スタッフによるきめ細かなサポート体制が好評。ユーザーの立場に寄り添う姿勢が安心。

おすすめのマンション一括査定サイト|まとめ

以上、マンション査定はどこがいいのか迷ったときの一括査定サイトの案内でした。

ここで紹介している査定サービスは、どこも安心して依頼できる数多くの査定実績のあるサイトばかりです。
査定したいマンションの特徴や立地などを考慮して、最も適切と思われる査定サービスを利用してみましょう。

ただ地方のマンションの場合、査定に名乗りをあげる業者が少ないことがあるかもしれません。特に大手業者は、地方の物件には「査定地域対象外」として査定を受け付けないことがあります。

そういう場合は、二つないし三つの査定サービスを併行して利用する事で、ある程度の数の査定結果が得られます。

マンション査定は、5~6社くらいから取り寄せるのが最も望ましいです。
これより少ないと査定の正確性や信頼性が損なわれます。5~6社より多いと、査定後の業者への対応が大変になってしまいます。5~6社くらいからのマンション査定があれば、中央値や最頻値から正確な査定値を知ることができます。

ですので、もし一つの査定サービス利用で査定数が少なければ、もう一つや二つの査定サービスを利用してみましょう。

査定サービスは、いくつ利用したとしても無料には変わりがないので、金銭的なリスクは何もありません。ぜひ、一括査定サービスを賢く利用して、大事なマンションの高値売却を実現してください。

マンション査定サービスを利用する際の3つの注意点

あまりにも簡単で手軽にできるマンション一括査定ですが、果たしてどこまで信用できるのか?
本当に高値売却が可能なのか?などと不安に思う人もいることでしょう。

ここではマンション一括査定を利用する際に、特に注意をしたほうがいい点を3つ紹介します。
  • 1.媒介契約が目的の査定に注意
  • 2.過度の営業攻撃に注意
  • 3.査定価格と売却価格は違う
  • 2.過度の営業攻撃に注意
それぞれみていきましょう。

1.媒介契約が目的の査定に注意

不動産業者の中には、媒介契約をとることが目的で、ウソの査定価格を提示してくることがあります。

どのようなウソをついてくるのか?
それは実際よりも高く査定価格を出してくるのです。

例えば、相場が2000万円のマンションでしたら3000万円の査定価格とかです。

相場が2000万円のマンションは、どう転んでも3000万円では売れません。買手さん側も仲介業者がついているのが通常なので、あまりにも現実離れしている価格では売れるはずがないのです。

しかし、売手さんからすれば、「あなたのマンションはとても素晴らしい、3000万円の価値があります」なんて言われたら嬉しいですよね。誰だって、必要以上に自分のマンションをほめてもらえば嬉しくなってしまうものです。

じつは、これが悪徳不動産業者の狙いなのです。そして媒介契約後しばらくしてから、「この価格では売れません。もっと下げましょう」と現実的な価格を示してくるのです。(これを業界用語で値こなしと言います)

媒介契約がどうしても欲しい悪徳不動産業者は、敢えて相場よりもずっと高めの査定を提示してくるので
注意が必要です。

ちなみに低めの査定額を出してくる業者は、売り急がせる可能性が大です。査定額が相場よりも低ければ、最短で売却することができます。一日も早く手数料が得たいという業者の意図が見て取れるのが低めの査定額です。

もっとも一括査定サイトでは、低すぎる査定額は真っ先にハジかれてしまうので、この心配は必要ないかもしれません。

つまり、査定価格は高すぎても低すぎてもどちらでもダメということです。
市場に受け入れられる適正な査定が、順調な売却につながるということを覚えておきましょう。

2.過度の営業攻撃

過度の営業攻撃とは、査定後にしつこく媒介契約を急かしてくることです。じゃんじゃん電話がかかってきたり、突然の訪問を受けたりします。

このような営業攻撃はどちらかといえば大手の会社に多いですね。大手の不動産会社は、過酷なノルマと営業マン同士の熾烈な競争が日々繰り返されています。そのような企業体質がお客さんに対して、過剰な営業攻撃に出てしまうのです。

これでは、すぐに売却を考えている売主さんでも、引いてしまうのではないでしょうか。

ただし、今の査定サービスは、こういう過度の営業攻撃を禁じていたり、メールアドレスを登録するだけで利用できる査定サービスもあります。入力フォームから送信するときに、備考欄から「電話や訪問はご遠慮ください」と記入しても良いでしょう。

