アパマンショップとは

アパマンショップとは、賃貸住宅を借りる際に仲介を行ってくれる不動産業者のことです。北は北海道、南は沖縄まで、全国各地に店舗を展開しています。


公式サイト

アパマンショップの特徴
直営とFCの2つの店舗形態がある
アパマンショップには、直営店とFC店の2つの店舗形態があります。直営店はアパマンショップが直接経営し、一方で、FC店はFCオーナーが経営します。このFCの仕組みによって、全国各地に店舗を張り巡らせることが出来ます。
情報ネットワークが充実
アパマンショップは、全国各地にあるFC店と本部を情報ネットワークで結んでいます。このネットワークによって、相互に情報のやり取りを行うことができます。FC店に入った情報が本部にわたることにより、それが、サービスの質の向上につながっているのです。

事業の多角化
アパマンショップは、不動産賃貸業だけでなく、コインパーキング事業や自販機事業など多角的に事業に参加しています。こうした事業の多角化により、本業の賃貸仲介業が積極的な投資が可能になります。
業界内で最多の店舗数
賃貸住宅を仲介している業者の中で、アパマンショップは、最多の店舗数を誇っています。そのため、全国各地に店舗があり、どこに行っても見かけることが出来ます。この強みは、例え、どこに引っ越しても、とりあえずアパマンショップを利用するということが可能になることを意味します。
事業の多角化
アパマンショップは、不動産賃貸業だけでなく、コインパーキング事業や自販機事業など多角的に事業に参加しています。こうした事業の多角化により、本業の賃貸仲介業が積極的な投資が可能になります。