車椅子利用者と介護現場の 
安全と幸福(Well-Being)を
お手伝いします

青天株式会社は
日本の車椅子利用者と介護現場の
安全と幸福(Well-Being)
のお手伝いをします。

・車椅子で当たり前に外出できる社会を目指しています。
・車椅子が原因で心と体が傷ついている利用者に、生活を取り戻す車椅子を提供します。
・車椅子の安全な使い方についての普及を行います。
・介護現場で働く介護士が、安心して働ける車椅子環境のお手伝いをします。
・車椅子利用者の、役割や「ありがとう」と言われる場面の創出を致します。
・障害に接する機会のなかった一般企業へ、障害者との橋渡しや情報提供を致します。
・施設・事業所様の「幸福経営」のお手伝いをします。

お問い合わせはこちらへ

当社について

代表挨拶

車椅子で人生を続けられる社会を目指して
当社にご興味を持っていただきまして、ありがとうございます。
私は福祉用具専門相談員として、たくさんの車椅子利用者様と会ってきました。多くの方が、車椅子を使う中で、何らかの問題を抱えている方でした。
車椅子から転落して骨折したり、褥瘡を繰り返すうちに寝たきりに近い生活を送っていたり、飲み込みが困難になっていたり。ある方は、円背でまわりの人たちと目が合わないために、ずっと孤独の中に閉じ込められていました。
そんな介護現場の問題を解決してまいりました。
これらの問題は、解決策を見いだせない現場では「仕方ない」「こんなもの」で見過ごされていることもあるかもしれません。
なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

それは介護保険の制度には、車椅子のシーティングが組み込まれていないからです。
シーティングとは、「障害や病気などにより、上手く座れない人がより安全、快適に座れる車椅子等の環境を提供する」ために技術です。
日本では、障害者(児)に対して車椅子をオーダーメイドする際に、この技術が使われています。
しかし、残念ながら既製品をレンタルする介護保険では、福祉用具専門相談員やケアマネジャーの中でもシーティングと言う言葉を知っている人も一部しかいません。

そのため、介護保険では体に車椅子を合わせるという発想がありません。あるいは、合わせたけれども不十分だったり、そもそも車椅子の選定が違うということが起こっています。そのような車椅子を利用し続けることで、体と心に傷を負う方がたくさんいるのです。

しかし、車椅子になっても介護が必要になっても、人生は続いているのです。

より快適に、安全に車椅子を使うことで、多くの方が生活と人生を変えてきました。転落が怖くて外出できなかった方が、ヘルパーさんとの買物を楽しむようになりました。長時間座れるようになり、職場復帰をした方がいます。

介護をうけながら、車椅子を利用しながら、誰かの役に立つ喜びや人生の楽しみを続けられるために、何ができるか。当社は、それを考え提供するために歩み続けます。
お問い合わせはこちらへ

サービス内容

介護施設・介護保険事業所様
こんなお悩みはありませんか?

車椅子利用者様に、褥瘡や転落を繰り返す、滑り座りなど、上手く座れていない方がいるが、解決策が見つからない。
車椅子による事故を起こした。あるいはヒヤリハットが発生しており、いつ事故が起こるか不安。理由や改善策が見つからない。
すでに車椅子で利用者様が怪我をしてトラブルに発展している。会社組織として何とか改善の方向に向かわせたい。
新人の育成やマニュアル作りのために言語化したいが、上手くできない。
新人の育成やマニュアル作りのために言語化したいが、上手くできない。

  サービス内容   
 施設・事業者様向け 

車椅子安全利用研修

現在の介護保険の現場では、残念ながら体に適合した車椅子が提供されていないことが多く見られます。体に合わない車椅子のせいで、転落等の事故が起きたり、性格が変わるほどの苦痛で不機嫌になったり。
そのような環境の中で、介助をする介護職の方は大きなリスクと隣り合わせで働いています。

ですから、介護職の方は担当する利用者様が抱えているリスクを正しく見極め、それに応じた声掛けや対応をとる必要が生じます。
車椅子安全利用コンシェルジュだから可能となった、介護職のための日本で唯一の研修です。




車椅子パートナー研修
・講師育成講座
「車椅子で当たり前に外出できる社会を目指して」

街で困っている車椅子利用者等を見かけた時に、声をかけられる人を育成しています。
車椅子パートナーの特徴は、かわいそうだからしてあげるのではなく、車椅子パートナーは車椅子利用者のために、車椅子利用者は車椅子パートナーに嬉しいのために。お互いが気持ちよく対等な立場で「ありがとう」を提供し合い、皆が生きやすい社会を作る活動を推進しています。