なにも対策していないと、けっこう頻繁な営業を仕掛けられるかもしれないので、前もってこのような対策を立てておくと良いかもしれません。

3.査定価格と売却価格は違う

不動産の査定は、査定価格と実際の売却価格は違うということを覚えておきましょう。

車や貴金属の一括査定は、査定額そのままで売却できますが、不動産の場合は「売却可能額」となります。その査定額で売却できるかも?という業者の予想額に過ぎません。

ですので、査定価格が思ったより高くても、実際に売却になるまでは気を緩めないようにしましょう。反対に査定価格が思ったより低くても、実際にはそれ以上の価格で売れることだってあります。

買手さんの中には、どうしてもその地区に住みたいという人もいますからね。そういう地区にこだわる買手さんは、多少は高くても購入したいと思っているものです。

これらのことから、マンション査定では査定価格に一喜一憂しないで、最後の売却時にまで冷静に見守る必要があるということですね。


以上、マンション査定サービスを利用する際の3つの注意点でした。

マンション査定サービスを選ぶ基準

最近では、いろんな特徴のある査定サイトが出てきており、ユーザーとしてはどの査定サイトを選んだらいいのか?と迷ってしまうほど多くのサイトがあります。

必要となる入力事項はどこも簡単なので、できるだけ多くの査定サイトを利用するのがベストですが、それでは査定結果を比較するのが大変なので、1~3サイトに絞って利用するようにしましょう。

そこで一括査定サイトを賢く利用するための基準となるべきものをいくつか紹介します。
  • 1.登録会社は厳選されているか
  • 2.登録会社は大手会社と地場会社がバランスよく登録されているか
  • 3.サポート体制が整っているか
  • 2.登録会社は大手会社と地場会社がバランスよく登録されているか
それぞれみていきます。

1.登録会社は厳選されてるか

登録されている不動産会社は厳選された会社なのか?よく確かめておきましょう。

登録会社の多い少ないは大して問題ではありません。どの査定サイトも登録時には審査を行いますが、登録会社が多いほど、あまり良くない業者も含まれている可能性があります。

一番多いのが査定後の営業攻撃ですね。あまりにも頻繁にしつこく営業をしてくる会社は、ユーザーよりも自社の利益を優先させている業者です。

査定サイト側も詳細な審査は難しいでしょうけれど、せめて過剰な営業攻撃は慎むべきと指導をして欲しいですよね。大した審査もせずに、数合わせだけの査定サイトは避けた方がいいでしょう。

2.登録会社は大手会社と地場会社がバランスよく登録されているか?

登録会社は大手だけではいけません。反対に地域密着型の中小会社だけでもいけません。大手会社、中小会社がバランス良く登録されていることにより、様々な条件の物件に対応できるのです。

例えば、都心にある中古マンションを地方の駅前の不動産屋に売却依頼しても順調に進むとは思えません。やはり都心のマンションは、仲介実績が多数ある都内の大手不動産会社へ頼むのがベストでしょう。

一方、地方にあるマンションは、地元に根付いている歴史ある中小不動産会社に依頼したほうがいいかもしれません。

このようにマンションの立地などによっても売却がスムーズにいくかどうかも変わってきます。それには大手会社、中小会社がバランス良く登録されている査定サイトを利用することが順調な売却活動に繋がるということです。

3.サポート体制が整っているか

サポート体制が整っている査定サイトを使うことをおすすめします。

例えば、「なんでも相談室」的な窓口があれば、ユーザーとしては分からないことや心配事があったらすぐに質問できます。査定会社からしつこく営業を仕掛けられたら、注意をしてもらうこともできます。

初めてマンションを売却しようとする人は、分からないことだらけで不動産業者の言い分を全て受け入れがちです。しかし不動産業界は昔から「せんみつや」と呼ばれているほどの閉鎖的な業界ということを忘れてはいけません。

不動産業者から不利な条件を押し付けられたり、騙されたりしないためにも、査定サイトの「なんでも相談室」を利用するべきです。

マンション査定サービスの効果的な利用方法

マンション査定サイトは、上手に利用すればこれほど便利なものはありません。より高値で売却するためにも必須となるサービスです。

ここでは、マンション査定サービスの効果的な利用方法を2つほど紹介します。
  • 1.二つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使う
  • 2.無理に1社に選別しないで一般媒介を使う
  • 2.無理に1社に選別しないで一般媒介を使う

