アパマンショップなどを運営する【アパマン】
会社概要や社長(大村浩次)について調べてみた!

賃貸不動産で有名なアパマンショップの運営元であるアパマン(APAMAN)について気になることを調べてみました。

アパマン(APAMAN)株式会社は、不動産賃貸仲介の大手フランチャイズブランドであるアパマングループで事業戦略の策定や経営管理などを行っている持ち株会社。

「不動産総合サービス」を通じて社会に貢献していくアパマン。
代表取締役社長は大村浩次が務めており、本社は東京都千代田区大手町に位置する。
主な事業としては
  • シェアリングエコノミー
  • プラットフォーム
  • クラウドテクノロジー
がある。
グループ会社も株式会社システムソフト、fabbit株式会社、Apaman Network株式会社、Apaman Property株式会社、wepark株式会社、Mi LIFE株式会社・・・など数多くぞんざいする超大手企業である。


アパマンについて

アパマン概要

社名
アパマン株式会社
所在地
〒100-0004
東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル3F
設立
1999年10月20日
代表者
大村浩次
資本金
79億8356万0668円
事業内容
  • シェアリングエコノミー
  • プラットフォーム
  • クラウドテクノロジー
事業内容
  • シェアリングエコノミー
  • プラットフォーム
  • クラウドテクノロジー

代表の大村浩次について

代表取締役社長 大村浩次

アパマン代表取締役副社長を務める大村浩次と、大手賃貸管理業経営者の数名が集まり、不動産賃貸仲介業界の質の向上とIT化を目指し、統一ブランドのもとに全国の不動産賃貸店舗をフランチャイズチェーン化をするべく研究を始めたのが1998年。
翌年1999年10月に株式会社アパマンショップネットワークを資本金58,000千円にて東京と福岡でスタート。代表取締役へもこの時就任。

また、個人では2001年に全国賃貸管理ビジネス協会の理事に就任。2005年には公益財団法人日本賃貸住宅管理協会の理事、全国賃貸管理ビジネス協会副会長に就任。
2014年になると公益財団法人首都圏不動産公正取引委員会の理事就任した。

事業について

1
シェアリングエコノミー
コワーキングスペース・インキュベート施設としてfabiitを運営。スタートアップや企業の第二創業、グローバルアライアンスをAIやエコシステムにより支援している。
シェアバイクのecobikeも。自転車活用推進法の趣旨に沿い、CO2削減に市街地の混雑緩和などに貢献しようと、地方自治体と連携し事業展開。
その他、シェアパークも展開。全国で駐車場などといった空き地を利用し、地方自治体にスポーツ観戦施設周辺の渋滞緩和に採用。
2
プラットフォーム
国内としては日本最大級のネットワークで賃貸物件を紹介するアパマンショップを運営。
海外でも6カ国11都市に展開しており、賃貸管理として、トータルサポート、空室発生時の賃貸経営リスクを解消するシステムを提供。また、24時間サポートとして鍵の紛失トラブル、蛇口水漏れ、ガラス破損などの様々なトラブルに一時的な対応も行う。
他にも保証人代行、家財保険、通信事業、Energy事業なども。
3
クラウドテクノロジー
シェアリングキーとして遠隔操作、防犯、履歴のデータ管理を実現。そして行政情報の自動生成、アルゴリズム、AIを使った物件紹介も。これは、LINEを利用し物件選び、相談、内検申し込みをするまでをチャットでサポートをする。
今後はさらにロボットによる業務の自動化も実現を目指していく。
例えば
  • 紹介クラウド
  • 来店クラウド
  • 査定クラウド
  • 訪問クラウド
  • eラーニング
  • シェアリングキー
  • AOS
  • APS
2
プラットフォーム
国内としては日本最大級のネットワークで賃貸物件を紹介するアパマンショップを運営。
海外でも6カ国11都市に展開しており、賃貸管理として、トータルサポート、空室発生時の賃貸経営リスクを解消するシステムを提供。また、24時間サポートとして鍵の紛失トラブル、蛇口水漏れ、ガラス破損などの様々なトラブルに一時的な対応も行う。
他にも保証人代行、家財保険、通信事業、Energy事業なども。