街で車椅子利用者をお手伝いする技術や、マインドの持ち方など、きめ細かい研修を致します。

また、車椅子パートナーの育成講師も募集しています。貴施設・貴事業所の理念の実現と、地域コミュニティとのつながりを作り、広めていくコミュニケーション・ツールの1つとして、ご利用ください。

幸福マインド研修

なぜ、職員が次から次へと退職していくのか? なぜ、職員が暗い顔をして働いているのか?
それはもしかしたら、現実の捉え方や人生についての考え方にあるのかもしれません。
人は言葉や普段の行動によって、気持ちが変わっていきます。同じ現実でも、意欲的に自分の人生を切り開こうとする人と、自分の置かれた境遇に打ちひしがれて挫折してしまう人がいます。
どちらが御社の職員として相応しいか。
一朝一夕で変わるものではありませんが、職員同士の声がけや習慣を変えることで、職場の雰囲気は変わっていきます。

長く定着して働いてもらうために、そして、職員が生き生きとやりがいを持って働ける職場づくりに、幸福マインドの育成は欠かせません。

プロのための
シートベルト研修
施設や通所事業所、介護タクシーなどでは、業務として車椅子利用者様を車で送迎していると思います。

送迎車が交通事故に巻き込まれるケースは増加しており、それに伴い、利用者様が被害にあわれることが増えています。

中でも、車椅子利用者様のシートベルト装着方法が間違えているために重症、あるいは死亡するケースもあります。

当社の研修は、車椅子に日常的に骨盤ベルトを章着しているシーティングエンジニアだからこその視点から、プロとして送迎する方の為のシートベルトの装着方法をお伝えします。


万一、交通事故が起こった時に大切な利用者様を守るために、そして、職員と会社を守るために、本気のシートベルト研修を提供致します。






車椅子相談
(シーティング)

車椅子は便利な福祉用具ですが、使い方を間違えれば、体を痛めたり、事故の原因にもなります。
いつも車椅子から転落する、褥瘡を繰り返す、飲み込みが悪い、いつも機嫌が悪い、車椅子に移ってもすぐにベッドに戻りたがる・・など、車椅子が合わないことによる不具合は多岐にわたります。
利用者様に合った車椅子を提供することで、社交的になったり、褥瘡がなくなったり、転落しなくなったり。利用者の生活や身体状態は驚くほど変化する方もいます。このような問題解決のための車椅子シーティング相談を行っています。

利用者にも職員にも、安全安心できる介護現場にするために、個別相談をご活用ください。











賛助会員

青天株式会社では、車椅子利用者と介護現場の安全と幸福(Well-Being)をお手伝いする活動を行っています。

・体に合った車椅子を提供する車椅子相談
・介護現場の事故を無くす車椅子安全利用研修
・送迎の安全のためのシートベルト研修
・介護職のメンタルヘルスのための幸福マインド研修
・車椅子で当たり前に外出できる社会を作る車椅子パートナー
など。

これからの超高齢社会の中で私たちはどのように、「生きていて楽しい」と思える介護人生を紡いでいくのか。

まずは安全・安心から。そして幸福(Well-Being)へ。

小さな変化をコツコツと積み重ねながら、数十年先の未来社会のスタンダードを作っていきます。

当社では、青天株式会社の活動に賛同してくださる仲間を募集しています。賛助会員になっていただきますと、当社ホームページにてお名前を掲載させていただいたり、セミナー、情報交換への参加権、サービスの割引などの特典をご用意しています。

車椅子パートナー研修
・講師育成講座
「車椅子で当たり前に外出できる社会を目指して」

街で困っている車椅子利用者等を見かけた時に、声をかけられる人を育成しています。
車椅子パートナーの特徴は、かわいそうだからしてあげるのではなく、車椅子パートナーは車椅子利用者のために、車椅子利用者は車椅子パートナーに嬉しいのために。お互いが気持ちよく対等な立場で「ありがとう」を提供し合い、皆が生きやすい社会を作る活動を推進しています。

街で車椅子利用者をお手伝いする技術や、マインドの持ち方など、きめ細かい研修を致します。

また、車椅子パートナーの育成講師も募集しています。貴施設・貴事業所の理念の実現と、地域コミュニティとのつながりを作り、広めていくコミュニケーション・ツールの1つとして、ご利用ください。