1. 二つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うこと

一つの査定サイトからでも数社から査定結果が届くので、その中から妥当と思われる業者に決めてもいいですが、満足できる結果が届かないこともあります。
特に地方の物件は、査定できる業者の数が少なくなることが予想されるので、いまいち正確性に欠けることが予想されます。

そういう場合は、もう一つの査定サービスを利用して、5~6社から査定が届くようにしましょう。5~6社あれば、正確な相場観もつかめるし、信頼できそうな会社や担当者とも出会えます。

このように一つの査定サービスで満足いかなかったら、遠慮することなくもう一つの査定サービスを利用することです。

2.無理に1社に選別しないで一般媒介を使おう

数社から査定結果が届いて、その中から実際に売却を任せられる業者を決めるわけですが、ユーザーとしてはこれがなかなか難しいみたいです。

そういう場合は、一般媒介契約を結んで数社に売却を任せてしまうことです。
(一般媒介契約とは数社に併行して仲介を依頼すること)

不動産業者はどこも専任媒介契約を勧めてきますが、無理に一社に決めることはありません。
(専任媒介契約とは一社だけに仲介を依頼すること)

数社に併行して仲介してもらうことは、業者間の競争意識を持たせるためにも決して悪いことではありません。
もし、一般媒介契約を渋る業者がいたら、その業者は頼むべき相手ではありません。業者選別の手間が省けたと思って即お断りしましょう。

一般媒介は、業者対応の手間が少し増えてしまいますが、マンションを高値で売るためには仕方がないことです。業者の言いなりになって無理に専任媒介契約をすることはありません。遠慮することなく一般媒介契約を結ぶことも考えましょう。

なぜマンション一括査定サービスが必要なのか?

これからマンションを売却する人は、必ず一括査定サービスを利用してください。マンションを高値で短期間で売却するには必須となるサービスです。

ではなぜ一括査定サービスが必要なのか?その理由はこうです。
  • 1.正しい不動産の価値を知るため
  • 2.仲介業者を選ぶため
  • 2.仲介業者を選ぶため

1.正しい不動産の価値を知るため

正しい不動産の価値を知るためには、一括査定サービスが必要です。なぜなら1社だけの査定なら、それが正しいのかどうかが分からないからです。

複数社からの査定なら、それらを見比べれば大体の相場がつかめます。あとは仲介業者に、相場にそって高く売る努力をして貰えばいいのです。

このようにマンションの正しい価値を知るためには、複数社に査定依頼できる一括査定が必要です。

2.仲介業者を選ぶため

一括査定サービスは、複数社から査定を取り寄せることができます。その複数社から、あなたに合った仲介会社を選ぶことができます。

マンションはもちろん、不動産の売却はある程度の期間がかかるのが普通です。すぐに買手さんが現れたとしても、契約から決済引き渡しになるまでは2~3ヶ月の期間は必要となります。

その間、仲介会社の担当者とは必要最低限の連絡は取り合うわけですが、相性が悪ければ進む話も進まなく恐れがあります。

売手さんと仲介会社(担当者)は、二人三脚で売却を成し遂げていくものなので、そういう面でも仲介会社選びが必要となるわけです。

マンション査定サービスの仕組み

マンション一括査定サービスの仕組みは以下のようなものです。
不動産一括査定サイトとは、複数の不動産会社へ一度の手間で一括で査定を受けるためのシステムで無料で利用できます。

売却したいマンションの特徴に適した不動産会社を複数社選びだす仕組みで、わざわざ自分で複数の不動産会社を訪問する必要はありません。選びだされた複数社の中から比較検討して、最も適切と思える仲介会社を選ぶことができます。

査定サイトの入力画面から、売却したいマンションの所在地や連絡先など簡単な情報を入力するだけの僅か1~2分で終了できます。

ひと昔前にはこんなに便利なシステムはありませんでした。インターネットの発達が、売手さんにとって主体性を持って物件売却に取り組むことができる環境が整ったのです。

これで不動産業者の言いなりになって、損してしまう売却も避けられるようになりました。健全な不動産取引が一括査定サイトで実現できたのです。

ちなみにマンション一括査定サイトの売上げの仕組みはこうです

マンション一括査定は、ユーザーにとっては無料で利用できます。近年に流行りだした査定サービスで、ユーザーにとっては多くのメリットを享受できるので、是非とも賢く使いこなしたいですよね。