お問い合わせはこちらへ

    サービス内容     
 車椅子利用者・ご家族様向け 

車椅子パートナー研修
・講師育成講座
「車椅子で当たり前に外出できる社会を目指して」

街で困っている車椅子利用者等を見かけた時に、声をかけられる人を育成しています。
車椅子パートナーの特徴は、かわいそうだからしてあげるのではなく、車椅子パートナーは車椅子利用者のために、車椅子利用者は車椅子パートナーに嬉しいのために。お互いが気持ちよく対等な立場で「ありがとう」を提供し合い、皆が生きやすい社会を作る活動を推進しています。

街で車椅子利用者をお手伝いする技術や、マインドの持ち方など、きめ細かい研修を致します。

車椅子利用者やご家族が習得することで、困っている人に声をかけやすくなったり、逆に「迷惑をかけては申し訳ない」から困っていても我慢するという思考から抜け出すこともできます。

車椅子の家庭教師
(安全な使い方)

急にご家族が車椅子を使うことになって、困っていませんか?

病院の中で押すだけなら、見よう見まねでできますが、家や外出先で安全に使うには、正しい知識が必要です。

ご家族の誤ったクッションアレンジによって、車椅子から転落、大怪我をした利用者様もいらっしゃいます。横断歩道から歩道に上がれなくて、怖い思いをした方もいます。
一度怖い思いをすると、外出がおっくうになり、家にこもってしまいがちになりなす。そうなると何事にも意欲がわかずに、うつになったり、認知症のような症状がでたり‥。
そんな深刻な事態になる前に、ぜひ車椅子の安全な使い方について学んでください。

ただしい使い方さえ覚えれば、車椅子は移動を助けるとても便利なものです。一緒にお花見に行ったり、外食や旅行を楽しんだり。どうぞ楽しい時間をこれからも作っていってください。

「車椅子の家庭教師」は、全部で3コース。

①オンライン(10,000円/45分)
②武蔵小山駅付近(10,000円/45分)
③ご自宅へ出張
 (10,000円/45分+移動時間30分に付き5,000円)
 ※東京23区、川崎市、横浜市、その近辺
 ※延長は5,000円/30分

すべてマンツーマンで実施していますから、今抱えている不安や分からないことをしっかり確認していただけます。

ギフトにも最適!
車椅子相談
(シーティング)

車椅子は便利な福祉用具ですが、使い方を間違えれば、体を痛めたり、事故の原因にもなります。

つも車椅子から転落する、褥瘡を繰り返す、飲み込みが悪い、いつも機嫌が悪い、車椅子に移ってもすぐにベッドに戻りたがる・・など、車椅子が合わないことによる不具合は多岐にわたります。

利用者様に合った車椅子を提供することで、社交的になったり、褥瘡がなくなったり、転落しなくなったり。利用者の生活や身体状態は驚くほど変化する方もいます。

このような問題解決のための車椅子シーティング相談を行っています。

シーティングを行うことで、円背で誰とも話せなかった神経質な方が、みんなと朗らかにおしゃべりするようになったり、褥瘡の痛みや不安から解放されたり、二度と転落をしなくなったり。

生活が大きく変化した方がたくさんいらっしゃいます。


車椅子相談は、通常のご依頼に加えて、敬老の日や父の日、母の日、誕生日のギフトとしてもお贈りいただけます。
賛助会員

青天株式会社では、車椅子利用者と介護現場の安全と幸福(Well-Being)をお手伝いする活動を行っています。

・体に合った車椅子を提供する車椅子相談
・介護現場の事故を無くす車椅子安全利用研修
・送迎の安全のためのシートベルト研修
・介護職のメンタルヘルスのための幸福マインド研修
・車椅子で当たり前に外出できる社会を作る車椅子パートナー
など。

これからの超高齢社会の中で私たちはどのように、「生きていて楽しい」と思える介護人生を紡いでいくのか。

まずは安全・安心から。そして幸福(Well-Being)へ。

小さな変化をコツコツと積み重ねながら、数十年先の未来社会のスタンダードを作っていきます。

当社では、青天株式会社の活動に賛同してくださる仲間を募集しています。賛助会員になっていただきますと、当社ホームページにてお名前を掲載させていただいたり、セミナー、情報交換への参加権、サービスの割引などの特典をご用意しています。

車椅子パートナー研修
・講師育成講座
「車椅子で当たり前に外出できる社会を目指して」

街で困っている車椅子利用者等を見かけた時に、声をかけられる人を育成しています。
車椅子パートナーの特徴は、かわいそうだからしてあげるのではなく、車椅子パートナーは車椅子利用者のために、車椅子利用者は車椅子パートナーに嬉しいのために。お互いが気持ちよく対等な立場で「ありがとう」を提供し合い、皆が生きやすい社会を作る活動を推進しています。

街で車椅子利用者をお手伝いする技術や、マインドの持ち方など、きめ細かい研修を致します。

車椅子利用者やご家族が習得することで、困っている人に声をかけやすくなったり、逆に「迷惑をかけては申し訳ない」から困っていても我慢するという思考から抜け出すこともできます。
お問い合わせはこちらへ

  サービス内容  
一般企業・行政様向け

障害研修
障害コンサルタント

一般企業様にとって、障害者への対応や障碍者雇用はハードルが高いと思います。

しかし、ダイバーシティインクルージョンへと社会が変化していく中で、障害者への合理的配慮は行政だけでなく一般企業にも必須となっています。

また、高齢者の人口比率が高くなる今、高齢者や障碍者が使いやすい商品開発が求められています。

そうした社会変化の中、障害当事者から意見を聞く方法をJRをはじめ様々な企業が採用しています。

しかし残念ながら、障害当事者の意見だけでは不十分なのです。なぜなら当事者の方は、障害者支援のプロではありません。専門知識もないため、ご自身の事しかわからないからです。

そのため、当事者の意見を聞いただけで安心していると、他の誰かの不便や危険を招いてしまうことがあります。

当社では、福祉用具とケアマネジャーとしての様々な障害者を支援してきた経験に加え、実際の障害当事者とのネットワークを活かしたテストマーケティングをしていただくこともできます。

さらに、一般企業様に向けて障害者研修も受け付けております。直接接客する機会がなくても、障碍者対応はこれからの社会人・企業人としての一般常識となります。

合理的配慮ができることはもちろん、
障害者と、自然な態度で接することができるための社員研修を提供しております。






車椅子パートナー研修
・講師育成講座
「車椅子で当たり前に外出できる社会を目指して」

街で困っている車椅子利用者等を見かけた時に、声をかけられる人を育成しています。
車椅子パートナーの特徴は、かわいそうだからしてあげるのではなく、車椅子パートナーは車椅子利用者のために、車椅子利用者は車椅子パートナーに嬉しいのために。お互いが気持ちよく対等な立場で「ありがとう」を提供し合い、皆が生きやすい社会を作る活動を推進しています。

街で車椅子利用者をお手伝いする技術や、マインドの持ち方など、きめ細かい研修を致します。

また、車椅子パートナーの育成講師も募集しています。貴施設・貴事業所の理念の実現と、地域コミュニティとのつながりを作り、広めていくコミュニケーション・ツールの1つとして、ご利用ください。

幸福マインド研修

なぜ、職員が次から次へと退職していくのか? なぜ、職員が暗い顔をして働いているのか?
それはもしかしたら、現実の捉え方や人生についての考え方にあるのかもしれません。
人は言葉や普段の行動によって、気持ちが変わっていきます。同じ現実でも、意欲的に自分の人生を切り開こうとする人と、自分の置かれた境遇に打ちひしがれて挫折してしまう人がいます。
どちらが御社の職員として相応しいか。
一朝一夕で変わるものではありませんが、職員同士の声がけや習慣を変えることで、職場の雰囲気は変わっていきます。

長く定着して働いてもらうために、そして、職員が生き生きとやりがいを持って働ける職場づくりに、幸福マインドの育成は欠かせません。

プロのための
シートベルト研修
施設や通所事業所、介護タクシーなどでは、業務として車椅子利用者様を車で送迎していると思います。

送迎車が交通事故に巻き込まれるケースは増加しており、それに伴い、利用者様が被害にあわれることが増えています。

中でも、車椅子利用者様のシートベルト装着方法が間違えているために重症、あるいは死亡するケースもあります。

当社の研修は、車椅子に日常的に骨盤ベルトを章着しているシーティングエンジニアだからこその視点から、プロとして送迎する方の為のシートベルトの装着方法をお伝えします。


万一、交通事故が起こった時に大切な利用者様を守るために、そして、職員と会社を守るために、本気のシートベルト研修を提供致します。






車椅子相談
(シーティング)