では、一括査定サイト側はどのようなメリットがあるのでしょうか?
ユーザーに無料で提供している限りは、他のどこかで利益を上げているはずです。

まさか世の中に貢献するために無償で運営しているわけではありませんよね。それはそれでたいへん誉められるべきことですが…

実は、一括査定サイト側は、提携している不動産会社から利益を上げているのです。

具体的には、次のような流れのなかから利益が上がることになります。

  1. ユーザーが一括査定サイトに必要情報を入力する
  2. 査定サイト側は、入力情報に合致した不動産会社数社に物件情報や入力者情報を送信する
  3. 不動産会社は、物件情報に基づいて査定し、結果をユーザーへ返信する

この流れの中で、(2.の一括査定サイトが複数の不動産会社へユーザー情報を送信した時点)で、不動産会社からサイト運営側へ紹介料が支払われる仕組みになっています。

実際には、月決めの何日払いとか決められているでしょうが、要はユーザー情報が不動産会社へ伝えられた時点で、不動産会社は一括査定サイト側に紹介料を支払う義務を負っているということです。

具体的な金額は分かりませんが、6社へ同時にユーザー情報を伝えれば、6社から利用料金が入ることに
なっています。

これが、一括査定サイトが無料であるのにもかかわらず、利益を上げて運営できている理由となります。
決して無償で運営しているわけではなく、そこにはしっかりと利益を上げられる仕組みが存在しているのです。

ところで不動産会社は、自社だけがユーザー情報を受けるのではなく、競合他社にも同じ情報が伝えられていることになります。ですので、そこには熾烈な企業間競争が繰り広げられることになります。

ユーザーが満足のいくように詳しい査定結果を提供したり、マンション売却に関するためになる情報を提供したりして差別化を図ろうとしています。

中には、しつこい勧誘を繰り広げて、媒介契約を取ろうと躍起になる会社も出てくるかもしれません。

こう見ると、一括査定サイトはユーザーにとっては多くのメリットがありますが、不動産会社側からすれば、それほどのメリットは無いように思えますがどうでしょうかね?

それよりかは、自社のホームページを工夫、改善するなどして、直接ユーザーを探す努力をしたほうが効率は良いように思えるのですが…

いずれにしても、一括査定サイトはユーザーからすればメリットしかありませんので、上手に活用して少しでも高く売却できるよう努力をしましょう。

マンション一括査定サイトのメリットとデメリット

ひと昔前までマンション査定を受けるためには、個別に不動産業者を訪問し、査定を依頼するのが当たり前でした。それも最初に訪問した一社だけの査定価格を信じて、売却を依頼することが普通に行われていたのです。

ただ、その方法では不動産会社の腹つもり一つで査定価格を決められてしまう恐れがあります

相場よりも低く見積もられれば、早くは売れるでしょうが売り手は損をしてしまいます。反対に相場よりも高く見積もられれば、いつになっても売却の機会は訪れません。(業界用語で干すと言います)

不動産業者にとって利益が最大になる「両手仲介」を狙うときには、わざと高い価格で売りだして、自社で買手もつけようとするのです。(業界用語で囲い込みと言います)

そのようなことで、昔の売り手さんは随分を損な思いをしてきたのでしょうね。

しかし今は一括査定サービスがあります。一括査定サービスは売手さんにとって、最大限の価格で売り出すことができる、なくてはならないサービスになりました。

そんな一括査定サービスのメリットとデメリットを紹介します。

マンション一括査定サイトのメリット

  • 1.たった一度の手間で複数の会社に査定を出せる
  • 2.地方に対応している不動産業者が見つかる
  • 3.マンションの適正価格がわかる
  • 4.優良な不動産会社が見つかる
  • 2.地方に対応している不動産業者が見つかる