大切な社員のご家族を守るために、福利厚生として車椅子相談をご活用いただけます。

車椅子は便利な福祉用具ですが、使い方を間違えれば、体を痛めたり、事故の原因にもなります。
いつも車椅子から転落する、褥瘡を繰り返す、飲み込みが悪い、いつも機嫌が悪い、車椅子に移ってもすぐにベッドに戻りたがる・・など、車椅子が合わないことによる不具合は多岐にわたります。
利用者様に合った車椅子を提供することで、社交的になったり、褥瘡がなくなったり、転落しなくなったり。利用者の生活や身体状態は驚くほど変化する方もいます。このような問題解決のための車椅子シーティング相談を行っています。

車椅子相談を行うことで、御社と社員様に次のようなメリットが考えられます。

①入退院や通院付き添いの負担が減ります
褥瘡などの二次障害が軽減され、社員様のご家族の入退院や通院等への負担が減ることがあります。

②自宅での介護負担が減ります
ご自身でできることが増えてご自宅での介護負担が軽減します。

③事故リスクが減り、安心して働けます
危険な使い方をしていたり、体に合わない車椅子を使うことで、転落事故から骨折し、家で動けなくなっていた・・などの心配を軽減します。
※絶対に事故が起こらないと保証するものではありません。

➃介護負担増加のスピードを緩やかにします
車椅子に安定して座れることで体幹の筋肉を使い、座ること自体がリハビリの効果があります。安定して長時間座れる車椅子を提供することで、介護度の低下を防せぎ、介護離職を予防します。

※訪問エリアは、東京23区、川崎市、横浜市、その周辺となります。

残念ながら、現在はシーティングは介護保険サービスに含まれていません。介護保険外サービスを福利厚生として社員様に提供することで、より安心して働ける環境を整えていただけます。

賛助会員

青天株式会社では、車椅子利用者と介護現場の安全と幸福(Well-Being)をお手伝いする活動を行っています。

・体に合った車椅子を提供する車椅子相談
・介護現場の事故を無くす車椅子安全利用研修
・送迎の安全のためのシートベルト研修
・介護職のメンタルヘルスのための幸福マインド研修
・車椅子で当たり前に外出できる社会を作る車椅子パートナー
など。

これからの超高齢社会の中で私たちはどのように、「生きていて楽しい」と思える介護人生を紡いでいくのか。

まずは安全・安心から。そして幸福(Well-Being)へ。

小さな変化をコツコツと積み重ねながら、数十年先の未来社会のスタンダードを作っていきます。

当社では、青天株式会社の活動に賛同してくださる仲間を募集しています。賛助会員になっていただきますと、当社ホームページにてお名前を掲載させていただいたり、セミナー、情報交換への参加権、サービスの割引などの特典をご用意しています。

車椅子パートナー研修
・講師育成講座
「車椅子で当たり前に外出できる社会を目指して」

街で困っている車椅子利用者等を見かけた時に、声をかけられる人を育成しています。
車椅子パートナーの特徴は、かわいそうだからしてあげるのではなく、車椅子パートナーは車椅子利用者のために、車椅子利用者は車椅子パートナーに嬉しいのために。お互いが気持ちよく対等な立場で「ありがとう」を提供し合い、皆が生きやすい社会を作る活動を推進しています。

街で車椅子利用者をお手伝いする技術や、マインドの持ち方など、きめ細かい研修を致します。

また、車椅子パートナーの育成講師も募集しています。貴施設・貴事業所の理念の実現と、地域コミュニティとのつながりを作り、広めていくコミュニケーション・ツールの1つとして、ご利用ください。

お問い合わせはこちらへ

賛助会員様

車椅子利用者と介護現場の安全と幸福(Well-Being)のために
私たちは実現に向けて、一緒に力を合わせていきます
(只今、準備中です。しばらくお待ちください)

事務所概要

会社名
青天株式会社
所在地
東京都品川区小山3-27-5 武蔵小山創業支援センター6階 コワーキングスペース内
電話番号
090-7284-7047
設立
2019年9月
代表者
久内 純子
資本金
100万円
事業内容 車椅子パートナー運営、幸福介護研究所運営、車椅子研修、車椅子相談、車椅子の家庭教師、障害研修、障害コンサルタント、
事業内容 車椅子パートナー運営、幸福介護研究所運営、車椅子研修、車椅子相談、車椅子の家庭教師、障害研修、障害コンサルタント、

アクセス

青天株式会社
TEL 090-7284-7047
■電話受付
10:00~16:00 ※土日祝日除く
■mail
wonder.piece2017@gmail.com
■アクセス
東急目黒線武蔵小山駅より徒歩1分