1.たった一度の手間で複数の会社に査定を出せる

不動産の一括査定サイトは、たった一度の申し込みで、複数の不動産会社へ一括で査定を依頼することができます。その申し込みも僅か1~2分の手間。

一件一件不動産会社へ訪ねて、査定を申し込むことはありません。インターネットが進んだおかげで、こんなにも手間と時間が節約になったのです。

もちろん査定は無料。最適と思われる会社を選んで仲介を依頼しましょう。

2.地方に対応している不動産業者が見つかる

マンションといっても首都圏だけにあるわけではありません。地方にもマンションがあって、常時売り出し物件が出回っています。

しかし地方には、その地域に強い地場会社があります。大手よりも地域に強い地場会社のほうが、優位に売却できる可能性が高いのです。

地方にマンションを保有している人は、その地域に根付いた不動産会社を探すことができるので一括査定サイトを利用するメリットは大です。

3.マンションの適正価格がわかる

一括査定サイトは複数の業者から査定が届きます。
各社の査定価格の平均値や中央値、最多値を参考にすることによって、適正な価格つまり相場が把握できることになります。

これが一社だけですと、適正価格なのか誤った価格なのか分かりません。売却予定のマンションの適正価格を把握することにより、損しない売却が可能となります。

4.優良な不動産会社が見つかる

一括査定サイトからは、複数社から査定を取り寄せることができます。つまり複数社からの接点が保てることになるので、良さそうな業者や信頼できそうな業者を選ぶことができるのです。

業者の態度や営業姿勢から、信頼できるかどうかはある程度は把握できますからね。

感じが悪そうな業者とは、無理してお付き合いすることはありません。ユーザー第一主義の業者を探すことができるのも一括査定の大きなメリットのひとつです。

マンション査定サイトのデメリット

次に一括査定サイトのデメリットをみていきましょう。
一括査定サイトのデメリットは以下のようなことが考えられます。
  • 1.複数の査定会社と対応しなければならない
  • 2.高価格の査定価格に惑わされやすい
  • 3.一部の会社(担当者)からしつこい営業を受けやすい
  • 2.高価格の査定価格に惑わされやすい

1.複数の査定会社に対応しなければならない

一括査定サイトから査定を申し込むと多くて5~6社から査定結果が届きます。査定結果は、メールでの返信がほとんどですが、通知や電話での返答もあり得ます。

メールや通知での返答でしたら、大した手間にはなりませんが、電話での返答が多いと対応が大変になるかもしれません。

ですので、査定申し込みの段階で、電話での返答はご遠慮したい旨を申し添えておくといいでしょう。もし頻繁な電話勧誘があるようなら、査定サイト側に苦情を申し入れることです。

しっかりした査定サイトならユーザーの意見を受け入れ、査定サイト側に自制を呼びかけてくれます。これなども一括査定サイトを賢く使いこなす一つの方法です。

2.高価格の査定価格に惑わされやすい

一括査定サイトは、全体的に高価格の査定をつける傾向にあります。しかし相場を無視した高すぎる査定価格は問題です。一部の業者では、媒介契約を取りたいがためにワザと高い査定価格をつける所があります。

ところが、ユーザーから見ると高い査定価格をつけられても悪い気はしませんよね。
「愛着のあるマンションを高く評価してくれた」「多くの業者が低い査定の中、一社だけは高く査定してくれた」などと思うのは人情です。

人間誰だって誉められれば嬉しくなるのは当たり前のことです。そして一番高い査定価格を示してきた業者に仲介を任せようと多くのユーザーは考えます。

実はここが落とし穴なのです。

媒介契約を結ぶことが目的の偽りの査定価格なので、結局は後になって現実的な売値に下げなくてはいけなくなるのです。ですので、高すぎる査定価格を出す業者には注意をしてください。

たとえば、5社から査定を取り寄せたとして、4社が2000万円前後の査定価格を示しているなか、1社だけが3000万円の査定を出してきたら明らかにおかしいですよね。

相場よりも1000万円も高く売れることなんてまずないことです。マンションはもとより、不動産の売買は相場での取引に落ち着きます。

一部には、売り急ぎや買い急ぎなどの特殊な事情で相場を若干離れる例もありますが、ほとんどの場合で相場での取引に落ち着きます。

こういうことから、一括査定で高すぎる査定を出してきた業者には疑ぐってかかった方がいいです。なぜ、そんなにも高い査定価格なのか?その根拠を聞き出すことも考えてみましょう。もし曖昧な返事なら、その査定価格は間違いなく「オトリ価格」と予想されます。

3.一部の会社(担当者)からしつこい営業を受けやすい

不動産会社の中には、営業マンに厳しいノルマを課していて、それが過剰な営業攻撃に出ることがあります。これは中小会社だけでなく大手会社でも見られることです。

査定後、何度も連絡をしてきて媒介契約をすすめるのですが、忙しいユーザーにとっては迷惑千万なことです。こういう場合には、キッパリと「頼むときはこちらから連絡するから連絡は控えて欲しい」とはっきりと断ることです。

不動産営業マンは、はっきりと断わらないユーザーには「もうちょっとの推しで契約になるかも」と期待を抱いて連絡をしてくるものです。ですので、もし頻繁な営業攻撃を受けたなら、はっきりとお断りの返事をしておきましょう。

と言いますか、こういうユーザーの都合を考えない営業マンは関わりを持たない方がいいですね。たとえ仲介を依頼してもスムーズに売却まで進むとは思えません。

優秀な営業マンなら、適度に間をおいてユーザーの負担にならない程度の接し方をしてくるはずです。頻繁に連絡を入れてくる煩わしい営業に対しては、キッパリとした態度を示すことが最も効果のある方法です。

登録会社を厳選した一括査定サイトを使えば、このような心配は少ないので、くれぐれも一括査定サイト選びには気をつけましょう。

マンション一括査定サービス利用の流れ

マンション等不動産一括査定サービスの流れは次のとおりです。
Step.1
一括査定サイトでの査定申し込み

ユーザーが一括査定サイトで査定を申し込みます。
あなたの売却したいマンションの条件に合った一括査定サイトを選びましょう。

たとえば、登録されている不動産会社は少な過ぎないか、大手の会社だけでなく地方に強い地場会社も登録されているか、など。

なるべく歴史のある多くのユーザーが利用してきた一括査定サイトがよろしいでしょう。
Step.2
申し込みされた物件情報が一括査定サイト側から登録業者へ送信

査定申し込みを受け付けた査定サイト側は、ユーザーが入力した条件に合致した複数の不動産会社へ入力情報を送信します。
Step.3
各不動産会社が物件査定する

査定サイト側から査定依頼を受けた登録会社は、入力された物件情報や近隣相場などを参考にして机上での査定を行います。

Step.4
査定結果がユーザーに届く

不動産業者から直接、ユーザーに査定結果が届きます。
不動産業者からの返答手段としては、メール、書面、電話での媒体でされますが、メールや書面がほとんどで電話での返答は少数のようです。
Step.5
ユーザーは査定結果に基づき仲介業者を選ぶ

複数社から査定を受け取ったユーザーは、その中から仲介を任せたい業者を絞ります。1社だけに仲介を任せる「専任媒介」がほとんどですが、数社に任せる「一般媒介」でも全然問題ありません。

信頼できそうな業者が見つかれば専任媒介でいいですが、そうでなかった場合には一般媒介も考えましょう。

一般媒介は業者側からすれば、あまり受けたくない仲介方法ですが、この際は仲介業者のことを気にすることはありません。

ユーザーの目的はマンションをなるべく高値で迅速に売ってもらうことです。

一般媒介でも高値での売却は全然可能ですので、仲介業者を1社に選ぶのが難しかったら、一般媒介での売出しを図ることです。


以上、マンション等不動産一括査定サービスの流れでした。
Step.2
申し込みされた物件情報が一括査定サイト側から登録業者へ送信

査定申し込みを受け付けた査定サイト側は、ユーザーが入力した条件に合致した複数の不動産会社へ入力情報を送信します。

マンション一括査定サイトの利用後にすることは?

一括査定を使った後は、仲介を任せた不動産業者と連絡を密にして、売り出しのマンションを少しでも高く、そして早期に売却できるようお互いに努力します。

売り出し価格は、業者が出してきた査定価格に基づいて決めましょう。

一般的には、相場よりも若干高めの価格設定をして、市場の反応を見ながら徐々に引き下げるという売出し方法がとられます。

早ければ売り出しの開始からすぐに問い合わせがあったり、買付証明が出される場合があります。その際、買手さん側から指し値(値引要求)が入ることがありますが、市場の反応が良ければお断りして差し支えありません。

反対に市場の反応が悪ければ、指し値が入った時には検討してあげた方がいいです。需要さえあれば、売れないということはないのですが、地域によってはマンション価値の下落が大きい所もあります。

こういう場所にあるマンションは、指し値要求は積極的に検討してあげましょう。

マンションをより高く売却する内見対応のコツ

マンションを売出してから、次にすることは内見への対応です。内見はマンションをより高く売却するための大事な要素となります。
内見とは、マンション購入の検討者に内部を見学してもらうことです。購入検討者は、価格と共に内見によって購入の判断をするという最重要の局面が内見です。

掃除や片付けは必須

まずは、掃除や片付けから。

内見者が特に注目する水まわりと玄関先には要注意。玄関は不要な物は片付けておき、脱臭剤などでニオイは防いでおきましょう。

水まわりは、カビや水垢はできるだけ取り除いておきましょう。要は清潔感のある空間が大事ということです。

室内は、できるだけ広く見える工夫が必要となります。必要最少限の生活用品を除いて、不要な物は処分しておくか、一時的に他の場所に保管しておくのがいいでしょう。

イメージとしては、「良く掃除が行き届いているな」と思われる程度で構いません。

また、室内は全ての電気をマックスに付けておくことです。室内が暗いとどうしても陰湿なイメージを持たれがちです。

カーテンやブラインドなども全て開けておいて、自然の光を取り込んでおくことです。人間誰でも明るい場所へ行けば、心も明るくなるものですからね。

ハウスクリーニングの利用も考えよう

自分で一生懸命掃除をしても、なかなか汚れが落ちないこともあります。特にお風呂や洗面所、トイレなどは水垢がこびりついて、素人の我々では手に負えないことがありますよね。

そういう場合にはハウスクリーニングの利用も考えてみましょう。

仲介会社に頼めば、専門の業者を紹介してくれますし、自分で安く仕上げてくれる業者を探してもいいです。数万円の費用がかかりますが、プロが磨き上げた室内は、きっと内見者の心に響くことでしょう。

ハウスクリーニングの費用は、予め売出し価格に見積もっておけば大丈夫。あまり大きな金額ではないので、クリーニング費用自体で売却が不利になることはありません。

リフォームするともっと良いイメージを持たれる

壁紙や便器、畳のカバーなどを取り替えることも大胆なイメージアップにつながります。これなら「リフォーム済み」として売出しも可能で、買主側にとっては、購入後の費用の節約につながるメリットがあります。

ただし、リフォーム費用は安くはない金額なので、売出し価格に転嫁できるかは難しい面があります。どちらかというと、高く売れるというよりは売りやすくなるというメリットの方が大きいでしょう。

最近では中古マンションといえども、室内をモデルルームのように演出する「ホームステージング」が流行っていることから最少限のリフォームは必要となりつつあります。

ホームステージングは、専門の業者もいるので、資金的に余裕がある売主さんは、仲介会社に相談してみるのも良いと思います。

もちろん、現況のままで売り出しても問題はありません。その場合は、前述のように、必要最低限のクリーニングだけは済ませておきましょう。

マンションの良い点や限定情報をアピール

マンションの良い点は積極的にアピールしましょう。

例えば、南向きならば日当たりが良いとか展望が良いなどです。駅に近ければ、売出し情報では徒歩5分になっているけど、大人の足では3分で着くことができるなども良いアピールになります。

住宅街なら夜は静かとか、商業地なら買い物が便利など、そのマンションならではの良い点をどんどん訴えることです。

「近くにあるラーメン屋はすごい美味しいですよ」みたいな不動産屋が知らない情報も教えてあげましょう。

またお子さんのいる内見者は、同じ年頃のお子さんのいる家庭を知りたがっています。どこの住居に何人位いるかは予め調べておきましょう。

このように、内見者が購入した後のことも考えて、伝えられることは出来るだけ伝えることです。このような限定情報は、購入のひと押しになることは間違いありません。

住んだ者にしか分からないメリットは、どんどん内見者に訴えていきましょう。

内見対応のコツ|まとめ

  • 掃除、片付けは必ずしておくこと
  • ハウスクリーニングを利用するのも手
  • リフォームすることによりイメージアップ
  • ホームステージング開催により素早く売却
  • マンションの良い点や限定情報は積極的に伝える
  • ハウスクリーニングを利用するのも手

マンション査定サイトを利用した人の口コミ評判

一括査定で370万円も高く売れた

不動産会社によって、こんなにも査定価格が違っているのかと正直驚きました。
結果は370万円も高く売却できたので、一括査定を利用して本当に良かったです。

もし一括査定を利用しないで、一つの不動産会社へ査定を依頼していたとすると、今回みたいな高値での売却は難しかったでしょう。

一括査定はこれからマンションを売却するという人にはなくてはならないサービスと思います。
Nさん 主婦
一括査定で順調に売却

合計5社から査定が届きましたが、査定価格よりも一番こまめに連絡をしてくれたA社が信頼できると思い仲介をお願いしました。

現地査定の対応も早くて、順調に売却までいくことができました。

結果的に査定価格で売れたのでとても満足しています。
一括査定はマンションを高く売るためには必ず必要な方法と思います。
Yさん 会社員
査定価格で相場よりも高く売却

一括査定は初めての利用でしたが、査定価格は目安であり、売却価格は売主が自由に決められると知りビックリしました。

査定価格と実際の売買価格は違うのですね。

そのため査定価格の高い会社よりも、一番信頼できそうな会社に売却をお願いしました。

相場よりも少し高い価格で売り出したのですが、担当者が頑張ってくれたおかげで、何とか希望価格で売却することができました。
Sさん 主夫
わずか1ヶ月で売却

一括査定で、4社から査定をいただきましたが、購入時とほとんど変わらない査定価格でした♪

マンションの売却は初めてだったので不安でしたが、担当の人が親切で信頼できそうだったので売却をお願いすることにしました。

担当者の予想通り、1ヶ月のスピード売却ができて良かったです。担当者選びは本当に大切なのだなと実感しました。

それも一括査定を利用したおかげです。
一括査定はこれからマンションを売る人にはなくてはならないサービスです!
Mさん 会社員
査定価格よりも信頼度で

査定金額は各社で差があり、どこに頼んだらいいのか不安でしたが、いちばん信頼できそうな会社に売却をお願いしました。

3ヶ月ぐらいで無事に希望する金額で売却することができました。

売却後の税金のことなども色々とアドバイスをして頂き、ほんとうに感謝しています。

仲介会社を選ぶのは本当に大切なのだなと思いました。
もし一括査定を使わなかったらここまで満足のいく売却はできなかったでしょう。
Tさん 定年退職者
一括査定で順調に売却

合計5社から査定が届きましたが、査定価格よりも一番こまめに連絡をしてくれたA社が信頼できると思い仲介をお願いしました。

現地査定の対応も早くて、順調に売却までいくことができました。

結果的に査定価格で売れたのでとても満足しています。
一括査定はマンションを高く売るためには必ず必要な方法と思います。
Yさん 会社員

管理人プロフィール

このサイトの管理人のtakuoと申します。
不動産営業マンとして約20年にわたり不動産業界に携わってきました。

戸建て住宅や区分マンション、土地の売買仲介。賃貸マンションや医療福祉施設、商業施設などの土地有効活用の開発営業。
任意売却や競売物件の入札代行など、あらゆる分野の不動産売買に携わってきました。

このサイトでは、管理人の20年間にわたる不動産売買仲介の経験から、どのようにしたら所有するマンションを高く売却できるか?

どのような姿勢でいたら不動産業者に騙されないで済むか!などを机上の空論ではなく現場の立場から紹介しています。

不動産売買の主役はユーザーにあるのが当然ですが、残念なことに不動産業者の手中にあるのが現実です。

不動産についての知識がないユーザーからすれば、売買を委託した業者の言いなりになるのはある意味仕方がないかもしれません。

ですが、ユーザーの知識のないことを良いことに不正を働いたり、儲け主義に走ってしまう不動産業者はまだまだ多いのが現状です。
そういう業者に関わると損をするのはユーザーです。

このサイトでは、このような業者の不正な手口も暴露しています。
予め業者の不正の手口が分かっていれば、怪しい業者とは付き合わないで済みますよね。

是非とも参考にされ、悪い不動産業者に騙されることなく、高値でのマンション売却を成功させてください。
あなたの成功を陰ながら応援しています。

現在の職業: 街の不動産屋の営業部長
保有資格: 宅地建物取引士 日商簿記3級 ガス溶接技能講習終了証 機械検査3級 フォークリフト技能講習終了証 (行政書士試験挑戦中)
得意分野: 開発営業


お問い合わせはこちらからどうぞ